【センス抜群!】ラディソンブルプラザホテルヘルシンキ宿泊口コミ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回は私たちがフィンランドのヘルシンキで宿泊したラディソンブルプラザホテル ヘルシンキ (Radisson Blu Plaza Hotel Helsinki)の口コミをご紹介したいと思います!

実際に泊まってみた感想や使い勝手の良さなどを写真付きでレポしているので、ヘルシンキ観光中の宿泊をどうしようか考えている方は是非参考にしてみて下さいまし!

ラディソンブルプラザホテルの行き方・場所・アクセス・ロケーションについて

ラディソンブルプラザホテルヘルシンキは、ヘルシンキ中央駅のすぐ横にあるので、観光にも空港へ行くにもとっても便利!!

ここに泊まればほとんどの観光地は徒歩圏内という、とにかく好立地なところが魅力です。

場所は、ヘルシンキ中央駅東口の広場からすぐ(150m、2~3分)で、路面電車ならkaisaniemenkatuとrautatieasema(中央駅前)、地下鉄ならhelsingin yliopistoとrautatientori駅が徒歩5分圏内◎

マリメッコやイッタラのファクトリーにも足を延ばしやすいので、トラムや地下鉄の駅が近いのは観光をする上でありがたいですね~。

エスプラナーディ通りも直進で徒歩10分、ヘルシンキ大聖堂と元老院広場も10分くらいでシュッと行けちゃいます。

>>ヘルシンキ大聖堂のレポート記事はこちら♪

グランドカジノ・ヘルシンキやフィンランド国立劇場まではさらに近くてそれぞれ徒歩5分以内。

中央駅からは石畳の道もあるため、スーツケースなどキャスター付きの荷物を引くとちょっと歩きにくく感じることもあるかもしれません。

舗装された道を歩くと良いでしょう♪

ちなみに、ホテルの周りにはレストランやファストフード店が多くあるので、外食先に困ることはないかと思います。

ヘルシンキの数あるホテルの中でも、ラディソンブルプラザはかなりいい条件のホテルですよん♪

冬の極寒シーズン中はめちゃくちゃ寒いので、ホテルが出入りしやすい場所にあるとより旅行が楽しめるハズ!!

住所:Mikonkatu 23, ヘルシンキ市内中心部, ヘルシンキ, フィンランド
電話番号:+358-20 1234703
チェックイン15:00 / チェックアウト12:00

ヘルシンキのラディソンブルプラザホテル、客室感想

ヘルシンキのラディソンブルプラザホテルは、ヘルシンキの中で1、2位を争うデラックスクラスの高級ホテルです。

私たちは、運よくブッキングドットコムのバーゲンで見つけトリプルルーム2泊で59,394円(朝食付き)で泊まることができました。

初日はエコノミーホテルだったので、ランクを上回るこちらのホテルに泊まるのが楽しみで楽しみで…むふふ。

心躍らせワクワクしながら行ってきましたよ~ん♪

>>ヘルシンキのエコノミーホテルの感想記事はこちら♪

ラディソンブルプラザホテルのフロント対応について

フロントのスタッフはとても親切で、笑顔が素敵なお姉さん。

テキパキとした対応で、朝食の説明や設備の使い方を教えてもらい非常に感じが良い印象です。

ただ、時間帯によってはフロントが混みあうようで、私たちは列に並んでちょっと待つことになりました。

ホテルの規模の割には人員が少ないのかもしれませんね。

英語圏でない旅客にも慣れているようで、私たちのブロークンイングリッシュにも快く対応してくれたのは嬉しかった~!!!

そうそう、チェックアウト後に荷物を預かってもらいたくてウロウロしてたら、男性スタッフが声を掛けてくれて親切に案内してくれました。

やっぱりいいホテルはホスピタリティー力が高いですね◎

ラディソンブルプラザホテルのデザインがめちゃくちゃオシャレ!!

ラディソンブルプラザホテルは1917年に建てられた歴史あるホテルなのですが、そのデザインはさすがフィンランドという程のおしゃれなモノ。

ロビーにはデザイン性の高いチェアやテーブルが置かれていて、こだわりを感じることができました。

何よりも驚いたのがエレベーターに乗って客室階に降りた時。

なんだか薄暗い廊下だなと思っていたら、目に飛び込んできたのはなんとも近代的でムーディーな光景っ!!

廊下の部屋番号表示が床に埋め込まれており、怪しく青く光るルームナンバー表示…。

思わず姉と顔を見合わせて「なんか…ラ〇ホテルっぽいね」と呟いてしまうほどなんだかセクシーな感じでした笑

もうなんだかニヤニヤが止まらず、でも親と一緒だからツッコむ訳にもいかずで、誰かに言いたい気持ちを抑えるのに必死。

そうそう、このルームナンバー実は、掃除を頼むと外のライトの色が赤紫(やっぱりセクシー笑)に変わる仕組みになっているんです。

画期的でとことんオシャレでさすがはデザイナーズホテルですね!!

あ、ちなみにエレベーターはカード式の為タッチしないと動かないのでご注意を。

滞在時は、うちの姉が部屋のキーカードとサウナルームのカードを間違えて持ち出してしまって、我々は出るも引っ込むもできなくなりムーディー廊下をしばし彷徨った切ない思い出が…汗

んまぁ、セキュリティ的には安心です♪

そして1フロアに80以上の客室があり、意外にもかなり広いようですね。

客室はスカンジナビア・クラシック・イタリアンの3タイプがあるので再訪する際にはお部屋タイプを変えても楽しいかと思います。

ラディソンブルプラザの部屋の中をレポート!!

怪しい雰囲気の廊下から部屋に入った我々、またしても思わず吹き出してしまいました。

赤紫とターコイズっぽい青色のファブリックを使用した室内は、やっぱりラ〇ホテルのようだったのデス爆

「ぉ、お~…オシャレで大人な雰囲気だね!!」

とやたら母に気遣ったコメントをする姉に対し、またしてもニヤついてしまう私。

もちろんラディソンブルプラザホテル側は、そういったデザインにした気はさらさらないのでしょうが、もう自分たちのイメージはラ〇ホテル笑

でも全体的に綺麗にまとまっていて、高級感があってイイ感じ。

ライトや椅子などのインテリアに北欧らしさが垣間見え、「北欧旅行をしているんだな~♪」と気分を上げてくれる室内でした。

部屋の広さも十分で、三人で泊まっていても気持ちよく過ごすことができましたよん♪

照明は多めで明るかったですし、しっかり清掃されていて清潔感も文句なし!!

有料ですが、ワインまで置いてありましたよ~!!

ベッド脇に丸テーブルがありポットでお湯は沸かせるので、部屋の中でホッコリとすることも可能です。

一部のお部屋からは市街の景色を望むことができるので、コーヒー片手にオシャレな朝を迎えることだってできちゃいます。

あ、そういえばエアコンの使い方がイマイチわからなくて四苦八苦した気がします…汗

デザイン性が高いので特にカップル旅行にはかなりおススメですよん♪

ラディソンブルプラザホテルのシャワーは湯舟付き?!

フィンランドのホテルに沢山泊まりましたが、ラディソンブルプラザホテルは唯一バスタブが付いている貴重なホテルでした。

旅中はいっぱい歩いてきっと疲れてしまうと思うので、湯船につかってゆっくり出来るのは嬉しいですね♪

しかもありがたいことに、バスルームはほんわか床暖房が入っているようで、気持ちよかったです。

夏場はともかく、冬はマイナスにもなる気温のフィンランドでお風呂が快適なのはかなり高ポイント!!

ラディソンブルプラザホテルのベッドの寝心地は?

今回は三人利用だったので、通常ダブルの部屋をトリプル扱い(ダブルベッド+ソファーベッド)としてもらいました。

ダブルベッドはマットがフカフカで柔らかく、シーツやカバーはセパレートで使いやすかったです。

それもそのはず、ラディソンブルプラザホテルのベッドは低反発マットレス、羽毛の掛け布団といった高級寝具へのこだわりがあるんですよ!!

枕の硬さが柔らかめと固めの二種類から選べるのは嬉しいかも!!

が、横幅はやや狭くやたら高いベッドだったので落ちるとちょっと危ないかなと…。

いや、本当に高さがある(フィンランドあるある?)ので気軽に座ることができず正直ちょっと不便でした。

でも二人利用であればソファーが使えるので、きっと快適に過ごせるのだと思います。

ラディソンブルプラザホテルのアメニティやサービスはどんな感じ?

アメニティはシャンプーリンス、ボディーソープ、石鹸、ボディクリームとかゆいところに手が届くラインナップ。

そしてバスルームにはイッタラ製のAINO AALTOのグラスが置いてあるという、フィンランドを感じさせてくれる心憎い演出も◎

ドライヤーのターボも強めだったので、髪が長い人はもちろん冬場も一気に乾かすことができますよん!!

そういえば、アイロン、アイロン台も装備されているのでビジネスマンにはありがたいですね♪

ちなみにスリッパ、バスローブ、歯ブラシはないのでご注意を!!

フィンランドってエコに力を入れているので、歯ブラシがないホテルがほとんどだそうで…。

日本では当たり前なことも、海外出ると全く通用しなかったりしてやっぱり文化の違いって面白いな~って思います。

ハンガーもあるから濡れた洋服を干すこともお茶の子さいさいっ!!

冷蔵庫の中には有料の飲み物が沢山入っていますが、外で買ってきた水やビールを冷やして置くことも可能です。

インスタントですが、Fazerのホットチョコレート、コーヒー、紅茶、緑茶もあったのでちょっとテンションが上がりました。

体験談として、2日目のルームクリーニングが結構適当でベッドは軽く整えただけ、バスタオルが1つ足りなかったのはご愛敬かな。笑

部屋の中にいて困ることはなかったし、気持ちよく過ごすことができたのではないかなと思います◎

フィンランド旅行の際は歯ブラシだけは忘れずに!!

ラディソンブルプラザホテルはネット(Wi-Fi)完備?

ラディソンブルプラザホテルは、もちろん全館Wi-Fi無料で接続できますよ~♪

特に面倒くさい動作は必要なく、サクッと繋ぐことができたので楽ちんでした。

接続状況も快適でスピードは速く、行きたい場所のチェックをするのに役立ちましたね。

コンセントの差込口は10個以上あるので、スマホやデジカメ、PCなど数が多くても大丈夫です。

やっぱりコンセントが多いと安心ですよね◎

ラディソンブルプラザホテルはコスパ抜群?!

私たちは今回のフィンランド旅行でゲストハウス的な宿、エコノミークラス、中級、高級と様々なクラスのホテルに泊まったのですが、ラディソンブルプラザホテルはかなりコスパが良かったのではないかと思います。

ヘルシンキの宿はダブルで一泊平均2万円前後なのですが、このクオリティと立地であれば言う事なしなのではないでしょうか。

部屋は広く、朝食はめちゃくちゃ豪華なビュッフェスタイル、そしてサウナ付きと至れり尽くせりでしたね。

ヘルシンキのカフェでサンドウィッチとコーヒー飲んだら普通に1,500円弱は飛ぶので、朝食が付いているのは本当に魅力的!!

時期や予約のタイミングによっては高いかもしれませんが、うまく希望の価格で宿泊することができればコストパフォーマンスはかなり良いのではないかと感じました。

自信を持っておすすめできるホテルです◎

ヘルシンキのラディソンブルプラザホテルのサウナは豪華!

嬉しいことに、フィンランドのホテルはサウナがついているところがとっても多いんですよ♪

ラディソンブルプラザホテルももちろんサウナ付きです!!

高級ホテルだけあって、このホテルのサウナはやっぱりゴージャス!!

お部屋がある階からサウナルームまでの道のりがちょっと分かりづらいので、表示を見逃さないように注意です。

2階に降りて表示に沿って進んでいくと、赤い絨毯の高級感溢れる踊り場が現れます。

奥へ奥へ歩いていくとさりげな~く「サウナルーム」という文字が書かれた看板のドアを発見!!

私たちが探検しに行ったときは誰もいなかったので写真撮り放題でした。

人がいるときは写真はもちろんNGですよ!!汗

想像以上に広くて清潔で、設備が整っていることに驚きました!!

こちらのサウナは宿泊者であれば無料で使うことができるので、疲れを取りたい方や他国の旅行者とフランクにお話したいなんて方にはおススメです。

バスタオルも用意されているので、疲れたらイスに座ってしっかりと水分補給して休みましょう♪

もちろん水着を着る必要はなく、23時まで利用できちゃいます。

シャワーも三か所あるので誰かがいても待つ必要はなし!!

ラウンジやジムもついているので、ジムやサウナで汗を流してラウンジでちょっとおしゃれに一杯なんてのも洒落てるかも?!

ヘルシンキのラディソンブルプラザホテルに泊まった感想、まとめ、口コミ

そんなこんなで、ヘルシンキのラディソンブルプラザホテルに泊まってみた訳ですがとにかく便利でした!!

駅からは近くてわかりやすいし、フロントの対応は良いし、朝食は下手なレストランより美味しくて豪華で…。

>>ラディソンブルプラザホテル朝食の体験記事はこちら

いや~、結果大満足です♪

廊下と部屋のムーディーっぷりには度肝を抜かれましたが笑、それも新鮮でいい思い出ですね。

特に新婚旅行やカップルで行かれる方は、かなり雰囲気も良くサービスも行き届いているのでおススメ!!

24時間営業のカフェも併設しているので、小腹が減った時やちょっとお茶をしたい時も安心です。

もしヘルシンキに行かれる機会があれば、ぜひ候補に入れていただきたいホテルです♪

ちなみに今回、私たちはブッキングドットコムから予約しました。

たまにディスカウントしているときもあるのでそういう時は狙い目なのでこまめにチェックしてみるといいかも⇒【Booking.com】世界のホテル割引予約

そんなわけで以上、タビビシスターによるラディソンブルプラザホテルヘルシンキの口コミでした!

ヘルシンキのその他のホテル情報についてはこちらの記事も参考にしてみて下さいね↓

>>ラディソンブルプラザヘルシンキ朝食の紹介記事はこちら!
>>ホテルフィン宿泊感想レポ
>>コングレッシコッティホテル宿泊感想レポ
>>ホテルアーサー宿泊感想レポ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA