マラケシュ

マラケシュ旧市街の可愛い人気ホテル♪リヤドダールタミリル宿泊記

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回はマラケシュの「リヤドダールタミリル(Riad Dar Tamlil)に宿泊した口コミレポ」を紹介しますね!

ここはマラケシュのメディナ内にある雰囲気のいい素敵な3つ星リヤドで、トリップアドバイザーの評価も高くて観光客からも人気のホテル♪

ジャマ・エル・フナ広場から徒歩4分という好立地なので観光するにしても便利なところも〇。

今回の記事では、実際に私達がリヤドダールタミリルに宿泊した体験を元に、客室の雰囲気やサービス、食事等についてを豊富な画像付きで詳しく解説しています。

マラケシュで便利でおしゃれなリヤドを探している方は是非参考がてら読んでみて下さいね。

リヤドダールタミリルの客室とサービス

そんなわけでやってきました、マラケシュのリヤドダールタミル。

フナ広場近くの安宿街の中にあるこちらの宿はトリップアドバイザーでも口コミ評価が高く、結構満室なことも多いそうな。

エントラスから入ると、モロッコ様式の素敵な中庭がお目見え。

モザイクタイルの星形の噴水が中央にあり、その脇にはスークで売っていそうなレトロなランプシェードが置かれています。

まずはチェックインがてら、こちらのテーブルに案内されてあれこれ説明を受けます。

テーブルも緑と黄色のモザイクタイル柄で、椅子がまた可愛いんだな、これが!

このタイプの椅子は初めてみましたが、うにょ~んと歪んだ不思議な三角形(?)で個人的にかなり好き。

スタッフの女性が優雅にウェルカムティーを淹れてくれます。

女性の対応が親切で感じがよかったです。

美味しいミントティーとともに、しばしくつろぐ私達。

モロッコのリヤドに泊まる度に、このウェルカムティータイムが楽しみだったりして。

なーんか落ち着くんですよね~。

中庭の奥にはレセプションがあって、ここにスタッフの方が常駐しています。

壁のデザインがモロッコ風で素敵。

これがルームキー。

魔法の壺のような形の飾りがついたキーホルダーがついています。

それでは、いざ客室へ。

受付を過ぎたところにある階段で2階に登ります。

階段を降りたところにはモザイクタイル造りの水道が設置されていて、ところどころにモロカンデザインのエッセンスが感じられます。

壁にはマラケシュの旧市街を描いたようなエキゾチックな手描きの絵画が飾られていました。

地元のアーティストの作品なんでしょうかね?

2階にはいくつか部屋があり、眺めがいい分1階の部屋よりも多少お値段は高めとなっております。

日の光もちゃんと入ってくるので、洗濯を干すのにも便利ですね。

こちらは屋上にあるテラス。

アイアン脚のオシャレなテーブルと椅子がいくつか設置されていて、宿泊客は自由に使うことができますよ。

ここでのんびりしたり読書をしたりしている欧米人観光客もちらほらいました。

寝ころんでリラックスできるようにリクライニング式のビーチチェアのような椅子も。

茅葺の屋根つきなので日よけ対策もばっちり。

ここが私達の客室です。

ドアの周りの装飾といい、バルコニーの柵の繊細な細工といいなかなか凝った造りのリヤドです。

ベランダからはパティオを見下ろすことができ、なかなかにいい眺め。

扉を開けてみるとダブルベッドがどどーんとお目見え。

私達が宿泊したのはスタンダードダブルルーム。

こじんまりとしているけど、全体的に清潔で調度品や小物類もおしゃれでかなり可愛いらしいお部屋です。

各客室は冷暖房完備で無料wi-fiつきで、Wi-Fiの速度も普通にサクサクでした。

鮮やかな青いツートンカラーのソファやモロカンデザインのラグ、ベッドサイドの円錐型のランプシェードなど、内装もモロッコ式。

小物類のチョイスが女子好みで、女性旅行客ならテンション上がるのではなないでしょうか。

メディナの中にあるわりにはとても静かで、ゆっくり寝られるのもいいところ。

客室内には電源プラグもいくつかあります。

これは壁についている洋服掛け用のフック。

下着や靴下などのちょっとした洗濯ものならここに干すことも可能です。

お隣の洗面所&バスルーム。

こちらももちろんモロカンデザイン!!

鏡の前にはドライローズの花びらが入ったタイルのお皿が置かれていて、そこはかとなくいい香りが漂います。

備え付けのヘアドライヤーも風量が強めで使いやすさは〇。

トイレの隣には固定シャワーがついていて、カーテンで仕切れるようになっています。

ステンドグラスの窓から入る光が色鮮やかで、無駄におしゃれ感があるバスルームとなっておりました。

リヤドダールタミリルの朝食とレストラン

ダルタミルでは1階の中庭で朝ごはんを食べることが出来ます。

朝の中庭はちょっと冷えるので羽織物を羽織ってきた方がいいかも知れません。

メニューは大きなデニッシュとアラブパン、薄焼きロティ、チーズ、オレンジジュースとコーヒー(ミルク付き)、イチゴジャムとママレード、バターというラインナップ。

モロッコの典型的な朝食って感じです。

ここは珍しく、朝はコーヒーがポットで出てきます。

ミルクつきなのでお好みでカフェオレも作れますよ。

薄焼きロティがホカホカでなかなか美味。

バターを乗せてジャムをつけて食べるとペロリといけちゃいますよん。

リヤドダールタミリルのアクセス

リヤドダルタミルはマラケシュの中心部に位置していて、メディナの安宿街の中にあります。

小路を入っていくので、ちょっと分かりづらいかも知れません。

ドアの脇に看板があるのでそれを目印に探すといいですよ。

ダルタミルはジャマエルフナ広場からは徒歩4分という好立地にあり、

・クトゥビアまで徒歩8分
・エルバディ宮殿まで徒歩10分
・バイア宮殿まで徒歩6分
・新市街のマジョレル庭園まで徒歩30分

と観光スポットへもアクセスしやすいリヤドなので、マラケシュ旧市街を観光するには便利。

リヤドダールタミリル宿泊レポまとめ

今回私達が宿泊したのはスタンダードダブルルームで、1泊あたり436DH(4,883円)でした。

こじんまりとしていますが、インテリアや装飾も凝っていてスタッフも親切で居心地のいい素敵なリヤドでしたね~。

・女性好みのラブリーな内装
・屋上テラスや中庭の落ち着いた雰囲気
・美味しい朝食

といった点に加えて、立地も良く、周辺の観光スポットにもアクセスしやすいところも旅行者にとっては使い勝手よし。

可愛くてくつろげるアットホームなリヤドなので女性には特におすすめです。

リヤドダールタミリルの宿泊とホテル予約方法

このホテルは好立地でサービスもよく人気も高いため、宿泊したいのなら事前予約はマスト!

時期にもよりますが、安い時だとスタンダードダブルルームで大体1泊5,000円~宿泊することができます。

旅程が分かり次第、予約サイトで空室をチェックしてみるといいですよ♪

リヤドダールタミルの宿泊料金を確認してみる▼

☑Expedia   ☑Hotels.com

☑agoda   ☑Booking.com

ホテル名:Riad Dar Tamlil
星の数:★★★
住所:Rue riad Zitoun el Kedim Derb Lakhdar no 7, マラケシュ モロッコ
アクセス:ジャマエルフナまで徒歩4分
時間:チェックイン 13:00/チェックアウト 12:00

【モロッコ旅行に関する人気記事】
>>おすすめスポットからモデルコースまで!マラケシュ観光情報まとめ
>>【マラケシュホテル事情】実際に宿泊した観光におすすめのリヤド3選

-マラケシュ

Copyright© TABIBISISTER , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.