タンペレ

【行き方を紹介】ヘルシンキからタンペレまで電車で行ってみたよ!

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回はヘルシンキからタンペレまでのアクセス方法について紹介しますね!

実際に私達が列車を使ってタンペレまで行ってみた体験談を元にチケット料金や移動時間などについても詳しく解説しています。

もしヘルシンキからタンペレに行ってみようかなと考えているのなら、是非参考にしてみて下さいませ!

ヘルシンキからタンペレへ鉄道(VR)で行く場合のアクセス方法

ヘルシンキからタンペレまで列車で行くのなら、ヘルシンキ中央駅からVRでタンペレ方面行に乗ればOKです。

サヴォンリンナみたいに途中で乗り換えする必要がないので1本で行けちゃう点は楽ですよね。

私達は14:04発~15:52着のポリ(pori)行きの便に乗りました。

途中下車なので到着予定時刻を覚えておけば乗り過ごすことはないハズ。

タンペレが終点の列車もあるようですが、そっちの方が便利そうですね。

ヘルシンキ中央駅のホームは広いので、自分のお目当ての車両に辿り着くまでに結構時間がかかります。

ギリギリに乗ればいいやとちんたらしてると意外と手間取ることもあるので、多少は時間に余裕を持って早めにホームについているよう心がけるといいですよ。

駅構内の電光掲示板に行先や時間が書いてあるので、自分の電車のプラットホームを確認して乗り間違えないようにして下さいね。

ヘルシンキからタンペレ行きの列車チケット購入方法について

列車のチケットは、ヘルシンキ中央駅構内のチケット売り場か、オンラインサイトで予約購入が出来ます。
VR公式サイト⇒https://www.vr.fi/cs/vr/en/frontpage

オンラインサイトは英語とフィンランド語オンリーなので、もし語学が得意な方はこちらから購入すれば時間の節約になりますよ。

私達は英語に自信がなかったので(笑)、ヘルシンキ中央駅のチケットオフィスまで直接出向いて購入しました。

しかーし!!時間帯によっては窓口は非常に混んでおり、チケット購入だけのために2時間くらい待たされたりする可能性もあるので要注意。

私達も夕方頃行ったらまさかの激混みで焦りました。

とりあえず整理番号をもらったものの、自分たちの番号の前に既に100人くらいいるという混雑ぶり。

いつ呼ばれるか分からないので、ちょいと隙間時間に観光するというわけにもいかず、チケットオフィスのベンチのうえでひたすら無駄な時間を過ごす羽目になりました。

なので、貴重な観光時間を潰さないためにも、チケットを購入するのなら朝一に窓口に行った方がいいかも知れません。

整理番号を呼ばれたら、まずは窓口で希望の日付や時間帯、目的地を告げましょう。

スタッフの人がPCでよさそうな列車を探してくれます。

何本か候補がある場合はそれを提示してくれるので、一番自分のスケジュールや希望に合いそうなものをチョイスすればOK。

もし英語で上手く伝えられるか心配な場合は、紙に目的地、日付、出発の希望時間、到着希望時間を書いて渡せば、係の人がそれを見ながら探してくれますよ。

電車を選んだらその場で支払いするとレシートのようなチケットをもらえるのでこれでチケットの購入は完了です。

一度慣れてしまえば簡単なので是非トライしてみて下さいね。

ヘルシンキ中央駅チケット売り場営業時間
月~金 07:30~19:00
土10:00~17:00
日12:00~18:00

ヘルシンキからタンペレへの電車チケットの料金は?時刻表はある?

私たちが購入したヘルシンキ発タンペレ行きの列車チケットは大人一人あたり22ユーロでした。

ですが、これは時間帯や便によっても変わるらしいので安くいきたい人はその辺も窓口で確認するといいですね。

時刻表に関しては、VR公式サイトで見るとわかりやすいので予め見ておくといいかも。

ヘルシンキからタンペレへの移動時間は?日帰りは可能?

ヘルシンキからタンペレまでは1時間半~2時間ほど。

結構近いので電車に乗ってしまえばあっという間に着いてしまいますよ。

タンペレ行きの列車はヘルシンキ発なら一時間に1~4便出ているので本数も多いです。

時間帯は早朝05:24発から夜23:40発までと幅広いですが、朝の便は少なく夕方が多めな傾向ですね。

もし朝一の便に乗れば日帰りも可能です。

お目当てのスポット次第ではありますが、午前中にタンペレに到着すればタンペレ大聖堂、ムーミン美術館、マーケットホールくらいは回れると思うので夜の便で帰ってくれば日帰りもできそうですね。

タンペレの駅はそこそこ広く、駅構内にはカフェや自然派の食べ物を売るお店も多いです。

早めに観光が終わってしまった場合は駅で適当にお茶したりすれば帰りの列車までの暇つぶしも出来ちゃいます。

ヘルシンキからタンペレまで鉄道で行く方法まとめ

そんなわけでヘルシンキからタンペレまで列車で行く方法を解説してみました。

〇ヘルシンキ中央駅から2時間以内で行ける距離

〇チケットは窓口購入かオンラインサイトで購入

〇列車は1時間に1本~4本出ていて朝から夜まで常時運行

〇時刻表はオンラインサイトであらかじめ確認しておくと便利

〇朝の便を予約すれば日帰り観光も可能

〇チケットの値段は時間帯によって変わる

VRを使えばヘルシンキ中央駅から2時間ほどで行けるので、時間がなければ日帰り、多少余裕があれば1泊くらいするといいかも知れません。

ムーミン美術館があるタンペレはムーミンファンなら是非行ってみたい町ですが、それ以外にも大聖堂やピューニッキ展望台、フィンレイソン地区など見所は沢山あります。

>>ムーミン美術館に行ってみた感想♪

>>ムーミン美術館の行き方や観光情報まとめ♪

>>タンペレ大聖堂に行ってみた感想♪

>>ピューニッキ展望台&ドーナツを食べた感想♪

ムーミンに興味がない方もヘルシンキ観光のついでにちょっと足を延ばしてタンペレまで行ってみると、また違った思い出を作れるのでなないかと思います。

是非行ってみて下さいね。

それでは、よい旅を!

-タンペレ
-, , , , ,

Copyright© TABIBISISTER , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.