モロッコ

モロッコ個人旅行25日間の全費用予算まとめ♪現地物価も併せて紹介

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回は「女二人旅でモロッコ旅行に行った際にかかった旅費」について詳しくご紹介します!

「モロッコ一人旅をする場合、旅費はどれくらいかかるのかな?」
「いくらくらい持っていけば安心して旅できるんだろう?」

個人旅行でモロッコ旅を考えている方は、何にどれくらいかかるのか気になっている人も多いのではないでしょうか!?

そこで、実際にモロッコ女子旅をした我々の体験談を元に、旅行にかかった全費用や食費・移動費といった項目別の費用をドドーンと大公開。

それと併せて現地の物価情報もまとめているので、これからモロッコ旅行を計画している方は是非参考にしてみて下さいね。

モロッコ一人旅にかかる予算の総額は?各分野ごとの旅費や物価も紹介

今回、私達はモロッコに25日間滞在しました。

現地滞在費や航空券代等全て含めてかかった旅行費用の総額は、ズバリ・・・一人当たり226,404円!

※レートは2019年4月の時点で1DH=11.9円計算

女性2人旅した場合の一人当たりの金額内訳

内訳金額(モロッコDH)金額(日本円)
航空券代ナシ82,760円
宿泊費3,476DH41,364円
現地移動費1,359DH18,028円
食費4,341DH51,658円
観光費1,515DH18,028円
買い物・土産代1,049DH12,494円
雑費174DH2,072円

航空券代以外の宿代や食費、観光費といった現地滞在費の総額は143,644円で、これを25日で割ると1日当たりの平均は5,745円でした。

ただ、これはあくまで平均の話なのでそんなに参考にはならないかも知れません。

実際はあまりお金を使わなかった日もありますし、逆にツアーに参加したり高級ホテルでのアフタヌーンティーといったお楽しみオプションをつけたりしてかなり高くついた日もありますから(^_^;)

滞在型なのか周遊型なのかによっても移動費は変わってきますし、貧乏旅行なのか贅沢旅行なのか自分の求める旅のグレード次第で1日に使う予算って全然違いますからね。

私達の場合でいえば

・女性二人旅
・貧乏すぎる旅行は嫌
・安い食堂だけじゃなくいいレストランでも食事したい
・雑貨やコスメ等のお買い物もそれなりにしたい
・小綺麗な中級ホテルに泊まりたい
・町から町への移動もする周遊旅

という感じなので、似たような旅行をしようかなという方にとっては参考になるのではないかと。

実際の滞在日数や訪問都市によっても変わりますが、個人的な印象としては現地で使用できる金額が1日6,000円~10,000円くらいあればそこそこ贅沢もしつつ楽しい女子旅が出来ると思いますよ。

お買い物がメインの人は、これにプラスして買い物代として数万円余分にもっていけば余裕のある旅が出来るハズ。

モロッコ旅行でかかった宿代・宿泊費用

というわけでここからは、食費や宿代といった分野ごとに実際にかかった費用や節約に関するちょっとしたアドバイスについて書いていきたいと思います。

まずはホテル代からいってみましょう。

現地滞在費で一番お金がかかるのが宿代!

ここを抑えられればかなり使える予算が変わってきますよね。

基本的に私達は女性二人旅なので部屋はダブルルームを使用し、ホテルランク的にはそこそこ小綺麗な中流レベルの宿(1泊1人あたり平均300DH~)を選ぶようにしていました(マラケシュで1泊だけリヤドにも宿泊)。

私達が宿泊した宿についてはこちらの記事も参考にしてみて下さい。

ホテル名場所宿泊日数部屋代/1人あたりの料金
リヤドエルボルジュ(Ryad El Borj)マラケシュ1泊720DH/1人360DH
リヤドダールタミリル/Ryad dar tamilil)マラケシュ1泊436DH/1人218DH
リヤドカサソフィア/Riad Casa Sophia)マラケシュ3泊700DH/1人350DH
リヤド・アイラル(RIAD AYLAL)エッサウィラ1泊238DH/1人119DH
ホテルサラマ(Hotel Salama)タフロウト3泊960DH/1人480DH
リヤドタフィラグ(Riad Tafilag)タルーダント1泊558DH/1人279DH
ローズバレーホテル(rose valley hotel)ワルザザード1泊284DH/1人142DH
ダルアクラム(Dar Akram)フェズ4泊1,668DH/1人834DH
ダル・アントニオ(Dar Antonio) シャウエン3泊413DH/1人137DH
タンジェ・カスバホステル(tangier kasbah hostel)タンジェ2泊680DH/1人340DH
ホテル・セントラル(hotel central)カサブランカ1泊435DH/1人217DH

モロッコには

・1泊50~100DHくらいで泊れる安宿
・1泊300~1000くらいの中級ホテル
・1泊1500~の高級ホテル

といった価格帯の宿がありますが、女性には清潔感や衛生面・治安の面からいっても中級ランクの宿に宿泊することをおすすめします。

また、古い邸宅をおしゃれに改装したリヤド宿ホテルもモロッコ気分を満喫できるとあって、こちらも女性旅行者には人気。

見た目高そうなわりに意外とリーズナブルな価格で泊れちゃう(7000円~)ので、予算に余裕があれば1度くらいはリヤド宿泊してみるといいですよ。

宿泊費を節約するためのアドバイス

・ホステルやドミトリータイプだと安い
・田舎だと質のいい宿に低価格で泊れる
・夜行バスを利用することで宿代を削れる

もし1泊100DHくらいの安宿に泊まれれば、現地滞在が1週間の場合なら宿代は700DH=8,330円で済みます!

宿代はネットのホテル予約サイトから予約すれば、タイミングや時期によってはかなりお得に宿泊できます。

特別キャンペーンで数万円の宿が5千円くらいの価格になっていたりするので、使い方次第では安上がりな旅行が出来ちゃいますよ。

私のおすすめ予約サイトはアゴダエクスペディア

空席検索すれば自分の条件に見合ったホテルが色々と出てくるので、宝探し感覚で掘出し物のホテルが見つかることも♪

上手く活用して激安ホテルを見つけちゃいましょう。

モロッコ旅行でかかった電車やバス代は?交通費詳細

続いて、現地を周遊する際に利用した列車やバス代といった移動費についてご紹介しますね。

今回私達が移動したルートは以下の通り。

・カサブランカ
・マラケシュ
・エッサウィラ
・タフロウト
・タルーダント
・ワルザザード
・メルズーガ
・フェズ
・シャウエン
・タンジェ
・アシラ
・カサブランカ

交通費は一人あたり1359.5DH、日本円にして16,178円かかりました。

国内移動でかかった全費用を表にしてまとめてみたので参考までにどうぞ。

区間交通機関運賃(一人あたり)
空港~マラケシュ駅列車2等164DH
フナ広場~マラケシュ駅バス4DH
マラケシュスープラトゥールバス停~エッサウィラバス(スープラトゥール)

80DH+荷物代5DH

エッサウィラ~タフロウトバス(CTM)150DH+荷物代10
タフロウト~インズガンバス(CTM)70DH+荷物代2.5
インズガン~タルーダント民営バス20DH
タルーダントからワルザザードバス(CTM)115DH
ワルザザード~アイトベンハッドウタクシー150DH
メルズーガ~フェズバス(スープラトゥール)200DH
フェズ~シャウエンバス(CTM)75DH+荷物代5DH
フェズエルバリ~アールナジ工房タクシー1人5DH(合計10DH)
アールナジ工房~新市街クラブタクシー1人12.5DH(25DH)
新市街クラブ~旧市街中心部タクシー1人10DH(合計20DH)
シャウエン~タンジェバス(CTM)45DH+荷物代10
タンジェ~メディナタクシー1人15DH(合計30DH)
タンジェ~アシラ列車2等17DH
アシラ~タンジェ民営バス10DH
タンジェ~カサボヤージュ列車2等187DH

今回、ワルザザードからメルズーガまでの区間は砂漠ツアーに参加したので列車やバス移動はナシ。

モロッコ旅行をする際は、長距離移動時に列車かバス(CTM・スープラトゥール・民営)を利用することになると思います。

列車は快適ですが多少お値段が張るので、極力安く済ませたいのなら

・民営バス
・皆で1台の値段を割り勘するグランタクシー

あたりを使うといいですね。

ただ、民営バスはボロイし汚いし、エアコンもないので乗車する時間帯や場所によっては蒸し風呂状態の生き地獄を味わうことに・・・。

その点、CTMやスープラトゥールバスだと小綺麗で乗り心地もよくかなり快適です。

旅先で体調を崩したくないという方は、長距離移動の際は民営バスはなるべく避けた方が無難かも。

日本と比べて幸い交通費はそんなに高くないので、ここはあまりケチらず自分にとって無理のない移動方法を選択するようにしましょう。

数千円節約できても、体調不良で旅程が大幅に狂ってしまったら元も子もありませんからね。

モロッコ旅行でかかった食費

続いて、現地でかかった食費について紹介しますね。

実は今回の旅行で一番かかったのが食費!

なんと25日間で4341.07DH、日本円で51,658円というフィーバーぶりです!

単純計算で25日で割ってみると1日あたり2,066円も食事にかけていることになり、何と宿代よりも高い!(笑)

こんなに食費がかかったのは次のようなことが原因です。

・1日に何回もカフェに行ってお茶をした
・レストランで高いジュースを何度も頼んだ
・高頻度でややお高めのレストランで食事をした
・5つ星ホテルでアフタヌーンティーをした
・ローカルの屋台飯をそんなに利用しなかった

私達は食べるのが大好きなのでこんな結果になりましたが、個人旅行ならもっと食費を安くあげることは可能です。

例えば

・朝はホテルの朝食で腹を満たす(無料)
・昼は屋台や食堂で安めのハリラやサラダを注文(30DH以内)
・夜は安めのレストランでタジンやクスクスを注文(40-50DH以内)
・カフェでミントティーやジュース(10DH)

といったプランなら、そこそこ現地の食事も満喫しつつ80DH(952円)くらいで収まります。

これなら食費は1日千円以内

さらに頑張るのなら次のような貧乏プランもあります。

【貧乏プラン】
・朝はホテルの朝食で無料
・昼は屋台でハリラや臓物汁(10DH)とモロッコパン(2.5)
・夜は食堂で安めのタジンやクスクス(30-40DH)
・おやつはオレンジ(5DH)やミントティー(10DH)

これで一日あたり食費は50DH前後で収まるのでかなり節約できますよ!

贅沢したいならおしゃれな観光客用の高級レストランを楽しむのも全然ありですし、なるべく食費は削って他にかけたいのならローカル向けの食堂や商店で売っているモロッコパンをかじればお腹は満たせます。

この辺は臨機応変に自分の体調やその日の都合によってチョイスすればよいのではないかと。

ちなみに観光中に小腹が空かないようにするコツは、朝ごはんをガッツリ食べることと、朝ごはんやランチの際に余ったパンはこっそり持ち帰ることです・・・(せこい笑)

モロッコの食べ物やレストランメニュー相場

ご参考までに、私達が入ったモロッコのレストランのメニュー価格や、食べ物の相場についてもご紹介しておきますね。

モロッコ料理(レストランの場合)

メニュー名値段備考

タジン

25~50DH平均40DH
モロカンサラダ8~35DH平均18DH
クスクス35~50DH平均40DH
ベジタブルスープ18~20DH 
ハリラ7~15DH屋台だと10DH
臓物汁5DH屋台のみ
豆のスープ5DH屋台のみ
付け合わせのパン10DH 

シーフード料理(レストランの場合)

メニュー名値段備考

シュリンプ

110DH 
魚のグリル110DH 
カラマリフライ80~120DH 
パエリア90~280DH 
魚のスープ40DH 
カラマリ炭火焼き25DH屋台の場合

ファストフード

メニュー名値段備考

ファラフェル

18~23DHレストランだと60DH
チキンパニーニ12~40DH 
チキンタコス30DH 
チーズバーガー14DH 
コフタサンド30DH 
ピザ25-55DH 
フライドポテト20DH 

飲み物(レストランやカフェ)

メニュー名値段備考

レモネード

10DH 
パイナップルジュース17DH 
バナナアップルジュース8~20DH 
アーモンドジュース30DH 
キウイジュース17DH 
オレンジジュース20~60DH屋台だと5~10DH
アボガドジュース12~17DH 
バナナミルク15DH 
タピオカミルクティー44DH 
ミックスジュース10DH 
ミントティー7~10DH屋台だと6DHくらい
カフェオレ12DH 

