メッツァビレッジ施設案内♪カヌーやワークショップ体験も楽しめる!

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回は埼玉県飯能市に新しくできた北欧系の商業施設、メッツァビレッジのホール以外の施設について紹介しますね!

メッツァビレッジにはマーケットホールやヴァイキングホールの他にもイベント・催事スペースやワークショップが体験できる場所が沢山あります。

目の前に広がる宮沢湖を活かしたカヌー体験なんてのもできちゃうんですよ~♪

各施設では趣向を凝らした内容の体験が目白押しなので丸一日メッツァで遊び倒すことが可能っ◎

この記事では、カヌーレンタルやカヌー作り、北欧関連のワークショップに参加できる施設、売っている物等について豊富な写真付きで詳しくレポしています。

メッツァにはどんな施設があるの?どんなことができるの?ホール以外にも見所ってあるの?と気になっている人は是非参考がてら読んでみて下さいね!

関連記事⇒【北欧ブランド勢揃い】メッツァマーケットホール店舗土産情報まとめ

メッツァのカヌー工房/ソグベルク

スウェーデン語で「木を加工する工場」という意味を持つ「ソグベルク」では、木材を使った北欧らしいグッズが売っていたり、木工体験をすることができます。

しかも、なんと工房に通いながら長い時間をかけて世界に一つの自分オリジナルのカヌー作りもできちゃうというから驚き!!

カヌーって自作できるんですね…、自分で作ったカヌーで湖に漕ぎ出すなんてロマンに溢れてるぅっ♪

木の匠(NPO法人名栗カヌー)の指導のもと、自然を身近に感じながらカヌーや家具など日常のモノ作りをするってなんて贅沢な時間なのでしょう。

現代人が忘れがちな心地よい時間の過ごし方に気づくいいキッカケにもなりそうですね◎

カヌー工房ソグベルグの雰囲気

カヌー工房ソグベルグの中に一歩足を踏み入れると、木のぬくもりで溢れた造りに思わずホッとしてしまいます。

天井は申し分ないほどに高く開放的で、木材の香りがフワっと漂い北欧らしさを感じられました。

工房というだけあって至る所に木でできたオブジェのようなものも置いてあります。(クオリティー高っ)

モランもテンション上がって思わず遊び始めた模様◎

見てください!!

レジ周りまでこだわりが感じられる造り。(お金の受け皿まで木製!!)

トイレも完備されているので、買い物中はもちろんワークショップ参加中も安心ですね♪

カヌー工房ソグベルグの商品、KUKSA(ククサ)

こちらの工房では、北欧ラップランド地方に住む遊牧民族のサーメ人から伝わる伝統的な木製のマグカップ「ククサ」が手に入るんです!!

しかもソグベルグの物は全て手作り!!

ちなみに、ラップランドはフィンランド、スウェーデン、ノルウェー、ロシアの4カ国にまたがっているスカンディナヴィア半島北部にあります。

ククサという言葉は、サーメ語で【飲み物の源】や【カップ】という意味合いがあるそうな。

幸運のシンボルククサを贈られた人は幸せになるという言い伝えがあるので、大切な人に送ってみるのもいいですね♪

ククサ以外にもこんなに可愛い木製の靴ベラも発見しましたよ~!!

やっぱり自然の素材でできたものってどこか懐かしくホッとしますねぇ♪

カヌー工房ソグベルグのワークショップ

ここではカヌーを作る工程を見れたりする他、バードコールやククサの製作体験ができます。

ワークショップ内容と価格
・バードコールキット 500円
・ククサ小キット 1500円
・ククサ大キット 3000円
・ゴム銃キット 1500円

ちなみにバードコールとは、鳥の鳴き声に似た音を出す道具のことで、鳥笛とも呼ばれます。

木につけたネジを回すと「ピーピー」「キュキュッ」といった音を発し、それに野鳥が反応して会話を楽しむことができるというアウトドアの味方♪

私も以前別の場所で作って使ったことがあるのですが、これ結構大人でもハマっちゃうんですよ。

しかも鳥達がどんどん集まってくるもんだから楽しくてずっと遊んでいた記憶があります…笑

家族や友人でククサ作りにチャレンジするのもこれまた楽しそうですね♪

カップルで参加してそれをプレゼントしあったり、一緒に使ったりすればまた素敵な思い出に◎

個人的にゴム銃作りが気になるので今度トライしてみようかなと思います。

メッツァのカヌーレンタル受付

なんと、メッツァビレッジでは実際にカヌーに乗って、宮沢湖の上を水上散歩できるんですよ~♪

全長4メートルのカナディアン・カヤックに乗って、自然豊かな緑の中、綺麗で雄大な宮沢湖上でスイスイと遊べるなんて贅沢の極み!!

一人で漕ぎ出して湖の上で読書なんて乙な体験するのも素敵かも。

カヌーレンタル受付所に行ってライフジャケットとパドルを借りたら桟橋へ向かいましょう!!

地元産の木材で作られたシンプルでオシャレなカヌーが待っていてくれます。

大人は最大3人まで乗れるのでグループで行っても楽しめます♪

水しぶきが気になる方はポンチョなど持参すると安心かも。

そうそう、風が強い日は中止になる場合もあるとのことなので全力でお天気を祈りましょう◎

受付:16:00まで
営業時間:10:00~16:30
価格:中学生以上 \2000/小学生 \1000/小学生未満 \500
※小学生未満のお子さまは親と一緒の場合は無料
※幼稚園などの団体の場合有料

イベントスペース/メッツァホール

こちらは催事スペースとなっていて、期間限定イベントやポップアップストア、地域イベント、貸切のパーティーなど、様々なイベントで使うことができる施設になります。

今の時期はクリスマスが近いので、クリスマスグッズがたくさん売られていました。

それがどれもこれも可愛いのなんのって!!

せっかくなのでいくつかご紹介しますね♪

サンタや小人(トントゥ?)の人形はもちろん、センスがいいペーパーアイテムや卓上ツリーがありました。

北欧のグッズってクリスマスシーズン関係なくオールシーズン使えるデザインだからいいですよね◎

こーんなオシャレな壁掛けも!!

リビングや寝室、玄関に飾るだけで一気に北欧感が出てきます。

クリスマスといえばリース!!

リンゴのモチーフやラメを使った可愛いものから、お花やドライフラワーを使ったシックなものまで実に様々な個性豊かな種類があって見ているだけでワクワクしました。

お部屋のインテリアとして飾ってみてもきっと素敵です。

スカンジナビア柄のデザイン性が高い携帯ケース。

毎日使うものだからじっくり迷ってお気に入りの物をゲットしたいところ。

フィンランドでデザインされたキッチンワイプ(水に濡らすと柔らかいスポンジ状になる吸水性に優れたスポンジ)もありました。

これ実は私も持っているんですけど、速乾性があるから臭いが発生しないし、場所取らないしでめちゃくちゃ便利です。

何より天然繊維100%なので地球に優しいってのがミソ。

人にプレゼントしても喜ばれますよ~♪

個人的に欲しいと思ったのが、裏起毛の北欧柄のソックス。

1組3000円程したのでちょっと今回は見送ったのですが、本当に温かそうだし何よりセンスのいいお洒落デザインが沢山ありました。

ムーミンの柄も沢山あってもぉキュンキュン。

メッツァビレッジは、あいにくムーミンのライセンス契約がないためムーミングッズを置くことができないんです。

この靴下はメッツァで唯一見たムーミングッズだからレアだったかも…。

このメッツァホールは時期によって取り扱う商品、お店が変わるので、もしクリスマスグッズが見たい方は早めに足を運ばせた方がいいですよん♪

関連記事⇒【北欧ブランド勢揃い】メッツァマーケットホール店舗土産情報まとめ

メッツァのワークショップスペース/クラフトビブリオテック

メッツァホールのお隣のうす茶色の建物、北欧の言語で「ライブラリ」を意味するクラフトビブリオテックでは、毎日何かしらのワークショップが体験できます。

現在行われているワークショップだけでも、北欧の森とクリスマスのフェルトバッジ、北欧のモビール、ステンドグラスオーナメント、トナカイと錫糸のブレスレット、アロマスプレーなど北欧好き女子にはたまらないラインナップとなっています。

私達が行った時は、北欧の映画「オンネリとアンネリ」シリーズの上映会が行われていましたよ~!!

ワークショップによっては予約必須のものもあるので、事前に調べて参加予約をした方が無難かと思います◎

今後もシーズンに合わせたさまざまなプログラムが展開される予定なのでこまめにチェックする必要がありそうです♪

メッツァのイベント広場/ノルディックスクエア

メッツァの入り口を入ってマーケットホールの反対側左に進んでいくと、芝生が広がる気持ちがいいエリア「ノルディックスクエア」に到着します。

ここは季節ごとや地域と連携したイベントが開催されるそうで、私達が行った時はマーケットが開かれていました。

基本的にハンドメイドの一点ものばかりが集められたお店は、クリエイターさんの個性が光る素敵なお店ばかり!!

革小物やアクセサリー、ステンドグラスや地元埼玉の木材西川材を使った家具、毛糸の帽子などぬくもりを感じる商品達にお客さんは皆興味津々。

売り手の方々ものんびりと接客とされていて、本場フィンランドのオールドマーケットやハイカミエミマーケットに似た雰囲気がありました。

ただ商品を買うだけではなく、楽しくお話をすることで作り手の商品に対する気持ちや人格を知った上でお買い物できるってお互いにとって嬉しいことですよね。

こちらのイベント広場も、今後どのようなイベントがやってくるのか楽しみですね~♪

メッツァのワークショップ、イベントスペース口コミ感想まとめ

さーて、そんなわけでメッツァビレッジのイベントやワークショップが体験できる施設について色々ご紹介させていただきました~!

メッツァに行くまではマーケットホールやヴァイキングホールがメインかと思っていたのですが、実際は本当に魅力的な施設がたくさんあっていい意味で期待を裏切られました。

カヌー工房でオリジナルのカヌーを自作するもよし、プレゼントに喜ばれるククサを作るもよし、宮沢湖でカヌー体験するもよし!!

北欧好き女子は、クラフトビブリオテックでオシャレな北欧グッズを手作りするのも休日の良い過ごし方になるのではないかと◎

もちろん家族連れやカップル、男性でも楽しめるワークショップやイベントは随時行われているので要チェック!!

メッツァホールでは、可愛いクリスマスグッズからデイリー使いできるセンス抜群のグッズまで幅広い取り扱いがあるので、一度足を運んでみる価値があると思います。

都内でもこんなに北欧に関するイベントやグッズが売られている場所ってなかなかないのでは?

メッツァは北欧好きでなくても十分楽しめるところなので、休日の癒し、リフレッシュ、カップルのデート、夫婦のお散歩におススメです!!

てなわけで以上、タビビシスターによるメッツァの施設リポートでした!

皆さんも是非遊びに行ってみて下さいね♪

メッツァビレッジに関してはこちらの情報も参考にしてみて下さいね↓

>>メッツァビレッジのレストラン・カフェ口コミ情報♪
>>メッツァビレッジのマーケットホール買い物土産情報
>>メッツァビレッジでムーミンに遭遇!初日突撃体験レポ
>>メッツァでクラフトビール飲み比べ♪屋外レストラン情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA