モロッコアシラ観光まとめ♪個人的おすすめポイントと魅力を一挙公開

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回はモロッコの北側にある港町「アシラの魅力やおすすめポイント」を紹介しますね!

アシラはマラケシュやフェズといった観光地と比べるとまだまだマイナーな存在ですが、実はスルーするのがもったいないくらいとっても素敵なところなんですよ~♪

ご飯は美味しいし人は素朴だし、街並みもカラフルで美しくて可愛いギャラリーも沢山。

タンジェから1時間で行けちゃう穴場なので訪れない手はありません!

この記事では、アシラ観光をした私達の感想を元におすすめポイントやその魅力についてを豊富な画像付きで詳しく解説しています。

アシラってどんなところ?

モロッコのマイナーな観光名所が知りたい!

そんな風に思っている方は是非参考がてら読んでみて下さいね。

モロッコの港町アシラのおすすめポイント5つをご紹介♪

それでは早速アシラの魅力やおすすめポイントを語っていきたいと思います!

おしゃれなウォールアートが楽しめる

アシラといえばウォールアートが有名です!

この町の旧市街には沢山の壁画があり、実はこれらは毎年違ったデザインに書き換えられているんですよ。

というのもアシラでは毎年8月に芸術祭が開催されていて、この時期には世界各国からアーティスト達が大集結!

各々好き勝手に白い壁に自由に絵を描くことが出来ちゃうんですね~。

毎年来る度に別の絵が見られるなんて素敵だと思いませんか?

デザイン次第で町の雰囲気も変わって見えるでしょうし、これはツーリストにとってもなかなか魅力的な試みだと思います。

可愛い絵からスタイリッシュな絵までその絵柄は様々。

アーティストごとの作風を楽しめるのでアート好きな人にとってはたまりませんね。

これはちょっぴりサイケな怪しい感じの絵で、ちょっと危険な匂いも漂う1枚。

ちなみに、旧市街の壁全てに絵が描かれているわけではありません。

壁画の配置はわりとバラバラで、普通の民家が立ち並ぶ通りの壁の一部分にいきなりアーティスティックな絵が突如として現れる感じです。

ここにもある!あそこにもある!

街を散策しながら壁画アートを探すのが宝探しみたいでワクワクしちゃいます♪

無駄に童心に還れるひと時でした。

壁画だけではなく、扉も可愛いデザインが多いのでついつい立ち止まって写真を撮りたくなってしまいます。

あえて水色とオレンジという反対色を使ったあたりがなかなかのセンスを感じさせるシマシマの扉。

日本もこういう遊び心があれば街並みももっと面白くなるのになー、なんてふと思ったりなんかして。

白を基調としたカラフルで可愛い街並み

アシラはウォールアートだけではなく街並み自体もとっても可愛いんです!

一面白く塗られた壁に青やピンク、水色といった差し色を挟んだ建物が立ち並ぶ旧市街。

カラフルでとっても個性的なので、女性が見たら絶対テンション上がっちゃうと思いますよ♪

エーゲ海のサントリーニ島やスペインのフリヒリアナを思わせるような白と青のコンビネーション。

うーん、非常に爽やかですね~。

何だかモロッコというよりもギリシャや南欧に来てしまったかのような錯覚に陥ってしまいます。

壁と扉、窓枠の色がちゃんと揃えられていて、住人の密かなこだわりが感じられるところもポイント高し(笑)

これは住人達が各自で勝手に色を塗っているんでしょうか・・・??

こちらの白とピンクのお家も非常に可愛らしいですよね。

モロッコ人のセンス、結構好きかも・・・(*´ω`*)

せっかくなので扉の前に立って記念写真を撮ってみました。

街並みがポップだとやはり写真撮るのも楽しいですね♪

シャウエンは青、エッサウィラは白と青、マラケシュや南部のタフロウトはピンク、そしてアシラはカラフル。

モロッコは各町ごとに特色があって景観もそれぞれ独特なところが面白いですね。

どの町も見ごたえがあって飽きません。

こんなものも見つけちゃいました。

黒地に水色のハートがやたらとポップ。

アシラはウォールアートや美しい街並みを巡るだけでも十分楽しめる街です。

カメラ片手に好き勝手に歩いてみると新しい発見があるかも知れませんよ!?

エメラルドグリーンの美しい海岸風景

海に面した港町、アシラ。

ここは白い街並みと同じくらい海外沿いの風景も非常に美しく、特にエメラルドグリーンの海は何とも言えず幻想的で見ていて非常に癒されます。

旧市街へと続く線路沿いの道の脇には、こじんまりとしたビーチが広がっていて地元の子供達が水遊びをしていました。

芝生に咲いた黄色い花が何とも牧歌的な雰囲気を漂わせています。

白い壁の間から見える美しい海岸線。

うーん、何て絵になる町なんだ!!

潮風に吹かれながらしばし海を眺めてボーっとした時間を楽しみます。

何気にフォトジェニックなスポットが多いので写真好きにはたまりませんな。

ここから見る朝日や夕日もよさそうですね。

日帰りではなく1泊していったら、また違った景色が拝めそうな気がします。

>>agodaでアシラのホテルを検索する

可愛いギャラリーや雑貨屋さんが多い

旧市街には可愛い雑貨屋さんや素敵なギャラリーも沢山あります。

アート作品が好きな方はこういったお店を巡るのもおすすめ♪

こちらのギャラリーは外観からしてかなりパンチが効いております。

ちょっと中に入るのに勇気が要りますね・・・(;^ω^)

店内には、何に使うのかよく分からない謎のオブジェや鮮やかで抽象的なタブロー画等が所狭しと置いてありました。

まさに芸術は爆発だー!を地で行くようなアバンギャルドな作品群(笑)

通り沿いで見つけた可愛らしい風景。

白い壁にカラフルなタジンポットが映えますね。

このフォルムといい色合いや柄といい、キュートすぎませんか!?

タジンポット、一つだけでも買っておけばよかったなぁ・・・(´・ω・`)

アートギャラリー以外にもアクセサリー屋さんや服屋さん、ちょっとした小物屋さん等が路地の片隅にちょこちょこあります。

気になったお店があればどんどん覗いてみましょう。

ちなみに、私達はここでモロッコ土産用にご当地ロゴが入ったTシャツをゲットしました。

フェズやマラケシュよりも安く手に入るので、Tシャツ欲しい方はアシラで買うのもいいかも知れませんね。

こちらでは1枚100DHくらいでした。

港町だからシーフードが美味しい

アシラは港町なのでシーフードが美味しいんです!

街の中心部には沢山のシーフードレストランがあって、イカやエビ、白身魚と新鮮な魚介類を好きなだけ食べられますよ!

たまたま入ったレストランでシーフードパエリア(90DH)をご注文。

エビや鶏肉がたっぷり入ったパエリアは期待通りの美味しさで私達のテンションも爆上げ!

ふっくら炊き上がったお米に魚介の出汁がしみ込んでいて、噛めば噛むほど魚介の旨みが舌に広がります。

サフランの香りがまた食欲をそそるぜ、いやっほぉぉ~う!

カラマリフライ(80DH)はガーリックの効いた濃いめの味わいで、ビールのお供に最高。

イカのプリプリ感、くにゅくにゅした歯応えもたまりません!

レモンを絞っていただくとさらに美味しさ倍増です!

魚介のスープ(40DH)も出汁がたっぷり出ていて、一口飲むだけで潮のかほりを感じます。

気分は航海中の船長!って感じ(笑)

旅も後半戦でさすがにモロッコ料理に飽きてきた頃だったので、シーフード三昧出来るのが幸せ~♪

日本だとシーフード料理って高いうえに、新鮮な魚介類もなかなか手に入りづらいのでここぞとばかりに満喫しました。

どれもこれもうますぎちゃって困るのぉぉ~~~ん♪と思わず歌い出したくなるほど(古)

アシラは観光客が少ないから観光しやすい街

アシラはおしゃれでアーティスティックな雰囲気が漂う港町という点で、ちょっとエッサウィラに似ています。

ただエッサウィラほど観光地化されていない分、人も少なくてとても静かなところが〇。

同じ港町でもアシラから近いタンジェやセウタは、街自体がゴミゴミしていて治安もあまりよくありません。

その点アシラは女性一人でも観光しやすいですし、全体的にどこかのんびりとした空気が漂っていて居心地はかなりいいです。

旧市街はこじんまりとしていて1時間くらいあれば歩けるくらいの規模ですし、観光客もほとんどいません。

地元の人も皆親切で素朴なうえ、客引きもいないし商人もしつこくないから落ち着いて観光できますよ。

タンジェから来た人はアシラでホッと一息つけるんじゃないでしょうか。

特にマラケシュから砂漠に入ってフェズで抜けるルートで来た人にとっては、旅の終盤戦で「こんないいところがあったとは!」と思わず嬉しくなっちゃうハズ。

アシラはすごく小さい街ですが、あえてここで1泊するのもいいと思いますよ。

街を散策しながら美味しいシーフードグルメに舌鼓を打ち、海岸線に沈む夕日を眺めながら1日を終えるってのも素敵な締めくくりになるのではないかと。

>>agodaでアシラのホテルを検索する

アシラへの行き方とアクセス♪タンジェから列車で1時間

アシラへの行き方についてですが、タンジェからは列車とバスが出ています。

どちらも所要時間は1時間ほど。

私達は行きは列車(17DH)、帰りはバス(10DH)を使いました。

タンジェ駅からアシラ行きの列車は結構出ていて、当日にチケットを購入できます。

列車内はとても清潔で乗り心地は快適でした。

帰りの便が中途半端な時間帯しかなかったので、帰りはあえてバス(普通のワゴン車みたいなやつ)を使いましたが、バスは民営バスターミナルから20分に1本くらいの間隔で出ています。

アシラ観光した感想まとめ

さーて、そんなわけでアシラを観光した感想とその魅力についてあれこれ解説させていただきました!

マラケシュで出会ったモロッコ人の女の子が

「もし時間があるなら絶対アシラに行って欲しい!すごく綺麗な町だから!」

と絶賛していたのですが、実際に訪れてみて彼女がそう言っていた理由が分かりました。

街並みも美しいし、静かで落ち着いた雰囲気だし、海も綺麗でご飯も美味しい!と3拍子どころか4拍子揃った最高の場所でしたね。

特にシャウエンの観光地っぽさ、タンジェの人のウザさ(笑)にうんざりしていた私達にとってアシラはまさに天国でした。

旅の終わりを締めくくる最後の地として、大いなる癒しと休息、そして胃袋の満足感を提供してくれましたよ~♪

実際、今回のモロッコ旅行で訪れた街の中でもアシラは「個人的なお気に入りスポットベスト3」のうちに入りますね(1位はタフロウト)。

どうせなら一泊してみてもよかったかな~、なんて今更ながらに思ったりもします。

短期の旅行だとシャウエンまで行ってカサブランカアウトしてしまう人も多いかと思いますが、もし時間がある方は是非アシラに行ってみて下さい。

きっとまだまだモロッコにはこんなところがあったんだ!と驚くと思いますよ。

是非、アシラで素敵な1日をお過ごしください♪

それでは、よい旅を!

>>アシラのホテルを検索する


【人気記事】
>>【マラケシュホテル事情】実際に宿泊した観光におすすめのリヤド3選
>>モロッコで見つけたお土産一覧!おすすめコスメや雑貨を一挙公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA