フィンランド

【悲報】フィンランドの食事はまずいってマジ?リアルな感想大公開!

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回はフィンランドの食事のまずさについて、そのリアルな感想をありのままに正直に皆さんにお伝えしたいと思います!

旅行の楽しみ方は人それぞれですが、美味しい食事は外せない!という人も多いですよね?

私達も食べるの大好きな食いしん坊姉妹なので、やっぱり多少は期待していましたよ、ええ。

しかーし!

その希望は旅行数日で無残にも打ち砕かれてしまいました・・・(泣)

この記事では実際に旅した体験談を元に、フィンランド料理のまずさやおすすめメニューの紹介、食事で外さないための対策方法などについて詳しく解説しています。

これからフィンランド旅行に行くという方は是非参考にしてみて下さいね!

フィンランド料理がまずいという話は本当なのか?

フィンランドの食事がまずい・・・。

これは噂で多少は聞いていましたが、現地に行ってみて実感しました。

確かに・・・ひどい!

正直、今まで行った国の中でもワーストレベルでしたね。

建物も自然も人も良かったけれど食事だけは本当に最低といってもいいのではないでしょうか。

旅先で出会ったスウェーデン人も「フィンランドの料理は最低だよね!」と話題にしていたほどですし・・・(汗)

どうやらお隣の国でもフィンランド料理のマズさは笑いのネタにされている模様。

同じ北国でもスウェーデンはミートボールとか有名だし、ロシア料理なんて日本人好みの美味しさなのになぜフィンランド料理だけあんなにまずいのか・・・。

まぁロシアは食文化的にフランス料理の影響を受けているらしいので、フィンランドとはまたちょっと違うのかも知れませんが。

とにかく、フィンランド料理は期待外れ!

これは声を大にしていいたいところです(笑)

フィンランドの悲惨な食事体験談あれこれ

そんなまずいフィンランド料理ですが、実際は一体どんなもんなんでしょうか?

ここからは私達が現地を3週間旅して感じた「フィンランド料理に対する率直な感想」を悲惨な体験談とともにぶっちゃけていきたいと思いまっす!

まずはホテルの朝食!

何故かどこのホテルも判で押したように毎回同じメニューが出てきます。

オートミール、ニシンの酢漬け、しなびたレタスときゅうりとトマト、ひからびたチーズにサラミやハム・・・。

最初は物珍しさもあって感動していたのですが、さすがに1週間を超えると段々飽きてきます。

途中からはまたか・・・と見るのも嫌になってくる始末。

毎朝、テーブルに着く度に無言&無表情でチーズやサラミをつつく私達の姿はまさにお通夜。

楽しい朝食ビュッフェがただの「今日一日の栄養を補給するための儀式」になるとは・・・フィンランド、恐るべし!

フィンランド名物のニシンの酢漬けや黒いソーセージ。

これは人によっては好みが分かれるお味ですが、食べ慣れていないと微妙な感想しか持てないかも。

妹曰く、どちらも酸っぱくてゲロみたいな味だったとのこと(笑)

名物のサーモン料理。

これまたちょっと想像と違っていたというか、意外と脂っぽくてクセがあるものが多かったです。

食べた後にイヤーな生臭さが舌に残る感じで個人的には期待外れでしたね。

日本で食べるサーモンの方が美味しく感じたのは気のせい・・・?

同じくフィンランド料理でよく見かけるカレリヤパイやクネッケ。

固くてぼそぼそしていて喉に詰まりそうな食感で、個人的には一度食べれば十分という感じ。

フィンランド名物で唯一美味しいと思ったのはシナモンロールだけ。

だた、これも店によってはカチカチだったりして外すと痛い目に遭います。

北欧料理以外も色々チャレンジしてみましたが、入った店によってはとんだ悲劇に見舞われることも多々ありました・・・。

初日に入ったイタリアンが美味しかったので数日後に再訪してみた私達。

同じメニューを注文したハズなのに「これが本当に同じものか!?」と疑いたくなるような代物が出てきました(汗)

パスタの麺はゆですぎて完全にヌードルになっているわ、リゾットは芯が残ったままだわ、作る人によってこんなに出来栄えが違うものなのか??と驚くくらいムラがあってびっくり。

レストランがいまいちなので「それならファストフードはどうだ!」とチャレンジしてみたこともありました。

・・・が、これがまた大失敗!

ハンバーガーショップ「ヘスバーガー」で買ったフライドポテトは、何故か生臭い魚の味がして一口食べて吐きそうになる始末。

これは悪い油で揚げているせいなんでしょうか・・・。

とてもじゃないけど食べられないのでそのまま袋ごと捨ててしまいました。

これ以外にも、悲惨な体験は数知れず・・・。

旅行1週間目くらいでフィンランド料理に見切りをつけた我々は苦肉の策で

〇食べ慣れた(?)中華料理に活路を見出してみる
〇タイ・イスラエル・ケバブ屋と多国籍に攻めてみる

とあれこれ試してはみたものの、結局どれも微妙な結果に終わりました。

それなりに食べれるレベルの味の店もありましたが、何故フィンランドまで来てケバブや春巻きを食べているんだろう・・・と虚しい気持ちになった覚えがあります(笑)

フィンランド旅行していて改めて日本の食の豊かさを痛感致しました、ハイ。

フィンランドの食事の問題点、それはまずいうえに値段も高いこと!

枚挙にいとまがないフィンランド料理激マズ列伝(?)ですが、さらに困ったことが一つ。

それは・・・フィンランドの食事はまずいだけではなく値段も高いこと!

マズくて高いとか日本人の感覚からするともう許せないですよね(笑)

北欧は物価が元々高いので仕方がない部分もありますが、それでもヘルシンキの食事代の高さにはさすがにびっくらこきました。

その辺のカフェに入っただけで一人2000円くらいかかるし、どうでもよさそうなサンドイッチ1つで1500円とか、もはや笑うしかないです。

特にレストランに関しては「この値段でこの味かよ!」と思わずちゃぶ台をひっくり返したくなるようなお店が多くて、店を出た後で後悔したことも一度や二度じゃありません。

食事にかかる値段に味が見合ってないんですよねぇ。

どこに入ってもマズイので段々諦めが出てくるというか、ちゃんと外食しようという気がなくなるんです。

正直食のレベルがこんなにひどいとは思わなかったので、現地では結構苦労しました。

どうせどこに行っても美味しくないし高いし、お金もったいないし・・・とまさかの夕飯にポテチだけで済ませた日もあったくらいです。

これには同行していた母がさすがにブチ切れましたけどね(笑)

とにかく、下手なレストランに入るよりもスーパーやデパ地下で普通にパンやコーンフレークを買ってホテルで食べた方がマシ!と思えるレベルなんです。

これ、ツアーで来ている人はフリータイムとかどうしているのかな?なーんて疑問に思ったのですが、聞けばやはり苦労している人が多いようで・・・。

高くて美味しくないから仕方なくファストフード店でしのぐ人もいるとか。

うーん、切ないけどわかるなー。

フィンランド旅行で食事代を減らすには?おすすめメニューはある?

そんな旅行者泣かせのフィンランドの食事情。

こんな話をすると外食するのが怖くなってしまう人もいるかもしれませんが、それでも対策方法はちゃんとあります!

ここからは「フィンランド旅行で食費をそれなりに抑えつつそこそこ美味しく食べるコツ」について私達の体験談を元にレクチャーしたいと思います。

パン系を中心に攻める

フィンランドの食事の中でもパン類はわりと美味しかったので、割り切ってパンをメインに攻めるのもアリだと思います。

ドーナツやハンバーガー、焼き立てのブレッド、キッシュ、サンドイッチetc・・・

これらは日本で食べるのと変わらない味のものもありましたし、街中にはカフェも多いのでカフェ巡りがてらパンをあれこれ試すのもいいかも知れません。

テイクアウトするのもおすすめです。 

サラダ類も量が多くて野菜も色々入っていたのでカフェの中ではわりと使えるメニューの一つでしたね。

また、節約したい人はデパ地下やスーパーで安いバゲットやチーズを買って自分で即席サンドイッチ作るのもよいかと。

>>ストックマンデパートについての記事はこちら
>>スーパーKマートについての記事はこちら

マーケットホールを利用する

ヘルシンキにあるマーケットホールのスープ屋さんでは美味しいスープが安い値段で注文できます。

ボリュームたっぷりで女性同士なら1杯頼めば2.3人でシェアできるし、パンもタダで食べ放題なのでコスパは最強!

また、マーケットホール内のカフェで食べられるサーモンサンドやニシンサンドも脂が乗っていてなかなか美味♪

お魚系のメニューは当たり外れありますが、マーケットホールで食べたものはどれもそれなりに安くて味もグッドでした。

安い・うまい・量が多いと3拍子揃っているので、変なレストラン入るよりはマーケットホールでちょこちょこ食べ歩く方がお財布にも優しく胃袋も舌も満足できると思います。

>>オールドマーケットについての記事はこちら
>>ハカニエミマーケットについての記事はこちら
>>カウパットリマーケットについての記事はこちら

レストラン系ならイタリアンが一番無難

とりあえずレストランならイタリアンを選ぶのが一番無難かなと感じました。

現地で働いているレストランのインド人店員も、

「フィンランドでレストランに入るならイタリアンを選べば間違いない!フィンランド料理はやめときな!」

と笑いながら言っていたくらいなので、現地の人も何かしら思うところがあるのでしょう(笑)

実際、イタリアンはわりとどこも美味しかったです(たまにハズレもあり)。

ちなみに初めての店ならピザが一番当たり外れが少ないかと思われます。

リゾットとパスタは外すと悲惨で完食できない可能性があるので、まずはピザを頼んでみるといいですよ。

シニア世代は日本食持って行った方がいいかも

これはちょっとしたアドバイスなのですが、シニア世代でフィンランド旅行に行く方は一応軽めの日本食を持って行った方がいいかも知れません。

普段から洋食を食べ慣れている人でもやはり毎日パン食はきついですし、フィンランド料理が口に合わなくてストレスが溜まって体調を崩す可能性も大!

おかゆやカップ麺までいかなくても、おかきや柿ピー、せんべい等のお菓子類くらいは持っていると大分気晴らしになると思いますよ。

醤油味のせんべいのパワーは偉大です!(笑)

ちなみにヘルシンキには日本食が売っているお店もあるので、時間がある方は観光の合間に寄ってみては?

>>ヘルシンキの日本食スーパーについての記事はこちら

また、どの町にも日本食屋さんはありますが高い&あまり美味しくなさそうな店が多いので、これはあくまで最終手段として考えた方がいいですね。

フィンランドの食事のまずさについてまとめ

さて、そんなわけでフィンランドの食事のまずさについて個人的な意見も交えてあれこれ紹介させていただきました。

まずいまずいとさんざんディスっていますが、食事以外は本当にいい国だったんですよ。

あくまで私は観光客としての立場でしかフィンランドのご飯を体験していないので、もしかしたら実は家庭料理は意外と美味しいのかも知れません。

その辺はちょっと気になるところです。

とりあえず私の個人的な考えとしては、フィンランド旅行に行くのなら食に関してはまずいものだと最初から割り切った方がいいかも!?ってこと!

ぶっちゃけ期待するだけ無駄というか、レストラン探しするだけでも時間も労力も使いますし、どうせまずいんだからご飯は節約してお土産の方に金掛けた方がいいと思いますね(´・ω・`)

ちなみにお隣のエストニアは食事も美味しくてフィンランドと比べると大分物価も安いのでおすすめですよん♪

もしエストニアに行く予定があるのなら食はそっちで楽しみましょう。

>>タリンの美味しいカフェ・レストランを紹介

以上、タビビシスターからの報告でした!

少しでも参考になれば幸いです。

それでは、よい旅を!

ヘルシンキの食事情報に関してはこちらの記事も参考にしてみて下さいね↓

>>ヘルシンキのムーミンカフェ突撃レポ
>>ヘルシンキの最高級ホテルでアフタヌーンティー体験
>>ヘルシンキオールドマーケット感想レポ
>>ヘルシンキハカニエミマーケット感想レポ

-フィンランド
-, , , , , , , ,

Copyright© TABIBISISTER , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.