【トラブル回避】バックパッカーが現地の人と交流する際の注意点とは

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回は、バックパッカーが現地の人と交流する際に気を付けておかないといけない注意点について詳しく解説していきたいと思います!

一人旅の楽しみといえば現地の人との交流ですよね。

なるべく多くの人と出会って色々な経験をしてみたい!と考えるバックパッカーや個人旅行者も多いハズ。

ただ、そうはいっても観光客は詐欺師や泥棒、ナンパといった悪い人達のカモになりやすいのも事実。

交流したいからといってむやみやたらに絡むのは実は非常に危険なんですよ!

この記事では、個人旅行者が現地の人とトラブルなく安全に交流するための方法や注意すべきポイントについて、自分達の経験も踏まえたうえで解説していきます。

海外一人旅初心者やバックパッカーデビューの学生さんは是非参考にしてみて下さいね。

外国人狙いの詐欺の手口に注意!現地人との交流で気を付けること

発展途上国や貧しい地域をはじめとして、海外では親切な現地人を装って外国人観光客を騙そうとする詐欺師も多いです。

ここからは海外旅行で現地の人と交流するうえで注意すべき事柄やよくありがちなトラブルについて解説していきますね。

日本語で話しかけてくる人は怪しい

街中を観光しているとどこからともなく近づいてくる「日本語を勉強している現地人」。

カタコトであれこれ話しかけてきますが、彼らは基本的に金目当てか体目当てのことがほとんど。

・日本人が好きだから友達になりたい
・知り合いが日本で働いてる
・日本語を勉強して日本に行きたい

は大体彼らがよく使う定番の嘘です(笑)

話しかけられてもスルーしましょう。

私達も旅行していてさんざんこの手の胡散臭い現地人には絡まれましたが、

最終的には

・提携している土産物屋に連れていかれて何か買わされる
・タダでガイドするよと言われるが結局ガイド料を要求される
・友達だと思わせておいてあわよくばHに持ち込もうとしてくる

のどれかになることがほとんど。

トラブルに巻き込まれないためにも相手しないのが一番ですよ。

声を掛けてくる人を全面的に信じない

観光地で道に迷っているとたまに

「どうしたの?」

「どこか行きたいところあるなら案内してあげるよ」

と声を掛けられることがあります。

これは単純に親切心で言ってくれている場合と、旅行者をカモにしようとしている詐欺師の場合の2通りがあるので注意が必要。

困っている私を心配してくれるなんてなんていい人なんだ・・・と信じてノコノコついて行ったりしないように。

場合によっては悪質な旅行会社に連れていかれて高額のツアーに参加させられたりするケースもあったりします。

詐欺師は常にカモになりそうな隙のある旅行者を狙っているので、とりあえず相手から声を掛けてきた場合は多少疑ってかかった方がいいかも知れません。

関連記事⇒フィンランドで詐欺に遭遇した体験談

危険な運転手と関わらない

旅先でよくお世話になるリキシャやトゥクトゥク、タクシーの運転手たち。

おしゃべり好きで陽気な人も多いので、仲良くなれば人によっては距離をおまけしてくれたり、意外な穴場に連れて行ってくれることもあります。

が、それ以上に危ない人も多いので気を付けなければいけません。

・法外な値段を要求してくるぼったくりドライバー
・最初から身ぐるみ剥がすのが目的のおいはぎ男
・暴行目的で人気のない所へ連れて行くレイプ男

といった悪人に当たった場合は最悪殺されてしまうことだってあり得ます。

特に女性は狙われやすいので、親切さを装って

「いいところに連れて行ってあげる」
「こっちの方が近道だから」

と人気のない所へ連れて行こうとするドライバーには十分注意してくださいね。

迂闊に信用するととんでもない目に遭う可能性大です。

悪質なガイドに注意せよ

現地で雇ったガイドが実は悪い奴だったというパターンも旅人あるあるです。

・人気のない場所や車移動中の際にセクハラしてくる
・ガイド料を上乗せして要求してくる
・提携している土産物屋に連れて行こうとする

自分が雇ったガイドがこういうことをしてきたらそのガイドと行動を共にするのは止めましょう。

お金が多少無駄になったとしても、これ以上不快な思いをせずに済むのならそっちの方がマシですよね。

もちろん中にはいい人もいますし、場合によっては個人的に仲良くなって楽しい思い出を作れることもあります。

ただ、いいガイドに当たるかどうかは運次第な部分も大きいので自分の判断を大切に。

バスや鉄道の乗客が泥棒の可能性も

長距離移動で使うバスや鉄道などでは、外国人観光客狙いの泥棒や睡眠薬強盗が乗っていることもあります。

移動中の出会いや現地の人との交流は楽しいものの、相手を間違うととんでもないことになるので最初から信用するのは危険。

隣のお客さんからジュースをもらった途端、急に眠気がきて気付いたら

・貴重品やバックパックがなくなっていた
・身ぐるみはがされて見知らぬ駅にいた
・記憶が全くないうえに謎の頭痛に襲われる

・・・というパターンはよくあるケースです。

なので迂闊に他人からもらった飲食物は口にしないように!

一般の家族連れなら大抵問題はないのですが、まずは注意深くその人を観察してから交流を持つことをおすすめします。

子供だからと侮るなかれ

訪れる地域や国によっては子供達が思わぬ強敵になることも。

・お金をしつこくせびってくる乞食
・甘える振りしてこっそりカバンやポケットをまさぐるスリ
・何か金目のものを渡さない限り逃してくれない子供集団

などなど、旅中は強かで生きることに貪欲な海外の子供パワーに気圧されることもしばしば。

私達もエジプトで地元の子供達の家に招待されたらお菓子をせがまれてしまい、断ったら閉じ込められるというトラブル(?)に遭ったことがあります。

ドアを塞ぎながら

「お菓子くれないんだったら絶対出さないから!お金でもいいからちょーだい!」

と真顔でまくし立てる彼らの目がマジで怖かった・・・。

子供だから可愛い、子供だから純粋で素直、そんな感覚で接していると痛い目を見るかも知れません。

現地の男性のナンパにも気を付けよう

現地の一般人男性の中にはナンパ目的で話しかけてくる人もいます。

旅先での出会いや交流は楽しみの一つではありますが、後々面倒臭いことになるのが嫌なら断りましょう。

人によっては

・お茶やご飯、飲みに行こうと誘ってくる
・街を案内してあげると提案してくる

こともありますが、自分にその気がないのならあまり深入りしない方がいいですよ。

連絡先や宿泊先、滞在予定などを聞かれても教えない方が無難。

しつこい人だとストーカーみたいな行動に出ることもあるので注意しましょう。

基本的に海外で観光中に声を掛けてくる異性はナンパがほとんどです。

彼らはフレンドリーかつ親切な態度で旅行中の私達と接してくれますが、それは下心があるから。

日本では絶対相手にしないのに、何故か海外だと気が大きくなってしまったり、外国人男性は単にオープンなんだろうという勝手な思い込みで話に乗ってしまう女子も多いです。

最終的には自己責任ですが嫌な思いをしたくないのなら自衛も大事ですよー。

海外で危ない人に遭わないために!トラブルを防ぐ対策法

海外旅行中は親切な人にも沢山出会いますが、それ以上に悪い人にあたることも多いです。

ここからはそういった悪い人達に騙されないための対策法について解説していきたいと思います。

向こうから話しかけてくる人は疑うべし

田舎や外国人が珍しい地域なら別ですが、有名観光地等で向こうから話しかけてくる人はほぼほぼナンパか商売人か詐欺師と思った方がいいです。

ある程度の都会に住む一般人は外国人旅行者がいるからといってあえて積極的に絡んできたりはしません。

国によっては本当に親切心から声をかけてくれる人もいますが、そういう人は大抵目を見ればわかるハズ。

わざわざ声を掛けてくるっていうのは何か目的があるからです。

これを意識しておくだけでも騙される確率は大分下がると思いますよ。

逆に、何か聞きたい時は自分から話しかけるといい人にあたる確率が高いです。

道を聞くなら女性を選ぶべし

騙されたくないのなら、話しかける相手は女性を選ぶべし!

特に子育て中の主婦と女子学生はおすすめです。

世界中どこでもそうだと思いますが、一般人のおばちゃんや学生さんで悪い人ってそんなにいません。

道を聞いたら親切に教えてくれたり、わざわざ目的地まで案内してくれたり、分からなければ近くの人に聞いてくれたり・・・

大抵おせっかいだったりおしゃべりだったり好奇心旺盛だったりで無駄に世話を焼いてくれる可能性大。

これが男性の場合、人選をミスると詐欺師の餌食になることもあるので注意が必要です。

もし男の人に話しかけるのならばビジネスマン風の男性か学生を選ぶといいですよ。

知らない人に安易についていかない

これ、幼稚園児でも出来る当たり前のことなのですが、海外にいると何故か出来なくなってしまうんですよね(笑)

知らない人に声を掛けられた時に「外国人はオープンだからこれが普通なのかな?」と考えてしまうのはNGです。

疑いすぎもよくないですが出会った人をすぐに信じるのも危険です。

ただでさえ海外旅行中はついつい気が大きくなってしまったり、いつもとは違う非日常感に飲まれてしまい警戒心が緩みがち。

親切な人だと思ったら詐欺師だったというパターンも多いですし、お金をぼったくられるだけならまだしも命まで奪われてしまったら元も子もありません。

空港で声をかけられてついていった結果、殺されてしまった女性旅行者もいるくらいです。

見知らぬ男性についていくのは本当に気を付けないといけませんよ。

海外旅行で現地の人と交流する際の注意点と対策まとめ

さて、そんなわけで海外旅行で現地の人と交流する際に気を付けたい注意点や対策について解説させていただきました~!

現地の人とトラブルなく安全に関わるためには「普段から人を見る目を磨くこと」が大切です。

最終的にはこれが全てともいえるでしょう。

ぶっちゃけどんなに気を付けていても騙されることはあるし犯罪に遭う人は遭いますからね(爆)

そもそも海外で騙される人というのは、日本にいても何かしら隙があったり行動が軽かったりする人が多いのも事実。

悪い人と善い人を見分けるためにも常日頃から人を見る目を養うことが重要なんです。

どんなに相手がいい人そうに見えても

「何か変だな」

「この人嫌だな」

と感じたのならその勘はきっと当たっています。

自分の直感を信じましょう。

また、もし日本で同じシチュエーションになった場合、自分だったらどうするのかをよく考えてみることも大事ですね。

「いやいや、日本だったら絶対こんな怪しい状況でついていかないわー」と思うのならばそれが答えです。

海外にいても自分の普段の判断基準から外れたことはやらない方が余計なトラブルに巻き込まれずに済みますよ。

直感力と人を見る目を養うことが安全な旅行をすることにつながるので普段から意識してみるといいですね。

それでは、よい旅を!

現地の人とコミュニケーションする際のコツについてはこちらの記事も参考にしてみて下さいね↓

>>海外旅行で現地の人と交流する実践的な方法17選
>>海外旅行で現地語を話すと得られるメリット
>>海外で使える非言語コミュニケーション方法
>>海外旅行で現地の人から反感を買うタブー行為

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA