アフタヌーンティー・紅茶 神奈川

海が見える♪インターコンチネンタル横浜アフタヌーンティー口コミ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスター(@tabibisister)でーす!

今回は、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルにてアフタヌーンティーを食べた感想をシェアしたいと思います!

横浜のインターコンチといえば、建物自体が船の帆をイメージして作られていることでも有名ですよね♪

実は、こちらのラウンジでいただけるアフタヌーンティーも同じく帆の形をしているって知ってましたか!?

普段都内でのヌン活がメインな私達は、久しぶりの横浜遠征ということで憧れのインターコンチでのアフタヌーンティーにトライしてみることに。

その結果、横浜ならではのオーシャンビューが楽しめるラウンジで優雅な時間を楽しめちゃいました~。

この記事では、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルでアフタヌーンティーした体験談を元に、実際のメニュー内容や味の感想、ラウンジの雰囲気やサービスについてを豊富な画像と共に紹介しています。

ヨコハマ グランドインターコンチネンタルホテルのアフタヌーンティーが気になっているという方やこれから行こうかどうか考えているという方は是非参考にしてみて下さいね。

▼一休ならお得なプラン盛り沢山!▼

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルアフタヌーンティー体験記

そんなわけでやってきました、インターコンチネンタルin横浜。

アフタヌーンティーができるラウンジ「マリンブルー」はフロントと同じ2階にあります。

ブルーの絨毯が敷かれた店内は、自然光が降り注ぐ明るく開放的な空間になっていました。

舵やオールといった船にまつわる小物がちょこちょこ置いてあり、マリンな雰囲気を意識した内装が素敵。

入り口近くのカウンターではお酒等も楽しめるようで、夜はバーとしても使えるそうな。

案内されたのは一番奥の窓側の席。

座席は横並びスタイルで、これならバッチリオーシャンビューを楽しめそうな予感♪

テーブルには本日のメニューが置かれていました。

今回いただくのはチェリーアフタヌーンティー!(¥5,500)

まずは1発目の紅茶からいただきましょうか。

スーツ姿のダンディな男性がトプトプトプっとカップにティーを注いでくれます。

最初に選んだのはTWGの1837ブラックティー♪

紅茶を楽しんでいたらお待ちかねのアフタヌーンティーが運ばれてきました!

ティースタンドが帆の形になっています。

ほほぉ、コレが噂の・・・!!

確かに、インターコンチネンタル横浜ならではのアフヌンって感じですね!

海が見える席と相まってなかなか画的にもいい感じ。

それでは、早速いただきま~す!

まずは温かい状態で出してくれるほかほかスコーンからいってみましょう。

スコーンは

・ワイルドブルーベリー
・プレーン

の2種類。

スコーンがやたらムチムチフニフニっとした食感で、パンのような食べ応えがあるタイプでした。

付け合せはクロテッドクリームとはちみつ。

はちみつはシンプルでクセがないナチュラルな味わい。

ワイルドベリースコーンは、口に入れるとベリーの甘酸っぱい風味がほのかに香ります。

プレーンスコーンは生地が柔らかくて素朴なテイストで、しっとり系のクロテッドクリームとはちみつとの相性もバッチリでした。

続いて、一番下の段のセイボリーゾーンへ。

【 セイボリー】
・ビーツのムースチアシードとサワークリーム添え
・アヴォカドとシュリンプのサンドミモザ風
・キャベツ、ベーコン、ドライトマトのキッシュ

アボカドとシュリンプのサンドは、パンがピンク色でこれまたムチムチした生地なので結構お腹に溜まります。

ビーツのムースは、ビーツのスッキリした酸味とサワークリームのまろやかなコックリ感がまんまロシアのボルシチを彷彿とさせるテイスト。

最初苺のムースに見えたくらい見た目も綺麗。

チアシードのプチプチ感もよき。

温かいまま出てくるキッシュ。

切ってみると、中にはシャキシャキした甘みのある蒸しキャベツやベーコンがたっぷり入っていて、ドライトマトの酸味がいいアクセントに。

外側のパイは軽くてサクサク、噛むと卵のふんわり感を味わえるギャップも○。

お次は真ん中の段に手を付けてみます。

・チェリーガナッシュコーン
・フォレノワール
・チェリータルト
・佐藤錦と求肥の抹茶ロール

誕生日での利用だったのでプレートもつけてもらえました♪

ピンク色のチェリータルト(左)は、もにゃもにゃっとした生地(?)の中にホイップクリームがぎっしり詰まってます。

一口サイズなので食べやす~い♪

大きな佐藤錦が飾られた抹茶ロール。

抹茶の香ばしい風味ジューシーなさくらんぼが組み合わさると、何故か小豆のような味わいに・・・(笑)。

クリームの中にはモチモチの求肥が隠れていますよん♪

ショコラの上に生クリームが渦を巻くフォレノワールは、金箔が降りかかったゴージャス仕様。

その下にあるチェリーガナッシュコーンは、アザランがちりばめられたソフトクリーム風のデザインがラブリー♪

さくらんぼのムースのようなクリームがたっぷり詰まったコーンは、時間が経っていたのもあり少々シナシナしてました。

ありゃりゃ、これはスコーンより早めに食べた方がよかったかも・・・。

最後は一番上の段!

【プティフール】
・チェリー入り杏仁レモンゼリー
・ピスタチオとアプリコットのマスカルポーネムース
・チェリームース
・チェリークラフティ

チェリーアフタヌーンティーというだけあって、全体的にレッド&ピンクなスイーツ多めです。

一見梅干しのような見た目のチェリームース。

中を切るとこんな風になってます。

ムースはフワフワ、下のクッキーはサクサクで意外とムース自体は酸味が強めでした。

最後はこちらのゼリーで〆たいと思います。

さくらんぼがゴロリと入ったゼリーと杏仁豆腐という2層式が斬新な1品で、レモンの爽やかな風味がほのかに香る初夏らしいスイーツでした。

ふぅ~、食べた食べた!

ボリュームはほどほどでしたが、スイーツが結構甘めだったのでかなりお腹一杯になりました!

▼一休ならお得なプラン盛り沢山!▼

インターコンチネンタル横浜ラウンジマリンブルーの紅茶やドリンクについて

続いて、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのアフタヌーンティーで提供される紅茶やドリンク類について紹介しますね。

紅茶はポットサーブで、分量は大体カップ2.5杯分くらい。

フリーフローでおかわりし放題なのはもちろん、紅茶の種類が変わる度にカップも変えてくれるところが地味にありがたかった~。

メニューは以下の通り。

・1837 ブラックティー
・アルフォンソティー
・シルバームーンティー
・モロカンミントティー
・玄米茶
・シンガポールブレックファスト
・ハルムッティー(アッサム)
・イングリッシュブレックファスト
・アールグレイ
・ダージリン
・モルゲンタウ
・ジャスミンティー
・カモミール
・ローズヒップ
・スイートジンジャー
・ヴァーベイン
・ルイボス
・ルイボスバニラ
・レモンスカイ
・ペパーミント
・レッドベリーズ
・ノンカフェインティー
・アイスティー
・ブレンドコーヒー (ホットアイス
・カフェオレ(ホットアイス)

紅茶はTWG、ハーブティーはロンネフェルトの茶葉を使っているみたいです。

最初に飲んだ1837ブラックティー

ベリーの甘い香りが女性好みの紅茶で、スイーツ感覚で飲めちゃいます。

緑茶と紅茶をブレンドしたシンガポールブレックファースト

ほのかにバニラの香りがしてチャイのような味も感じられる面白いフレーバー。

だけど、後味はさっぱりしてるので重めのスイーツとも相性よろし。

ハルムッティー

濃い目のアッサムでこれはミルクティーにしたら美味しそう。

時間が経つと渋みが出るので注意。

リンゴやローズヒップをブレンドしたレモンスカイ

レモンの香りが爽やかなハーブティーで、食事の合間合間の箸休めに丁度いいスッキリ感。

スイートジンジャー

しょうがの辛味と刺激がありつつも、その名の通り、ほんのり甘みやまろみも感じられる優しい口当たりのお茶で個人的には好きでした。

ヴァーヴェイン

爽やかでクセのない香りで、飲むとホッと一息つける飲み心地。

ちょっと草っぽい素朴な風味がありました。

〆で飲んだカフェオレ

ミルクたっぷりで飲み応え抜群!

他にも写真を撮り忘れましたが、お花やマンゴーの香りがするトロピカルなアルフォンソティーマンゴー、ミントのスカッと感がたまらないモロッカンミント等も美味しかったです。

ハーブティーの種類が色々あって、ロンネフェルトとTWG両方飲めるのは嬉しかった~♪

マリンブルーのアフタヌーンティーで出てくるポットは重厚感のある銀製のポット。

これもまた雰囲気があっていいですよね~。

▼一休ならお得なプラン盛り沢山!▼

インターコンチネンタル横浜ラウンジ・マリンブルーの雰囲気やサービスについて

続いて、ラウンジ「マリンブルー」の雰囲気やサービスについても備忘録がてら記していきたいと思います。

マリンブルーという名前の通り、内装は青をところどころに散りばめたマリン感のあるデザインが特徴的。

比較的一つ一つのテーブルが離れているので、他のお客さんと変に視線が合うこともなく落ち着いて食べられる点はよいですね。

窓側の席だとオーシャンビューなので、横浜の海を思う存分楽しめますよ。

今回、宿泊したせいなのか誕生日利用だったのかは分かりませんが、席はかなりよかったです!

奥側の角席&横並びのソファ席ゆえ、隣の人は気にならないし、目の前には海!!

スイーツをパクつきながら、クルーズ船が行き交う姿をボーっと眺めたり、桟橋をそぞろ歩くカップルを観察したりと、のんびりしたティータイムを楽しむことができました。

写真もめちゃくちゃ撮りやすい!

接客に関しては混雑している&奥側の席だったせいもあってか、スタッフによる目端の利き具合にバラつきがあったように感じます。

紅茶のおかわりをしたくて人を呼んでもなかなか気付いてもらえない(スタッフ同士でお喋りしてる)ところが少々難点でしたね~。

アイコンタクトしても全然目も合わないし、ややイラっとしましたが(笑)、女性スタッフは親切だったので人によりますね。

ま、どうしても土日は混むから仕方ないのかも知れませんが。

▼一休ならお得なプラン盛り沢山!▼

横浜グランドインターコンチネンタルホテルアフタヌーンティー感想まとめ

さーて、というわけで、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのアフタヌーンティーをいただいた感想レポをお届けしました!

ぶっちゃけ、アフタヌーンティーそのものは普通・・・というか、可もなく不可もなくって感じのお味です。

見た目の洗練度もそこまでではなく、少々センスが古いような気もしたりしなかったり・・・(辛口)

スイーツが全体的に甘めで重かったのもあり、どちらかというと若い子向けのメニューだなという印象を受けましたね。

あ、でもスコーンはムチっとしてて美味しかったですよ。

正直、同じ値段でももう少しおしゃれっぽいアフタヌーンティーはあるなと感じてしまったのも事実ですが、

・ハーブティーの種類が多い
・ロンネフェルトとTWG両方楽しめる
・ポットがオシャレ

な点はよかったかなと思うので、お茶をガブガブ色々な種類飲んでみたい人にはいいかも。

何より、憧れの船の帆の形をしたティースタンドをこの目でじかに見られたってところで個人的には大満足です!

オーシャンビューの横並び席も雰囲気抜群だったし、この「横浜に来れた感」を存分に味わえたのは素直に嬉しかった~♪

お味はともかく、横浜行ったついでにインターコンチでアフヌン♪というプライスレスな(?)体験がしたい人にはおすすめだと思います。

あと、普通にインスタ映えはするのでそれ目的で行く人も多そうだなーと。

やっぱり、海が見える席でのアフヌンって都内だと出来るところが限られてしまいますからね(お台場のインターコンチとか)。

この立地・環境は横浜ならではだなと実際に行ってみて感じました。

お値段もホテル系のアフタヌーンティーの中では比較的リーズナブルな部類(5,500円)なので、気になる人は一度行ってみるといいですよ!

そんなわけで、以上、タビビシスター(@tabibisister)によるインターコンチネンタル横浜のアフタヌーンティー感想レポでした!

少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、よい旅を!

▼一休ならお得なプラン盛り沢山!▼

ネット予約は一休がお得

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのアフタヌーンティー予約なら一休がお得です!

今回、私達が予約したのは紅茶おかわりし放題の5,500円のプラン。

一休だと同じ内容でもお得なプランがあったり、スパークリングワイン付のプラン等色々あるので気になるものをチョイスしてみて下さいね♪

週末は結構混雑するので予約するならお早めに!

▼一休ならお得なプラン盛り沢山!▼

ちなみに、OZmallを使っている方はOZmallから予約もできます♪

>>OZmallでアフタヌーンティーを予約する

横浜観光やホテル宿泊に関する記事はコチラ♪

-アフタヌーンティー・紅茶, 神奈川
-, , ,

© 2022 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5