【マラケシュ新市街観光】マジョレル庭園を見学した口コミレポを紹介

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回は「マラケシュの新市街にあるマジョレル庭園を見学した感想」を紹介しますね!

マジョレル庭園は「モードの帝王」と呼ばれたフランスのデザイナーのイヴ・サンローランが愛した美しい庭園。

「マジョレル・ブルー」と呼ばれる鮮やかな青色がちりばめられた庭園内には、サボテンやブーゲンビリアが植えられ、トロピカルな雰囲気が満載で何とも言えない不思議な醸し出しています。

最近ではそのカラフルでビビットな空間がインスタ映えスポットとしても人気を集め、世界中の観光客が集う一大観光名所に。

この記事ではそんなマジョレル庭園の中の様子を豊富な画像付きで紹介しています。

マジョレル庭園の見所や行き方、所要時間なども併せて解説しているので、これからマラケシュ観光をしようと思っている方やマジョレル庭園がどんな場所なのか気になっている人は是非参考がてら読んでみて下さいね。

イブサンローランが愛したマジョレル庭園とは?その歴史について

マジョレル庭園は1920年代にフランス人画家のジャック・マジョレルが造園したのが始まり。

植物収集家でもあった彼は世界中から多種多様な植物を取り寄せて、オリエンタルな空間を造り上げました。

マジョレル氏の死後、荒んだ庭園を1980年代にイヴ・サンローランとパートナーのピエール・ベルジュが買い取って改修。

彼らが別荘として使用したことでマジョレル庭園は世界的に有名になったそうですよ。

イヴ・サンローランはモロッコを頻繁に訪れ、モロッコの文化やデザインに影響を受けた数々の作品を残しました。

晩年はここで過ごし、彼の遺灰も庭園内に撒かれたそうな。

マジョレルブルーとは

マジョレル庭園のシンボルカラーともいえるマジョレル・ブルー。

鮮やかで濃いコバルトブルーはサハラに暮らすベルベル人の文化に着想を得たもので、庭園内の建物や鉢植え等の装飾に使われています。

思わずハッとしてしまうような鮮烈な印象を残すマジョレル・ブルーと、庭に植えられた植物のグリーンとの対比がとても美しく、余計にマジョレルブルーの鮮やかさを際立たせています。

マジョレル庭園の入場料は?チケットはオンライン予約は可能?

マジョレル庭園のチケットは庭園入り口近くにあるカウンターで購入することが出来ます。

私達は窓口に11:30頃行ったのですが、なんとすでに長蛇の列が出来ていました。

チケットを買うだけで40分待ちだったので、なるべく午前中の開館直後を狙った方がいいかも知れません。

また、閉園二時間前くらいに行くとかなり空いていて、16時~17時台はかなり狙い目です。

チケットは

・マジョレル庭園のみ70DH
・ベルベルミュージアムのみ(庭園内にある)30DH
・イブサンローラン美術館のみ100DH
・全部込みの入場チケット180DH

と4種類あり、全部値段が違います。

ちなみに12歳以下の子供連れやツアー及びガイド連れの場合は予約チケットもある模様。

マジョレル庭園内を見学してみた!お土産ショップやカフェもあるよ!

ここからはマジョレル庭園を見学した感想を綴っていきたいと思います。

チケットを購入したらそのままエントランスへ向かいます。

入り口から入ってすぐのところには、青と緑のタイルが印象的な噴水が設置されていました。

噴水奥には竹林で囲まれた小路があり、ここだけ日陰になっているのもあってひんやりとした空気が流れています。

まさかモロッコでこんな日本庭園風の竹林を見ることになろうとは!

旅行家でもあったマジョレル氏はオリエンタリズムに影響を受け、一風変わった植物を好んで収集していたそうです。

竹もわざわざ彼が海外から取り寄せたんだとか。

竹林の奥には鯉が泳ぐ池まで!!

一瞬、京都かと見間違うような日本情緒溢れる空間が広がっていて、モロッコにいることを忘れてしまいそうになりました(笑)

竹林を過ぎると、今度は大小さまざまなサボテンが沢山植えられた場所に出ます。

竹とサボテンという統一感のない植物が一つの場所に存在しているミスマッチさもまた、マジョレル庭園の特徴といえますね。

マジョレルブルーを基調に、黄色や緑、オレンジといったカラフルな鉢植えが映える独特の空間。

まるでマジョレル氏の独自の美意識を具現化したかのようです。

ジャスミンやブーゲンビリア、バナナの木等、世界各国から取り寄せた色々な植物が同居する不思議な光景。

植物のグリーンと鮮やかなマジョレルブルー、そしてカラフルな原色の鉢植え・・・

これらの組み合わせが異国情緒溢れる幻想的な雰囲気を漂わせ、まさにここでしか見られない世界観を作り出しています。

モロッコの強い日差しを受けて元気に育ったサボテン。

背が高く迫力満点!

マジョレルブルーの鉢植えや壺が並ぶ小路。

この先にはイヴ・サンローラン氏の記念碑が立てられています。

こちらがイブサンローランを忍ぶモニュメント。

2008年に71歳で没した彼の遺灰は庭園内に撒かれたんだそう。

さらに先を行くとマジョレル庭園のアイコン的存在である青い建物が見えてきます。

ここはかつてマジョレル氏のスタジオとして使われていたそうな。

外壁の青に植物の緑がよく映えます。

まるでレモンのような黄色い壺がデデーンと置かれていて、これがまたインパクト抜群!

個人的にお気に入りの一枚です。

建物の外側はインスタ映えスポットとして人気のようで、大勢の外国人観光客が写真を撮りまくっていました。

現在、こちらの建物はベルベルミュージアムとして使われていて中を見学することが可能(別料金)。

モロッコのテキスタイルやアート、豪華なベルベル人の衣装や装飾品等が陳列されているのですが、これがまたとても美しい~!

写真不可なのが非常に残念です。

博物館以外にも、イヴ・サン=ローランデザインのポストカードが購入できるブックショップなんかも併設されています。

私達もここで何枚かポストカードをゲットしました(1枚10DH)。

これはばらまき土産には持ってこい。

その近くにはイブサンローランのデザインが飾られたギャラリーなんかもあったりして。

各年代ごとのLOVE作品が展示されていて、そのポップで可愛らしいデザインに思わずときめいてしまいました。

カラフルでどれもキャッチーな乙女心をくすぐるデザイン。

これらのいくつかはポストカードになっているので、気に入ったものがあれば記念に購入するといいのではないでしょうか。

モロッコ文化からインスパイアされたであろうこちらのモロッコ女性風デザイン。

エキゾチックな雰囲気がよく出ていますよね。

庭園内にはちょっとお値段は高めですがカフェもありますよ。

見学がてらここで一休みしていくのもアリだと思います。

私達が行った時は混んでいたので断念しました。

マジョレル庭園の中にはお土産用のブティックも併設されています。

ここには限定デザインのオリジナルグッズがゴロゴロ置いてあるので、イブサンローランファンは必見。

モロッコ刺繍のLOVEデザインのクッションカバーやバッグ、バブーシュ、スカーフ、アクセサリーなどレアアイテム揃い踏みなので気になる方は是非ゲットしてみては!?

作品が展示されているコーナーもあるので見ているだけで楽しいですよ。

【関連記事】イブサンローラン限定グッズが盛り沢山!マジョレル庭園お土産レポ

マジョレル庭園はインスタ映えスポットとして大人気!

マジョレル庭園は見学するだけではなく、インスタ映えスポットとしても大人気!

庭園内ではそこかしこで写真撮影が行われ、皆モデルのように好き勝手ポーズを決め放題。

外国人のセルフィーの気合い入れっぷりがハンパなく、その写真命!なオーラには圧倒されてしまいました。

光の加減からカメラアングル、撮る立ち位置の決め方、ファッションまでが完璧に計算されいます。

ポージングなんてもはやプロレベル!

相当撮り慣れてるんだろうなというのが見てて分かりますね(笑)

私達に足りないのは自信、そして恥じらいを捨てる勇気、、、!

観光客同士の場所取り合戦をくぐり抜け、何とか負けじと写真を撮ってみました!

これが私達の精一杯です・・・(笑)

マジョレル庭園の営業時間と所要時間

マジョレル庭園の営業時間は8:00-17:30。

庭園自体はそんなに広くないので軽く見学するだけなら、30~40分もあれば十分です。

ただ、写真撮影したい場合はいいスポットの前には撮影街の行列が出来ることもあるので、並ぶ時間等も含めて1時間はみておいた方がいいかも知れません。

マラケシュのマジョレル庭園行き方とアクセスは?タクシー・バスなら10分!

マジョレル庭園はマラケシュの新市街にあり、徒歩だと40分程かかります。

旧市街(フナ広場あたり)からは、タクシーまたは市内バスの1番か12番を使えば10分程で行けちゃうのでそんなに時間はかかりません。

庭園のすぐ近くには土産物屋もあるので、庭園見学した後か前にちょこっと覗いてみるのもいいと思います。

マジョレル庭園見学感想まとめ

さーて、そんなわけでマジョレル庭園を見学した感想を紹介させていただきました!

マラケシュ観光というとどうしても旧市街をメインにしがちですが、ここは絶対観ておいて損はないですよ!

私達もあまり予備知識なく試しに行ってみただけだったのですが、これが予想外に素敵な場所だったので見学して大正解でした!

マジョレルブルーの鮮烈な美しさといい、異国感溢れるトロピカルな雰囲気といい、ここでしか味わえない独特の世界観を思う存分満喫できるので、イブサンローランに興味がなくても十分楽しめると思います。

貴重なオリジナルグッズが購入できるブティック店内は女性なら心ときめくこと間違いナシですし、ベルベルミュージアムも一見の価値アリ!

もしマラケシュ滞在を数日する予定があるのなら、マジョレル庭園は是非行って欲しいなと思います。

インスタ映えする写真も沢山撮れると思うので、女性には特におすすめ!

時間がある方はトライしてみて下さいね。

それでは、よい旅を!

マジョレル庭園やマラケシュ観光に関する記事はこちらも参考にしてみて下さいね↓

>>マジョレル庭園で発見したイブサンローラン限定グッズレポ
>>イブサンローラン美術館でオートクチュールを生鑑賞
>> マラケシュ観光情報まとめ♪おすすめスポット紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA