アフタヌーンティー・紅茶

【新鮮】シャングリ・ラ 東京なだ万和風アフタヌーンティー感想口コミ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回はシャングリ・ラ 東京のなだ万でアフタヌーンティーをした感想をシェアしたいと思います。

ここ最近アフタヌーンティー続きで胃が持たれ気味だった私達。

小麦粉系ではなく和風系のアフタヌーンティーはないかしら?

和食と言えばやっぱりなだ万か吉兆でしょ!

という短絡的な考え方の元、たまたま発見したのがこちらのアフタヌーンティー。

あのなだ万のアフタヌーンティーって一体どんな感じなんだろうか?

期待半分、ドキドキ半分で行ってみたところ、これがなかなか趣があってよかったのです!!

この記事では、実際にシャングリ・ラ 東京のなだ万でアフタヌーンティーを食べた感想を元に、メニューの紹介や味、接客や雰囲気についてを豊富な画像とともに紹介しています。

これから行ってみたいなと考えている方は是非参考にしてみて下さいね。

>>シャングリ・ラ 東京なだ万詳細をチェックする

和食も楽しい♪シャングリ・ラ 東京なだ万アフタヌーンティー体験記

さーて、というわけでやってきましたシャングリ・ラ 東京!

今回のアフタヌーンティーはホテルのラウンジではなく、和食料理店のなだ万でいただきます。

まずはエレベーターで29階のなだ万へGO。

さすが懐石料理を出す老舗の日本料理店なだけあって、店内は非常に落ち着いた雰囲気。

私達は窓側の4人掛けの席に通されました。

高層階なので窓からは東京駅付近の景色を見下ろすことが出来、景色もなかなかよござんす。

最初にほうじ茶を出してくれるあたりも、やっぱり和食のお店なんだなぁ~と妙に感心しちゃったりして。

そういうところも含めて、ホテルラウンジのアフタヌーンティーとはまた違った新鮮味がありますよね。

テーブルの上にはドリンクメニューが置いてあったので、すかさずチェ~ック。

アフタヌーンティー自体のメニューはなかったような気がします。

最初にオーダーしたのはシャングリ・ラ 東京 オリジナルヒマラヤンブレンド

ダージリンとネパールからの茶葉を使用したホテルオリジナルのブレンドらしく、オーガニックとのこと。

お花のような香りと優しい飲み心地にとっても癒されました。

紅茶を楽しんでいるとアフタヌーンティーが運ばれてきましたよん。

おおお~!さすがなだ万!

完全に和を意識した器とお料理で、これはアフタヌーンティーというよりも、ちょっと贅沢な和食ランチコースって感じの見た目ですね。

まずはセイボリーからいってみましょう。

【セイボリー】
・チーズ味噌漬け
・小芋絹衣 錦胡麻
・厚焼玉子バーガー
・和牛網焼きサンド
・鮭ハラス寿司
・和牛小袖寿司
・フォアグラブリュレ

左から

・和牛網焼きサンド
・厚焼玉子バーガー

サンドイッチの方はお肉が柔らかくて、ハムのような食感とワサビのピリ辛感、マヨネーズとの相性が◎。

バーガーはバンズのふんわり感はもちろん、間に挟まった厚焼き玉子のしっとりした優しい味わいがいかにも和風バーガーって感じ。

きゅうりのコリコリ感とジューシーなお肉の組み合わせがたまらない和牛小袖寿司(左)

脂ののった鮭とシャリのコンビネーションが食欲をそそる鮭ハラス寿司も一口でペロリ(右)。

アフタヌーンティーでお寿司食べられるなんて!

チーズのコクと酸味、味噌のしょっぱさがクセになるチーズ味噌漬けは個人的にお気に入りの一品。

小芋絹衣は周りの皮を剥がしてからいただくのですが、お芋のホクホク感にほっこりします。

銀杏もムチムチしていて、どれもお酒に合いそうなお味でした。

アイスが溶けないうちにフォアグラブリュレもいっちゃいましょう。

こちら、クリーム部分が非常に滑らかで濃厚な口当たりでした。

深緑色の抹茶ティラミス

空気の沢山入ったエアリーかつリッチなムースの口どけと、抹茶のまろみのある苦みが大人な味わいのティラミスでした。

なだ万のアフタヌーンティーではモクテルもオーダー出来ちゃいます。

これはYUZU Freshというモクテルでソーダに柚子みつが入ったもの。

炭酸のスカッとしたシュワシュワ感と柚子みつのフルーティーな酸味が爽やかな1杯。

お次はスイーツに手を付けてみましょう。

【スイーツ】
・りんごのムース
・抹茶ティラミス
・オレンジの最中
・生姜わらび餅
・水饅頭

【スコーン】
・クラシック

まずは真ん中にあるスコーンから。

スコーンはプレーンタイプ

生地は外も中もサクサクで、どちらかというとハード系のスコーンでした。

付け合わせは左から

・柚子味噌風クリーム
・ハチミツ

だったような気がします(うろ覚え)。

それぞれつけて食べてみました。

柚子味噌風クリームの方は、柚子の香りと酸味が非常に和を感じさせる味わいで、粘土の強いテクスチャーも含めて意外とスコーンと合うなという印象。

はちみつも単体でつけると癖がなく、上品でほのかにフローラルな甘みがしてこれはこれでいい感じ。

オレンジの最中

とってもジューシーで爽やかな柑橘の酸味が口の中をさっぱりさせてくれます。

中にはチョコレートムースも隠れていますよ。

きなこでコーティングされた生姜わらび餅

わらび餅だけど、中身は意外にも固めでサクサクした歯応えでした。

可愛らしいリンゴのムース

りんごの果肉とクリームチーズがたっぷりで、ほわっとした口どけのムースでした。

水まんじゅうらしきもの。

上には金箔がかかっていて、ちょっぴりゴージャス。

小豆がみっちり入った水まんじゅうはプルンとしていて瑞々しく、食感もプルプルモチモチ。

フゥー、なんだかんだですっかり完食!

全体的に和食系のメニュー構成なので、重すぎずボリュームもそこそこだったので食べやすかったです。

少し早めの夕飯と言えなくもないかも??笑

どれも趣向を凝らしていてセイボリーもスイーツもしっかり楽しめましたよ♪

お店を出るとエレベーター前には煌びやかなクリスマスツリーが飾られていました。

もうこんな季節なんですね。

>>シャングリ・ラ 東京なだ万を予約する

シャングリ・ラ 東京なだ万アフタヌーンティーの紅茶やドリンクについて

シャングリ・ラ 東京なだ万アフタヌーンティーの紅茶やドリンクについても備忘録がてらまとめておきますね。

なだ万では飲み物類は全てフリーフローでカップでのサーブとなります。

ドリンクの種類は以下↓

【お飲み物】
・シャングリ・ラ 東京 オリジナルヒマラヤン ブレンド
・オーガニック ダージリン
・アッサム ゴールド
・アールグレイ
・キームン ハオヤ(世界三大銘茶の一つ)
・ライチーピーチ
・オーガニック ジャスミンパール(ノンカフェイン)
・レモンメレンゲ
・グリーンポメグラネット(ノンカフェイン)
・サクラブロッサム
・鉄観音茶
・アイスティー(レモン/ミルク)
・緑茶/ほうじ茶
・コーヒー/カフェオレ/カフェラテ

【モクテル】
・YUHI(柚子みつ+ジンジャエール+グレナデンシロップ)
・YUZU Fresh(柚子みつ+ソーダ)

紅茶もオーガニックのものを使っていたり、フレーバー系や日本茶、コーヒーだけではなく、2種類のモクテルがあったりと、色々なタイプのドリンクを楽しめるところがいいですね。

特に気に入ったのがシャングリ・ラ 東京 オリジナルヒマラヤンブレンド

ふんわりまろやかな飲み心地と、口に含んだ時に花の香りがふわーっと広がる優しい渋みが最高でした。

オーガニックダージリンもスッキリとした味わいで、渋みも少なく非常に飲みやすかったです。

ライチーピーチは、ライチの上品な甘い香りと桃の瑞々しいフレッシュさがとっても女性好みの味わいでこれもよかったですね。

もう一つのモクテルYUHI(夕日)

ジンジャエールにグレナデンシロップと柚子みつを加えたドリンクで、ジンジャーのスカッとした刺激と柑橘の爽やか感がとてもよいです。

グリーンポメグラネットは緑茶ベースで、ザクロの果実の酸味とどこかエキゾチックな甘さを感じさせる華やかな風味のフレーバー。

さくらんぼのフルーティーさがほのかに香るサクラブロッサムは、いかにも和テイストのお茶でした。

なだ万のアフタヌーンティーは、なかなか見ないフレーバーティーが沢山あって色々試したくなっちゃいます。

全体的にお茶が美味しくて、紅茶もすぐ出てくるのがありがたかったなと。

最初にほうじ茶だしてくれるのも嬉しいポイント。

>>シャングリ・ラ 東京なだ万を予約する

シャングリ・ラ 東京なだ万の雰囲気やサービスについて

続いて、シャングリ・ラ 東京なだ万の雰囲気やサービスについてもまとめておきますね。

ここは元々日本料理のお店ゆえ、内装もキラキラしたゴージャス感や派手さは一切なく、どちらかというと和を意識したシックで大人な雰囲気のお店でした。

テーブルも広くて使いやすいし、窓側席なら壁で仕切られた半個室型の造りになっているため、隣の人の姿が目に入らない点もよかったです。

和風の曲が流れてるところも趣があってよき。

店全体にしっとりとした空気感が漂っており、そこはかとなくわび・さびや歴史も感じさせる格式の高さがありましたね。

接客も非常に落ち着いていて、物腰も優雅&丁寧なうえ、女性スタッフの制服(?)が着物なのもポイント高し。

こちらの様子を常に気にかけてくれているのか

「そろそろお茶のおかわりを頼もうかな?」

と思った瞬間に、絶妙なタイミングで聞きに来てくれるあたりが最高でした。

おかげでアフタヌーンティー中はノーストレスで過ごせましたよん。

客に対しての気配り目配りはさすがです!!

窓からは都会の景色も見下ろせる(スカイツリーも見えた)のも高層階ならでは。

丁度夕方頃に入店したのもあり、日没~夜景へと徐々に景色が移り変わっていく瞬間をしっかりと拝めたところも○。

比較的空いているから、せわしなくならずにゆったり過ごせるのも個人的にはありがたかったかなと。

>>シャングリ・ラ 東京なだ万を予約する

まとめ・シャングリ・ラ 東京なだ万アフタヌーンティーで和を満喫

さーて、そんなわけでシャングリ・ラ 東京なだ万のアフタヌーンティーを食べた感想をシェアさせていただきました!

いやー、和風アフタヌーンティーもいいもんですね。

四季折々の和の食材を使用し、色彩豊かな色合いや凝った食器の使い方等も含めて、洋風アフタヌーンティーとはまた違ったよさを感じました。

個人的にはセイボリーにご飯ものがあるところがすごく嬉しかったですね。

たまたま遅めの時間に入ったので、ある意味少し早い夕食をいただいているような感覚で楽しめました。

和菓子の方が洋菓子よりも重くないからなのか、食べ終わった後もお腹一杯にならないし苦しくならないのもいいところ。

見るのも食べるのも楽しいアフタヌーンティーは、久しぶりに和のよさを思い出させてくれました。

風流な空間の中でゆったりくつろいでリラックスしながらお食事を楽しめるなだ万のアフタヌーンティーは、

・キラキラ系のアフタヌーンティーに飽きちゃったという方
・洋菓子は重くてあまり入らないというマダム

には非常におすすめだと思います。

気になる方は是非一度行ってみるといいですよ!

>>シャングリ・ラ 東京なだ万を予約する

シャングリ・ラ 東京なだ万アフタヌーンティーはネット予約がお得

シャングリ・ラ 東京なだ万のアフタヌーンティーは29階にあるなだ万でいただけます。

13:00~15:00もしくは15:30~17:30の2時間制(30分前ドリンクラストオーダー)で、料金は1名あたり6958円(税・サ込)。

週末限定メニューなので、土日は混雑することもある可能性を考えてなるべく早めの予約がおすすめですよ。

ちなみに私達はOZから予約しました。

>>シャングリ・ラ 東京なだ万を予約する

-アフタヌーンティー・紅茶
-,

© 2021 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5