お菓子

メニュー名値段備考
ドリトス8~15DH 
レイズ15DH 
レイズ小1DH 
プリングルス20DH 
プリングルス小10DH 
モロッコ産クッキー7.47DH 

パン・その他

メニュー名値段備考
フランスパン1DH 
モロッコパン2.5DH 
クロワッサン5DH 
アムルーパン6DH 
ミルクプリン5DH屋台のみ
ヨーグルト2DH 
オレンジ5DH 

ちなみに、サハラ砂漠ツアーで使うレストランはマジで観光客値段なのでパスタ110、クスクス110とめちゃくちゃお高め。

しかも味が激マズだったので最悪でした・・・。

ツアーで使用するレストランに関しては最初から諦めておいた方がいいかも知れません(笑)

モロッコ旅行でかかる現地の観光費用は?

お次は今回のモロッコ旅行でかかった観光費用について解説していきますね。

モロッコでかかった観光費用

内訳値段
バヒア宮殿入場料70DH
イブサンローラン美術館入場料170DH
マジョレル庭園入場料70DH
郵便局の切手代20DH(1枚10DH)
サハラ砂漠ツアー代2泊3日分900DH
ツアーチップ30DH
ローカルハマム64DH
ナイトクラブチャージ120DH
水タバコ135DH

正直、モロッコではスークを練り歩いたりといった街歩きメインの観光がほとんどだったため、25日間いたわりにはそんなに観光代はかかりませんでした。

史跡・寺院巡りや博物館・美術館といった箱もの見学をした場合はもちろん、高級ハマムやスパ等のアクティビティを入れたりすればもっと高くなると思います。

もし単純に観光費用を抑えたいのなら、ぶらぶらと街歩きを楽しむのが一番。

その地域の代表的な観光施設以外はわざわざ入場しなくてもサラッと外から眺めるだけでもいいですし、自分が本当に気になったものだけ見学するのも一つの手です。

全部見て周ってたら結構な額になりますからね~、取捨選択が大事です。

観光という意味では、モロッコ旅行最大のハイライトであるサハラ砂漠ツアーに参加するかどうかでも旅にかかる予算は大幅に変わってくるのではないかと。

現地発の砂漠ツアーは格安のものもあれば、おしゃれなテントでホテル並みの設備やサービスを提供してくれるラグジュアリーキャンプのような高級志向の砂漠ツアーもあります。

節約派なら安めのツアー、贅沢したいならちょっと奮発してラグジュアリーキャンプ・・・といった風に、自分の予算に合わせて適当なグレードのツアーをチョイスするといいですね。

モロッコ旅行の土産代の予算はいくら?

お次はモロッコ旅をするうえで女性なら絶対楽しみにしているであろう、お買い物の予算についてご紹介!

これに関してはお目当てのブツが何であるかによって、予算も千差万別であるとは思いますが私達の場合はこんな感じになりました。

商品名個数値段
カフタン5枚1,175DH(1枚あたり235DH)
Tシャツ2枚200DH(1枚あたり100DH)
ポストカード3枚34.5DH(1枚あたり11.5DH)
イブサンローランハガキ2枚20DH(1枚あたり10DH)
ランプ型の置物1個30DH
チロリアンテープ6本49.8DH(1本あたり8.3DH)
シルバーピアス6個60DH(1本あたり10DH)
ローズ石鹸2個11DH(1個当たり5.5DH)
アルガン石鹸9個160DH(1個あたり17.8DH)
アルガンシャンプー1本9DH
ガスールシャンプー1本13DH
アーモンドオイル1本14.5DH
アルガンオイル1本20DH
固形香水2個130DH(1個あたり65DH)
ローズウォーター1本50DH
アルガンクリーム1個60DH
ガスールパウダー1個15DH
サボンノワール2個60DH(1個あたり30DH)
カサブランカビール1本15.50DH

しめて1049.975DH、日本円で12,494円也!

長期の旅行だったのであまりかさばる物は買えなかったため、残念ながら小さめのお土産ばかりになってしまいました。

革バッグやプフ、絨毯やおしゃれなモロッコランプといった大物は購入しなかったので、幸い(?)お土産代はそんなにかからずに済みましたね。

コスメやモロッコ雑貨に関しては値段はあってないようなものなので、安く抑えたい方はスークで値切りまくりましょう。

スークでの値切り交渉については下記の記事も参考にしてみて下さい♪


【必見】モロッコで買い物する際の注意点と値段交渉の秘訣を徹底解説

続きを見る

予算に余裕がある方はスークではなく、町角のおしゃれなショップで最新のモロッコ雑貨をお買い上げするのも楽しいですよ。

ミントティーグラス1つ1000DHとかですが(汗)、スークとは違ったモダンなデザインのものが見つかるかも!?

私達は購入しませんでしたが、

・キリムはバスマットくらいの大きさで300~
・バブーシュは60~
・ジュラバは100~

といった感じでした。

モロッコでのお買い物についてはこちらの記事も参考にしてみて下さい。


モロッコで見つけたお土産一覧!おすすめコスメや雑貨を一挙公開

続きを見る


モロッコお土産事情♪アルガンオイル現地購入のコツや使い方を紹介

続きを見る


安い!手軽!モロッコでばらまき土産購入するならスーパーがおすすめ

続きを見る

モロッコ旅行でかかった雑費は?水代はいくら?

旅中にかかった雑費についてもサクッとご紹介しますね。

これは旅行中に持ち歩いたペットボトルの水やトイレチップ等で、174.2DH=2,072円ほどかかりました。

モロッコは暑いので結構お水を飲む機会が多いのですよ。

水はペットボトルの2リットル入りが5-6で、500mlサイズが3DHでしたが、砂漠方面だと足元をみてるのか大きいサイズで10DHという強気の値段で売ってくることもあります。

トイレチップに関しては、街中や長距離移動バスの途中休憩、駅のトイレに入った時に払うもので、大体平均して1回あたり1-5DHでしたね。

お金を払わないといけない時でも、係員が男性だとおまけしてタダで入れる時もありますので、なるべく愛想だけはよくしておきましょう(笑)

雑費を安く抑えるコツとしては、お水をよく飲む方は浄化ポット等を持っていくとホテルの水道から水を汲んでいけるので多少節約になるのではないかと。

モロッコ旅行の予算を節約するためのアドバイス

というわけで、今回のモロッコ旅行にかかった旅費を一挙にまとめてご紹介させていただきました。

モロッコを個人手配で旅行しようと考えている方は、旅の計画を立てる際にどれくらいの予算を組むかであれこれ悩むと思います。

個人的なアドバイスとしては、まず最初に自分がどんな旅をしたいのか大まかな目的を決めちゃうことが大事!

・美容目的ならハマムやスパ、コスメ系のお土産に予算をかける
・モロッコ料理を楽しみたいのなら屋台だけではなく一流レストランに行く
・モロッコの雰囲気を味わいたいのなら高級リヤド中心に泊まってみる
・歴史巡りしたいのならモスクや史跡見学を楽しむ
・雑貨が欲しいのならスークでお宝探しに集中する

自分が今回の旅で一番予算をかけたいところをバシッと決めてしまえば、おのずとこれは削ってもいいなというところも見えてくるハズ。

・ホテルは安宿でいいからお土産だけは沢山買いたい
・移動はせずに高級ホテルにゆっくり滞在したい
・買い物はそこそこにしてグルメを楽しみたい
・全般的に安く旅したいから宿も食事も安く抑えたい

こうした方針さえ明確になれば

・ホテルのランクや1泊あたりの料金
・1日あたりの食費の上限

等も目星がついてくるので、全体にかかる費用や予算をイメージしやすくなりますよ。

節約上等!のバックパッカー的な旅行も楽しいですが、女子旅ならやはり観光はもちろん、買い物やグルメもそれなりに楽しみたいところ。

せっかくモロッコまではるばる来たのに、始終お金のことばかり気にしたケチケチ旅行だとしんどいですよね。

現地に行かないと食べられないものや手に入らないものも多いですし、何でも試してみて損はないので抑えるところは抑えつつ、メリハリをつけて旅を楽しみましょう。

ちなみに旅費を抑えたいなら航空券代を安くあげるのが一番効果的です。

モロッコ行きの安い航空券はこちらのサイトから探せるので是非あれこれリサーチしてみて下さいね。

>>スカイチケットでモロッコ行きの航空券を探してみる

-モロッコ

Copyright© TABIBISISTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.