マラケシュ

感激!イブサンローラン美術館マラケシュでオートクチュールを生鑑賞

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回はマラケシュの新市街にある「イブサンローラン美術館を見学した感想」について紹介しますね!

マジョレル庭園のすぐ隣にあるこちらの美術館は、その名の通りイブサンローランに関する資料が展示されているちょっと一味違うミュージアムなんです。

館内ではイブサンローランがデビューしてから引退するまでの歴史を振り返りつつ、彼がデザインした数々のオートクチュール作品を鑑賞することが出来ます。

ファッションが大好きな人やイブサンローランのファンには特にたまらないスポットだといえますね♪

この記事ではイブサンローラン美術館を見学した私達の感想をはじめ、館内の雰囲気や施設内の様子を写真付きで解説しています。

これからマラケシュ観光をしようと考えている方や、マジョレル庭園のついでにイブサンローラン美術館に行こうか迷っている方は是非参考がてら読んでみて下さいね。

イブサンローラン美術館マラケシュへの行き方・アクセス

イブサンローラン美術館はマジョレル庭園のすぐ横にあります。

マラケシュ旧市街のフナ広場からはタクシーやバス(1番か12番)で10分程、徒歩だと40分程かかります。

イブサンローラン美術館の入場料は?チケットについて

美術館だけなら100DH、マジョレル庭園とセットで見る共通チケットは180DH(庭園内のベルベルミュージアム付き)。

マジョレル庭園のチケット窓口はいつも行列なため、チケットを購入するだけでかなり待ちます。

ですが、イブサンローラン美術館のチケット売り場なら並ばずにマジョレル庭園のチケットも購入できちゃうんですよ!

もしマジョレル庭園もセットで見るつもりなら、美術館のチケット売り場で買った方がロスがないのでおススメです。

【関連記事】⇒マジョレル庭園を見学した口コミレポ

エントランスにはイブサンローランのロゴが展示

美術館入り口前のロゴゾーンはインスタスポットとして大人気。

外国人観光客が常に記念撮影をしているので、ここで写真を撮りたいのなら順番待ちを覚悟しましょう。

ただ、5時半以降は見事に人がいなくなるので、美術館を見た後でもう一度こちらに戻れば写真が撮り放題ですよ!

閉館間際が大変狙い目なので夕方頃行くのがいいかも。

イブサンローラン美術館では企画展も随時開催

入り口から入ってすぐのゾーンは企画展になっていて、私達が行った時はモロッコのアーティスト(?)の絵が飾られていました。

抽象画のような色鮮やかな色彩で描かれた絵画。

茶色い絵や白地にモジャモジャした黒い線が描かれた絵など、何とも形容しがたい作品が並んでおりました。

サラ~っと見つつ、お目当てのエリアへと向かいます(笑)

イブサンローラン美術館の中はどんな感じ?

美術館内はそんなに広くはなく、どちらかというとこじんまりとしています。

館内中央には謎の巨大なオブジェが鎮座。

館内の壁にはイブサンローランが描いたと思われるスタイリッシュなデザイン画やクロッキーが何点も展示されていました。

バレエのような衣装やアラブの踊子風の衣装、スペインの闘牛士のような衣装等、色々な国から影響を受けたかのようなイラストが沢山。

これは紋章のデザインでしょうか?

ワッペン等によくこういうイラスト描かれていますよね。

何ともゴージャスな造りの王室の中のようなデザイン画もあったり。

室内には巨大な姿見があり、鏡の近くにはシャンデリアや燭台まで。

こちらも宮殿の中のような絵ですね。

ラフ画ですが凝った装飾等がちゃんと描かれているのが分かります。

ここから先はいよいよ美術館のメインゾーンに突入!

撮影不可なため、残念ながら写真はありません(泣)

メインのエリアは全体が真っ暗になっている立体的な空間なのですが、このお部屋がもうすごいんですよ!!

入ってすぐのところはイブサンローランの歴史を辿るように、彼のおしゃれな写真や動画、センスの良いデッサン作品などが展示されているエリアとなっています。

展示物の近くには解説があるので、これを見ながら彼のデビューから引退までの歴史を振り返ることが出来ます。

さらにその奥には歴代のオートクチュールのコレクション(?)やジュエリーを並べたゾーンがあるのですが、これがもう圧巻!

私はイブサンローランについては全然詳しくないのですが、それでも実際に生でその作品を見てとても感激&圧倒されました。

ドレスの展示数自体はそんなに多くはないのですが、おそらくどれも彼の代表作なのでしょう。

その独特のフォルムやデザインといい繊細な刺繍といい、優美なドレープといい、もう素晴らしいの一言。

アフリカンスタイルに始まり、ベトナムや日本、中国といったアジアから影響を受けたデザインも多く、見ているだけでワクワクが止まりません。

イブサンローランは色々な国からインスパイアされて、かなり多様なデザインのドレスを作っていたんだなぁと初めて知りました。

美しいドレスの数々にうっとりしてしまって、これらを生で見られただけでもここに来た価値があると思いました。

普段はあまりファッションに興味がない女性でも、ここに来たら絶対テンション上がるハズ。

イブサンローラン美術館にはカフェも併設

ちなみに館内にはカフェも併設されています。

メニューはお茶やランチ、ドルチェ等が一通り揃っていたような・・・。

結構値段は高いのですが、ここまで来たならせっかくだし記念に入ってみるのもいいのではないかと。

私達は閉館直前に行ったのでカフェをする余裕がなかったのですが、時間があればここでお茶くらいはしたかったです。

イブサンローラン美術館の土産物屋でオリジナルグッズも販売

館内に併設されているスーベニアショップにはイブサンローランのグッズが沢山置いてあります。

マジョレル庭園のお土産屋さんよりもかなりシックでモダンかつスタイリッシュな内装でした。

さすが美術館なだけありますね。

【関連記事】マジョレル庭園のイブサンローラン限定グッズを紹介

色々なお土産グッズがありますが、残念ながら化粧品類は置いていませんでした。

写真集のようなものなどもあり、全体的に書籍が多めな印象です。

狙い目はイブサンローランのデザインが描かれているポストカード。

ラブリー系・モダン系・アート系など各年代別の彼のデザインの変遷が感じられて、あげたら女子には絶対喜ばれること間違いなし!

イブサンローランのロゴ入りエコバッグなんかもありました。

これは普段使いするのによさそうです。

モロッコのイブサンローラン美術館感想まとめ

さーて、というわけでイブサンローラン美術館を見学した感想を紹介させていただきました~!

いやー、ここはあまり期待していなかったのですが予想外に素晴らしかったです!

色々なファッションのコレクションが見られてテンションが爆上がりしました!(笑)

アジアやアフリカから影響受けてるデザインも結構あってなんだか新鮮でしたね~。

ある意味マジョレル庭園よりも個人的にはインパクト強かったかも知れません。

コンパクトなミュージアムですがイブサンローランの歴史や作品の変遷についても知ることができ、美しいオートクチュールの数々を生鑑賞できただけで大満足です。

イブサンローラン全然興味なかったけど好きになりそう!

ここは美術館にしては結構お値段も高いので、ついついスルーしてしまいがちですが普通の美術館とはひと味違う世界観が楽しめるので個人的にはかなりおススメ。

展示もショップも全体的にモードの帝王らしくシックかつスタイリッシュな雰囲気で、落ち着いた空間の中で美しい展示物を堪能できます。

本当に来てよかったと思いました。

ファッションに興味ある方はもちろん、彼のファンでなくても充分楽しめる場所なので、時間に余裕のある方は是非マジョレル庭園とセットで見学してみて下さいね。

それでは、よい旅を!

マラケシュ観光に関する記事はこちらも参考にしてみて下さいね↓

>>マラケシュ観光おすすめスポットからモデルコースを紹介
>>マラケシュで実際に宿泊した観光におすすめのリヤド3選
>>ロイヤルマンスールマラケシュのアフタヌーンティー体験記

-マラケシュ

Copyright© TABIBISISTER , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.