モロッコお土産事情♪アルガンオイル現地購入のコツや使い方を紹介

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回はモロッコ土産で人気の「アルガンオイルを現地購入する際のちょっとしたポイントやおすすめの使い方」について紹介しちゃいますね!

アルガンオイルはモロッコの名産品で、美肌やアンチエイジングに絶大な威力を発揮するスーパーオイル♪

最近では美容やコスメ好きの女性の間でも人気なので知っている人も多いのでは?

この記事では、実際に私達がモロッコ旅行でアルガンオイルを試した体験談を元に、

・アルガンオイルの美肌効果
・おすすめの使い方
・旅中に見つけたアルガンオイル製品
・ピュアオイルと偽物の見分け方

等について詳しく解説しています。

またそれと併せて日本で購入できるアルガンオイルについてもご紹介。

アルガンオイルを現地で買おうと思っている方は是非参考がてら読んでみて下さいね。

目次

モロッコのアルガンオイルとは?

アルガンオイルの原材料は、モロッコ南西部にしか生えないアルガンツリーから採れる実。

これをすりつぶして、そのオイルを抽出したものがいわゆるアルガンオイルです。

実はコレ、なんと30キロの果肉から1リットルしか採れないという超貴重なものなんですよ!

アルガンオイルは

・オレイン酸
・リノール酸
・ビタミンE

といった成分が豊富に含まれていて、抗酸化作用が高く美肌効果やアンチエイジング効果に絶大な威力を発揮します。

人間の皮脂に近い成分で出来ているから肌への浸透率も抜群で、使い続けることでお肌がどんどん元気になっていくのを実感できますよ♪

モロッコのアルガンオイルの使い方

アルガンオイルはとにかく伸びがいいのが特徴。

肌なじみも半端なくて、数滴手の平に垂らして顔をマッサージするだけで肌がツヤツヤのすべすべに!

1度に使う量は数滴で十分で、指で広げるとスーッと馴染んでいきます♪

おススメの使い方は化粧水でしっかり保湿した後にアルガンオイルを塗る方法。

これだけでかなり乾燥を和らげて肌に潤いが生まれますよ。

アルガンオイルは保湿力がすごい

私達が砂漠地方にいた時、肌がありえないほどにカサカサになってしまい、目元のひび割れやほうれい線がとんでもない状態になったことがありました。

見た目年齢80歳って感じで、もはや乾燥を通り越してお肌が痛いんです。

この状況に焦った私は、予めスークで購入しておいたモロッココスメを総動員。

ローズウォーターで保湿した後にアルガンオイルを塗り、さらにその上からアルガンクリームを塗ってしっかりフタをする・・・

ということをやっていたら、1日で肌の痛みとカサカサ感が収まり、3日くらいで元通りの肌に戻りました。

もし、あの3点セットがなければ砂漠地方の滞在中はエライことになっていたのではないかと恐ろしいです・・・(汗)

本当に持っててよかったなと思いました。

アルガンオイルは全身ケアに使える

アルガンオイルはお顔だけではなく全身にも使えます。

年齢が出やすい首元や手首に塗れば皺のケアに使えますし、かかとやひじ、膝といった角質が厚くなりやすい部分に塗ればお肌自体が柔らかくなって乾燥やひび割れも防げます。

また、アルガンオイルを使って自宅でボディマッサージすると、まるでエステ帰りのような全身うるツヤのピカピカボディになれちゃうんですよ!

私はモロッコでアルガンオイルの全身マッサージを受けたことがあるのですが、これがもうすごいのなんの!

エステした翌日、鏡で見た自分の顔が信じられないくらいプリップリになっていてびっくらこきました。

しかも、全身のお肌がまるでシルクコーティングされたかのような弾力のあるモチモチスキンになってて、これは毎日やったらどうなっちゃうんだろうと思いましたね(笑)

アルガンオイルは他の化粧品に混ぜても使用可能

アルガンオイルは単品で使用する以外にも、市販の保湿クリームや化粧水に数滴混ぜて使うことで保湿力やアンチエイジング効果がアップします。

元々持っている化粧品をパワーアップさせるためのちょい足しエッセンスとしても使えるので1本持っておくと何かと便利。

アルガンオイルは髪の毛にも使える

アルガンオイルは実はヘアケアにも使えちゃう優れもの♪

保湿力や炎症を抑える成分が含まれているので、頭皮の乾燥による痛みやフケ、抜け毛で悩んでいるのならアルガンオイルで頭皮マッサージを試してみましょう。

やり方はめちゃ簡単。

シャンプーをする前にアルガンオイルを数滴つけて、指の腹で頭皮全体を優しくマッサージしてら10分くらい放置するだけ。

これをやった後で髪を洗うと、毛穴の老廃物がとれて頭皮自体に栄養が行き渡って乾燥ケアができるんです。

また、タオルドライした髪の毛の先っちょにオイルを数滴馴染ませてドライヤーで乾かせばトリートメント効果もバッチリ。

少量でサラサラになってツヤ感が出るので、オイル系のケアが好きな人には特におすすめです。

アルガンオイルの保管方法

アルガンオイルは開封しなければ2年間は持ちます。

開封した場合は2~3ヶ月程度で酸化してしまうので、それくらいを目安に使い切りましょう。

・空気に触れにくい容器を使う
・直接手で触れない(手の平に垂らして使う)
・直射日光や紫外線を避けて暗い場所に保管
・涼しい場所で保管(夏場は冷蔵庫等)

といったことに気をつければ酸化するのを防げます。

モロッコのアルガンオイル製品は石鹸やシャンプー等種類も豊富

モロッコにはアルガンオイルを配合したコスメ用品が沢山あります。

オイル以外にもアルガンクリームやリップ、ボディスクラブ、マッサージローション、クレンジング、石鹸、フェイスマスク等色々なアイテムがあるのでどれも欲しくなること間違いナシ!

ここでは私達がモロッコ旅行中に見つけたものをいくつか紹介しますね。

洗顔も出来るアルガンオイル石鹸

タフロウトというアルガンオイルの産地では、市内のコスメショップに色々な種類のアルガン石鹸(ソープ)が売られていました。

ソープは体だけではなく顔にも使えるうえ、ソープ自体に保湿力があるので洗い流した後も乾燥しません。

しかも結構安かったので(20DHくらい)、友達へのばらまき土産にもぴったり。

アルガンオイルクリーム

こちらはアルガンオイルを配合したクリーム。

結構重めというかこっくりとしたテクスチャーなのですが、これを塗るだけでお肌がピトッと指に吸い付くようなモッチリ感が出るんです。

砂漠の過酷な気候でガサガサになった私の可哀想なお肌にも一瞬で潤いを取り戻してくれたくらいなので、保湿力は神レベル!

現地でかなり重宝しました。

アルガンオイルシャンプー

アルガンオイルを使ったシャンプーも専門店や街のスーパーで売られています。

旅中に使ってみたところ、これがなかなかよかった!

髪にコシやハリが出て立ち上がりもふんわり感がでて、全体的に髪の毛が元気になったような気がしました。

髪が細い人にもおすすめです。

アルガンオイルには食用もある

実は、アルガンオイルはコスメ用だけではなく食用もあるんです!

食用はロースト(焙煎)されたものを搾油しているそうで、お味は大分マイルド。

オリーブオイルよりも香ばしい味わいが特徴で、どちらかというとゴマ油とかエゴマ油とかああいう感じに近いですかね?

全然脂っぽくなくてサラッとしてるので生で飲んじゃって全然大丈夫です。

サラダはもちろん、パンに塗って食べても美味しそう。

ビタミンEが豊富で強い抗酸化作用があるので、がん予防や生活習慣病予防に効果があります。

飲み過ぎは太るので1日にスプーン1杯とれば十分ですよん。

モロッコアルガンオイル食用と顔用の見分け方は?

食用のアルガンオイルは生の種子ではなくローストした後に圧搾しているので、香りが香ばしくて色が茶色っぽいようなオレンジです。

コスメ用のものは生の種子を圧搾しているので、色はオリーブオイルのような透明感のある黄金色をしています。

成分はほぼ同じなのですが、コスメ用は生の種子から抽出しているので苦みがあるのが特徴。

食用の方が安いものの、酸化しやすいのでお肌に使うのならちゃんと肌用のアルガンオイルを購入しましょうね。

アルガンオイルのピュアオイルと偽物との見分け方9つのポイント

お土産として人気のアルガンオイルですが、残念なことにモロッコでは偽物も多く出回っています。

特に、スークなどでは時たまアルコールなどを人工的に混ぜた粗悪品が売られていることもしばしば。

アルガンオイルは品質によって値段が異なり、原液の濃度が濃ければ濃いほど価格も高くなる傾向にあります。

ここでは純正のアルガンオイル(100%ピュアオイル)を手に入れるためのちょっとしたコツについて紹介しますね。

変なにおいがするものはNG

ピュアなアルガンオイルは香りがほとんどしないか、ほんのりナッツのような香ばしい香りがします。

ツンとする酸っぱいような臭いがするものは、何か別のものを混ぜている可能性があるので買わない方がいいですよ。

透明感のある黄金色が本物

本物のアルガンオイルは透明感のある黄色、もしくは黄金色をしています。

人工的に黄色くしたような不自然な色をしていたらちょっと疑った方がいいかも知れません。

妙にべたつくものは危ない

アルガンオイルは人間の皮脂に近い分子構造をしているので、塗り心地はサラッとしていて塗った後は皮膚にスーッと馴染む使い心地のよさが特徴です。

粗悪品はべとつきや妙なオイリーさがあり、塗った後の浸透も悪いです。

お店で試させてもらえる場合は、塗り心地にも気を付けて選ぶといいでしょう。

エコサート認定やUSDA認定のものを選ぶべし

・ヨーロッパのオーガニック認定機関のEco cert
・アメリカ農務省認定のUSDA等のオーガニック認定マーク

こういったオーガニック認定マークがついているものは農薬不使用、土壌汚染チェックなどの検査をしっかりしているものなので安全性が高く肌に塗っても安心です。

変なオイルの場合はかぶれてしまったりして肌に悪影響を及ぼす可能性もあるので、認定マークがついているかどうかはちゃんとチェックしましょう。

もし店内にオーガニック認定済みの証が掲示されていれば、その店は品質のしっかりしたオイルを売っているお店だといえます。

コールドプレス(低温圧搾)表示があるかもチェック

オイルを抽出する時に、コールドプレス1ere pression a froid (低温圧搾)をしているかどうかもチェックしてみるといいですね。

アルガンオイルを種から抽出する方法は

・伝統的な手絞り
・機械を使用したコールドプレス(低温圧搾)
・ホットプレス(高温圧搾)

の3種類。

手絞りだと雑菌や不純物が混入する恐れがあり、ホットプレスは熱が加わるためにオイルの栄養分が損なわれてしまいます。

コールドプレス製法だと圧搾することで栄養分が失われず、不純物も取り除かれて純度の高いオイルを作ることが出来るんです。

遮光瓶に入っているものを選ぼう

アルガンオイルはプラスチックよりも遮光性の瓶に入っているものを選びましょう。

これはプラスチック製の容器だとオイルが汚染されてしまう危険性があるためです。

お店では透明のガラス瓶に入っているものも売っていますが、遮光性の暗めの瓶入りのものの方が品質を保てるので安全性は高め。

購入時は容器にも注目してみましょう。

製造日をしっかり見る

スークなどでは賞味期限切れの商品を普通に店頭に置いていたりすることも。

製造日がいつなのかはしっかりチェックすることも忘れずに。

安くて高品質が欲しいなら生産地エリアで購入すべし

タフロウトという町に行った時に職人さんが

「マラケシュやフェズでは買わない方がいい。買うならアルガンツリーが自生しているエリアで直接買った方が安くて品質もいいよ。」

と教えてくれました。

アルガンツリーが自生しているエリアはエッサウィラ以南のモロッコ南西部。

それ以外のエリアにはそもそもアルガンツリー自体が生えていません。

どこでもそうですが、産地から遠くなればなるほど輸送費がかかるので同じ商品だったとしても高くなってしまうんですね。

・エッサウィラ
・アガディール
・タルーダント
・タフロウト

といった都市ではアルガンオイルを作る工房があり、工房系の直営店ではオーガニック認定を受けた高品質のアルガンオイルが産地価格で手に入ります。

私達が行ったタフロウトという町の近くにはアルガンオイルを作る村もあり、市内にある地元の女性協同組合系の工房では村の女性がアルガンオイル造りに勤しんでいました。

小さいものだと30mlで20DHとかなりお安く手に入るので、ばらまき土産には最適ですよ。

大都市ならアルガンオイル専門店で購入すること

スークでは粗悪品が紛れている場合も多いです。

もしマラケシュやフェズ、カサブランカといった大都市でアルガンオイルを買うのならなるべく専門店で購入しましょう。

スーパーでも品質そこそこ値段もそこそこな無難なものが置いてあったりします。

ネクタローム というブランドは高品質で有名で、マラケシュ市内のAl Mazar Commercial Centreやメナラモールというショッピングモールの中に直営店を構えていて観光客にも人気です。

こういったお店で購入するのもいいですね。

ちなみに、ネクロタームの製品は日本でも購入が可能です。

>>ネクタローム公式サイトをチェック

アルガンオイルの価格・相場は?スーパーやカルフールだと値段はいくら?

アルガンオイルは品質や購入するエリアによっては値段がバラバラです。

余り品質が良くないものを高い値段で売っていることもありますし、正直値段は当てになりません(汗)

私達が見た感じだと、スーパーやカルフールではコスメ用の30mlのミニサイズで62DH、ブランド品の直営店だと大体100mlで120DHくらいから売られていました。

食用はタフロウトの工房系のお店で

・100mlで70DH
・250mlで100DH
・500mlで200DH

という感じでした。

日本でも買える高品質なアルガンオイルはコレ!

アルガンオイルはモロッコの名産品ですが、日本でも質の高いアルガンオイルを購入することが出来ます。

いくつかおすすめのブランドを紹介しますね。

ネクロターム

マラケシュ発のアルガンオイルブランドで、あのマンダリンオリエンタルのスパなどでも使用されています。

コールドプレス製法で自社搾油した新鮮なオイルは質の高さに定評があります。

>>ネクタロームのアルガンオイルをチェックする

メルヴィータ

あのL’Occitane【ロクシタン】が運営しているオーガニック認証コスメブランド。

アルガンオイルをはじめとするオイル美容のパイオニア的存在で、世界中の化粧品で初めてエコサートを取得した企業の1つでもあります。

>>メルヴィータアルガンオイルをチェックする

コディナ

フランスの非常に厳しいオーガニック認証「ナチュール・エ・プログレ」を取得している数少ないコスメブランド。

独自の技術で圧搾し不純物を取り除いて純度を高めた100%オーガニックの高品質な未精製オイルを扱っています。

>>CODINAのアルガンオイルをチェックする

リュミエールブラン グラース アルガンオイル

オーストラリアのオーガニック認証ACO取得のブランドで、安全性も高いオイルを提供しています。

>>リュミエールブラングラースをチェックする

ローズドマラケシュ

日本人女性が創設したモロッココスメブランド。

コールドプレス製法で作られたアルガンオイルが人気です。

>>ローズドマラケシュ公式サイトをチェックする

まとめ・モロッコのアルガンオイルはお土産にも普段使いにもおすすめ

さーて、そんなわけでモロッコ土産で人気なアルガンオイルについてあれこれ詳しく解説させていただきました~!

美肌やアンチエイジング作用のあるアルガンオイルはお土産にあげれば喜ばれること間違いナシ!

もちろん、自分で使ってもその威力に満足できるハズ♪

高品質なものはそれなりのお値段がしますが、その分の価値はあるので現地で見つけたら試しに購入してみることをおすすめします。

その際はちゃんとしたピュアオイルを選んで下さいね。

最近では日本でも美容に関心のある女性中心に人気を博していて、アルガンオイルを扱うお店も徐々に増えてきました。

ネット通販でも買えるので気に入ったら継続使用してみるのもいいと思いますよ。

モロッコ発のスーパーオイルでツヤツヤすべすべの若々しい美肌を手に入れちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA