東京

姉妹でロイヤルパークホテル浴衣宿泊プランを体験したら楽しすぎた件

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスター(@tabibisister)でーす!

今回は、1泊2日でロイヤルパークホテル水天宮に宿泊した感想と1泊2日のホテルステイの流れを時系列で綴っていきたいと思います。

ひょんなことから7月限定の『CHIK TOKYO STAY~浴衣でたのしむ夏~』という宿泊プランを利用することになった私達。

なんと、こちらは用意された30種類の浴衣の中から自分が好きな柄の浴衣を選べる(持ち帰りOK)という季節感満載のプランなんですよ。

しかも、ホテル内レストランでの会席料理ディナー付!

丁度「浴衣着たいね~♪」と話していたタイミングだったので、こんなプランがあったなんて!とテンションブチ上げになってしまいました。

で、実際に宿泊してみたところ・・・めちゃくちゃ楽しかった!

浴衣ステイ、一言で言うと最高です。

ディナーも近場の観光もアフタヌーンティーも・・・全部ぜーんぶ浴衣で体験して、一足早い夏を思う存分満喫しちゃいました!

この記事では、実際にロイヤルパークホテル水天宮で浴衣付きプランを利用して宿泊した体験談を元に、1日の流れを振り返りつつ、個人的な視点で感想やら思ったこと等をあれこれ好き放題語っていきます。

浴衣付きプランって実際どんな感じなの?
どういう風に楽しめばいいの?

と気になっている方は是非参考にしてみて下さいね♪

▼今だけの季節限定!お得な浴衣プラン▼

ロイヤルパークホテル浴衣付宿泊プランCHIK TOKYO STAY体験記

そんなわけでやってきました、日本橋は水天宮駅にあるロイヤルパークホテル!

メインエントランスを抜けると、そこには煌びやかなロビーがお目見え。

天井には天の川をイメージした美しいシャンデリアが・・・!

好きな柄の浴衣を選ぶ

まずはフロントでちゃちゃっとチェックインを済ませてから、スタッフに案内されて浴衣を選ぶために別室へGO。

扉を開けると・・・色とりどりの浴衣が置かれているではあーりませんか!

浴衣は30種類の柄の中から好きなものを選べるとのこと。

しかも、そのまま持ち帰りOK。

赤に紫に青に黒・・・と色味も柄も様々な浴衣が用意されているので思わず目移りしちゃいます。

うーん、これはどれを着ようか迷いますね。

「この紫のなんてどう?」

「微妙。ダサく見えるしあんまり肌の色と合ってない。てか、老けるからやめな。こっちの花柄の方がよくない?」

「えー、ちょっとデザインが若すぎない?もう少し渋い感じの方が・・・。」

「あっ、これ可愛い!候補に入れとこ!こっちの黒はやめるわ。」

2人であーだこーだ言いながら、鏡の前で一つ一つ気になる浴衣を身体にあててじっくりとっくり吟味を重ねます。

姉妹だとお互い率直な意見を言い合えるのでいいですね(笑)

浴衣だけではなく、帯もカラフルな色合いが揃っていました。

浴衣の色と馴染む同系色にするか、あえて反対色でパンチを効かせるか・・・。

これも悩みどころです。

・・・実は私、超絶不器用でして。

浴衣の着付けを自分ですることに対して大いに不安を抱いておりました。

特に、帯を自分で締められるのか?と内心恐れおののいていたのですが、ありがたいことに作り帯があるではないですか!

これならわざわざ自分で結ばなくていいし、ラクチン&簡単!

しかも、後ろ姿の写真撮る時にリボンの方が映えそうだし、という理由で結局2人とも作り帯を選ぶことに。

ちなみに、男性用の浴衣や帯はこんな感じのラインナップになってます。

全体的に

・紺
・茶
・若草色
・からし色

と渋めの配色が多い模様。

浴衣と帯を選んだら、これらと合いそうな下駄を選んでいきます。

下駄は一つ一つ箱に入れた状態で陳列されているので、蓋を開けて一つずつチェック。

あ、浴衣や下駄を入れるための袋(手提げのエコバック風)は事前にスタッフの方からいただけるのでどうぞご安心を。

高さもマチもあるので何気に使いやすいバッグでしたよ。

バッグの中には

・着付けマニュアル
・帯板

が入っていました。

あれこれ悩んでようやく絞り込んだ数枚の浴衣。

下駄はこちらの2種に決定。

最終的には姉妹ともどもこのようなチョイスとなりました。

下駄は最初硬く感じましたが、慣れると歩きやすいタイプだったのでよかったです。

鼻緒部分も痛くならないし、結果的に徒歩で色々散歩出来ましたよ。

浴衣も通気性があるので、気候が蒸し蒸ししていてもそんなに汗びっしょりにはならない薄手の生地でした。

部屋で着付け

かれこれ30分くらい浴衣選びに時間を割いた後は、本日泊まる客室へと向かいます。

はい、こちらが私達の寝床となるスタンダードフロアデラックスツインルーム

6階でしたが広くてほどよい高級感と落ち着きのある居心地のいいお部屋でした。

関連ロイヤルパークホテル水天宮スタンダードデラックスツイン客室口コミ

ロイヤルパークホテル水天宮スタンダードデラックスツイン客室口コミ

続きを見る

客室内にある大きな全身鏡を使って、早速選んだ浴衣を着付けしていきます。

ヘアセットはホテルに来る前に済ませておいたのでこれについては問題なし。

ちなみに、お出掛けでヘアメイクするなら キャバ嬢向けのヘアメ専門のサロンが安い・早い・巧いと三拍子揃っているのでおすすめです(笑)

私達はコチラのお店を利用しました。

着付けを終えてロビーで七夕気分満喫

着付けを終えた後は浴衣姿でロビー階へ。

ロビー中央のシャンデリア下付近には今だけの七夕装飾があるとのことだったので、ここでまずは記念写真を撮りたいと思っていたのです。

人目を気にせず三脚を立ててパシャリ。

おお!これは確かにキラキラしててエモい・・・!!

装飾のすぐ横には、これまた七夕気分をさらに盛り上げてくれる短冊のかかった笹が2本配置されていました。

せっかくなので私達も短冊に願いを書いてみることにしましたよ。

自分の好きな色の短冊とマジックを選んで・・・

願いごとを綴っていきます。

うーん、なんだか早くも楽しくなってきた!

書き終わったら適当に笹にぶら下げて作業完了。

織姫と彦星に願いを込めて・・・なんちゃって。

何を書いたかは内緒でーす!

ロビー内をしばし浴衣姿で探検した後は、そのままホテルを出て人形町散策へと出かけましょう。

▼今だけの季節限定!お得な浴衣プラン▼

水天宮参拝

まずはホテルのすぐ近く(徒歩3分~5分)にある水天宮へ。

水天宮と言えば安産祈願で有名な神社ですよね。

私達は妊婦ではないので安産を祈願してもあまり意味はないですが、せっかく来たので参拝してみることに(一応病気治癒等のご利益もあるらしい)。

近くにあった寳生辨財天(ほうしょうべんざいてん)は、名前の通り財福にもご利益があるとのことなのでこちらにもお参り。

水天宮前では2人揃った写真も残すことが出来ました。

結構ひっきりなしに人がくるので本当に有名な観光名所なんだなぁと改めてビックリ。

ついでということで、記念に御朱印もゲット。

金色の御朱印でこれはいかにも金運が上がりそうな感じ。

本殿の右隣には短冊がぶら下がった七夕っぽいゾーンが。

甘酒横丁散策

水天宮の参拝が終了した後は甘酒横丁へとやって来ました。

ここもホテルからは徒歩10分くらいで行けちゃいます。

甘酒横丁には美味しそうな和菓子屋さんや、食べ歩き出来るスイーツを販売しているお店が沢山立ち並んでいて、浴衣で散策するのにはぴったりのエリア。

通りそのものが風情のある雰囲気なのでフォトスポットも盛り沢山。

とりあえず私達も浴衣散歩中に写真を撮りまくってみました。

おや?歩いていたら気になるお店を発見!

チラッと覗いてみると・・・わらびもちや水まんじゅう、かき氷に冷やし甘酒等美味しそうなものが揃い踏み!

これは・・・食べないわけにはいかんでしょ!

というわけで冷やし甘酒と宇治抹茶かき氷を買ってみましたよん。

インスタ用で使えそうな写真もついでにパシャッ。

ポートフォリオ風の記念写真もパシャッ。

外が結構蒸しているので、キンキンに冷えたかき氷がとても美味しく感じられます。

う~んまっ!

冷やし甘酒も瞬殺でグビグビッと飲み干してしまいました。

お店の前のベンチに座ってしばしの休憩タイムを楽しみつつ、あっという間に時間は過ぎていきます。

再びホテルロビーで撮影大会

甘酒横丁散歩を終え、再びホテルへと戻ってきた私達。

今度はシャンデリアをバックに写真を撮りまくり。

位置を変え、場所を変え、努力の甲斐(?)あってかエモい写真がいくつもゲットできました~。

▼今だけの季節限定!お得な浴衣プラン▼

夕飯は源氏香で天の川会席ディナー

あっという間に夜になり、お腹も減ってきた私達はホテル5階にある日本料理のお店「源氏香」へ。

ここでは期間限定の天の川ディナーをいただけます。

日本庭園を望める落ち着いた和の空間で、趣向を凝らした会席料理をいただく贅沢な時間。

七夕をテーマにしたメニューは見た目も味も凝った内容なうえ、とてもヘルシーなのでカロリーを気にする女性でも問題なく食べられちゃう。

素材を生かしたシンプルなお料理は、夏バテ気味の私達の胃にも優しく染み渡るものでした。

食後はお隣にある日本庭園へ。

ライトアップされた庭園内をそぞろ歩きながら風流な時間を楽しみます。

池の水面に光や木々が反射してとても幻想的な空気を作っていました。

金色に光る錦鯉の群れがまたいい味を出してて雰囲気抜群。

ここでも軽く記念撮影。

スタッフの方のサービスも素晴らしかったです。

関連浴衣姿で満喫!ロイヤルパークホテル源氏香で七夕ディナーした口コミ

浴衣姿で満喫!ロイヤルパークホテル源氏香で七夕ディナーした口コミ

続きを見る

客室に戻って就寝

さて、お腹一杯になった後はお部屋へ戻るとしましょうか。

寝る前にベッドの上でインスタ用に使う写真を何枚も撮影。

机の上に三脚を立てて何テイクも撮り直したりと結構頑張りました。

夜も更けてきたし、明日も早いしでそろそろ寝なきゃ。

お風呂に入ってこの日は日をまたいでからの就寝。

おやすみなさーい。

シェフズダイニングシンフォニーで朝食ビュッフェ

翌朝は6時に起床し、朝食を食べに行くべくロビー階にあるシェフズダイニングシンフォニーへ。

ビュッフェスタイルなので、和洋問わず気になるものを好きにとって素敵な朝食を目一杯満喫。

こちらの朝食の目玉はシェフお手製の和風粋オムレツ

ロイヤルパークホテルの朝食コンテストで見事グランプリに輝いたらしく、その味はお墨付き。

肉じゃがに鶏そぼろに辛子明太子に・・・ここでしか食べられない希少な和風オムレツはまさに絶品。

地元企業のにんべんの出汁を使っているところも、さすが人形町にあるホテルだなと思ったり。

ちゃんと出汁からこだわっていて日本の味を大切にしているんだなと感じました。

これは宿泊するなら絶対食べてみた方がいいですよ!

関連ロイヤルパークホテル東京朝食口コミ!オムレツが美味すぎて震えた件

ロイヤルパークホテル東京朝食口コミ!オムレツが美味すぎて震えた件

続きを見る

部屋に戻ってチェックアウト

朝食を食べた後はお部屋に戻り、再び浴衣に着替えます。

荷物を整えてから一度フロントにてチェックアウトを済ませ、今度はロビーラウンジフォンテーヌへ向かいます。

ロビーラウンジフォンテーヌでアフタヌーンティー

ラウンジに来たお目当てはもちろんアフタヌーンティー。

今回は「夏祭り」をテーマにしたアフタヌーンティーで、まさかのラムネつき!。

ヨーヨーにタコ焼きにチョコバナナetc…

デザイン性の高い可愛すぎるスイーツやセイボリーの数々私達のハートは早くも釘付け。

職人技にあっと度肝を抜かれてしまう芸術品のようなチョコレート細工にも感動。

涼やかな季節感溢れるスイーツに舌鼓を打ってしばしのティータイムを心ゆくまで堪能しちゃいました。

関連もはや芸術!ロイヤルパークホテル東京夏祭りアフタヌーンティー感想

もはや芸術!ロイヤルパークホテル東京夏祭りアフタヌーンティー感想

続きを見る

お腹一杯になった後はホテルのトイレで普段着に着替え、そのまま水天宮駅へ。

駅直結の立地なので移動もしやすいのが最高です。

日本橋を離れ家路へと向かいます。

夏限定!ロイヤルパークホテル浴衣プランで七夕気分満喫した感想まとめ

さーて、そんなわけでロイヤルパークホテル水天宮で過ごした1日の流れをザッと振り返ってきました。

浴衣付の宿泊プランなんて初めて利用しましたが、これは想像以上に楽しかったですね。

江戸情緒の残る風情ある街並みをそぞろ歩きながら、かき氷食べたり甘酒飲んだりと夏らしい風流な気分を味わえて大満足。

浴衣を着て観光、という意味ではお江戸日本橋はまさにぴったりのエリアだと思います。

特に人形町なんて滅多に来ることがないので余計に新鮮でした。

泊まった客室も広くて落ち着いた雰囲気で居心地よかったし、ロビーの天の川モチーフのシャンデリアも本物の天の川以上にキラキラしていて迫力満点。

笹のオブジェも煌びやかで、短冊に願い事をかけるのも童心に返ったようで楽しかったですし。

お陰様で撮れ高も最高潮!

サービスもとってもよかったです。

スタッフの方々のきめ細やかで温もりのあるホスピタリティ精神溢れる対応のおかげで、とっても心地のよい時間を過ごすことが出来ました♪

CHIC TOKYO STAY 浴衣でたのしむ大人の夏プランを利用すれば

・本格的な会席料理が七夕仕様の献立でいただける夕食
・珍しい和風オムレツがいただける朝食ビュッフェ
・夏祭りがテーマの可愛すぎるアフタヌーンティー
・選んだ浴衣はお持ち帰りOK

と七夕気分を存分に味わえちゃいますよ。

女性同士でワイワイしながら浴衣を選んで、日本橋散策して、浴衣姿で美味しい夕食やアフタヌーンティーをいただく・・・なんて想像するだけで楽しいですよね♪

本当にたった1泊2日なのに旅行した気分になれちゃうので個人的にはすごくおすすめ。

都内の人はもちろん、他県から来る場合でも日本橋を巡る際に浴衣で出歩くだけでいい思い出を作れること間違いなしです。

都内で気軽に女子旅がしたい!
日本ならではの風情をたっぷり味わいたい!
可愛い浴衣写真を沢山撮りたい!

そんな人にはぴったりの宿泊プランだと思いますので、気になる方は是非利用してみて下さいね。

てなわけで、以上、タビビシスター(@tabibisister)によるロイヤルパークホテル水天宮にて季節限定の浴衣付き宿泊プランを体験してみた個人的な感想レポでした!

ここまでお読みいただきどうもありがとうございました~。

少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、よい旅を!

▼今だけの季節限定!お得な浴衣プラン▼

CHIC TOKYO STAY 浴衣でたのしむ大人の夏プラン詳細

今回私達が利用したのは「CHIC TOKYO STAY 浴衣でたのしむ大人の夏」という浴衣に天の川ディナーがついた宿泊プラン

【浴衣+天の川ディナー付 プラン】
2022年7月1日(金)7月31日(日)
[レディスプラン] ¥23,000~(1室2名様ご利用時)
[カップルプラン] ¥23,300~(1室2名様ご利用時)
※グラススパークリングワインやソフトドリンクなど、お一人様1杯プレゼント
※表示価格には浴衣一式、夕朝食、サービス料(10%)、消費税、東京都宿泊税が含まれます。

天の川ディナーは和洋中3つのレストランとルームサービスから選択可能。

予約の際にご希望のレストランを選べばOKです。

【選べるディナー】
◆日本料理「源氏香」(5階)
◆中国料理「桂花苑」(地下1階)
◆シェフズダイニング「シンフォニー」(1階)
◆ルームサービス

【プラン概要】
・女性用浴衣7点セット(浴衣、帯、下駄、腰紐、前板、着付マニュアル、収納バッグ)
・3つのレストランまたはルームサービスから選べる天の川ディナー
・シェフズダイニング「シンフォニー」での朝食

ちなみに、これはレディスプランになるのでカップルやご夫婦で利用する際はカップルプランを予約するべし。

浴衣の着付は自分でする形になりますのであしからず。

毎年夏季限定でやってるプランなので気になる方は是非チェックしてみて下さいね♪

▼今だけの季節限定!お得な浴衣プラン▼

ロイヤルパークホテル水天宮宿泊に関する記事はこちら♪

-東京
-, , ,

© 2022 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5