石川

寿司ものどぐろも!金沢旅行で実際に食べて美味しかったご飯屋まとめ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスター(@tabibisister)で~す!

今回は金沢旅行した際に私達が立ち寄ったおすすめの食事処や名物料理についてを感想レポ風にサクッとまとめてみました!

実際に食事してみた体験談を元に、リアルな感想や口コミ、お店の雰囲気やメニュー内容等を豊富な画像付きで紹介しちゃいます。

ローカルな食堂から少しいいレストランまで、金沢グルメを楽しめるスポットを中心に紹介していますので、これから金沢旅行しようと思っている方は是非参考にしてみて下さいね。

金沢名物のどぐろを食す!のど黒飯本舗いたる

まずは片町にある『のど黒飯本舗いたる』からご紹介♪

ここの看板メニューはのど黒めし(税込3,300円)。

炙ったのどぐろが乗ったどんぶりをひつまぶし風にしていただけるんだとか。

インスタのフォロワーさんから教えてもらっったんですが、美味しそうだったので思い切ってトライしてみることに。

21世紀美術館見学後、開店時間を見計らって突撃してみたところ・・・、なんと!

すでに何組も待っている人がいてちょっとした行列が出来ているではあーりませんか!

入り口前にある名簿には予約者の名前がズラリと並んでいて、下手したら予約者だけで一杯になってしまいそうな雰囲気。

「ありゃ、ミスったかも・・・。」

この状況だとさすがに予約なしでは厳しいかな・・・と一瞬諦めかけた私達。

でも、そんなに大きいお店じゃなさそうだし、メニュー的にも回転が早そうな気もするので30分~1時間待てば2回転目には入れるかも??

と思い直し、とりあえず様子見がてら待ってみることに。

そしたら、5分で名前を呼ばれました。

ラッキー!!

店内は1階と2階に分かれていて、私達は入り口から入ったところにあるカウンター席に通されました。

この店のメニューはのどぐろ飯だけなので迷うこともなく席に着くなりすぐに注文。

注文はタブレットで出来ます。

しばらくすると、やってきました!

これが噂ののどぐろ丼!

木で出来た蓋をパカッと開けると・・・プワァァ~ン

早くも食欲を誘う美味しそうな匂いが漂ってきました。

こ、これは・・・すごいぞ!

炊き込みご飯の上に表面を炙ったのどぐろが、これでもかというくらい敷き詰められているではないかぁぁ~!

なんと、1匹分丸々入っているらしいです。

うっはー、こーりゃ贅沢だわ!

こちらは薬味。

ご飯に振りかけていただく用です。

のどぐろ飯には食べ方があり

1.ご飯を四つ切りにして4回に分けていただく
2.最初は何もかけずにそのまま味わう
3.薬味を乗せて味の変化を楽しむ
4.のど黒出しをかけてひつまぶし風にしていただく
5.最後は好きな食べ方で食べる

という作法になっているそうな。

ほうほう、なかなか面白いですな。

ひつまぶしに関しては、自分の好きなタイミングで注文すれば茶漬け用の汁がもらえるとのこと。

まずはしゃもじでご飯を4等分にします。

さーて、一口・・・もぐもぐもぐ。

うっひょー、身がほこほこ!脂もばっちりのってる!

これは確かにうまい・・・いくらでも食べられちゃいそう!

ご飯には味噌も加えられているらしく、この味噌のしょっぱさとのどぐろの上品な脂が絶妙なハーモニーを奏で・・・(海原雄山風)。

薬味も入れていただくとさらに風味がアップして美味しさも無限大!むげぇぇ~~んだぁぁ~い♪(byJO1)

特に胡麻の香ばしさがよいですね。

後半戦は白濁色ののどぐろ出しをかけてお茶漬け風にいただきまーす!

ううううう~~~ん、最高だ!

のど黒の骨を煮詰めて抽出した旨みを凝縮したスープが私の胃袋を疾風のごとく駆け抜けていく~~!

はぁぁ~、生きててよかった。

最後は好きな食べ方でとのことなので、ごまをたっぷりかけて完食しました。

こののどぐろ飯は食べて損はなしです!

金沢行った際は是非!

ただ、人気店なので予約した方がスムーズに入れますよ。

住所 石川県金沢市片町2-7-5
TEL 076-233-1147
営業時間 12:00~14:30(L.O14:00)、17:30~19:30(L.O.20:00)
定休日 日曜

金沢で美味しい回転すしが食べたいならもりもり寿司がおすすめ

北陸といえば魚!魚といえば寿司!

っちゅーわけで、おすすめ店二つ目はズバリ、もりもり寿し

ここは気軽に金沢の海の幸を味わえる人気のチェーン系回転寿司のお店。

実は私の好きなジャニーズのグループ・sixtonesがYouTube動画でもりもり寿司に訪れているシーンを見て前々から行きたいなと思っていたんです・・・(どうでもいい笑)

平日でも結構並ぶとのことでしたが、さすがに朝一で行ったらすぐに入れましたよ。

もりもり寿司ではリーズナブルな価格で新鮮なお寿司が食べ放題!

金沢名物ののどぐろはもちろん・・・

今の時期がまさにシーズンのガス海老や・・・

やはり冬の間だけ出回るズワイガニまで、こんなに安くていいの!?という驚きの値段で美味しいお魚を思う存分味わえます。

魚だけではなく、

・能登牛の握り
・蟹味噌と蟹の卵がたっぷり入ったあら汁

といった東京ではなかなか食べられない珍しいメニューも取り揃えてあり、どれもこれも欲張って食べたくなっちゃうこと請け合い!

しかも、回転寿司なのに激ウマ!

東京で食べるよりもはるかに新鮮なお魚を堪能できちゃうので、まさに観光客にはまさにうってつけのお店なのです。

一杯食べた後は近江市場で色々な魚介類を見て周ったり、海鮮系の屋台でちょい飲みやちょい食いしたりと楽しみ方も色々。

金沢にはいくつかもりもり寿しの店舗があるので、タイミングが合えば是非立ち寄ってみるべし~!

もりもり寿し近江町店市場ふれあい館店
所在地:〒920-0907 石川県金沢市青草町88
営業時間:8:00~16:00
電話: 076-262-7477

もりもり寿しについてはこちらの記事で詳しくまとめているので併せてご覧下さい♪

関連近江町市場散策海鮮食レポ!もりもり寿司が美味しすぎて発狂した日

近江町市場散策海鮮食レポ!もりもり寿司が美味しすぎて発狂した日

続きを見る

金沢駅百番街にある海鮮系居酒屋・魚菜屋(さかなや)

続いておすすめしたいのが、金沢駅の駅ナカの土産売り場「百番街」に入っている海鮮系居酒屋の『魚菜屋 あんと店』

残念ながらお店の外観の写真を撮り忘れてしまったのですが、ここもめちゃくちゃおすすめ!

こちらのお店は水産会社が直営しているそうで、地元能登港から直送される獲れ獲れの新鮮な魚介類を提供してくれるところがウリ♪

店内は大衆的な庶民派居酒屋という雰囲気で、夕方以降は地元民や仕事帰りor出張で来ているサラリーマンでごった返しています。

かなり人気店のようでそれもそのはず、メニューがどれもこれも美味しそうなものばかり。

写真は白子の天ぷらです。

とろりとしたクリームのような味わいがたまりません。

塩をかけてもタレにつけてもうま~い!

こちらは甘じょっぱさが癖になるふぐの煮込み。

鮮度が良いから身もほっくりしていて、あっという間に食べきってしまいました。

これだけのお魚を前にしては飲まずにいられない!

金沢の地ビール「ダークエール」をグビリ。

能登の岩もずくを注文したら大ボリュームで提供されました。

これだけでお腹が一杯になりそうな勢いです。

ちゅるりちゅるりとかきこみ、そのまま胃袋へと消えていきました(笑)

ふぐのへしこ刺。

かなりしょっぱくて酒粕をさらに濃くしたような独特の癖がありますが、ハマる人はハマる味。

酒盗とか好きな人にはおすすめです。

私はへしこって初めて食べたんですが、個人的には結構気に入ってしまいました。

白エビの唐揚げ。

衣がサクサクで、白エビ自体も東京で食べるのより大きくて食べ応え抜群。

うーん、このカリカリサクサク感のおかげでスナック感覚でいくらでもいけそう。

金沢おでん盛り。

金沢名物のおでんもここで試しておきませう。

実は金沢名物の治部煮も食べてみたかったんですが、悲しいことに本日品切れとのこと・・・。

うっうっ、残念無念。

ゲンゲン坊煮つけ。

北陸名物の深海魚・げんげをまさかここで食べられるとは!

コラーゲンたっぷりでお肌にいいと何かの本で読んで以来、一度食べたいと思っていたのですが夢が叶いました!きゃほー!

見た目は胴の短いヘビのような奇妙な姿をしていますが、外見とは裏腹にゼラチンで覆われた表面はとろりとしていてまるでゼリーのような食感。

くにゃくにゃしているので地方によっては「くにゃら」という呼び名で呼ばれていたそうです。

味も非常にあっさりとしていて、身も柔らかくふわふわふっくらしていて全然癖がない!

甘じょっぱい味付けも相まって非常に美味でした。

げんげ、ハマるかも!?

お刺身やおつまみ系以外にも海鮮丼もありまっせ!

こちらはカニと地魚丼。

とにかく大ボリュームで一人では到底食べきれません。

蟹(種別は忘れた)がたっぷり入っているうえ、蟹味噌までつけてくれる太っ腹さに感動。

ご飯をかっこみ、美味しいを連発することしかできなーい。

最後の〆は能登のあら汁。

新鮮な海の幸の旨みが溢れだし、胃袋も舌も大満足させてくれる激アツな一品。

いやー、エキナカの居酒屋なのにレベル高すぎるぜぇぇ~!

土産探しの合間はもちろん、新幹線に乗る直前でも立ち寄れるから機会があれば是非行ってみて下さい。

魚菜屋 あんと店
所在施設: 金沢百番街
所在地: 〒920-0858 石川県金沢市木ノ新保町1?1?1
営業時間:11:00~ 21:00

金沢駅から徒歩3分♪贅沢な和朝食をいただける金沢茶屋

最後は金沢駅から徒歩3分の好立地にある「金沢茶屋」

金沢茶屋はあのおもてなしで有名な加賀屋グループが経営する料理旅館で、こちらでは宿泊客でなくても事前に予約すれば朝食をいただくことができるんですよ。

料理に定評があるだけあって、まるで京都の料亭かというようなゴージャスな朝食が食べられて感激。

四季折々の旬の食材を使用した数々のメニューはもちろん、器も綺麗で各お料理の見た目も凝ってて食べてて非常に楽しかったです。

朝からこんな贅沢な朝食をいただけるとは・・・旅行ならではのひと時ですね。

最高の朝食でした。

金沢茶屋
〒920-0853 石川県金沢市本町2丁目17?21
0120-378-223
TEL.076-231-2225

金沢茶屋についてはこちらの記事で詳しくまとめているので併せてご覧下さい♪

関連金沢茶屋(加賀屋グループ)で石川の幸を満喫!絶品朝食口コミレポ

金沢茶屋(加賀屋グループ)で石川の幸を満喫!絶品朝食口コミレポ

続きを見る

金沢で美味しかったおすすめ海鮮系グルメ・食事処まとめ

さーてそんなわけで、独断と偏見を交えて金沢旅行で美味しかったご飯屋さんをサクッと紹介させていただきました。

基本的に魚料理がメインのお店になりましたが、やっぱり金沢に来たなら海鮮を楽しまなきゃ損ですよ~!

今回行ったお店はどこも美味しかったのはもちろん、比較的リーズナブルな価格で楽しめるから一人旅や学生さんの旅行でも足を運びやすいハズ。

人気店は並んでて入れない!というケースもあるかもなので、もし立ち寄る際は事前予約した方が無難です。

金沢は魚が本当に美味しいですね。

適当に入ったお店でも美味しいので、これと比べると東京の居酒屋とは一体なんだったんだ・・・と考え込みたくなるレベルです。

仕事帰りのちょい飲みでもこんなに新鮮なお魚を毎日食べられるのは羨ましい限り。

東京では結構いいお値段を払っても、出てくるのは金沢の回転寿司以下の味ってのもザラですからね。

そう考えると虚しくなっちゃいますね。

特に今回行ったお店の多くが

・安い
・早い
・うまい
・ボリュームたっぷり

と4拍子揃っているので観光客にはマジでおすすめ!

是非土産探しや茶屋街見学の合間にでも寄ってみていただければ!

以上、タビビシスターによる金沢のおすすめご飯屋さん情報でした!

それでは、よい旅を!

私が宿泊した金沢のおすすめ宿・ホテル紹介

金沢観光情報についての記事はコチラ♪

-石川
-

© 2022 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5