エティハド航空遅延でアブダビ泊した体験談!飛行機遅延補償対応レポ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回は飛行機が遅延して乗り継ぎ便に乗れずアブダビで1泊した時の体験談についてご紹介したいと思います。

自分が乗る予定の飛行機がまさかの遅延!

こういったトラブルって海外旅行ではわりと起こりがちですよね。

飛行機が遅延した時の対応は航空会社によっても違いますが、一体どんな補償をしてもらえるのかが気になっているという方も多いのでは?

この記事ではモロッコ旅行に行く際にエティハド航空を利用した私達の体験談を元に、

・遅延発生
・乗り継ぎ便に乗れずアブダビで1泊
・翌日振替便でモロッコ着

するまでの一連の流れを画像付きで詳しく解説しています。

飛行機が遅延したら実際にどうなるの?

荷物って途中でピックアップしてもらえるの?

ホテル代って自腹?それとも無料?

そんな風に不安に思っている方はもちろん、遅延した場合の航空会社の対応について詳しく知りたい方は是非参考がてら読んでみて下さいね。

エティハド航空成田アブダビ間の便でまさかの遅延発生!

モロッコ旅行に行った際、行きの便(成田発アブダビ行き)が1時間15分遅れになるというトラブルに見舞われてしまった私達。

出発時間が10分早められたのにも関わらず、何故か飛行機に乗り込んでから1時間以上待たされる羽目に・・・。

本来は1:00にアブダビに到着し、2:35分発のカサブランカ行きに乗る予定だったのですが、この時点でもう乗り継ぎ便には乗れないことが確定。

隣に座っていた外国人男性も「こりゃもう無理だね、HAHAHA」ともはや諦め顔。

元々乗り継ぎ時間が短かいことに多少の不安は抱いていたのですが、嫌な予感は見事に的中してしまいました。

エティハド航空遅延の末、アブダビ空港ターミナル3に到着!

そんなわけで1時間以上の遅延の末、深夜2:45にアブダビ空港に到着!

飛行機を降りたらそのままシャトルバスに乗ってターミナル3に移動します(5-10分)。

ターミナル3入り口近くのエリアでは空港職員が既に待機しており、次々やってくる搭乗客を誘導していました。

ツアーコンダクターは看板を持って各ツアー客に呼びかけ、個人で来た旅行客は行き先ごとにグループで集められ・・・。

とりあえずフライトトランスファーに向かえと言われた私達。

まずはエスカレーターで上の階に上がり、荷物検査エリアへGO。

大幅な遅延によってレーンは大混雑しており、係員もバタバタで荷物検査自体はかなり適当に済ませられました。

エティハド航空遅延補償内容は意外といい?ホテル宿泊代は無料!

荷物検査を済ませたら、そのままフライトトランファーデスクへと向かいます。

ここでもやはりエティハド航空の係員が行き先を書いた紙を掲げていました。

カサブランカ?と聞かれたので「YES」と答えると、しばしここで待てと言われます。

たまたま日本人旅行者グループが何組かいたので女性2人組に話かけてみたところ、彼女たちはHISのツアーで来ているとのこと。

「短期ツアーだからこの分だと日程的にシャウンエン観光が削られそうです・・・」

と残念そうに話していました。

ううむ、確かにそれは由々しき事態ですな・・・。

10分ほどして、係員が一人ずつ搭乗者の名前を呼び始めました。

氏名・スペルを確認後、次の便の振替航空券とホテルバウチャーチケットが一緒になったものを各自手渡されます。

上が元々持っていたチケットで下が振替のチケットです。

スタッフの説明によれば、なんと次のフライトは24時間後、つまり翌日の夜!

アブダビで一泊した翌日夜に振替便でカサブランカに向かう、というわけですね。

とりあえず

・ホテルは航空会社が無料で手配
・宿泊中のご飯は三食フリー
・荷物はカサブランカでピックアップ

とのことなので、まぁ遅延補償内容的にはいい方なんじゃないかと。

荷物がロストバゲージしてないことを祈ります・・・。

そんなわけで、まさかのアブダビ泊が決定しました~~(゚д゚)!

アブダビ空港にて荷物検査と入国審査を済ませる

さて、一通り説明を聞いた後は一同到着ロビーへと向かいます。

先ほど通った道を戻って再度荷物検査を受ける我々。

最初は係員に止められたものの、遅延した旨を伝えホテルチケットを見せると「OK」とすんなり通してくれたので一安心。

入国手続きもパスポートを係員に見せるだけの非常にゆる~いものでした。

アブダビ空港到着ロビーにてタクシーを手配してもらう

無事UAEに入国し、到着ロビーを出て右際にあるエティハド航空のカウンターへ。

スタッフにホテルチケットを見せると、ホテルまで行くタクシーを手配してくれました。

案内人が空港出口付近のタクシー乗り場まで案内してくれます。

道路沿いに黒い車体のタクシーが止まっていました。

全員は乗れないので、2台のタクシーに分かれて目的のラディソンブルホテルへと向かうことに。

【関連記事】⇒ラディソンブルプラザホテルアブダビ宿泊レビュー

タクシーは左ハンドルでシートは革張りのフカフカ仕様。

さすがお金持ちの国だけあって日本の乗用車よりもクオリティが高いです(笑)

空港の外はぬるい風が吹き、そこかしこに椰子の木が生えていて南国風の雰囲気が漂っていました。

アブダビのラディソンブルホテルヤスアイランドに無事到着

タクシーに乗って7分程でラデイソンブルホテルに到着!

まずはフロントで住所、電話番号、サインを二箇所だけするだけの簡単なチェックインを済ませます。

カードキー2枚とミールチケットをもらい、食事や翌日の送迎に関するちょっとした説明をスタッフがしてくれます。

どうやら空港送迎のピックアップに関しては、

・翌日23:35にロビーに集合(飛行機出発3時間前)
・皆で送迎バスに乗って空港まで行く

というスケジュールのようですね。

肝心のお部屋ですが、ツインルーム&アブダビの景色を一望できるシティビューだったのでなかなかいい感じ!

ベッドもふかふかでバスルームも広く、ここにタダで泊まれるのは普通にラッキーかも~!

>>ラディソンブルプラザホテルアブダビの宿泊記はこちら

アブダビ観光せずにホテルでダラダラ!ビュッフェ食べ放題の1日

ぐっすり眠った翌日はほぼほぼ丸一日のフリータイム。

せっかくなのでグランモスクくらいは観光しようとも思ったのですが、以下の理由でやめました。

・わざわざお金を両替するのが面倒
・着替えを持っていない
・化粧品・日焼け止めすらもっていない
・替えのコンタクトがなくメガネオンリー

まさか遅延でアブダビ泊するなんて思ってもいなかったので、手荷物は最低限のものしか入れていなかったんです。

日差しの強いアラブの国で日焼け止めナシで観光するのも嫌だし、メガネ&ダサい寝巻のような服装では記念写真を撮る気すら起こりません。

そんな状況だったので外に出るのもおっくうになり、結局ひたすら1日ホテルで過ごすことに・・・(爆)

コンタクトやメイク用品・着替えなど、一日分の必要物資があればアブダビ観光も可能だったと思うのでこれは完全に自分のミスです。

その日は日がな一日プールサイドでダラダラしたり、朝・昼・夜のビュッフェを食べまくったり(ルームサービスも無料利用可)して体力温存に努めました。

再びアブダビ空港へ!エティハド航空振替便に搭乗しカサブランカへ向かう

そんなこんなであっという間に夜になり・・・

集合時間10分前にロビーに行ってみるとすでに他の旅行者の方達も集まっていたようで、23:30には送迎スタッフが登場。

全員集合したのを確認してから、ホテル入り口に停まっていた無料シャトルバスに乗って皆で空港へと向かいます。

たまたま渋滞にかち合ってしまい、空港到着までに20分近くかかりました。

空港内の機械でまずは自動チェックイン。

・・・と思ったら、既にチケットは発券されているのでチェックイン済み扱いになっていた模様。

出国手続きをして搭乗ゲートへ向かい、そのまましばし待機。

搭乗時間の1:35になるとシャトルバスが来て飛行機まで運んでくれます。

実はここでもまた飛行機が40分遅れで出発するという事態に遭遇しました(笑)

エティハド航空、結構時間にルーズなのか・・・(;゚д゚)

カサブランカ空港着!エティハド航空遅延で荷物受け取りに右往左往

さてさて、アブダビ泊という予想外の展開にはなったものの、何とか無事にカサブランカ空港に到着~!

しかし、ここで最後の関門にぶち当たります。

そう、荷物のピックアップ!

預け荷物はここで受け取りできるとのことでしたが、カサブランカ空港のバゲッジクレームの職員がもう超適当でですね・・・。

「それはエティハド航空のカウンターで聞いてくれ」

「古いカウンターじゃなくて新しいカウンターがあるからそっちで聞いてくれ」

「お前たちの荷物は9番のラインだ」

「9番になかった?じゃあ5番だ」

バゲッジクレームとエティハド航空のカウンター間をたらい回しにされ、荷物受け取りレーンを何往復もした挙句、結局荷物が見つかるまでに30分以上もかかってしまいました。

まぁロストバゲージにならずにちゃんと受け取れただけでもよかったと思うことにしましょう。

エティハド航空乗り継ぎ時間1時間半未満はリスキー?

飛行機の遅延って自分ではどうすることもできませんよね。

私達はたまたま旅程に余裕があったからよかったですが、これが短期のツアーや個人旅行だったら最悪です。

貴重な観光時間が削られてしまうわけですし、全ての予定が大幅に狂ってしまいます。

友達と一緒に来ている場合は突然のトラブルで一気に場の空気がお通夜になってしまうかもしれません。

なるべくなら遅延はないに越したことはないです。

そう考えると、やはり乗り継ぎ時間があまりにも短いものはちょっとリスキーかなーと感じたりして(;’∀’)

チケット探す時ってついつい安いのを探しがちですが、安いチケットって大抵着くのが深夜だったり、乗り継ぎ時間が短かったりするんですよね~。

それでも「エティハド航空は遅延率がそんなに高くない」という評判だったので内心安心していたんです。

・・・が、しかし!!

結果的には飛行機が遅れて乗り継ぎ便には乗れず、アブダビで1泊するという展開になってしまいました(楽しめたからよかったけど)。

もしお金に余裕があるのなら、1~2万高くてもある程度時間的にゆとりのある便を選んだ方がよいかなと思います。

万が一乗り継げなかった場合に備えて、同日に振替便はあるのかどうかも一応調べておいた方がいいですね。

もし乗り継ぎ時間が短い便を選んでしまった場合は、

・なるべく機内前方や通路側の出やすい席を選ぶ
・ダッシュで走れるように手荷物は最小限にする
・荷物検査しやすいような服装・持ち物にする
・ターミナル間の移動方法をちゃんと把握しておく

といった対策方法を考えておきましょう!

航空券を探すときは遅延することも想定して乗る便を選んだ方がいいですよ~。

>>スカイチケットで航空券を検索する

まとめ・飛行機遅延補償つきの海外旅行保険付きのクレジットカードがあると便利

さーて、そんなわけでエティハド航空の遅延体験談について紹介させていただきました~。

飛行機が遅延したら実際にどうなるのかについてのほんの一例ではありますが、多少はリアルに想像していただけたでしょうか?

飛行機が遅延した場合、航空会社側の理由で遅れたのなら次のような対応をしてもらえるケースが多いです。

・ミールクーポンをもらえる(食事券)
・次の便に振り替えてくれる
・ホテルを手配してくれる

ただし、中華系やその他の安い航空会社だとこうはいきません!

遅延で次の便との間隔が空く場合でもホテルは手配してもらえず、ひたすら空港で待機する羽目になったり何の補償もつかないことも・・・。

カウンターでゴネれば何とかしてもらえるかもしれませんが、その辺の対応は航空会社によって本当にケースバイケースです。

今回のエティハド航空に関しては

・4つ星ホテルに無料宿泊
・ロストバゲージなし

と、結果的にはかなりいい対応をしてもらえました。

物価の高いアブダビで高級ホテルに泊まって

・3食ビュッフェ食べ放題
・ルームサービス無料利用OK
・丸一日観光時間アリ

・・・というのは、考えようによってはある意味お得&貴重な体験ができたともいえるのではないかと(苦笑)

ただ、こういうケースばかりではないので、遅延が心配な方はやはり

・遅延補償つきのクレジットカードを持つ
・海外旅行保険に入る

といった対策をしておいた方がいいですね。

そうすれば最悪、飛行機が遅延した場合でもちゃんとカバーすることが出来ますから。

旅行前にこういった準備をしておくことでいざという時も慌てずに済みますよん。

なるべく楽しい思い出を作るためにもリスク回避はしておきたいところですよね。

実際、もし今回自分自身が海外一人旅初めてだったら・・・と思うとぞっとします。

英語でホテル宿泊や振替便のことを言われてもわからず、一人でパニック状態になっていたかもしれませんΣ(゚Д゚)

万が一に備えて、遅延した時の流れ等は予め軽くでもいいから知っておくべきだなと感じました。

というわけで以上、タビビシスターによるエティハド航空の遅延体験談でした!

この体験レポが少しでもあなたの役に立ったのなら嬉しいです。

それでは、よい旅を!

>>海外旅行保険自動付帯のエポスカード詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA