モロッコ

モロッコ個人旅行全25日間の周遊ルートと観光日程をまとめてみたよ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今年の3月に姉妹でモロッコ旅行に行ってきました!

今回の記事では、実際に私達が旅行した時のモロッコ周遊ルートと詳しい観光日程を備忘録&レポがてらサクッとまとめてみましたよ!

モロッコ旅行(個人手配)を計画しているけれど

「どんなルートで周ればいいのか分からない!」
「どんな風に観光すればいいのか分からない!」
「実際に旅行した人の具体的な行程を知りたい!」

と悩んでいる人も多いハズ。

そんな悩める旅人にとって、私達の記事が少しでも何かのお役に立てれば幸いです。

というわけで、是非参考がてら読んでみて下さいね♪

目次

個人手配でモロッコ周遊!今回の旅の行程をご紹介

今回の旅は2/26~3/26までで、日本からの飛行機移動時間を抜いた実際の現地滞在期間は25日間ほど。

行きの飛行機が遅延してしまったため、アブダビで無駄に1泊することになったのが少々想定外でしたが、それでも計11都市を訪れることが出来たので満足しています。

エティハド航空遅延でアブダビ泊した体験談!飛行機遅延補償対応レポ

続きを見る

今回の滞在で訪れた都市は次の通り。

・カサブランカ(1泊)
・マラケシュ(3泊)
・エッサウィラ(1泊)
・タフロウト(3泊)
・タルーダント(1泊)
・ワルザザード(1泊)
・メルズーガ(砂漠ツアー参加で2泊3日)
・フェズ(4泊)
・シャウエン(3泊)
・タンジェ(2泊)
・アシラ(日帰り)

こうしてみてみると、1カ国の周遊プランとしてはかなりゆっくりめだと思います。

駆け足で周った場合はあと3都市くらいは余裕で追加できるハズ。

基本的に私達は怠け者&ダラダラ観光が大好きで、ある程度大きい街なら最低2泊はする&気に入った町があれば数日余分に滞在して何もしないでまったり過ごすことが多いため、このようなマイペースプランになりました。

実際の詳しい旅程についてはこの後詳しくご紹介します。

初日:カサブランカ~マラケシュ

というわけでまずは3/1の朝、エティハド航空にて無事カサブランカ入り。

カサブランカはぶっちゃけ特に何も見るものがないので滞在はせず、その日のうちに空港からマラケシュまで列車で向かいます。

空港では1日か2日分の両替だけサクッと済ませておきました。

モロッコ両替事情まとめ!クレカは使える?チップは必要?ズバリ解説

続きを見る

カサブランカからマラケシュへはロアジスという町を経由して4時間ほどで行けます。

12:55分発の列車に乗って16:14にマラケシュに到着し、ここからいよいよモロッコ観光の始まり始まり~♪

簡単便利!カサブランカ空港からマラケシュまで電車で行く方法を解説

続きを見る

初日夕方~5日目:マラケシュ滞在

モロッコ観光最初の町・マラケシュでは4泊5日とやや長めの滞在期間をとることに。

素敵なリヤドに宿泊したり、5つ星ホテルでアフタヌーンティーを楽しんだり、現地のモロッコ人ファミリーのお家に招かれて手作りタジンをご馳走になったり・・・

と心躍るイベントが盛り沢山だったので、日数があるわりには意外と忙しかったです。

宿泊した宿は

・リヤドカサソフィア(2泊)
・リヤドエルボルジュ(1泊)
・リヤドダルタミリル(1泊)

の3つでどのホテルも旧市街にあります。

マラケシュで宿泊した宿情報についてはこちらの記事も併せてご覧下さい。

【マラケシュホテル事情】実際に宿泊した観光におすすめのリヤド3選

続きを見る

この5日間でやったことや行ってみた場所等も時系列に軽くまとめておくので、よければ現地を観光する際の参考にしてみて下さい。

1日目

・夕方マラケシュ着
・宿チェックイン
・フナ広場をブラブラして夕飯

この日はほぼほぼカサブランカ~マラケシュでの移動で終わってしまったので、宿に入った後はフナ広場周辺を軽く散策するだけで終わりました。

疲れていたので早めに就寝して翌日に備えます。

2日目

【午前中】

スークでお買い物したり、バヒア宮殿を見学したりと旧市街観光をメインに楽しみました。

スークではモロッコの民族衣装であるカフタンを購入。

モロッコ商人との値切り交渉にチャレンジしつつ、スーク内をひたすら練り歩いてお土産探しに奔走。

【値切り方と手順も紹介】モロッコスークで値段交渉に挑戦してみたよ

続きを見る

【必見】モロッコで買い物する際の注意点と値段交渉の秘訣を徹底解説

続きを見る

【午後】

午後は事前に予約していたロイヤルマンスールマラケシュという高級ホテルで優雅にアフタヌーンティーを楽しみます。

ココは本当に素敵なホテルで、スークで購入したカフタンを着て行きモロッコの姫気分を思う存分味わいました(笑)

豪華絢爛!ロイヤルマンスールマラケシュのアフタヌーンティー体験記

続きを見る

お茶した後は新市街方面にあるメナラモールという巨大ショッピングモールまで歩いていき、そこで軽くお買い物。

安い!手軽!モロッコでばらまき土産購入するならスーパーがおすすめ

続きを見る

たまたま出会ったモロッコ人親子と仲良くなり、翌日一緒に遊ぶ約束を取り付けることに。

3日目

【午前中】

朝一で徒歩で新市街まで行き、モロッコ人親子と待ち合わせしてマジョレル庭園を見学。

外国人観光客に負けじとフォトジェニックな写真をひたすら撮りまくります。

チケット売り場が大混雑で入場するまでにかなり待たされましたが、並んだだけあって庭園内の景観は素晴らしいものでした。

【マラケシュ新市街観光】マジョレル庭園を見学した口コミレポを紹介

続きを見る

イブサンローラン限定グッズが盛り沢山!マジョレル庭園お土産レポ!

続きを見る

【午後】

モロッコ人ファミリーの自宅に招かれて、お手製の手作りタジンをご馳走になります。

思いがけず現地の人との交流を楽しむことができて、異文化を知るいい機会となりました。

帰り際にはお土産までいただいてしまい、ムスリムの人々の優しさに感動。

突撃お宅訪問!モロッコ人宅で手作りタジンをご馳走になった体験談

続きを見る

4日目

【午前中】

旧市街散策とお買い物に費やし、ひたすらスーク内をウインドウショッピング。

欲しいものは色々ありましたが、旅はこれからが本番なので移動を考えて泣く泣く諦めることに。

モロッコで見つけたお土産一覧!おすすめコスメや雑貨を一挙公開

続きを見る

モロッコ旅行のお土産で絶対外せないおすすめオーガニックコスメ7選

続きを見る

【午後】

イブサンローラン博物館を見学するために新市街へ。

夕方のマジョレル庭園&博物館はガラ空きで非常に観光しやすかったです。

イブサンローランデザインの素敵なドレスを堪能して、すっかりファンになってしまいました。

感激!イブサンローラン美術館マラケシュでオートクチュールを生鑑賞

続きを見る

5日目

【午前中】

この日はマラケシュ最終日でほぼ観光はナシ。

朝一でフナ広場の郵便局にて絵葉書を投函した後は、スープラトゥールのバス乗り場へGO。

お昼前にはマラケシュを発ってエッサウィラへ向かいます。

おすすめスポットからモデルコースまで!マラケシュ観光情報まとめ

続きを見る

5日目~6日目:エッサウィラ

マラケシュからバスで港町エッサウィラへ。

10:45発のスープラトゥールバスに乗って13:45には無事にエッサウィラに到着。

マラケシュからエッサウィラへの行き方についてはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

日帰り可能!マラケシュからエッサウィラまでバスで行く方法をご紹介

続きを見る

エッサウィラでは1泊して、ゆっくりと市内観光を楽しみました。

宿泊した宿はメディナ内にあるリヤド・アイラル(RIAD AYLAL)。

立地が抜群で観光にも便利で朝ごはんも美味しいリーズナブルなお宿でした。

この町はとにかくシーフードが激ウマ!

エビもイカもウニも白見魚も獲れたてほやほやが食べ放題なので、私達はメディナや港散策もほどほどに、滞在中はひたすら海の幸を食べまくり!

たまたま知り合ったモロッコ人達とお茶会したり、土産物屋の店主とくっちゃべったりして、結果的にダラダラ過ごして終わりました(笑)

エッサウィラ観光の魅力とは?おすすめポイントを全力で解説するよ!

続きを見る

エッサウィラはアーティスティックな雰囲気で非常に居心地がいい町なので、個人的には日帰りよりも1泊くらいする方がより楽しめるのではないかと思います。

7日目~10日目:タフロウト

エッサウィラで1泊した後は、モロッコ南西部にあるタフロウトという町へ向かいます。

エッサウィラのCTMバス乗り場からはタフロウト行きの直通夜行バスが1本だけ出ています(21:30発のみ)。

10時間弱ほどかかって3/7の早朝にタフロウト着。

タフロウトではオテル・サラマという宿に計3泊しました。

ここは設備も綺麗で内装もモロカン風、スタッフの愛想もよく居心地は抜群。

食事に定評あり♪タフロウト中心部の好立地ホテルサラマ宿泊レポ

続きを見る

タフロウトでやったこと

【1日目】
・市内散策
・郊外プチトレッキング
・カラフルロック見学

【2日目】
・タズカ遺跡見学
・アディ村散策
・カフタンのクリーニング

【3日目】
・アルガンオイル購入
・ローカルハマム入浴

タフロウトでは雄大な自然を思う存分満喫して、ゆったりまったり過ごしました。

モロッコ南部独特の乾いた街並みや奇岩の風景等、他の町とは一味違ったエキゾチックな雰囲気が楽しめるので、ちょっとマニアックな場所に行きたい旅人には非常におすすめですよ。

タフロウトのおすすめポイントについてはこちらの記事をご覧あれ。

行ってよかった!タフロウト観光おすすめポイントと魅力をガチで解説

続きを見る

また、この辺りはアルガンオイルの産地なので純正の質のいいオイルが都市部よりもリーズナブルな価格で手に入れられます。

モロッコお土産事情♪アルガンオイル現地購入のコツや使い方を紹介

続きを見る

今回のモロッコ旅行で個人的に一番お気に入りだった町がタフロウトでした。

静かな田舎町ですが、本当にゆっくりできるので時間がある方は是非ここまで足を延ばしてみて下さい。

10日目~11日目:タルーダント

タフロウトで旅の疲れをゆっくり癒した後は、城壁のある街並みで有名なタルーダントという町へ向かいます。

タルーダントへはバスを乗り継いで

・タフロウト~インズガン(CTMバスで8:30発70DH)2時間45分
・インズガン~タルーダント(民営バスで11:30発)1時間15分

というルートで行きました。

お昼くらいに現地到着した後は軽く市内を観光。

【タルーダントでやったこと】

旧市街見学
・アラブスーク見学
・ベルベルスーク見学
・夕日鑑賞
・名物アーモンドタジンを食す

タルーダントは1泊しかしなかったのですが、宿泊した宿がめちゃめちゃいいリヤドで思いのほか大満足!

内装も食事も神!タルーダントおすすめホテルリヤドタフィラグ宿泊記

続きを見る

まるでアラジンの世界に出てきそうなアラビア~ンな内装の素敵リヤドだったので、ここに泊まれただけでもタルーダントに来た甲斐があったなと思いました。

ルーフトップから眺める夕暮れと黄金色に染まった街並みが美しかったです。

11日目~12日目:ワルザザード

タルーダントに一泊した翌日はバスでワルザザードへ向かいます(約4時間)。

この日はほぼ移動で終わりました。

本当はここから自力でメルズーガに行く予定だったのですが、段々面倒臭くなってきたのでワルザザードの旅行会社で2泊3日の砂漠ツアーに申し込むことに。

急遽1泊だけとったrose valley hotelという中級レベルの宿で体を休めて、観光もほぼせずに明日からのツアーに備えることにします。

12日目:アイトベンハッドウ~ダデス渓谷

この日はツアー初日でしたが、とりあえず午前中に自分達でタクシーを手配してアイトベンハッドウ見学へ。

ワルザザードからアイトベンハッドウはタクシー貸し切り往復で300DHほど(所要20~30分)。

数々の映画のロケ地に使われた場所ということで、見応えも迫力も満点でした。

モロッコのアイトベンハッドゥ見学レポ♪日帰り観光情報と行き方紹介

続きを見る

午後からはマラケシュ発のツアー組と合流してサハラ砂漠ツアーに参加することに。

レストランでお昼を食べたら、ツアー参加者に交じってまさかの2回目のアイトベンハッドウ見学をしつつ、 その後はドライブがてらダデス渓谷へ 。

そのままダデス渓谷で1泊してツアー初日は終了です。

13日目:トドラ渓谷~メルズーガ

砂漠ツアー2日目。

この日はダデス渓谷からドライブがてら

・トドラ渓谷
・ティネリール
・メルズーガ

と王道ルートを巡り、夕方頃にメルズーガに到着したらそのままラクダに乗っていざ大砂丘へ!

サハラ砂漠でのキャンプを楽しみつつ、夜は満点の星空を眺めたりして一晩過ごします。

14日目:メルズーガ

砂漠ツアー最終日。

早朝にキャンプ場から砂漠の入り口近くのホテルまで戻り、そこでツアーは解散。

この時、予期せぬトラブルに見舞われて、まさかの砂漠置き去り事件が発生。

あろうことかメルズーガまでヒッチハイクをする羽目に・・・。

砂漠ツアーの詳細と置いてきぼり事件に関してはこちらの記事に詳しく書いてありますのでよければどうぞ(笑)

モロッコ砂漠現地ツアー内容レポ!トラブル失敗談と教訓も併せて解説

続きを見る

この日は夜行バスでフェズに向かう予定だったので、午後にメルズーガまで戻った後はバスが来るまでひたすら待機。

特にやることもないのでレストランでひたすらおしゃべりして時間を潰しました。

19:00発のスープラトゥールの夜行バスに乗っていざフェズへ!

15日目~19日目:フェズ

3/15の早朝4:45分にフェズに到着・・・のつもりが、まさかの勘違いでメクネスで途中下車してしまいました。

仕方がないのでメクネス駅近くのカフェで始発を待って、7:15分発の列車で再度フェズへ向かいます。

7:45分に無事フェズに到着し、そのままフェズ・エル・バリにあるお宿ダルアクラム(Dar Akram)にチェックイン。

このホテルは内装が可愛くて、女性オーナーも親切で朝食も美味しいという非常にグッドなプチリヤドでした。

サハラ砂漠での疲れが溜まっていたので、フェズでは4泊5日とちょいと長めに時間をとってゆっくり滞在することに。

フェズでやったこと

【1日目】
・スーク散策(タンネリやスファリーン広場等)

【2日目】
・フェズブルー陶器工房見学
・ナイトクラブで水タバコ体験

【3日目】
・スーク散策(ひたすら食べ歩き)
・名物カフェでラクダバーガーを食す

【4日目】
・スーク散策
・お土産探し

【5日目】
午前中にバスでシャウエンへ向かう

フェズではスークをひたすら練り歩き、ショップを巡りをメインに楽しみました。

ここでも欲しいものが沢山あったのですが、荷物を考えて小物類だけどうにかゲット。

フェズスーク観光の楽しみ方と魅力を独断と偏見で解説!感想まとめ

続きを見る

観光中、たまたま入った食堂で地元の青年と仲良くなり、彼に市内を案内してもらうことに。

郊外にある陶器工房や新市街の怪しげなナイトクラブに連れて行ってもらいました。

モロッコ名産品フェズブルー陶器工房見学レポ♪制作現場を覗いてみた

続きを見る

モロッコ夜遊び事情♪フェズのナイトクラブで水タバコに挑戦してみた

続きを見る

イスラム圏でまさかクラブに行けるとは思っていなかったので、これは個人的にはフェズ観光した中で一番のいい思い出になりましたね。

普段はなかなか見られない若いモロッコ人男女の生態も観察(?)出来て、色々な意味で面白かったです。

19日目~22日目:シャウエン

いよいよ旅も終盤戦に突入。

フェズ最終日は11時発のCTMバスで青い街・シャウエンへと向かいます(所要約4時間)。

15時頃に現地到着し、そのまま旧市街へ向かい宿にチェックイン。

シャウエンではダル・アントニオ(Dar Antonio)という宿に計3泊しました。

ここでは特にやることはなかったので、旧市街観光をメインにブラブラと街を練り歩き写真撮影に奔走。

おすすめホテルや写真撮影のコツも紹介♪シャウエン観光情報まとめ

続きを見る

タピオカミルクティー屋さんでまさかのタピ活inモロッコを満喫したり、オシャレなクレープを食べたりと無駄に10代の女子っぽいことをしてシャウエン滞在を楽しみました(笑)

22日目~24日目:タンジェ

3/22の朝一にシャウエンからCTMバスでタンジェへ向かい(8:30発)、昼前には無事到着。

タンジェではtangier kasbah hostelという宿に計2泊しました。

2日3日の滞在のうち1日は日帰りでアシラに行ったので、実質タンジェ観光は1日だけ。

【タンジェでやったこと】

・旧市街散策
・有名カフェでお茶
・レストランでパエリアを食す
・カルフールで日用品の買い物

正直あまり治安がよろしくない町なうえに、住人の感じもイマイチなのでここでは観光もそこそこに食べ歩きとカフェ巡りに集中。

タンジェに来た目的の一つは美味しいパエリアを食べること!

10年ほど前に1度タンジェを訪れた際、バレンシア風の超絶美味しいパエリアを食べて感動した思い出があるので、その店を探したのですが残念ながら見つけることは出来ず・・・。

結局別のレストランでいただきましたが、このお店もかなりの当たりでした!

タンジェは港町でスペインへのフェリーも出ているため、美味しいスペイン料理やシーフード料理がいただけるところが個人的にはポイント高し。

カフェ・ハファという有名なカフェでシーサイドビューの席に陣取り、海風に吹かれながらミントティーを飲んだのもいい思い出です。

23日目:アシラ

タンジェ滞在2日目に朝一でアシラという町まで列車を使って日帰りトリップ(所要1時間)。

海沿いに面したこじんまりとした街並といい、壁に描かれた数々のアーティスティックなウォールアートといい、おしゃれかつ可愛らしい雰囲気がとっても素敵でした♪

モロッコアシラ観光まとめ♪個人的おすすめポイントと魅力を一挙公開

続きを見る

【アシラでやったこと】

・旧市街散策
・モロッコTシャツ探し
・シーフードランチ

アシラでもまたまたシーフード料理を食すべく、レストラン探しに駆けずり回りました。

例のごとくパエリアとイカフライを注文し、海の幸を心行くまで味わいます。

夕方頃、民営バス(というかただのワンボックスカー)に乗って再びタンジェまで戻ります。

24日目:タンジェ~カサブランカ

3/24にタンジェから列車でこの旅最後の町・カサブランカへ向かいます。

9:55発の列車に乗って12:05にカサボヤージュ駅に到着。

ホテルセントラルという宿に1泊して、最後のモロッコ観光に全力を注ぎます。

お土産探しをするために町をひたすら歩き回り、目についたスーパーに片っ端から入って商品チェック&目星をつけたものだけ購入。

最後の晩餐はミントティーとスーパーで買ったモロッコ産のクッキーという非常に地味な内容でしたが、旅立つ前夜に飲むミントティーはいつもより一層甘く感じました。

25日目:カサブランカ空港~アブダビ

早朝にカサブランカ空港へ向かい、モロッコを発ちます。

行きとは違ってエティハド航空の飛行機が大幅に遅延することもなく、定刻通りアブダビに到着。

乗り継ぎを経て日本に無事帰国することが出来ました。

エティハド航空口コミレビュー紹介♪エコノミー座席の評判感想をレポ

続きを見る

エティハド航空機内食口コミ感想♪ベジタリアン特別食メニューも紹介

続きを見る

まとめ・モロッコ旅行は南部を周ると意外と時間がかかる

というわけで、全25日間のモロッコ周遊旅の行程をご紹介させていただきました。

モロッコはインドあたりと比べればかなり旅しやすい国ですが、サハラ砂漠ツアーを入れたり、南部の個性的な町を自力で周ろうとすると思いのほか時間を取られます。

町から町へのアクセスがしづらいので、地図通りのルートで行くのが難しいんですよね。

ここは直通で行けるかな?と思っていたら一度別の町を経由しないといけなかったりして、なかなかすんなりいかないのですよ。

マラケシュやフェズ、シャウエンといった有名観光地だけなら割とサクサクっと短期で周れるのですが、南西部を周るとなると結構日数に余裕を持った方がよさそうだなとプランニングの際に感じました。

旅中は疲れからくる体調不良や飛行機の遅延、バスのエンストといった想定外のトラブルも起こりがち。

モロッコを個人手配で旅する場合は、数日くらい予備日を設けておくと万が一計画通りいかなかった時も安心です。

ちなみに私自身はモロッコ旅行二度目ではありますが、妹は今回が初モロッコ。

絶対に外せない有名な町にプラスして、前回どうしても行きたくても行けなかった南西部を組み込んだ結果、このようなスーパーマイペースな旅程になりました(笑)

また、以前訪れて個人的に微妙だと感じたセウタやティトゥアンといった町については今回のルートからは外してしまいました(^_^;)

もし次またモロッコに行く機会があれば、緑の陶器で有名なタムグルートやサフィ、他の南部の都市、アルジェリア国境近くのウジダ等に行ってみたいですね。

今回の記事がモロッコ旅行を考えている方にとって少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、よい旅を!

-モロッコ

Copyright© TABIBISISTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.