【絶品フレーバー】ムンバイのナチュラルアイスクリームに行ってみた

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

ムンバイでおすすめのアイスクリーム屋さんといえば・・・ナチュラルアイスクリーム!

ナチュラルアイスクリームは南インドを中心に展開しているチェーン店なんですが、なんとここのアイスは着色料も人口甘味料も一切使っていない完全オーガニックなんです!

これがもう目からうろこが落ちるような驚きの美味しさなので紹介しないわけにはいきません!

そんなわけで今回はナチュラルアイスクリームに行ってみた体験記を実際に注文したアイスの写真なども交えつつご紹介したいと思います。

アイス大好きな人やインドのアイスってどんなもん?と気になっている方は是非読んでみて下さいね。

ムンバイのナチュラルアイスクリームの行き方・アクセス・場所

ナチュラルアイスクリームはムンバイだけでも10店舗くらいあるようです。

私達が行ったお店はチャーチゲート沿いにあるお店。

外観はこんな感じで結構さりげない店構えなのでよく見ないと素通りしてしまうかも。

店内に入ってみました。

見た目よりも広くて清潔感のある雰囲気です。

こちらがカウンター。

ここで気になるフレーバーを注文します。

ここは地元のインド人にも人気らしくて夕方頃行ったのですがお店は意外と混んでいました。

大学生が多めなのは場所柄ゆえでしょうかね。

椅子に座って食べられるスペースもあるのでゆっくりアイスをいただけるのも嬉しいところ。

トイレはないのでアイス食べ過ぎてお腹が冷えないよう気を付けて下さいね(笑)

ナチュラルアイスクリーム
Marine Dr, Churchgate, Mumbai, Maharashtra 400020
022 6610 8000

インドのオーガニックアイスはレベル高し!

ナチュラルアイスクリームはその名の通り、フルーツを使ったナチュラルなものだけで作られているオーガニックのアイスクリーム。

化学着色料や防腐剤などは一切使用せず、インド国内の天然素材のみを使って作られているんです。

牛乳も卵も使わずにベジタリアンでも食べられるアイスというところがミソですよね。

こちらがメニュー。

ジャックフルーツやチクー、シシカイなどインドでしか食べられないような珍しいフレーバーも沢山!

アイスではおなじみのストロベリーやチョコだけではなく、南国らしくマンゴーやパパイヤなど種類豊富なのでどれを選べばいいか迷ってしまいます。

オプションも色々あってカップやコーンを選べるのはもちろん、ダブルにしたりコーンをワッフルコーンにしたりとお好みでカスタマイズできるのがグッド。

アイスクリームシェイクにしてもらうことも可能ですよ。

こちらがカップやコーンの見本。

アイス好きならやはりここはワッフルコーンを選びたいところ。

ショーケースの中には美味しそうなアイスがズラ~リ。

気になった味はテイスティングができるので店員さんにお願いしてみましょう!

スプーンで一口ずつ試させてくれるので気に入ったものを指さしてみるべし。

ちなみにスタッフにおすすめを聞いたらチクー、テンダーココナツ、パパイヤマンゴーあたりがベリーナイスとのこと。

私はチクーとストロベリー、パパイヤマンゴー、メロンを試食させてもらいました。

ストロベリーやメロンは想像と違って爽やかで意外とさっぱり系なお味で、パパイヤマンゴーは果肉がごろっと入っていて口当たりがミルキーな感じ。

そしてチクーですが、スタッフの言う通り確かにこれはうまい!激うまです!

一口食べてすぐに気に入ってしまい即決しちゃいました。

ちなみに以前ムンバイに住んでいたというインド人の知り合いに聞いたところ、彼もやはりチクーがおすすめと言っていました。

その知り合いはムンバイにいた時は毎日ナチュラルアイスクリームを食べていたらしいです・・・太るぞ(笑)

価格帯もリーズナブルで庶民派なお値段なのがありがたいですね。

ナチュラルアイスクリームを食べてみた感想

さて、それでは実際に注文したメニューをご紹介しますね。

私はチクー、連れはテンダーココナッツとマンゴーのダブルでワッフルコーンをチョイスしました。

私は元々アイスクリームを食べるのが遅い&好きだけど沢山食べられる方ではないのでシングルにしてカップで注文することに。

こちらがチクー。

チクーというのはチューインガムノキの果実のことでじゃがいものような見た目の南国のフルーツです。

このチクーフレーバー、とにかく口当たりがまろやか!

こっくりしているのに全然くどくなくてミルキーで優しい甘さが一度食べるとクセになります。

干し柿のような後を引く味というか一回食べると止まらなくなります。

アイスでこんな味があるのか!と衝撃を受けました。

これで牛乳も卵も使っていないって驚きです。

続いてダブルで注文したテンダーココナッツ&マンゴー。

テンダーココナッツもスタッフおすすめの一品で、ココナツの果肉がところどころに入っているのが特徴。

ココナツ系のアイスってかなりこってりしていて甘ったるいものが多いですが、ナチュラルアイスクリームのココナツはクリーミーな舌触りなのにさわやかでくどくないんです。

ココナッツの味はちゃんとするのに後味はさっぱりめなので苦手な人でもこれならいけそうですね。

マンゴーは舌の上でとろけるようなまろやかさがあり、マンゴーアイスにありがちなシャリシャリのシャーベット系ではなくクリーミー系。

こっくりとした濃厚な味わいなんだけど、フルーティかつさわやかですっきりした後味が魅力です。

ちなみにコーンは焼き立てだからパリパリサクサク。

アイスが溶けそうなくらい温かかくて最初ちょっとビビりました。

インド人は食べるのが遅いからなのかは分かりませんが比率的にはカップ派の人が多かったですね。

注文した3つはどれも美味しかったのでもっと滞在できるなら色々なフレーバーを試してみたかったなぁ・・・。

くどそうなフレーバーでもわりとさっぱりした後味で舌に残らないし、サーティワンみたいなやらしい甘みゼロなのでアイス苦手な人でも食べられるような気がします。

アイスだから甘みはあるんですが甘すぎないのが私好み。

ここのアイスは本当にイチ押しだと思います!!(力説)

ムンバイグルメ・ナチュラルアイスクリーム体験レポまとめ

さて、そんなわけでムンバイのナチュラルアイスクリームを食べてみた感想などをレポしてみました。

正直、食べる前はインドのアイスって一体どんなものなんだろうと不安だったのですがこれは大当たり!

所詮インドだし美味しいって言ったってどの程度なのかなー??とナメていた部分もあったのですが、予想に反してめちゃくちゃ美味しくていい意味で期待を裏切られましたね。

インドのお菓子は砂糖たっぷりで日本人にはちょっときついけど、アイスはこんなにまとも・・・というかむしろ下手な日本のアイスより断然レベルが高いです!

しかも体に優しいというのが嬉しい!

フルーツのフレーバーもいやらしい感じがなくあくまでもナチュラルかつ爽やか。

いやー、これはインドだけで売るのはもったいない!

是非日本にも進出してほしいです。

そしたら毎日食べに行くのになぁ。

スタッフも親切なので居心地もよかったですし、味といい体への優しさといいまさにパーフェクトなアイス屋さんでしたねー。

もし南インドに行く機会があるのなら是非ナチュラルアイスクリーム試してみて下さい。

きっとアイスの価値観が変わりますよ!

それでは、よい旅を!

ムンバイの観光情報についてはこちらの記事も参考にしてみて下さいね↓

>>ムンバイで24金のクラフトアイテムが買えるお店を紹介
>>ムンバイのタージマハルホテルでアフタヌーンティー体験
>>ムンバイの大人気シーフードレストラントリシュナ口コミ
>>ムンバイにあるインドの紙製品専門店チマンラールを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA