【絶品】ラクナウ名物!タンディーケバブを食べてみた感想をご紹介!

へろー!いつもごきげんなタビビシスターです!

今回はラクナウの郷土料理であるトンデ・ク・カバーブを食べられる地元の超有名店トンディ・カバビTunday Kebabiについて紹介したいと思います。

インドのラクナウで絶対外せない絶品グルメと言えばビリヤニとケバブ!

というわけで、この記事では実際にケバブを食べてみた感想やお店の雰囲気などを豊富な画像と共に紹介しちゃいます1

インドグルメが大好きな方、ラクナウのケバブが気になっている方は是非参考がてら読んでみて下さいね。

ラクナウはビリヤニとケバブが有名!?

ラクナウで一番美味しいケバブが食べられるという噂のTunde Kababは創業100年以上の超老舗レストラン。

地元の人なら誰でも知ってる人気店でボリウッドスターも訪れるほどなんだとか(実際にお店入り口に有名人の写真が沢山飾られていました)。

ラクナウの郷土料理アワド料理とは

ラクナウはムガル帝国から独立したアワド藩王国の首都であったという歴史から、建築だけではなく食文化もイスラムの影響を受けています。

特にムガル帝国の宮廷料理の影響を受けたアワド料理はラクナウを中心とした郷土料理として知られていて、マトンやチキンといった肉とスパイスを贅沢に使用しているのが特徴。

その中でもアワディ・ビリヤニと呼ばれるビリヤニとトンデ・ク・カバーブというケバブはラクナウに来たなら絶対外せないマストグルメ。

アワディビリヤニは別名ラクナウビリヤニとも呼ばれていて長細いバスマティライスと肉をギーやスパイスを使って別々に調理し、それを交互に層にして鍋に敷いて蒸焼きにするという独特の調理法で作られています。

トンデ・ク・カバーブはミンチにしたお肉にスパイスを混ぜてハンバーグ状にして焼いたものでどちらもラクナウ名物として非常に有名なんですよ。

いざ、Tunde Kababに行ってみた!

さてそんなわけで早速レストランの潜入記をレポしていきたいと思います!

こちらのお店は2階建てになっていて1階は調理風景が見られるカウンターのような造りになっています。

テイクアウトする場合はここで注文するのかな?ちょっとよくわかりません。

2階がレストランになっていて入り口外観はこんな感じ。

小奇麗な食堂という雰囲気ですね。

確か夜の9時過ぎに入ったのですがその割には結構混んでいました。

さすが有名店。

こちらがメニューです。

ここの名物料理はマトンケバブ。

4ピースで110ルピーですが4ピースも食べられないのでハーフで注文してみました。

それと店員おすすめのチキンシークケバブもトライしてみることに。

ビリヤニも美味しいとのことですが、そんなにお腹も減っていなかったので今回はケバブのみ挑戦です。

ケバブ以外にもマトンコルマやタンドリーチキンなど色々な肉料理がありました。

ここはやはり北インド!って感じですね。

10分くらいですぐに料理が運ばれてきました。

こちらが噂のタンディーケバブです!

見た目は手のひらサイズのできそこないのハンバーグみたい(ひどい)ですが実際のお味の方は・・・!?

つけあわせでチャパティと玉ねぎのスライスがついてくるのですが、地元のインド人曰くこれをケバブと交互に食べるとより美味しくいただけるとのこと。

なるほど、てっきり単体でたべるものだとばかり思っていましたがそうではないんですね。

早速一口食べてみましたがこれは・・・うまい!

口に入れた瞬間スパイスの香りがフワーッと広がってとろけるようなお肉の舌触りがたまりません!

これは今までにない感覚です!

こんなに柔らかくてしっとり滑らかな食感のケバブは今まで食べたことありません!

非常にジューシーで舌の上で肉が溶けましたよ!

ケバブってもっとパサパサしてるイメージだったので驚きました!

そのまま食べても美味しいですがミントソースをつけて食べてもまた違った味わいが楽しめますね。

ミントソースは少し酸味があってこれをつけて食べるとお肉の甘さがより際立つような気がしました。

スパイスの辛味と肉汁と脂のバランスが絶妙で結構濃厚なお味なので一個食べるだけでかなりの満足感があります。

チャパティと玉ねぎを食べた後でケバブを食べるとさらにお肉の味が濃く感じられて余計に美味しさがアップ!

これは止まりませんねー。

こちらはシークケバブ。

ミントをはじめとしたハーブ類がたっぷり効いていて一口食べるごとにハーブの香りが口の中一杯に広がります。

お肉もチキンなのでジューシー感はそんなになくどちらかというとしっかりとした食感。

ややコリコリしていてマトンケバブとはまた全然違った味わいを楽しめました。

いやーこれは予想外の美味しさでした。

インドでわざわざケバブを食べようとは思わなかったので(デリーのカリムホテルくらいしか行ったことない)、ラクナウでこんなに美味しいケバブを食べられるとは!

ここに来ただけでもラクナウに来た甲斐があったってもんです。

Tunde Kababのアクセス・場所・営業時間について

Tunde Kababはバザールの中にあります。

いつも人で賑わっているのですぐに見つけられるハズ。

アクセス:Near Akbari Gate, Lucknow 226003, India

電話番号:+91 98396 09543

営業時間:月~日11:00 AM – 11:30 PM

テイクアウトもOK。

ラクナウのタンディーケバブを食べてみた感想まとめ

そんなわけでラクナウのTunde Kababの感想レポを紹介させていただきました。

ジューシーで滑らかでまさに絶品!なマトンケバブはもしラクナウに行くのなら絶対に試してみた方がいいですよ。

これはきっとビリヤニも美味しいに違いない!

マトンが苦手な人でもこのケバブを食べたらきっとあまりの美味しさにほっぺたが落ちること間違いなしです。

是非一度お試しあれ!

ラクナウの他の観光スポットについて知りたい方はこちらの記事も参考にしてみて下さいね↓

>>バラ・イマンバラを見学した感想
>>プラネタリウムに行ってみた感想
>>ラクナウの動物園に行ってみた感想

それでは、良い旅を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA