トゥルク

【海外暮らしを疑似体験!】トゥルクのアパートに宿泊してみた感想

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

旅行というとホテルに泊まるというのが定番ですが、実はフィンランドにはホテル以外にもアパートメントタイプの宿泊施設が沢山あるって知ってました?

滞在している間は自分の好きに使うことが出来るので、ちょっとした海外暮らし体験を味わってみたい人にとってアパートメントタイプのホテルはとってもおすすめなんです。

今回は私たちがトゥルクで宿泊したBorent Suite Apartmentというアパートに滞在してみた感想や口コミをご紹介したいと思います!トゥルク観光を考えている方は是非参考にしてみて下さいね!

トゥルクのアパートBorent Suite Apartmentの場所

私たちはBorent Suite Apartmentというアパートメントに3泊しました。

このアパートはトゥルクのバスターミナルまで徒歩1分という好立地にあります。

トゥルク中央駅までは約700m(徒歩10分ほど)、広場まで600mなのでアクセスも便利で観光しやすいところが〇。

スーパーも近くにあるので自炊したい時やちょっとした食料を調達したい時にも便利。

アパート周辺は治安もいいので夕方~夜に一人で出歩いていてもそんなに不安を感じることはなかったです。

アパート名:Borent Suite Apartment
住所:Lantinen pitkakatu 11, 20100 トゥルク, フィンランド

トゥルクのアパートに宿泊した口コミをご紹介

こちらのアパートですが、入り口が暗証番号制になっています。

予めオーナーからメールでもらっていた入り口の暗証番号キーを入力すると、ロックが解除されてアパートの中に入れるという仕組みになっています。

入り口前にエレベーターがあるのでこれで自分の部屋まで行きます。

エレベーターは旧式で中は狭く結構ガタガタいいますが途中で止まることはないのでどうぞご安心ください(笑)

お目当ての階のボタンをポチっとな!

こちらが私たちの宿泊する部屋です。

部屋に入る時も暗証番号が必要なので予約時にオーナーから送られてきた4桁のナンバーを入力します。

中に入るとフローリングの広いリビングがお目見え。

ソファ側の壁と反対側の壁にはそれぞれ写真のようなリアルテイストのアーティスティックな絵が2枚飾ってあって、かなりおしゃれでスタイリッシュな雰囲気です。

いかにも北欧風のお部屋という感じで、ホテルに泊まるというよりも誰かの家に遊びに来たような感覚になりますね。

これは滞在するのが楽しみになってきました。

リビングには3人掛けのソファやテーブルと椅子4つ、テレビなどが置いてあります。

テーブルの上には嬉しいことにウェルカムドリンクのミネラルウォーターとミントチョコが4つ用意されていました。

バスケットの中にもナシとリンゴ、オレンジが入っていましたが、少々しなびていたので手はつけず(笑)

テレビが結構大きめなのも嬉しいです。

画質もなかなかいいので暇な時はこれで現地の番組を観てみるのもいいかも。

試しにつけてみたらフィンランド版のドッキリ映像がやっていて言葉も分からないのについつい観てしまいました。

反対側の壁には子供用のテーブルもあるので赤ちゃん連れでも大丈夫。

バルコニーに出てみました。

結構日当たりがいいのでここで日向ぼっこがてらボーっとしているのも気持ちいいです。

2人掛けのミニテーブルがあって手すり部分に洗濯物を干すことが出来るのでなかなか重宝しました。

フィンランドは夏は湿気がなくとても乾燥している&日中は日差しが強いのでわりとすぐに洗濯物が乾くのがありがたい!

このアパートには洗濯機はなかったので仕方なく台所で手洗いをしたのですが、朝に洗って、出かける時に干しておけば夕方観光が終わって帰ってくる頃にはちゃんと乾いていました。

ベランダから見えるトゥルクの街並み。

アパート周辺はとても静かで車の音も人の声も全然聞こえないくらい。

閑静な住宅街という雰囲気でした。

ハンガーを使いたい場合は寝室入り口近くの壁にかかっているのでこれを使うといいです。

リビングの奥はキッチンスペースになっています。

食器洗い器や電子レンジ、冷蔵庫、IHコンロに卓上のエアコン2台、湯沸し器といった一通りの設備は整っている模様。

台所はシンクがやや狭めなので本格的な料理はちょっと大変かもしれませんが、ちょっとした自炊なら十分出来そうな感じです。

湯沸し器はスイッチ一つで簡単に沸くし、トースターもあるし、マグカップやグラス、お皿といった食器類も完備されているので、近くのスーパーで買ってきたパンを焼いてコーヒーを飲んで、といった優雅な朝食を楽しむのもアリかも。

台所の引き出しにはナイフやスプーン、フォーク、トングやレモン絞り器、キッチンペーパーといったキッチン用品が入っていました。

鍋やボールなどもあるので簡単なサラダやスープ類は作れそうです。

ワイングラスも置いてあるので夜に晩酌というのも乙かも知れません。

インスタントコーヒーが常備されているあたりがフィンランドらしいですね。

やっぱり朝のコーヒーは欠かせないのでしょうか。

冷蔵庫は小さめですが果物やハム、チーズくらいなら全然置いておけます。

キッチンの奥は寝室になっていてシングルベッド2つと補助用のソファベッド、計三台が置いてあります。

キッチンと寝室の間はちゃんとドアで仕切られているので、寝る時はドアを閉めてしまえば音も聞こえず落ち着いて眠ることができますよ。

無彩色のカラーでシンプルにまとめられたファブリック類がシックで落ち着いた雰囲気を醸し出していますね。

コンセントが沢山あるので充電には不自由しないのがありがたい。

ホテルだと変なところにコンセントがあったりするからなぁ。

ベッド自体はスプリングも硬すぎず、わりと寝やすかったです。

枕は四角でこちらも硬すぎず柔らかすぎずという感じでした。

掛け布団がやや薄めなので夜は多少寒く感じましたが、難といえばそれくらいかな?

補助ベッドもソファベッドの割には広めだし、寝ているときに肩が当たったり圧迫感を感じるということもありませんでした。

ベッド脇にはサイドテーブルもあるので便利。

こちらは洗面所。

ドライヤーはターボ機能アリで風量も申し分なし。

バスタオルなどは人数分プラス予備で1枚が用意されていました。

シャンプーやリンスといったアメニティ類は特になし。

専用バスルーム。

シャワーはお湯の温度調節が簡単に出来る&湯量も多くて使いやすかったです。

床も綺麗でジメジメした感じはないし非常に清潔な印象です。

トイレはビデつき&トイレットペーパーの補充が沢山あるので万が一の時も安心(笑)

シャワーを浴びる時にトイレ用のマットがどうしても濡れてしまうので1度外に出しておくといいかも。

アパートの申し込み方と料金

肝心のお値段についてですが価格は3泊で大体45,171~ 341.94 円でした(3泊)。

予約は私たちはブッキングドットコムから行いました。

⇒ブッキングドットコムのサイトはこちら

ブッキングドットコムで予約後、オーナーから確認メールがくるのでそれで予約は完了したことになります。

宿泊日が近づくと再度メールで部屋の鍵番号とアパート入り口の暗証番号が送られてくるので、このメールを保存してばOK。

チェックイン当日はアパートに到着したら入り口で暗唱番号を入力し、自分の宿泊する部屋に入る際も部屋の暗証番号を入力すればそれでチェックイン完了です。

チェックインは15時以降、チェックアウトは10時まで。

トゥルクのアパートに宿泊した感想まとめ

全体的に非常に居心地がよく、設備も整っていてとても使い勝手がよかったです。

ただ、無料Wi-Fiが非常に繋がりにくかったのでそこがちょっとマイナスかな。

リビングのテーブルにパスワードを書いた紙があるのでそれを入力するとログイン出来るものの、いかんせん繋がらない!!

繋がる時間帯もバラバラだし、イケル!と思ったらすぐ切れてしまうしで、結局滞在中はほとんど使えませんでした。

それ以外は概ねよかったかなと思います。

ホテルとは違って寝室やキッチン、リビングと各部屋が分かれていてまるで自宅のようにくつろげるのはやはりアパートメントならではです。

人と一緒に旅行しているとたまに自分の時間が欲しくなったり、精神的にリラックスしたくなる時がありますがそんな時はアパートタイプのホテルを選ぶとリフレッシュできますよ。

束の間のフィンランド暮らしを疑似体験できるので、海外生活気分を味わいたいという方にもおすすめ。

ゆっくりまったり、自分のペースで暮らすような旅をしたいのならたまには趣向を変えてアパートメントタイプのホテルに泊まってみるのもいいかも知れません。

いつもとは違った感覚で旅を満喫できると思います♪

ちなみにホテルは予約サイトから予約すると大分安くなることもあるので、うまく利用してみるといいですよ!

私達はここから予約しました⇒【Booking.com】世界のホテル割引予約

それでは、良い旅を!

トゥルクの観光情報についてはこちらの記事も参考にしてみて下さいね↓

>>トゥルク大聖堂体験レポ
>>トゥルクマーケットホール見学レポ
>>トゥルクのおすすめオシャレカフェArt体験レポ

-トゥルク
-, , , , , ,

Copyright© TABIBISISTER , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.