【インドの治安はやばい?】渡印三回目の私が安全対策を伝授するよ!

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回はインドの治安について紹介しますね!

インドは危ない!とよく聞きますが、実際はどうなんでしょうか?

色々悪い噂があるのは事実ですが、実は皆が思っているほど危ない国ってわけでもないんですよ!

事前に対策を知っておけば防げるトラブルも多いですしね。

というわけで、今回の記事ではインドに3回旅行した私達の体験を踏まえて、インドの治安や地域ごとの危険度、街中や空港や列車でありがちな詐欺事例や具体的な手口と対策法等について詳しく解説しちゃいます!

初めてのインド旅だけど現地の治安ってどうなの?

インドに一人で行くけど騙されないか不安!

インドで治安のいい場所と悪い場所を知りたい!

そんな方は是非参考がてら読んでみて下さいね!

かなりボリュームのある記事なので時間がある時にじっくり見ていただけたらと思います(‘ω’)

目次

インドの治安は悪い?一人旅は危険っていうけど本当?

インドの治安はいいのか悪いのか?

これはその人の感覚にもよりますが、個人的な体感としては「やや悪い」という感じですね。

悪いといっても南米なんかよりははるかに安全だと思います。

道端で強盗や暴漢に襲われるようなことはまずないですし、いきなり殺人事件や発泡事件が起こるわけでもありません。

確かに詐欺師は多いですし中には悪質な輩もいますが、それも気を付けていれば防げることがほとんどです。

貧富の差が大きくカーストの問題等もあるので、乞食にお金をせびられたり、ぼったくられたりすることはよくありますけどね・・・。

でも、逆に言えばインドでは詐欺やぼったくりにさえ気を付けていれば余程のことがない限り命を落とすということはない!ともいえます。

インドはヒンドゥー教徒が多い国なので旅行者に対しての殺人等は滅多に起きません(あるにはありますが比率的には少ないかと)。

金がないなら殺して奪っちゃえばいいじゃん!バレなきゃいいじゃん!という国民性の国ではないので(汗)、そこは安心して下さいね。

インド女性一人旅の治安と危険性は?レイプやセクハラ・痴漢はある?

インドを女性一人で旅するとなると、これは別の意味でちょっとハードルが上がります。

ニュースでもたまに見聞きしますが、実際にレイプやセクハラ、痴漢被害等は多いですから(;´∀`)

街中でレイプ魔に襲われることはさすがにないものの、移動中に体を触られたり、ちょっと仲良くなって隙を見せた途端に迫ってきたり・・・といったことは日常茶飯事です。

インド人男性は宗教的・社会的に自国女性に対しての抑圧が強いため、外国人女性なら何をしてもOK!と思っている節があり、どうしても女性の個人旅行者は狙われやすいのです。

女性一人でインド旅するのなら、そこだけはしっかり念頭に入れておきましょう。

基本的な対策方法としては

・列車やバス等の移動手段はある程度グレードの高いものにする
・店でも宿のスタッフでも必要以上に仲良くしない
・初対面の男性には隙を見せない
・露出のある服装をしない(肩出し・足出しは特にNG)
・出歩く時間に気を付ける
・密室で2人きりにならない

といったことが挙げられます。

レイプ事件も大抵は現地で仲良くなったor知り合った男から被害を受けるパターンが多いです。

男性に対してある程度の警戒心を持ち、隙を見せなければかなりの確率で自衛できますよ。

レイプやセクハラ・痴漢の具体的な手口や対策方法についてはこちらに詳しく書いてあるので、女性旅行者は是非読んでみて下さいね↓

関連記事⇒【ナメんなよ】インドバルカラでレイプ男達とトークバトルした体験談
関連記事⇒【インド女性一人旅は危険?】実際の痴漢セクハラ手口と対策法を伝授

北インドと南インドどっちが治安がいいの?南部と北部で違いはある?

インドは大きく北と南のエリアに分けられます。

私達は北インドと南インド両方周ったのですが、体感的には南の方が断然治安がいいなーと感じました。

旅をしていて感じた北と南の雰囲気や安全性の違いについて軽く説明しちゃいますね!

デリーを中心に北インドは嫌な目に遭う確率高し!

デリー・アグラ・バラナシ・ジャイプール等、一大観光地がひしめき合う北インド。

このエリアを周っているとどうしても観光客相手の商売人と関わることが多くなります。

北インドは観光地化しているので、詐欺やぼったくりが多く、観光客と見ればわらわらと怪しい輩が次から次へと話しかけてきます。

歴戦の猛者どもが手ぐすね引いて待ち構えているので、大人しい日本人は圧倒されてしまうかもしれません。

出会う人々も

・うるさい
・しつこい
・口達者でおしゃべり
・押しが強く自己中
・抜け目なくずる賢い

といった傾向になりがちで、ここで嫌な思いをするとインドなんて二度と行きたくない!あんな国大嫌いだ!となってしまう確率が高いです。

基本的に都会になればなるほど詐欺師やぼったくり野郎、女性観光客狙いのスケベ男も増えますのでご注意を。

初めてインドに行く人は北インドを周る人がほとんどだと思いますが、一般のインド人にはいい人も沢山います。

そういう人達と関われればまた印象も違ってくるのではないかと思いますが、そこは正直運次第かも!?

南インドの治安は良好!ケララやタミルナドゥ州等はいい人多し

北インドと比べて南インドは南国感が強く、非常にゆる~い雰囲気なのでかなり旅行しやすいです。

人も穏やかでぼったくりも少ないですし、そもそもシャイで人見知りの人も多く旅行者に声自体あまり掛けてきません。

ある意味、観光地ズレしてないんですよね。

自分から声を掛けてこない分、こちらが道を聞いたり話しかけたりすると真摯に対応してくれる人が多いです。

詐欺師もほとんどいませんでした。

南インドの人達は全般的に

・のんびりしていて穏やか
・シャイだけど実直
・観光客に対してあまり干渉してこない
・話しかけると親切で優しい
・素朴で温かい人達が多い

といった傾向があり、北インドに比べてウザさが全くありません!

北インドのうるささやしつこさに疲れてギブアップしそうな場合、気分転換がてら南に飛んでみるのもいいと思います。

ケララ州などは識字率も高く教育環境もいいのでまともな人達も多く、同じインドでもこんなに違うのか!とびっくりするかも知れません。

インドで比較的治安のいい地域はある?安全な町はどこ?

インドで治安がいい地域ってどこなんでしょうか?

ここでは私達が旅行していて安全だなーと感じた町や地域を紹介しますね。

ダージリンは治安よし!チベタン系が多く落ち着いた町

標高2000mを超える紅茶の産地で有名なダージリン。

ここはインド人の避暑地としても人気の町で、今まで訪れた街の中でも非常に治安がよかった場所のうちの一つです。

町中に流れるゆったりとした空気といい、落ち着いた雰囲気といい、まるでインドじゃないみたい!

イメージとしては軽井沢や那須高原のような感じでしょうか。

位置的にネパールに近いせいか、住んでいる人々もネパーリーやチベタン率高めでご飯が美味しいところも〇。

チベタン系の人は寡黙で実直な性格の人が多いため、ぼったくりや詐欺といったトラブルも少ないです。

彼らは優しくて嘘つかないので信用できますし、東洋系で日本人に近い顔立ちといい接していて何となくホッとするんですよね(笑)

インドの騒々しさやしつこさ、押しの強さに疲れた人にはダージリンはおすすめの町だと思います。

ヨガの聖地リシケシは北インドの中では治安がいい

ヨギーニに人気のリシケシも女性にとっては安心して旅できる治安のいい町です。

ガンジス河が流れるスピリチュアルスポットとして大勢の観光客が訪れるリシケシは、雰囲気がまんま日光の鬼怒川!(笑)

聖地という場所柄ゆえ、地元の人は信心深く優しい善人タイプ、観光客は男女問わずナチュラル・ヘルシー志向・ピースフルな性格の人が多かったですね。

ちなみに私はここでパスポートを失くすという失態を犯したのですが、何と無事に返ってきた経験があります!

これは驚くべきことです。

恐らく他の街だったらそのまま盗まれていた確率100%だと思うので、この件からもいかにリシケシが平和な町かが分かるのではないでしょうか。

欧米人のヨガ女子がタンクトップやキャミソールといった露出の高い服装をしていても他の町ほど目立ちませんし、女性にとっては特に安全かつ居心地のいい街だと思います。

関連記事⇒【神秘】ヨガの聖地リシケシで瞑想体験したら引き寄せを実感したお話

南インドだとタミルナドゥ州が個人的におすすめ

北インドよりも全般的に治安がいい南インドの町ですが、その中でも特にタミルナドゥ州は人が温かくてどの町も楽しく旅出来ました。

カライクディ等の田舎の方に行くと外国人自体をあまり見慣れていないのか、一般の人が色々世話を焼いてくれたりして悪意のない優しさに触れることが出来ますよ(笑)

インドは広い&他民族国家なので地域によって人々の気質もかなり違いし、ケララ州は教育環境No.1、バンガロールはITの町として有名・・・と州によって特色も異なります。

個人的には北よりも住んでいる人々の民度が高め(?)な気がしました。

のんびりゆったり旅したい人は治安のいい南もおすすめです。

インドで治安の悪い地域や場所はある?観光地はどんな感じ?

続いて、インドの中でも治安の悪い地域や場所について解説していきますね!

旅行者が危険な目に遭う地域というのは大抵が有名観光地です。

予めどこでどんなトラブルが起こりやすいのかを把握しておきましょう!

コルカタやブッダガヤの治安は悪い?悪質ガイドに注意せよ

コルカタやブッダガヤはバックパッカーの間ではあまりいい噂を聞きません。

コルカタはうるさい・しつこい・ぼったくりが多いというインドの典型的な町(特にサダルストリート周辺)です。

よくも悪くもインドって感じなので日本の感覚で旅行すると嫌な思いをするかも知れません。

また、ブッダガヤでは悪質なガイドによる女性のレイプ被害も多発しているので、夜間の外出や男性と2人きりになるのは極力控えた方がいいですね。

ブッダガヤのあるビハール州はインドの中でも貧しい地域なので、日本人狙いの詐欺師がお金目当てで騙そうとしてくることも多いそうです。

常に警戒心は怠らないように!

インドのマナリの治安は?ドラッグによるトラブルが多発

マナリはドラッグ(特に良質なハッパが手に入る)で有名な町ですが、友人のインド人が「マナリは危ないからあそこでドラッグはやらない方がいいよ」と言っていました。

観光客狙いのニセサドゥがいて、彼らはハッパを旅行者にタダで提供したりするのですが、実はそれが質の悪いものだったりすることも多いんだとか。

無料でハッパを大盤振る舞いして仲良くなり、すっかり信用させた後で山に連れて行き、クスリで酩酊させてから荷物を盗んだり殺したりする輩も多いそうな。

「マナリでは年間に何人かは行方不明になったり死亡者が出ているから気を付けないといけないよ」

とのことなので、何か目的があって行こうとしている方はあくまで自己責任で!

変な事件に巻き込まれないよう注意して下さいね。

インドカシミールの治安は情勢次第!ハウスボート詐欺に気をつけろ

パキスタンとの国境近くにある紛争地地帯・カシミール。

避暑地として有名なスリナガルがあるので行ってみたい人も多いハズ。

スリナガルは美しい湖の上でハウスボートに宿泊するハウスボートツアーが人気ですが、これが原因によるトラブルも多いので気を付けましょう。

ツアー内容と料金をしっかり確認・交渉してから申し込まないとぼったくられたり、しょぼい内容だったりして痛い目を見ます。

個人的にカシミール人は嘘つきで商売っ気が強い人が多いのであまりいい印象がありません(汗)

また、紛争地帯ゆえたまに発砲事件があったりと情勢的に不安定な部分もありますから、現地に行く前に最新の治安情報を確認しておくことも忘れずに。

インドのバラナシの治安はあまりよくない!スラムも多いので注意

ガンジス河が流れる聖地バラナシは国内外から沢山の観光客がやってくる一大観光地ですが、ぶっちゃけ治安はあまりよろしくありません。

しつこい客引きや観光客目当ての日本語ガイドはうようよいるし、ガンジス河周辺では乞食や花売りの子供がわらわら寄ってきます。

ニセサドゥや怪しいジャンキー、スラムでは危険なマフィアも暗躍していて、実際に日本人旅行者の殺人事件も起こっているので油断は禁物!

バラナシでは

・客引きにはついていかない
・怪しい日本語のガイドは無視
・プージャの花売りや物売りはハッキリ断る
・バングラッシー等のドラッグはやらない

といったことを意識して観光するようにしましょう。

バラナシの治安に関してはこちらの記事に詳しく書いてあります↓

関連記事⇒【実は危険】インドバラナシの実際の治安と怖い事件の真相を大暴露!
関連記事⇒【詐欺】インドバラナシで出会った日本語ガイドとの衝撃体験談を紹介

実体験を踏まえて危ない目に遭わないための対策や手口を解説しているので、インドに行く前にじっくり読んでおくべし!

ラジャスタン地方の治安は?ジャイプールはガイドによるトラブル多し

ジャイプールやジョードプル、ジャイサルメールといったラジャスターン地方も、最近では観光客目当てのガイドによるトラブルが多発しています。

私達もジャイプールでは怪しいナンパリキシャマンに誘われたり、自称ガイドに町の観光をしないかとしつこく勧誘されたりと面倒な体験をしました。

ジャイプールには観光スポットが多いので、自分で周るよりもガイドに案内してもらった方が楽&時間の節約にはなります。

しかし、中には悪質なガイドもいるので注意が必要!

しつこかったり、やたら高額をふっかけてきたりするガイドには「自分で回るからいらない」とちゃんとハッキリ断りましょう。

駅から市内までの移動で使ったリキシャがガイドを誘ってくるパターンも多いので(私達もそうでした)、うっかり口車に乗せられないように!

もしガイドを使うのなら最初にしっかりと内容と値段を交渉してから利用するのが鉄則ですよ。

また、レイプ目的の危険なガイドもいます。

日本人女性も被害に遭っていますから警戒を怠ってはいけません。

インドを一人旅する女性に起こりがちなセクハラ・痴漢・レイプの具体的な手口や対策方法に関してはこちらの記事も参考にして下さい↓

>>【インド女性一人旅は危険?】実際の痴漢セクハラ手口と対策法を伝授

ケララ州やゴア州の治安は?ビーチではレイプも頻発

比較的安全な南インドでも、ゴアやコヴァーラム、ヴァルカラといったビーチエリアでは外国人女性を狙ったレイプ事件が多発しています。

特に夜のビーチは危ない輩が多いらしく、地元のインド人も注意喚起していました。

私達もヴァルカラのビーチ沿いのカフェに行った時にレイプ狙いの男にロックオンされて怖い思いをしたことがあります。

とかく日本人女子は華奢で大人しいため狙われやすいです。

もし声を掛けられても迂闊に変な男にはついていかないように!

また、トリヴァンドラムでイギリス人女性が行方不明になった事件も滞在中リアルタイムで耳にしました。

たまたまヴァルカラで仲良くなったインド人男性が彼女の友人だったらしく、必死に捜索を呼び掛けていましたが結局手掛かりは掴めず・・・。

現地でも大きなニュースになっていましたが未だに見つかっていないそうです。

ビーチエリアによる女性を狙ったレイプに関しては以下の記事に詳しく書いてあります↓

関連記事⇒【ナメんなよ】インドバルカラでレイプ男達とトークバトルした体験談
関連記事⇒【インド女性一人旅は危険?】実際の痴漢セクハラ手口と対策法を伝授

実際の体験談を詳細に記してあるので、レイプの手口や対策方法を知りたい方は是非読んでおいて下さいね!

インドの首都デリーの治安は悪い?日本人は詐欺師に気を付けて!

続いて、インドのデリーについての治安情報について解説していきますね!

インドの首都・デリーは悪名高き詐欺の都(?)としても有名です。

恐らくここで出会う人の8割くらいは悪い人だと思います。

・・・そんな覚悟を持って観光に臨んで下さい!

特に安宿が多いメインバザール(パハールガンジ)周辺とお買い物スポットのコンノートプレイスあたりは悪人の巣窟です。

悪質旅行会社や詐欺師、ニセガイドにぼったくりリキシャマン、しつこい土産物屋にうざいナンパ・・・

何かと嫌な思いをするかも知れませんし、実際に妙なトラブルに遭遇してパニックになってしまう可能性も大いにあります。

ですが、そこで挫けてはいけません!

ここからはデリーで安全に過ごすための方法とコツについて伝授しちゃいますね!

ニューデリーは詐欺が多いので注意

デリーでは向こうから話しかけてくる人のほぼ9割が詐欺師だと思いましょう。

それくらい観光客狙いの詐欺師が多いんです。

何か言われても相手しちゃだめですよ!

デリーでよくある詐欺事例は

・旅行会社を装ったDTTCD詐欺(高額ツアー詐欺)
・ニューデリー駅での鉄道に関する詐欺
・町を案内してあげるよといわれるニセガイド詐欺

あたりが有名ですね。

鉄道ではニセ職員がいいがかりをつけてチケットを買わせようとしてきますし、コンノートプレイスでは観光中の旅行者を狙ったニセガイド詐欺が横行しています。

パハールガンジでは悪質な旅行会社が高額ツアーを売りつけてきたりするケースが非常に多いです。

高額ツアー詐欺は知り合いでも何人かが引っ掛かりましたし、私達も危うく騙されそうになったことがあります。

結構手口が巧妙なので、事前に情報を押さえておかないと騙される確率が高くなるので要注意!

デリーでよくある詐欺の具体的な手口や対策法については以下の記事に詳しく書いてあるので、インド旅行する前にしっかり読んでおいて下さいね!

関連記事⇒【悪質】インドのニューデリー駅でよくある詐欺の手口と対策法を紹介
関連記事⇒【実録】インドのDTTCD詐欺の手口とは?対策法を徹底解説するよ

詐欺師が多いエリアでは日本語で話しかけられても無視

デリーの中でも

・コンノートプレイス
・パハールガンジ
・鉄道駅

この3つのエリアは特に詐欺師が多い危険ゾーンです。

道端でガイドブックを開いたりスマホを見ていると、すぐに詐欺師が「どうしたの?行きたいところがあるのなら教えてあげる!」と声を掛けてきます。

 

ここでうっかり相手すると向こうのペースに乗せられてしまうので、話しかけられても全力でスルーしましょう!

中には日本語が上手い詐欺師もいたりしますが、そいつはプロ中のプロです!

絶対に耳を傾けてはいけません。

奴らのカモにならないためにも、なるべく人前でガイドブックを開いたりスマホを見たりするのはやめましょうね。

いかにも狙って下さいと言っているようなものなので・・・。

騙されないためには自分から隙を作らないことも大切ですよ。

デリーで詐欺に引っかからないための対策法と10か条

デリーで詐欺に引っかからないためには、なるべく次のようなことを意識しておきましょう。

・何か言われても相手をしない
・嫌なことはハッキリ「NO!」と断る
・日本語で話しかける奴はオール無視
・道を尋ねるなら同じ旅行者に聞く
・相場や目的地への行き方は事前に把握しておく
・キョロキョロしない
・怪しい旅行会社には行かない
・クレカ払いする時は目を離さない
・おつりは必ずその場で確認
・ホテルは予約サイトで取っておく

旅中はこれらのルールを守るだけでも全然違います。

基本的に彼らはインド旅行初心者を狙っています。

デリーに着いたばかりの右も左も分からないビギナーの心の隙に付け込んで悪さを働こうとします。

なので初心者狙いの詐欺師を撃退するには、いかに不慣れな様子を悟らせないかがカギとなってきますよ。

不思議なことに、インドに慣れてくるとこの手の輩は一切話しかけてこなくなるんですよね・・・(笑)

私達も1回目にコンノートプレイスに行った時は次から次へとウザい奴らに話しかけられたのですが、3回目のインド旅行では見事なくらい誰も声を掛けてきませんでした。

どうやら相手もその辺は敏感に察知するみたいです。

本当は初めてでも、インドに何度も来てる感を出して付け入る隙をなくせば被害に遭う確率も減らせますし、そういう意味ではヒンディー語を少し覚えておくのも有効な手段だと思います。

インドのタクシーやリキシャは危ない?安全に乗るための注意点

インドでは移動でリキシャもしくはタクシーを利用することも多いかと思います。

ここではリキシャやタクシーを安全に使うための方法やトラブルにならないための対策について解説していきますね。

インドでリキシャ・タクシーとのトラブルを避けるには交渉が命

デリーをはじめとした観光地には悪質なリキシャマンやタクシー運転手も多いです。

タクシーもメーターをいじっている場合があるため、メーター付きだからといって安心は出来ません。

わざと遠回りしてお金を上乗せしようとする悪質なドライバーもいますし、行き先が分かってないのに適当に走り出す奴もいます。

タクシーやリキシャを利用する際は、ちゃんと交渉してぼったくられないように気を付けて下さいね。

トラブルを避けるためには

・相場を宿の人に聞いておく
・乗る前にしっかりと料金交渉する
・ある程度その街の土地勘をつけておく
・地図アプリで随時正しい道を走っているのか確認
・変だと思ったら途中で降りる(リキシャの場合)

といったことが大切。

曖昧な態度だと相手のいいようにされてしまうので、ある程度毅然とした対応を心がけましょう。

インドのタクシーの深夜(夜)や早朝利用って危険?

密室で2人きりになるタクシーは、女性旅行者にとってはちょっと怖く感じてしまいますよね。

時間帯次第では利用をためらう人もいるのではないでしょうか?

基本的に早朝は平気なのですが(インドの朝は早い)、深夜は正直あまりおすすめできないですね(汗)

危険なドライバーだと悪さを働く可能性もありますから、なるべく夜にタクシーで移動するような旅程を組むのは避けましょう。

流しのリキシャを捕まえるとぼられにくい

また、駅前や観光名所の前に待機しているリキシャマンは結構吹っ掛けてくる奴らが多く、平気で2~3倍の値段を提示してきます。

リキシャはなるべく流しのリキシャを拾いましょう。

特にガリガリの老人はわりと正規の値段を言ってくることが多いので狙い目です。

逆に太っていて脂ギッシュな奴は×。

大抵、太っちょリキシャマンは感じが悪くて値段も強気で吹っかけてくることが多いのですが、これは旅行者からぼったくって儲けたお金でいいもの食べてる証拠なのではないかと。

今までの体験から分析した結果、そういう結論になりました(笑)

インドの電車・地下鉄・寝台列車の治安は?

インドの電車って安全性はどうなのかも気になるところですよね。

ここでは寝台列車やメトロの治安について解説していきます。

インドの地下鉄(メトロ)は痴漢に注意

街中を走っているメトロに関しては特に危険なことはありません。

欧米のようなスリやひったくりといった犯罪もないですし、地下鉄のホームで突如襲われるといったこともありませんから、そこは安心して下さいね。

ただ、時間帯や乗車駅によってはめちゃくちゃ混んでいるので女性は痴漢には気を付けるべし。

電車に乗る時は、なるべく車両の端っこにある女性専用車両に乗れば不快な思いをせずに済みますよ。

インドの寝台列車は貴重品管理をしっかりと

寝台列車では睡眠薬強盗や窃盗、セクハラといった被害が度々起こっているようなので自衛はしっかりしておきましょう。

特にスリーパークラス以下だと客層によっては

・睡眠薬入りの飲み物をもらって気付くと見知らぬ駅にいた
・寝ている間に貴重品がなくなっていた
・寝ている間に知らない男が体を触ってきた

といった危ない目に遭うケースもあるので自分で気を付ける必要があります。

対策としては

・知らない人からもらった飲食物は口にしない
・貴重品は肌身離さずもっておく
・女性は治安のいい3Aクラスに乗る

といった方法が考えられます。

また鉄道駅での詐欺も頻発しているので事前に手口を知っておくと騙されずに済みますよ。

関連記事⇒【悪質】インドのニューデリー駅でよくある詐欺の手口と対策法を紹介

また、インド女性一人旅のセクハラやレイプ被害を防ぐ対策についてはこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

関連記事⇒【インド女性一人旅は危険?】実際の痴漢セクハラ手口と対策法を伝授

インドの空港の治安はどうなの?

インドの空港についての治安はどんなもんなんでしょうか?

基本的に空港内はかなり安全なのですが、空港から市内への移動時にトラブルが頻発しています。

よく聞くのが悪質なタクシー運転手に掴まってぼったくられてしまうケース。

特にデリーのインディラガンジー国際空港に深夜到着した場合、時間が時間だけに足元を見られてかなり吹っかけられます(相場の3倍くらい)。

プリペイドタクシーを使えば安全ですが、これも偽物だったりするので見分けられないと結局ぼられます。

出来れば移動は朝まで待って、市内行きのエアポートメトロを使った方がいいですよ。

悪質なタクシーを拾ってしまった場合、運転手が偽旅行会社とグルでそのまま高額詐欺ツアーに申し込まされる恐れもありますから注意して下さいね。

空港に着いた途端に詐欺師に狙われてまんまとお金を取られてしまった旅行者の話はよく聞きますし、安全面を考えると極力深夜の空港タクシーは利用しない方がいいです。

デリーのニセ旅行会社に関する詐欺事例や対策方法についてはこちら⇒【実録】インドのDTTCD詐欺の手口とは?対策法を徹底解説するよ

騙されたくない人は是非読んておいて下さいね。

インドの夜の治安はどんな感じ?

インドの夜の治安についてですが、基本的に都市部や観光地の賑やかなところなら女性が一人で歩いていても問題ないです。

夜の9時くらいまでは人出も多いですし、余程治安の悪いところに行かなければ身の危険を感じるようなことはないハズ。

ただ、田舎だと8時くらいでも人があまりいないので郊外に行く場合は少し注意が必要ですね。

また、バラナシは夜のガンガー沿いは危険なので近づかない方がいいとのこと(地元民談)。

ゴアやヴァルカラといったビーチエリアも、レイプ被害が多いので夜のビーチに女性単独で行くのは止めましょう。

バラナシや南インドのビーチの治安や危険な体験談についてはこちらの記事も参考にしてみて下さいね↓

関連記事⇒【実は危険】インドバラナシの実際の治安と怖い事件の真相を大暴露!
関連記事⇒【ナメんなよ】インドバルカラでレイプ男達とトークバトルした体験談

インドのホテル・ゲストハウス(安宿)の治安は大丈夫?

インドのホテルの治安に関しては正直ピンキリです。

ある程度の評判は予約サイトで口コミを確認できるものの、実際は泊まってみないと分からないことも多いです。

運が悪ければ物を盗まれたり、ウザい従業員によるナンパやストーキング行為、レイプ未遂等に遭遇することもあったりしますし、客が皆ジャンキーだったりする怪しげな宿だったりすることも・・・(汗)

宿泊する際は個室・ドミトリー問わず

・外出時は施錠をしっかりする
・部屋の掃除の際は荷物をひとまとめにしておく
・貴重品は自分で管理しておく
・お金を持っているように見せない

といったことを心がけましょう。

女性の場合は従業員に勘違いされるような振る舞いも避けるべし。

まとめ・インドの治安は場所によって違うので一概に危険とも安全ともいえない

さーて、そんなわけで非常に長くなりましたがインドの治安についてあれこれ解説させていただきました~!

インドは国土も広く、民族も言語も文化も宗教も異なる人たちが暮らしている多民族国家なため、治安も一括りには出来ない難しさがあります。

いい人も沢山いますが、旅行者を狙う悪い輩も多いのでやはり警戒するに越したことはありません。

特にデリーは田舎のインド人ですらも「デリーは危ない!デリーは悪い奴しかいない!」というくらい観光ずれしている町です。

首都ですからね、やはり各地から色々な輩が集まるのです(東京みたいなもんです)。

私達は今まで3回インドに行きましたが、普通に旅していればそこまで危険なことはないんじゃないかなーと思います。

色々嫌な思いもしましたが、今のところ無事に毎回帰ってこれてます(笑)

ただ、一歩間違えれば騙されたり危険な目に遭ったりして悲惨な旅行になってしまうのも事実。

初めてのインド次第でインドが好きか嫌いになるかが決まります。

素敵な人と知り合えて楽しい思い出を作る人もいれば、ショッキングな体験をして失意のまま帰国する人もいます。

せっかくインドに来たのに嫌な思いをするのは悲しいですよね。

そうならないためにも、予め詐欺や犯罪の手口を把握して対策を練っておくことが大切なんですよ!

インドでいらぬトラブルに巻き込まれる確率を減らすには事前準備が欠かせません。

出発から帰国日まで安全に過ごせるようにしっかりと計画を立てて素敵な旅をして下さいね。

それでは、よい旅を!

インドの治安情報に関しては以下の記事も参考にしてみて下さいね↓

>>デリーのニセ旅行会社によるDTTCD詐欺の手口と対策
>>ニューデリー駅でよくある詐欺事例と対策方法
>>バラナシの実際の治安と危険回避法
>>バラナシの日本語ガイドとの衝撃体験談
>>女性一人旅のセクハラ・痴漢・レイプ対策
>>バルカラでレイプ男とバトルした体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA