アフタヌーンティー・紅茶 神奈川

横浜えの木てい個室アフタヌーンティーで乙女心を鷲掴みにされた件

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスター(@tabibisister)でーす!

今回は、横浜にあるえの木ていにてローズアフタヌーンティーを食べた感想をシェアしたいと思います!

えの木ていは40年以上続く歴史ある老舗の洋菓子店で、1927年に建築された山手に残る数少ない洋館の一つ。

前々から知ってはいたのですが、なかなか訪れる機会がなくて

「こんな可愛らしいお屋敷でアフタヌーンティーをいつかしてみたい・・・!!」

とは思っていたのです。

たまたま横浜旅行をすることになり、これはチャンスだとばかりに足を運んでみたところ・・・、想像以上に素敵な場所で思わず感激!!

すっかり乙女心を鷲掴みにされちゃいました。

この記事では、えのき亭でアフタヌーンティーした体験談を元に、実際のメニュー内容や味の感想、ラウンジの雰囲気やサービスについてを豊富な画像と共に紹介しています。

えのき亭のアフタヌーンティーが気になっているという方やこれから行こうかどうか考えているという方は是非参考にしてみて下さいね。

メニューも紹介!えの木ていローズアフタヌーンティー口コミ感想レポ

そんなわけで、やってきました、えの木てい!

坂の多いアメリカ山~外人墓地付近をえっちらおっちら歩いていくと・・・ひっそりとたたずむ白い建物を発見!

洋館の前には緑に囲まれたお庭が広がり、パラソル付きのテラス席がいくつも設置されていました。

早速、中に入ってみましょう。

ごめん下さ~い。

一階入り口から入ってすぐ左手は喫茶スペースになっていて、丁度ティータイム時だったのもあり、テーブル席は結構埋まっている模様。

今回私達が利用するのは2階にある個室

係の女性に案内されて、入り口真ん前の階段を上っていくと・・・。

階段を上り切ったところのすぐ左手に白い扉が。

どうやらここが個室のようです。

ちなみに、個室はローズアフタヌーンティーか季節のアフタヌーンティーを注文した場合に使用できるそうで、6名まで利用可能&使用料2,200円程とのこと。

ドアの前には可愛いらしいレトロ感のあるお花型のランプも置いてありました。

えの木てい個室

というわけで、扉を開けると・・・じゃじゃーん!

うっひょー!!

な、なに・・・?このかわいさ200%な空間はっっっ!

や、やばくない?

もう入った瞬間にときめきスイッチオン!

写真を撮る手が止まらな~い!

テーブルも広いし、上げ下げ式の窓の縁にかかった紫色のカーテンといい、壁に垂れ下がったレースといい、白い暖炉といい、全体的に乙女な雰囲気満載です。

この暖炉を始めとして、室内の調度品・家具は150年以上前のアンティークのものを使用しているんだとか。

ウェルカムドリンクもローズ尽くし

興奮収まらない中、スタッフの女性が最初に普通のお水を出してくれました。

ローズアフタヌーンティーということで、お水を入れる容器にまで薔薇の柄が。

こんなところも統一感があって素敵ですね♪

お水と一緒に一緒に提供されたウェルカムドリンク

こちら、ブルガリアンローズのスパークリングウォーター

バラのかぐわしい香りがプンプンする炭酸水で、一口飲むと濃密なバラの芳香が喉の奥を一気に駆け抜けます。

アフタヌーンティーでいただく紅茶は

・ストレートティー(ダージリン)
・ローズティー
・コーヒー

の3種類から選べ、紅茶はポットで提供されます(カップ3.5杯分くらいはあった)。

私達はもちろん、ローズティーをチョイス。

本日はローズアフタヌーンティーということで、あえて全てバラ尽くしにしてみましたよ。

カップもバラの模様入り♪(ノリタケ)。

早くもテンションが上がってしまい、高鳴る鼓動、ウキウキドキドキワクワクが止まらない!

もう心臓発作で倒れそう!(嘘)

この乙女チックな空間でバラ水をちびりちびりと飲みながら、アフタヌーンティーが出てくるのを待つ我々。

外は暑いが、私達のハートはもっと熱いぜっ!ファイヤーっ!

ローズアフタヌーンティーが可愛すぎる

き、きたっっ・・・!!

お待ちかねのローズアフタヌーンティーのご登場です!

ひっ、ひいいいいい!

かっ、かわいいぃぃぃ~~~!

お部屋の雰囲気と相まって神がかった可愛さです・・・っ!

えと、わ、私達ってイギリスの貴族だったっけ?

「うふふ、今日はお友達のイザベラ伯爵夫人とお茶会なの。」

「まぁ、素敵。ワタクシも混ぜて下さらない?」

「よろしくてよ。・・・おほほほほ。」

「おーほっほっほっほっ!」

・・・という、いかにも昭和チックな少女漫画に出てきそうなワンシーンが勝手に脳内で繰り広げられること約数分。

とりあえず、下らない妄想は後にしていただくことにしましょう。

最初は一番下の段のサンドイッチから!

やっぱり、アフタヌーンティーといえばサンドイッチっスよね、先輩!

王道だけど、意外とサンドイッチだけのシンプルパターンは最近食べてないので嬉しい限り。

チーズとハムときゅうりがギュギュっと挟まったサンドイッチは、トーストがこんがり焼けていてモチモチした生地で食べ応えがありました。

チーズのとろけ具合がチーズ好きな私にはたまりませ~ん。

続いて、一番上の段のスコーンに手を伸ばします。

スコーンは

・プレーン
・カレンズ

というこれまたシンプルかつ王道路線の2種類。

スコーンは焼き立てほかほかで提供されるから冷めないうちにどうぞ。

クロテッドクリームと苺ジャムをたっぷりつけて・・・ポイッとな!

もぐもぐもぐ・・・

ほどよくねっとりしたコクのあるクロテッドクリームをつけて食べると余計に美味しさが倍増!

スコーン自体は非常に素朴かつ自然な味わいで、生地はサクサクッとした軽めの食感。

甘すぎないから変に重たくなく、いくらでも食べられちゃいそう。

コリっとしたカレンズの食感もいい感じ♪

最後は真ん中の段。

スイーツは左から時計回りに

・ブルガリアンローズのパンナコッタ
・ブルガリアンロザライチ
・ブルガリアンローズ香るスイートロールケーキ

という3種類。

右上のケーキはフランボワーズムースとバラとライチのケーキなんですが、プルプルした舌触りとベリーの酸味、バラとライチの風味のコンビネーションがグッとくる1品でした。

ロールケーキも地味に美味しかったです。

生地が柔らかくて、クリームにやや酸味があり、ヨーグルトのような味がしました。

上がローズゼリー、中は杏仁豆腐という2層式になっているブルガリアンローズのパンナコッタ。

どちらも爽やか&甘すぎないテイストでチュルリと食べられます。

余裕で完食!

アフタヌーンティー自体はボリューム控えめでもこじんまりとした感じで丁度いい量でした。

何故か紅茶がやたらたっぷり入っていて、めちゃくちゃ飲み応えがあるのが不思議。

最後は紅茶でお腹が一杯になってしまったほど(笑)

もはや英国の貴族気分ですっかりお茶会を楽しんでしまいました。

個室だから何の気兼ねもなく、好き放題お喋りできるし、撮影だってバシャバシャできちゃうし。

個室、最高だべ~~~!(誰だよ)

お店の女性もとても感じが良くて、本当に来てよかった!

お土産やプチギフトに使えるクッキーをゲット

ちなみに、個室の隣にはテイクアウト用のお菓子が販売されているスイーツショップになっています。

アフタヌーンティーを食べた後にちょっと覗いてみたついでに、お土産も購入しちゃいました。

えの木てい定番のチェリーサンドは要冷蔵とのことなので断念し、代わりにジュエリーボックスを模したパッケージが可愛らしいクッキーをゲット。

ほーら、可愛いデザインでしょ?

蓋だけではなく、側面にもちゃんとジュエリーの模様が施されているんです。

クッキーもサクサクホロホロしたシンプルな味わいで、形もテイストも異なる4種類のクッキーが入っていてどれも美味しかったです♪

横浜山手えのきていアフタヌーンティー体験記感想まとめ

さーて、そんなこんなで、えの木亭でアフタヌーンティーをいただいた感想レポをお届けしました!

いやー、もう雰囲気最高でしたよ。

洋館風の乙女チックかつレトロな空間でバラまみれのアフタヌーンティーをいただく・・・まさに至福の時間でした。

何より個室っていうのがまたね、色々な意味でよかったです。

人目を気にせずに話せて撮影も心行くまで思う存分できるっていうのはいいですねぇ。

メモも取り放題だし(笑)

アフタヌーンティー自体も、昔ながらの洋菓子屋さんが作ってるんだなーという温もり感のある内容で、食べながら思わずほっこりしちゃいました。

最近のアフタヌーンティーは内容が凝っているところも多いゆえ、サンドイッチが一皿メインで出てくるところって意外と少ないんですよね。

そういう意味でも、シンプルで王道感のあるアフタヌーンティーは久々でした。

雰囲気も含めてとてもいいお茶会を楽しめたと思います。

個室利用料はかかるけど大満足!

むしろ、お釣りがくるくらいですわよ。

ホテルアフタヌーンティーと比べるとめちゃくちゃリーズナブルなところも地味に嬉しい限り。

えの木ていのある外人墓地の辺りは緑も多く、雰囲気も落ち着いているから、木漏れ日の中散策がてらそぞろ歩くのにもぴったりです。

何気に坂が多いので足元はスニーカーがおすすめかも知れません。

本当に素敵な時間を過ごせたので、横浜に行く機会のある方は是非一度足を運んでみて下さい。

マジでおすすめです!

以上、タビビシスター(@tabibisister)によるえのき亭アフタヌーンティーレポでした!

少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、よい旅を!

>>えの木てい公式サイトはこちら

予約なしでも大丈夫?えの木てい予約方法

えの木ていのアフタヌーンティーは

・ローズアフタヌーンティー3,000円~(税込)
・季節のアフタヌーンティー3,630円(税込)

の2種類があり、これらは個室でいただけます。

個室は2時間制(利用料2,200円)で、利用希望日の3日前までの予約が必須。

予約は公式サイトの予約フォームもしくは電話で直接予約出来ます。

個室は人気なのでなるべく早めに予約した方がいいですよ。

私達は予定が迫っていたので直接電話をかけました。

ちなみに、ローズガーデンセットだと1階席での提供になり、予約は不要とのこと。

>>えの木てい公式サイトはこちら

【アフタヌーンティーがいただける時間帯】
平日:12:30~14:30/15:00~17:00
休日:12:00~14:00/15:00~17:00

〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町89-6
TEL:045-623-2288
営業時間 平日 12:00~17:30(L.O. 17:00)
土日祝 11:30~18:00(L.O. 17:30)

横浜観光やホテル宿泊に関する記事はコチラ♪

-アフタヌーンティー・紅茶, 神奈川
-,

© 2022 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5