アフタヌーンティー・紅茶

THE GREY ROOM(ザグレイルーム)感想♪インド風アフタヌーンティー

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回は『THE GREY ROOMのアフタヌーンティーを食べた感想』をシェアしたいと思います。

THE GREY ROOM(グレイルーム)はモダンイディアンキュイジーヌレストランSPICE LAB TOKYOの系列店。

なんと、こちらではインドテイストのアフタヌーンティーを楽しめちゃうんですYO!

最近、ホテル系のアフタヌーンティー続きで洋菓子に少々飽きがきていた私達。

ちょっと変わり種のアフタヌーンティーないかな~と探していたところ、たまたま素敵なお店を発見してしまいました!

「こ、これは・・・インド大好きな私達(もう4回行ってる笑)にはぴったりやないか~~~いっっ!」

というわけで、期待に胸を膨らませて突撃してみたのですが、これがですね・・・めちゃくちゃよかった!

もうね、セイボリーもスイーツもスパイスがたっぷり効いた紅茶も、その全てがマジでインドを思い出させてくれて・・・一言で言うと最高なお店でしたっっ!

この記事では、THE GREY ROOMのアフタヌーンティーをした体験談を元に、実際のメニュー内容や味の感想、雰囲気やサービスについてを豊富な写真と共に詳しく紹介しています。

インド好きな方やちょっぴりマニアックなアフタヌーンティーをしてみたいという方は是非参考にしてみて下さいね。

銀座THE GREY ROOM(ザグレイルーム)アフタヌーンティー口コミ体験記

さーて、というわけでやってきました銀座駅!

THE GREY ROOM(グレイルーム)は、地下鉄のC2出口から徒歩2分の場所にあるGICROS GINZA GEMSというビルの11階にあります。

エレベーターから降りると黒で統一されたシックな雰囲気のラウンジがお目見え。

テラス席と屋内とどちらか好きな方を選べると言われたのですが、晩秋ということもあり、寒さを気にして今回は室内の席をチョイスしてみました。

こちらが案内されたテーブル席。

大小2つのテーブルが横並びになっている配置で、ソファの座り心地もなかなかです。

正面の窓からは銀座の景色が見渡せ、自然光もたっぷり入るため、室内だけどほどよい開放感が感じられるロケーションでした。

ではでは早速、テーブルに置いてあるメニューを開いてみましょう。

おおー!やばい!インドの紅茶が沢山あるぅぅ~!

早くもテンションが高まってきてしまいました、うへへへへ。

最初に運ばれてきたのはウェルカムドリンク「山ブドウのラッシー」

ワイングラスに注がれたチョコレートブラウン色のラッシーは、ブドウのフルーティーな甘ずっぱさとヨーグルトの酸味が相性抜群。

酸っぱくなりすぎずミルキーな口当たりもナイスです。

上にのせられた紅葉の飾りもとってもオシャレ♪

今回の紅茶一発目はダージリンオータムナルをオーダー。

渋みが少なく、優しい口当たりが特徴的で飲み心地もとってもまろやかでした。

さぁ、いよいよアフタヌーンティーがやってきました!

グレイルームでは、アフタヌーンティーを一人に付き一台のティースタンドで提供してくれます。

こうやってスタンドを2つ一緒に並べるとめちゃくちゃ写真映えしますね!

カラフルなセイボリーやスイーツがのせられたブルーを基調にした器も、濃淡のある色合いや柄がとても美しい!

さてさて、それではまずは一番下の段からいってみましょうか。

【セイボリー】
・ほうじ茶のクルチャ
・イドゥリ山形県の郷土料理だしと
・タピオカを衣に混ぜ込んだ白見魚のフライマヒ・モティア
・仔羊のサモサ
・スモークしたケツルアズキの煮込み

とりあえず、後ろ奥の器に入ったダルカレーから手をつけてみまーす!

スモークしたケツルアズキを煮込んでいるとのことですが、潰したあずきの粒感がほどよく残っているのもあり、非常にねっとりとした舌触り。

チーズのような濃厚さやこってり感もあり、大人のダルカレーって感じです。

右上の逆三角形のクレープのようなものはほうじ茶のクルチャ

生地の中に茶葉がしっかりと練り込まれているため、噛む度にほうじ茶の香ばしさが漂います。

もっちりした噛み応えがボリューム満点。

左下のは白見魚のフライ。

タピオカを衣に混ぜ込んだフライは、タピオカのプチプチ感と揚げたてのカリカリ感がダブルになった面白い食感。

お魚は少々癖がありました。

仔羊のサモサとイドゥリ。

イドゥリは南インド行った時に朝ごはんでよく食べていたのですが、山車をかけて食べるっていう発想がすごく新鮮!

イドゥリ特有のぼそぼそした食感に山車のぬめぬめ感と塩気、きゅうりのコリコリ感がプラスされて食感の三重奏って感じ。

仔羊のサモサは中のお肉がすんごくしっとりしていて脂が乗っていて文句なしに美味!

しかも臭くない!

和の食材とインドの郷土料理をうまく組み合わせていて、創意工夫が素晴らしいですね。

次は真ん中の段!

こちらはトルコをイメージしているゾーンらしいです。

【ヨーロピアンデザートセレクション】
・カボチャとホワイトチョコのテリーヌ
・モンブランタルト洋ナシとカシスのアクセント
・栗のクリームとキャラメルのシュークリーム
・安納芋のフィナンシェ
・青リンゴとシナモンのマカロン
・さつまいもプリン

白くて丸いのは青リンゴとシナモンのマカロン。

ココナッツのクリームの中に爽やかな青リンゴが挟まれています。

安納芋のフィナンシェはムチムチした噛み心地とお芋の優しい自然な甘み、ホクホク感が食べていてほっこりした気分になれますよん。

茶色いハンバーグのような物体は、栗のクリームとキャラメルのシュークリーム。

表面はキャラメルコーティングされていてカリカリサクサク。

傍にあるのはモンブランタルト。

タルトの中にはカシスクリームと洋ナシが入っていて、カシスの強めの酸味がいいアクセントに。

マスカットもジューシーでした。

シュークリームを半分に割ってみると、とろりとした栗のクリームがたっぷり!

香ばしいマロンの独特の風味が口の中一杯に広がります。

グラスに入ったさつまいもプリンは、さつまいものざらつきがほどよく舌に残るナチュラルで素朴なな味わい。

ねっとり&モチャモチャとした食感のテリーヌは、カボチャのほっこり感とホワイトチョコの甘みの相性が抜群。

青い皿とのコントラストによって、鮮やかな黄色が一際目立ちます。

ここで、オプションで注文できるスパイス糀フィズをオーダーしてみました。

甘酒にヨーグルトを合わせ、柚子とジンジャーで香りづけしたドリンクなのですが、これがとても美味しくて・・・。

糀とヨーグルトの酸味の中にジンジャーの辛味と柚子の柑橘系の香りがほのかに感じられ、まさに和とエキゾチックの融合!

グラスの縁には

・カルダモンソルト
・クミンソルト(茶色い方)

が半分ずつついていて、自分の好みでこれらの塩を交互に味わいながらドリンクと一緒に楽しめます。

このクミンソルトがですね、非常にスパイシーで独特のツーンとした香りで、まさにザ・インド。

なんだろう、インド人のクルタの匂いがする・・・笑

最後は一番上の段。

【スイーツ】
・リンゴとナッツのグジャ
・栗とチョコレートのバルフィ
・巨峰のインド風ライスプディングキール
・インド風パート・ド・フリュイ
・カボチャのラドゥ
・カボチャと白ゴマのパン
・ターメリックのマスカルポーネ自家製洋ナシのジャム

栗とチョコレートのバルフィは、中がカリカリサクサクで歯応えがクセになる~♪

米の粒々感と優しい甘味が胃にもよさそうなライスプディングも、ほろほろしたカボチャのラドゥもどちらも素朴な味で美味しかったです。

揚げギョーザような見た目のグジャ。

赤紫とオレンジの丸いのはインド風のおやきのようなパン風のお菓子で、少々ハード系の生地。

ちなみに、グジャの中にはリンゴと砕いたナッツがこれでもかというくらい入っています。

サクサクした歯応えもいい感じ。

ターメリックのマスカルポーネはウコンの味が強烈で、独特のスパイシーさが特徴的。

自家製洋ナシのジャムはジュレ風になっていて、これをカボチャと白ゴマのパンにつけて食べても○。

いやー、食べました!

一人分のティースタンドなのに、もうお腹ははちきれんばかり。

めちゃくちゃボリュームがあります。

下から上に向かって薄いブルーから濃いブルーになっていく器の色合いも美しく、見た目も味も満足感のある素敵なアフタヌーンティーでした。

THE GREY ROOM(ザグレイルーム)のチャイや紅茶・カクテルについて

さて、続いてグレイルームのアフタヌーンティーでいただいたドリンク類の感想等も備忘録がてらシェアしておきますね。

グレイルームのアフタヌーンティーは基本的に

・紅茶は全てポットサーブ
・コーヒーはカップサーブ

という形での提供となっております。

紅茶の種類は以下の通り↓

【インド紅茶】
・マドゥライマサラブレンド
・マヘシュワルブレンド
・カシミールカフワ
・インディアンミルクチャイ
・スパイスラボ東京オリジナルブレンドアイスティー
・ダージリンオータムナル

【インドコーヒー】
・ナチャマイエステート
・トガリフンカイエステート

見事にインド風の紅茶のオンパレードですね!

これはときめきがとまらん!

何が驚いたかって、まさかのカシミールカフワがあるところ!

カシミールカフワはその名の通りカシミール地方のお茶で、煮だした緑茶にカルダモンやサフランを加えたものを指します。

砂糖を入れてないのにとても甘い味がするのが特徴なのですが、ジョードプルに行った際、現地の紅茶屋さんでこれを飲んであまりの美味しさに感動。

思わずお土産に購入してみたものの、何故か自分で淹れるとあの美味しさがなかなか出なくて悲しい思いをした記憶があります・・・笑

いやー、こんな場所で出会えるとは!

スタッフの女性曰く、アーモンドを入れて飲むのがより本格的らしいので、一緒に浮かべて飲んでみましたよ。

ううーん、この自然の甘みといい、口に含んだ時にスーッと広がるカルダモンの爽やかで上品な香りといい、もうたまりませんね!

サフランのエキゾチックな風味がふわっと香るところも最高!

ついでに、カシミールカフアの茶葉缶も見せていただけました。

こちらのお茶にはローズペダルも入っているそうです。

へー、こんな紅茶缶売ってるんですね!

インドでは見かけなかったけど、今度行った時探してみようかな・・・。

あー、カシミールに行きたくなってきたぞ笑

ブラックペッパーの刺激が強烈なマドゥライマサラブレンド

アッサムベースでのお茶で、これもカルダモンやシナモンが入っており、他にもジンジャーやクローヴ、マリーゴールドといったスパイスが投入されております。

マドライってチャイにもやたらブラックペッパーが入っていた覚えがあるので、そういう土地柄なんでしょうかね?

マヘシュワルブレンドはダージリンベースで比較的飲みやすいお茶でした。

ジャスミンやドライアプリコット等が入っているせいか、多少のフルーティさも感じられます。

インディアンミルクチャイ

やはりアッサムベースでミルクやジンジャー、カルダモンが入っています。

チャイも本格的で、甘さは本場より大分控えめ。

ジンジャーのスパイス感が強くて大人のチャイって感じでした。

シナモンが入っていないのが意外かも。

アールグレイにジンジャー、ブラックペッパー、クローヴ、カルダモン、シナモンをミックスしたオリジナルブレンドアイスティー

これがまためちゃうまでした。

一口飲んだ瞬間、舌先からカルダモンの気品のある香りがフワァ~っと広がって、同時にレモンのような爽やかさも感じられるんです。

緑茶のようなスッキリとした後味もよかった!

ナチャマイエステート

こちらはめちゃスパイシーなインドコーヒーで、コーヒーをブラックティーで割ったものにプラムやスィートライムを加えているそう。

トガリフンカイエステートは比較的ブラックでも飲みやすいコーヒーでした。

写真はミルクを多少入れてみたもの。

アプリコットやカシュー、ブルーベリー等もミックスされているらしく、フルーティーさのあるコーヒーという感じ。

オプションのスパイス糀フィズ(ノンアル)もよかったです。

たまたま1200円が900円の特別価格だったのが嬉しかったです( ̄▽ ̄)

ちなみに、オプションのドリンクは他にもムンバイトニックというカクテルもありました。

こちらはアルコール入りの普通のカクテルのようで、今度来た時に試してみたいなと思ったりして。

THE GREY ROOM(ザグレイルーム)銀座の雰囲気とサービスについて

続いて、グレイルームの雰囲気やサービスについても感想を残しておきますね。

店内はシックで大人な落ち着いた雰囲気のバーラウンジという風情。

ソファも座り心地がよく、ゆったりまったりくつろぎながら優雅なティータイムを楽しめます。

窓からは自然光がたっぷり入るので写真を撮りやすいところもグッド。

テーブルの他にもカウンター席があり、夜のバータイムにはスパイスを効かせた個性的なカクテル等も提供しているそう。

スタッフのお兄さんはちょっと強面なイケメン系で、女性スタッフも含めて皆さんとても親切でフレンドリーでした。

インドの話をしていたら

「インドに行かれたことあるんですか?」

と質問され、そこから少し雑談に花が咲いたりして。

料理や紅茶の説明も丁寧だし、おかわりもすぐ気付いてくれるし、サーブもきめ細やかでとても居心地のいい時間を過ごせましたよん。

地上30mの高さにあるがゆえ、テラス席からは銀座の風景もバッチリ楽しめます。

気候のいい春先や初秋なんかはテラス席もよさそうだなと感じました。

まとめ・THE GREY ROOM(ザグレイルーム)銀座はインド好きにおすすめ

さーて、というわけでグレイルームのアフタヌーンティー感想をシェアさせていただきました

ここはインド好き、かつアフタヌーンティー好きにはたまらないお店ですね!

スパイスを多用した紅茶といい、インドのお菓子が沢山出てくるところといい、インド風アフタヌーンティーを心行くまで満喫出来ました。

スパイスを使っている料理が多いから、お料理を食べているうちに徐々に身体がぽかぽかしてくるんですよ。

むしろ途中でじんわり汗かいてくるくらい笑

発汗作用がすごいんです!

スパイスのおかげなのか、甘いものをアホみたいに食べたのに、そのわりにあんまり胃がもたれてないのも不思議。

発汗効果といい、健康によさそうなアフタヌーンティーでしたね。

メニュー構成もインドの郷土料理に日本の食材をうまくミックスさせたりと、絶妙なアレンジがされているところはさすがモダンキュイジーヌだなと感じました。

とても斬新&新鮮で食べていてワクワクしちゃった♪

何より、カシミールカフアを初めとして現地で飲んだことのあるスパイスたっぷりのティーが豊富だったことに思わず感動。

刺激的でエキゾチックな香りがインド旅行の記憶を呼び起こしてくれます。

お店自体もシック&モダンな落ち着いた雰囲気でしたし、サービスも丁寧で居心地のよさは◎。

あと、地味にティースタンドが一人一台ずつで運ばれてくるところもよかったですね。

スタンドが2台だと写真撮る時に並べられて便利&迫力が出るので・・・。

いやー、こんな面白いお店があるとは!

何でも探してみるもんですね。

通常のキラキラ系アフタヌーンティーとは違い、非常にマニアックではありますが、いつもとはまた違った雰囲気のアフタヌーンティーを楽しめて個人的にはものすごい満足感でした。

また違う季節に再訪してみたいと思います。

ちょっと面白いアフタヌーンティーをしてみたい人にはおススメのお店だと思うので、是非気になる方は行ってみてはいかがでしょうか?

THE GREY ROOM(ザ グレイ ルーム)のアフタヌーンティーはネット予約がおすすめ

THE GREY ROOM(ザ グレイ ルーム)のアフタヌーンティーは2時間制(ラストオーダー30分前)。

料金は1名あたり¥5,200円(サービス料別)でアフタヌーンティーの営業時間は14:00~16:00(最終入店)。

【ザ グレイ ルーム (THE GREY ROOM)】

<場所>
東京 銀座
GICROS GINZA GEMS 11階

<最寄駅>
・東京メトロ 銀座線、丸ノ内線、日比谷線 「銀座駅」
C2出口から徒歩2分

夜になるとカクテルやおつまみをいただけるプランもあるそうで、ネットから予約すると便利ですよ。

ちなみに私達は公式サイトから予約しました。

>>ザ グレイ ルームを予約する

-アフタヌーンティー・紅茶
-, ,

© 2021 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5