東京

ロイヤルパークホテル水天宮スタンダードデラックスツイン客室口コミ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスター(@tabibisister)でーす!

今回は日本橋にある高級ホテル「ロイヤルパークホテル(水天宮)」に宿泊した感想をシェアしたいと思います!

丁度七夕シーズン!

ということで、今だけ限定の『CHIK TOKYO STAY~浴衣でたのしむ夏~』という宿泊プランに申し込んでみましたよ。

なんと、こちらは用意された30種類の浴衣の中から自分が好きな柄の浴衣を選べる(持ち帰りOK)という季節感満載のプラン

お陰様で楽しい七夕気分を存分に味わうことができました♪

この記事では、実際にロイヤルパークホテル水天宮に宿泊した体験談を元に、部屋の内装や施設の詳細、泊まってみたリアルな感想についてを豊富な画像と共に紹介しています。

これから日本橋観光しようと思っている方は是非参考がてら読んでみて下さいね。

▼じゃらんならお得なプラン盛り沢山▼

ロイヤルパークホテル水天宮スタンダードデラックスツイン宿泊体験記

はい!そんなわけで、ロイヤルパークホテルin水天宮にやってきました!

メインエントランスを抜けると・・・

なんとも煌びやかなロビーがお目見え!

ロビー階中央には天の川をモチーフにした巨大なシャンデリアがぶら下がっていて、その下には七夕をイメージした笹のオブジェまで設置されています。

聞けばロイパ東京は「365日願いが叶うホテル」と呼ばれているそうで、その理由もこれを見て納得しちゃいました。

フロントでチェックインを済ませた後は浴衣を別室で選びます。

その後、本日泊まるお部屋へレッツゴー!

フロントでもらったカードキー。

白を基調とした中に、お花の模様とロイパのロゴがあしらわれている清潔感のあるデザインです。

客室全景

ガチャリ・・・。

扉を開けて入ってみました。

おお~~~っ!

ひ、広い・・・!

今回宿泊したお部屋はスタンダードフロアデラックスツイン(42平米)

名前通り、なかなかにデラックスなお部屋です。

インテリアやファブリック類等も含め、全体的に茶色や落ち着いた赤、クリーム色等マイルドな色調で統一された室内。

高級感があるのにどこか懐かしさを感じさせるようなレトロな内装が特徴的で、不思議なぬくもり感がありますね。

部屋には大きな窓が2つもついています。

沢山の木々が風に吹かれてワサワサと揺れる光景は、まるで窓自体が額縁付きの絵画のよう。

ホテルからの景色というといわゆる「高層ビルが立ち並ぶ都会的な眺望」をイメージしがちですが、このように目に優しい緑が見える景観というのは結構珍しいのでは!?

ソファ

窓際にはクッションつきの2人掛けソファが設置。

横になってゆっくりとくつろぐもよし、日向ぼっこするのもよしなリラックススペースとなっております。

ソファ近くには籠製の衣類を入れるための脱衣箱も備え付けられていました。

ライティングデスク

部屋の真ん中付近にはライティングデスクとテレビがあります。

丁度このデスクが室内における仕切りの役割を果たしてくれているんですよね。

入り口から入って

・ソファのあるリビングゾーン
・ベッドがある寝室ゾーン

という具合に2つのスペースがうまく区切られているため、二間的な感じで使えるのが便利だなと。

やっぱり広い部屋っていいですねぇ。

デスクは書きものやPC作業もストレスなく出来る広さがあって、机脇にはゴミ箱もついてます。

椅子は車輪がついている可動式のもので座り心地も○。

普通のホテルだとローテーブルがスタンダードなことが多いですが、こちらの部屋はちゃんとしたデスクなので作業もしやすい!

机の上には内線用の電話とメモ帳&ボールペン、さらに右側にはPCやスマホの充電にも使えるコンセントプラグまでついているから至れり尽くせり。

ちなみに、WiFiは無料接続できます。

デスク前には大きな全身鏡があり、浴衣に着替える時には大いに役立ちました。

今回は浴衣プランだったので着付けの際にちゃんと大きな鏡があるか不安でしたが、全く心配無用でしたね。

・入口玄関の全身鏡
・テーブル脇の全身鏡
・鏡台の三面鏡
・クローゼット表面の全身鏡
・洗面台の鏡

とやたら鏡がついている部屋だったので、どこでも着付けられるし、全身確認し放題だし、なんなら2人同時に着付けをすることも可能。

色々な意味で非常に助かりました。

テレビ台とミニバー・ドリンクコーナー

デスク横のテレビ台には42inchのテレビがどどーんと鎮座。

その近くにはコーヒーメーカーなどが置かれているミニ棚も。

棚には電気ケトルやネスプレッソのコーヒーメーカー、ペットボトル等が置かれています。

ペットボトルはなんとロイヤルパークホテルのロゴ入り!

ドリップコーヒーのカプセルは2種類あり、クリープやお砂糖も用意されていました。

その隣のガラス棚にはグラスやカップ等が並べられています。

グラスに敷かれたコースターや備え付けのティーパックまでロイヤルパークホテルのロゴ入り

黄緑色のティーパックは緑茶、赤いパッケージのものはまさかの梅こぶ茶。

梅こぶ茶があるところがやはりお江戸日本橋にあるホテルって感じですね~。

欲を言えば紅茶のティーパックがあれば完璧だったかも!

ベッド周り

続いて、ベッド周りの設備もご紹介。

ベッドはツインで全室シモンズベッドを採用しているらしく、寝心地はかなりよかったです。

枕も柔らめでしたが、変に沈み込んで首が痛くなるタイプではなく使いやすいものでした。

ベッド横のテーブルには照明ボタンやアラームが設置。

もちろんコンセントプラグもありますよん。

空調を調節できるタブレット式の端末と2人分の消毒ジェルも置いてありました。

消毒ジェルがあるあたりがコロナ禍の宿泊なんだなというか、現代の世相を表していますね。

ベッドの足元側には棚と加湿器&空気清浄機が置かれています。

しかも、シャープのプラズマクラスター!

加湿器があるのはありがたいですね~。

これなら冬でも夏でも快適に過ごすことができそう。

棚を開けると引き出しの2段目に寝巻が入っていました。

寝巻はよくある前開きの検査着のようなワンピースタイプで、生地はワッフル地のほわほわしたもの。

着心地は結構よかったです。

サイズはMでしたが、SLサイズもフロントに頼めば持ってきてもらえるとのこと。

ベッド中央にある間接照明をつけてみました。

またちょっと雰囲気が変わりますね。

せっかくなので浴衣を着てベッドの上で写真も撮ってみましたよ。

これはインスタ用の写真として使わせてもらおっーと♪

鏡台とクローゼット

部屋の奥には鏡台とクローゼットがあります。

クローゼットは表面が鏡になっているので、ちょっとした全身チェックにも使えますよ。

鏡台は三面鏡タイプ。

メイクしたりヘアセットする際は非常に便利でした。

鏡台の椅子も広めでふかふかして座りやすかった~!

クローゼットも広々。

荷物を置くスペースは十分なうえ、ハンガーはもちろん、ファブリーズまで用意されているという痒い所に手が届くきめ細やかさが○。

お陰様で、持ってきた荷物を全て突っ込むことができました。

やっぱり、せっかくホテルに泊まるのならなるべく生活感を出したくないのが本音。

荷物は目に見えないところに置きたいですもんね~。

クローゼットの床には貴重品を入れるセーフティーボックスとスリッパが用意。

セーフティーボックスは暗証番号を設定するタイプです。

試しにスリッパを履いてみました。

スリッパはペラペラしたタイプで、ビジネスホテル以上一流ホテル以下といった感じの手触りでしたが(笑)、ロイヤルパークのロゴがやっぱり嬉しい。

ここのスリッパやタオル、部屋着にはなんでもかんでもロイヤルパークホテルのロゴが入っていて、これだけでも「ロイパに来たなー」っていう楽しさ(?)を味わえますよ。

洗面台・アメニティ

寝室の後は洗面エリアを探検してみましょう!

入り口から入って右側の扉を開くと洗面所があります。

左側の壁にはハンドタオルがかけられていて、その近くには拡大鏡もあります。

洗面台の照明が結構明るくて、非常にメイクがしやすかった点は大いに評価したい!

普通のホテルって結構間接照明なところが多いので化粧する際には不便なんですが、ここはとてもメイクがしやすいので女性にとっても嬉しいホテルだと思います。

バスタオルも2枚用意されていて、これもやはりロイパのロゴ入りでしたよん。

ティッシュとヘアブラシ。

固形ソープとフェイスウォッシュ。

フェイスウォッシュはコーセーのもの。

床には体重計。

ドライヤーはパナソニックで風量もそこそこでした。

洗面台の右端に置いてあるアメニティ一式。

和柄の可愛らしいパッケージデザインが特徴的なバスセットはそれぞれ

・シャンプー
・リンス
・シャワージェル
・ボディローション

というラインナップ。

シャンプーの使い心地に関しては、正直泡立ちがイマイチだったので洗えているのか洗えていないのかよくわからないのが玉に傷。

結構量を使ってしまいました・・・。

でも、トリートメントは良かったです。

最初ちょっときしむかなと思ったけど、ドライヤーで乾かしたら普通にサラサラになったので使い心地は微妙だけど仕上がりは悪くない感じ。

アメニティを広げてみました。

・コットンと綿棒
・ヘアゴム
・髭剃り
・歯ブラシと歯磨き粉
・フェイスウォッシュ
・フェイスタオル

という内容です。

バス(お風呂)・トイレ

洗面所の隣はバス・トイレゾーンになってます。

バスタブはそんなに広くない(足は伸ばせそう)ですが、一人で使うには十分なスペースがありましたよ。

シャワーは水圧が最高でバシャバシャ使えるうえ、湯量・湯温調節もしやすく、ハンドル部分(?)も家庭用に近い感じで非常に使い勝手よし。

最近の外資系のホテルってたまに使い方が謎なシャワーとかあるんで、それと比べたら大分親しみやすいと思います。

シニア世代の方でもすんなり使える形式なのではないかと。

窓からの眺め

最後に、窓からの眺めについて個人的感想をば。

今回は低層階ではありましたが、丁度部屋から外の庭園を望めるポジションだったのもあり、朝起きた時に緑が目に飛び込んでくるところがよいですね。

目に優しいグリーンがすごく心地良くて癒されるというか、まるで軽井沢か箱根に旅行しているような気分になれるんです。

晴れた日は窓から入る日の光が気持ちよく、遮光タイプのカーテンがいい具合に日光を遮ってくれるので紫外線が気になる人でも安心してくつろぐことができちゃいますよ。

夕方になって少し日が落ちると、ライトに照らされた木々がいい具合に雰囲気を盛り上げてくれます。

夜になるとこんな感じ。

さらに趣が出てきますね。

日本橋という土地柄、ビルばっかりかと思っていたけどこれはこれでなかなかいいものですね。

▼じゃらんならお得なプラン盛り沢山▼

ロイヤルパークホテル水天宮のお部屋宿泊感想レポまとめ

さーて、そんなわけで、ロイヤルパークホテル水天宮のスタンダードフロアデラックスツインルームに宿泊した感想レポをお届けしました!

ここはさすが日本橋という立地にあるだけあって、全体的にとても落ち着いた雰囲気のホテルでした。

部屋の設備自体はそんなに新しくない(というか多少古いところもある)のですが、広いデスクは使いやすかったし、鏡は沢山あるし、クローゼットは広いしでお部屋の使い心地は非常に良かったです。

また、個人的にポイント高かったのが隅から隅まで掃除が行き届いている点

最近他のホテルに行って思ったのですが、パッと見で室内が綺麗でも埃っぽいホテルって意外と多いんですよね(壁にシミがあったりとか)。

私は若干アレルギー性鼻炎持ちなので、埃があるとくしゃみや咳が止まらなくなってしまうんで余計に気になってしまうんです。

だけど、今回泊まったお部屋はしっかり掃除が行き届いていて、シーツをめくってもバフバフ埃が舞わないし、細かい所までちゃんとしているなという印象を受けました。

おかげで始終快適なホテルステイを楽しめましたよ。

最近流行りの外資系ホテルのようなキラキラしたラグジュアリーさはないけど、まるで自分の部屋のようにリラックスして過ごせるので居心地は抜群のホテルだと思います。

調度品や部屋の内装には高級感が漂っているのに、どこか親近感の湧く妙にホッとする空気が流れているところもよき。

これは老若男女問わず利用しやすいのではないかと。

また、立地のよさも素晴らしいです。

水天宮駅直結だから雨に濡れずにチェックインできるし、ホテル徒歩圏内には

・安産祈願で有名な水天宮
・美味しい和菓子屋さんや老舗の喫茶等が軒を連ねる甘酒横丁

もあるしで、周辺の観光スポットにも事欠きません。

ちょっと電車に乗れば銀座浅草上野両国と有名スポット目白押し♪

シニア世代が東京観光の起点として使うもよし、家族旅行で泊まるもよし、私達のように女子旅やカップル旅行で浴衣着ながら日本橋散策をしてみてもよし・・・とお好みのシチュエーションでのホテルステイが楽しめるハズ。

とにかく、観光するのには非常に便利なホテルだと思いますので、日本橋周辺を巡る予定の方は是非宿泊してみてはいかがでしょう?

というわけで、以上、タビビシスター(@tabibisister)によるロイヤルパークホテル水天宮の宿泊レポでした!

少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、よい旅を!

▼じゃらんならお得なプラン盛り沢山▼

ロイヤルパークホテル水天宮の宿泊予約ならじゃらんがお得

ロイヤルパークホテル水天宮の予約ならじゃらんがお得です!

タイミング次第ではタイムセールやお得なキャンペーンがやっていることも多いので、かなりのお値打ち価格で泊ることが出来ちゃいますよ♪

私達もじゃらんはよく利用してます。

是非うまく活用してお得なホテルステイを楽しんでくださいね!

▼じゃらんならお得なプラン盛り沢山▼

ロイヤルパークホテル水天宮宿泊に関する記事はこちら♪

-東京
-, , ,

© 2022 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5