埼玉

【北欧グルメ満喫】飯能メッツァビレッジレストランカフェ口コミ情報

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回は埼玉県飯能市にオープンした商業施設メッツァビレッジの飲食店について紹介しますね!

メッツァビレッジのヴァイキングホールにはラーメン屋、アイスクリーム屋、ハンバーグやパスタ専門店といった様々なカフェやレストランが入っています。

園内を散策した後にランチやお茶がてらどこかに入ろうかなーと考えている人も多いかと思いますが、どんなお店が入っているのか気になるところですよね。

この記事では、実際にメッツァで食事した体験談を元に各お店の店舗情報や注文したメニュー、味の感想、店内の雰囲気等について詳しくレポしています。

メッツァに行く予定の方、メッツァで食事しようと考えている方は是非参考がてら読んでみて下さいね!

関連記事⇒【ムーミンに遭遇!】北欧感満載♪飯能メッツァビレッジ初日突撃レポ

北欧デンマークのサンドイッチが美味しいLAGOM(ラゴム)

まず最初に紹介するのはヴァイキングホール2階にあるLAGOM(ラゴム)。

このお店はメッツァが経営するオリジナルレストランで、北欧の軽食が食べられます。

店内はわりと広めで、ぬくもりのあるウッディな質感のテーブルと明るい照明が全体的に開放的な雰囲気を漂わせていした。

お昼時はかなり混んでいるので要注意。

レイクビューの一人席もあるからお一人様でもフラッと入れるところがありがたいです。

席のタイプはソファ席や長テーブルなど色々あって少人数から団体まで対応可。

乳幼児用のベビーチェアもったので子連れでも全然大丈夫。

テーブル自体も広めなのでゆったり落ち着いてくつろげるところが〇。

ちなみにここの家具は全てイケアのものを使用しているそうですよ。

テーブルにはコンセントもついているのでスマホやPCの充電も出来ちゃいます。

なんと嬉しいことにフリーWi-Fiあり!

これはポイント高し!

なんとkindle無料貸し出しサービスまでありました!

暇つぶしにはもってこいですね!

モラン三兄弟もkindleが気になっている様子。

「どれどれ・・・あっ!ムーミンの小説が入ってる!」

・・・こんなところにも細かいこだわりがあるんですねー。

いやー、徹底してますな。

LAGOMのメインメニューはデンマークの伝統料理スモーブロー(オープンサンドイッチ)。

人気のセットメニューはランチボックスに入っていて

メインは

・日替わりオープンサンド
・スモーブロー2種・カレリヤパイから1つチョイス

サイドメニューは

・スープポテト付
・ジュース(オレンジorアップル)・お茶・コーヒーからチョイス

という内容になっています。

セット以外にも単品メニューやドリンクももちろんあります。

ちなみにこれらのフードメニューもイケアと提携して作っているんだとか。

メニューを決めたらカウンターで注文してお会計しましょう。

結構お高いのですが(1,800円)ほとんどの人がセットメニューを頼んでいました。

カウンター前には美味しそうなオープンサンドが沢山並べられています。

パンの上にこれでもかと具材を大量に乗せるのがデンマーク流(?)。

こちらがランチボックスのセット。

晴れた日はこれを外に持っていって芝生の上で食べるのもいいかも知れませんね。

ピクニック気分を楽しめるのでファミリーには特におすすめ!

蓋を開けるととこんな感じになっています。

オープンサンドはサーモンサンドを、飲み物は生茶をチョイスしてみました。

「お、おいしそ~」

モラン達も興味津々。

コロコロっとしたポテトはスパイシーな味わいでおつまみに非常に合いそうな1品。

うーん、ビールが欲しくなりますね!

ほどよいトマトの酸味とコンソメの優しい味わいが食欲をそそるミネストローネ。

細かく刻まれた野菜やベーコンが沢山入っています。

この日は寒かったので体が温まりました。

今日の日替わりオープンサンド。

トマトソースの上に塩気が効いたブロッコリーとアスパラが乗っています。

柔らかめの野菜とパンのサクサク感がいい具合にマッチ。

サーモンサンド。

サワークリームを塗ったパンの上に玉ねぎのスライスを敷き、その上にサーモンとエビが乗っかっています。

サーモンはしっとりした口当たりで甘みも感じられ、そんなに脂っぽくありません。

ぷりぷりのエビとディルと一緒に食べるとより美味しいです。

日本初上陸!biokiasmoothie(ビオキアスムージー)

日本初上陸のビオキアスムージー。

こちらは有機のナチュラルベリーを使った世界初のスムージー専門店。

お店の雰囲気はロゴも含めて明るくポップな感じで原宿あたりにあっても違和感なし。

店内ではスムージー以外にもスーパーベリーのパウダーやジュースも販売していました。

これはスムージーにも使われているベリーのパウダー。

北欧で採れる本場のベリーは栄養価が非常に高いらしく、ビオキアスムージーで使用しているのは全て天然のベリーを使用とのこと。

店長さんが試しにいくつか試食させてくれました。

紫色のはビルベリーでわりと甘みが強く、シーバックソーンはかなり酸味が強め。

スムージーのメニューは全部で4種類あり

・ビルベリー
・シーバックソーンベリー
・リンゴンベリー
・クランベリー

から選べます。

店長さん曰く、人気メニューはビルベリーとリンゴンベリーで、この2つはフィンランド産のベリーを使っているとのこと。

お客さんはやはり北欧好きが多いそうな。

どれにするか悩みましたが、先ほど試食させてもらったリンゴンベリーとリコリスがわりと酸っぱめだったので、一番甘みのあったビルベリーを注文してみました。

容器は手のひらより少し大きめくらいなので一人で食べるには丁度いいサイズです。

酸味は抑えめでベリーの爽やかな甘みが感じられ、すごく飲みやすいスムージーでした。

ザラっとした口当たりでなかなか濃厚な味わいでしたね。

トマトパスタがインパクト大!GOTO(ゴトー)

続いて紹介するのはゴトーというイタリアンレストラン。

契約農家が作る良質なトマト料理を食べられます。

ウッディな雰囲気の店内。

ここのお店は1階にあるのですが、12時頃に行ったら行列が出来ていて入れませんでした。

14時頃に再チャレンジしたガラ空きだったので、ランチタイムを避けるとすぐ入れるかと。

通路に面した可愛らしい切り株風の席。

椅子も木のベンチ風で森の中のレストランという雰囲気です。

トマトを前面に押し出したゴトーの看板メニューは「丸ごとトマトナポリタン」。

パスタの上にトマトが丸ごとドドーン!!と載ったインパクト抜群の1品なので、インスタ女子は絶対注文するべし。

蓋を開けると、くり抜いたトマトの中にドロッとしたチーズがたっぷり入っていました!

ううーん、これはチーズ好きにはたまりませんね!

「ひょえええ~!こりゃすごい!」

平べったいフェットチーネタイプの麺はもちもちしていて食べ応えがあります。

トマトソースとチーズを絡めていただきましょう。

このコンビネーションは女性なら絶対好きな味!

トマトソース自体の酸味はそんなに強くなく、優しい甘みとコクがあってチーズの濃厚さも相まって食が進みますぞ~。

フィンランドの有名カフェ・ROBERT'S COFFE(バーツコーヒー)

フィンランドで大人気のロバーツコーヒー。

こちらはなんと関東初出店だそうです!

メインのコーヒーはもちろん、フィンランド名物のシナモンロールやフラッペなんかもありました。

ヴィーガンラテといった意識高い系のコーヒーや、キャラメルラテやチョコレートドリンクといった甘い系のホットドリンク類なんかもあり、なかなかバラエティ豊富なメニューとなっております。

手頃なサイズ感のケーキも販売していました。

コーヒーに合いそうですね。

北欧直輸入の焙煎豆を使ったロバーツコーヒーオリジナルのハウスブレンドも置いてあったので、お家で飲みたい方は購入してみるのもいいかも。

ちなみにフィンランドはコーヒー消費量世界一らしいですよ。

ここで用意されているお水はミントレモンのフレーバー。

さっぱりとした清涼感がいい感じ。

とりあえず試しにチョコレートミントラテを頼んでみました。

カップからはみ出そうなたっぷりのクリームが非常に美味しそう。

「へっへっへっ・・・いただきま~す!」

ミントのスッキリ感、チョコの甘み、クリームのマイルドさが絶妙に混じり合い、飲み心地は非常にまろやか&後味爽やか。

クリームの上にかかった粒砂糖のサクサク食感がいいアクセントになっていますね。

ハムやソーセージのグリルならSAIBOKU(サイボク)

続いてこちら、国際食品品質コンテストで多くの金メダルを受賞しているハム・ソーセージの専門店サイボク。

牧場産直の美味しいハムやソーセージが食べられるとあって、ここは他店と違って比較的男性率高めでした(笑)

お酒のおつまみにもぴったりなのでビールを注文して外で食べている人もいました。

夢ミルクのソフトクリームが美味♪ONE MORE BITE(ワンモアバイト)

焼き菓子やソフトクリームを販売するONE MORE BITE。

吉井牧場の夢ミルクという牛乳を使用したソフトクリームが看板メニューです。

マドレーヌやサブレといったお菓子も売っていて、こちらは日本全国の有名なパティシエが監修しているそうです。

メッツァに進出!無添加ラーメンが美味しいAFURI(阿夫利)

都内でも有名なアフリも出店していました。

昼時はカウンター席が全部埋まる程の激混み状態でしたが、回転率はそれなりに高そうなので待ち時間はそこそこ(?)。

手軽にガッツリと食べられるラーメンはランチをサクッと済ませたい人には丁度いいですよね。

メニューは予め機械で注文するスタイルになっています。

客層は家族連れのパパや学生の2人組など男性率高め。

アフリのラーメンは無添加・天然素材にこだわった安心さがウリ。

名前の由来でもある阿夫利山の麓から湧き出る清らかな天然水を使用していて、スープの美味しさには定評があります。

子供も大人も大満足!メッツァビレッジ・ハンバーグの時間

厳選食材を使用したハンバーグ専門店「ハンバーグの時間」。

12種のソースや豊富なトッピングなど自分好みの味をチョイスできるので、ハンバーグ好きは是非!

席数はそれなりにありますが、やはりお昼時は混んでいるので時間をちょっとずらした方が無難かと。

メッツァビレッジのオリジナルカフェ!metsa cafe(メッツァカフェ)

「メッツァ」オフィシャルのカフェであるメッツァカフェ。

写真立てやカレンダー、北欧風の置物等様々な雑貨を取り扱っています。

メッツァオフィシャルグッズも販売予定とのことなのでお土産に購入するのもありかも!?

関連記事⇒【北欧ブランド勢揃い】メッツァマーケットホール店舗土産情報まとめ

全体的に明るくナチュラルなイメージの雰囲気の店内。

中心部には飲食できるスペースがあるのでちょっと休憩するのに丁度いい感じですね。

メニューはコーヒーや紅茶といったドリンク以外にもホットドッグやスープといった軽食なんかもあります。

エルダーフラワーのソーダがあるあたり北欧っぽいですよね~。

メッツァビレッジで贅沢抹茶スイーツが楽しめる♪武蔵利休

メッツァ内の飲食店の中では唯一の和風スイーツが楽しめる武蔵利休。

狭山茶を使った贅沢抹茶ソフトクリームが楽しめます。

店内では抹茶ケーキやチョコケーキといったお菓子類も販売。

アイスクリームだけではなく、グリーンティーや抹茶シェイクなどドリンクメニューも置いてあります。

メッツァビレッジヴァイキングホールのレストラン・カフェ情報まとめ

さーて、そんなわけでメッツァビレッジのカフェ・レストランについて色々ご紹介させていただきました~!

メッツァのヴァイキングホールの中には色々なタイプの飲食店が入っているので、その日の気分や好きなジャンルによって行くお店を決めるといいですよ。

個人的には

・北欧感を楽しみたいのならラゴムかロバーツコーヒー
・普通にガッツリ食べたいのならアフリかハンバーグの時間
・インスタ映えを狙うならゴトーかビオキアスムージー
・お酒をつまみながら軽く食べたいのならサイボク

あたりがおすすめかなと。

家族連れやカップルの場合は晴れていれば軽食を買って外の芝生で食べるのもアリですね。

湖を眺めながらシナモンロールやオープンサンドをパクつくのも北欧気分を味わえて楽しいのではないでしょうか。

私達も今度再訪した時はまた別のお店で気になったメニューを注文してみたいと思います。

次はハンバーグかソーセージあたりを制覇してやるぜ!(笑)

てなわけで以上、タビビシスターによるメッツァのグルメリポートでした!

皆さんも是非遊びに行ってみて下さいね♪

メッツァビレッジに関する情報はこちらの記事も参考にしてみて下さいね↓

>>メッツァビレッジでムーミンに遭遇!初日突撃体験レポ
>>メッツァビレッジのマーケットホール買い物土産情報
>>メッツァでクラフトビール飲み比べ♪屋外レストラン情報
>>メッツァビレッジのワークショップや施設を紹介♪

-埼玉
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© TABIBISISTER , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.