【これはいいぞ!】フィンランドのソコスホテル朝食ビュッフェ体験談

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!
 
今回は私たちがサヴォンリンナで宿泊した「ソコスホテル」の朝食ビュッフェ情報についてご紹介しちゃいます!
 
実際に朝食ビュッフェを食べてみた体験談を元に、個人的なおすすめポイントについても画像付きで詳しく解説しています。
 
サヴォンリンナでソコスホテルに泊まろうかなー、朝食どんな感じなのかなーなんて考えている方は是非参考にしてみて下さいまし! 

サヴォンリンナのsokos hotelの朝食ビュッフェについて

海外・国内旅行問わずホテルに宿泊して楽しみなことの一つがご・は・ん★
 
特に朝食がバイキングやビュッフェ形式だとちょっとワクワクしませんか?
 
私達タビビシスターはとにかく食い意地が張ってるのでホテルの朝食ビュッフェは大大大好き!
 
色々なメニューがよりどりみどりだから選ぶ楽しみがあるのがいいところですよね。
 
我々は食べることに命を懸けている(?)食いしん坊姉妹なので、宿泊した翌朝はもう朝起きてから既に気合満々、食べる気満々の戦闘モード!(笑)
 
海外のホテルの場合、朝食を食べることでその国特有の食文化も垣間見えてきたりしますよね。
 
現地ならではの食べ物が置いてあったり、意外なものが人気だったり・・・。
 
現地の食事情を少しだけ覗けるという意味でも朝食ビュッフェは非常に興味深いです!
 
そんなわけでフィンランドのサヴォンリンナにあるソコスホテルの朝食ビュッフェを体験してみましたよん! 

サヴォンリンナのsokos hotelの朝食ビュッフェ口コミ

 ソコスホテルの朝食ビュッフェはホテルの隣にあるレストラン(Perlina di Castello)に直接行って食べる形式になっています。
 
 入り口に入ってソコスホテルの宿泊客であることを伝えるとそのまま適当に座るよう言われます。
 
食券などはないので、スタッフに口頭で伝えるだけでOKした。
 
特にチェックはされず、普通に宿泊客じゃなくてもビュッフェを食べれちゃいそうな感じでしたが、大丈夫なんだろうか・・・(笑)
 
入り口はこんな感じになっています。
 
フロアの中央にはパンが置いてあります。
 
後方にワインボトルが並べられた棚が見えます。
 
どことなくカフェバーっぽい雰囲気で、朝のカフェで爽やかな朝食という気分を味わえます。
 
看板に20ユーロと書いてありますが、もしかしたら宿泊客じゃない人もお金を払えばビュッフェが食べられるのかもしれません(フィンランド語が読めないので何とも言えないけれども)。
 
 パンはフランスパンや丸パン、マフィンのようなパンなど結構色々な種類がありました。
 
ただ、パンを沢山食べ過ぎるとおかずが入らなくなりそうなのでとりあえずスルー。
 
クネッケが常備されているあたりがさすが北欧!って感じですね。
 
クネッケは見た目はクラッカーみたいな形で結構歯ごたえがある固めのパンです。
 
ライ麦でできているので栄養価は高そうなんですが、味気がなくて私はぶっちゃけそこまで好きじゃないかな・・・(笑)
 
色の違うものが何種類かありますがどれもクネッケの一種なんでしょう、多分。
 
 食パン派の人はトースターがあるのでここでトーストを焼くといいですね。
 
一応、バターは脂肪分の高いものと低脂肪の2種類が用意されていました
 
クリームチーズを塗ることもできます。
 
 こちらはグラノーラゾーン。
 
シリアルや雑穀っぽいフレークと一緒にトッピング類が一緒に置かれています。
 
グラノーラにはひまわりの種も入っているのでなかなか健康的。
 
ただ、種は固くて歯に詰まりやすいので苦手な人はやめた方がいいかも。
 
クルミやピーナッツ、カシューナッツなどのナッツ類を混ぜれば色々な食感が味わえます
 
コーンフレークもあるのでグラノーラ系が嫌いな人はこっちをチョイスするといいですね。
 
マーマレードジャムや砂糖を入れてお好みで味付けしちゃいましょう。
 
トッピングもイチジクやバナナ、レーズンといったドライフルーツ類をはじめ、お米みたいなパフや茶色くてサクサクしたオートブランみたいなもの(?)等色々あります。
 
これらを好きなだけとってグラノーラに振りかけて混ぜ合わせて食べるのもアリ。
 
お隣にはフルーツポンチ風のデザートやベリーのコンポートが置いてあります。
 
そのまま食べてもいいしヨーグルトをかけたりと食べ方はご自由に
 
グラノーラと混ぜて食べても美味しかったです。
 
コンポートは一見甘そうですが、意外とさっぱりしていて甘さ控えめ。
 
さわやかな酸味がヨーグルトと合うので2回ほどおかわりしちゃいました。
 
牛乳は低脂肪・普通・濃厚なものの3種類あるのですが、濃厚なやつは乳酸菌のおかげなのか飲んで速攻で腸に働きかけてくれます(笑)
 
旅中に便秘になったのですが、この牛乳を飲んだ日はかなりお通じがよくなりました。
 
こちらはお肉とチーズゾーン。タンパク質をとりたい方はここでガッツリ栄養を摂っちゃいましょう!
 
 穴の開いたスライスチーズがなかなか濃厚なクセのある味わいで結構気に入ってしまった。
 
ハムは左がスモーク風味の味わいで、真ん中がサラミ、右がわりと普通のハム。
 
右列真ん中の白いのはチーズです。
 
フェタチーズみたいな軽い食感でこれもなかなかうまし。
 
下の列はニシンの酢漬けとソーセージです。
 
上の段は多分サバ?イワシ?かな。
 
一応サバ以外は全部食べましたが、ニシンの酢漬けはなかなかクセがあり苦手な人は要注意かもです。
 
酢漬けなので甘みよりは酸味がやや強いような気がしました。
 
妹曰く「ゲロみたいな味で無理」とのこと。ひ、ひどい・・・(笑)
 
私はそこまで抵抗なかったので3枚くらい食べてしまいました~。
 
 一応種類は少ないながらも生野菜も用意してあります。
 
フィンランド旅行中はどうしても野菜不足になりがちなので、こういうところでこまめに野菜をとっておかねば!
 
こちらのトマトは色合いも味も濃くてそこまですっぱくないから意外と美味しかったですね。
 
ただ、やっぱり野菜の豊富さは日本の方が豊富だなぁ。
 
フルーツ盛り合わせゾーンです。
 
ここでビタミンが沢山摂れますので女性はここぞとばかりに食べるといいですよ!
 
私は柑橘類を中心にオリジナルフルーツサラダを作って食べてました。
 
オレンジやピンクグレープフルーツがすごくジューシーなので朝の目覚めにはぴったりです。
 
フルーツの反対側にはクッキーやミニドーナツ等のお茶うけによさそうなおやつが並んでいます。
 
食後に紅茶やコーヒーを飲むなら一緒に食べると即席ティータイムができちゃいますよ。
 
味は外国のお菓子にありがちな砂糖たっぷり甘さ炸裂系なので1.2個食べれば十分かと。
 
パンが置いてあるテーブルの近くにはコーヒーメーカーもあります
 
コーヒーメーカーの後ろ側には紅茶のティーパックもありました。
 
紅茶はトワイニングのものがメインで結構種類豊富なので紅茶好きとしては嬉しいところ。
 
ストレートティーだけではなくベリーやアップルといったフレーバー系もあったので、甘いのが好きな人は自分の好きなフレーバーを選んでみるのも楽しいかも。
 
カプチーノとかエスプレッソが飲みたい方はこちらで淹れましょう
 
これを見ると日本のファミレスのドリンクバーを思い出してしまう(笑)
 
なんともスタイリッシュでおしゃれなキューカンバーウォーターを発見!
 
これはいかにも女子が好きそうですね!
 
でも、日本語だとキュウリ水ですからねぇ。
 
日本語にすると一気におばあちゃんの夏休み感が漂うのはなんでだろう・・・(笑)
 
 
ジャジャーン!
 
まさかのタッチパネル式ジューサー。
 
もうおしゃれを通り越してハイテクすぎてビビるわ!
 
さすがフィンランド、さすが北欧。こういうところも先進国ならではですね。
 
こんなん初めて見たよ!
 
地味にエキゾチックジュースっていうのが気になります・・・なんだろ、ミックスジュースとか?
 
 
蛇口下にグラスを配置したら好きなジュースパネルを選んでポチっとな!
 
ジャーっとオレンジジュースが出てきます。
 
す、すごい・・・これはちょっと衝撃ですね。
 
日本にもあったらいいのにー。
 
キ、キターー!!
 
まさかのハチミツが巣ごとどどーん!!
 
こ、これは素晴らしい!
 
ローヤルゼリー摂り放題じゃあーりませんか!
 
私、ハチの巣大好きなんですが、これを日本で食べようと思うとめちゃくちゃ高いんですよね。
 
山〇養蜂場とか、ハッチのやつとか色々あるけど1万近くするから迂闊に手を出せません。
 
せっかくなのでスプーンでここぞとばかりに大量にすくいとってやりました(笑)
 
トロっとして脳天突き抜けそうな甘みがたまりませんな。
 
んー!んまい!

サヴォンリンナのソコスホテルの朝食ビュッフェまとめ

 さて、そんなこんなでソコスホテルの朝食ビュッフェ、思う存分堪能致しやした!
 
料金:ホテルの宿泊客は無料で食べられる
 
場所:ソコスホテル隣のレストランPerlina di Castelloに直接行けばOKで座席は自由
 
時間:確か7:00~9:00くらいまでだったような(私たちは7時に行きました)
 
メニュー的にはわりとオーソドックスな感じでしたが、フルーツが豊富なのとハチの巣が食べられるのは嬉しかったですね
 
フィンランド自体が食事のレベルがそこまで高くないので、各メニューの味に関しては特筆すべきことは特にナシって感じでしたが。
 
ただ、フロアも広いしスタッフの感じもよかったし、全体的にウッディでナチュラルな雰囲気といいゆったりとした朝食タイムを過ごすのには丁度よかったです。
 
ソコスホテルはサヴォンリンナの町の中心部にあってマーケット広場のすぐ目の前だし、オラヴィ城やサヴォンリンナ大聖堂といった観光スポットにも近いのでロケーションは抜群。
 
客室も綺麗で使い勝手がよく、総合的に見てかなりおすすめ。
 
 
朝食ビュッフェも楽しめるので、もしサヴォンリンナ観光を考えているのならソコスホテルに泊まってみるのもいいと思います。
 
予約サイトを使うと割引していてかなり安く宿泊できることもあるので、うまく利用してみるといいですよ。
 
私達は今回ここから予約しました⇒【Booking.com】世界のホテル割引予約
 それでは、よい旅を~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA