海外旅行テクニック

スーツケースとバックパックどっち?女性用海外旅行バッグの選び方

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回は「女性一人旅(個人手配)するにあたって荷物をどんなカバンに入れて持って行けばいいのか?」についてを実体験を元にご紹介したいと思います。

女性用の海外旅行バッグの候補は大きく分けて

・バックパック
・スーツケース(キャリーケース)
・3wayバック(背負える、引ける、かけられる)

の3つに分類されます。

この中でも

・スーツケース
・バックパック

のうち、どちらを選ぶべきかで悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

ヨーロッパやアジア(中東等も含む)諸国を女性が一人旅するのなら、個人的な意見としてはスーツケースよりもバックパックが絶対おすすめです。

その理由は、バッグパックの方が

・手軽に持ち運べる
・かさばらず邪魔にならない
・いざという時は背負って逃げれる

から。

この記事では、海外女性一人旅にはスーツケースよりもバッグパックがおすすめな理由について説明しています。

それと併せて、バックパックとスーツケースそれぞれのメリット、デメリットを踏まえたうえで、どんな商品を選べばいいのかも個人的意見を交えながら詳しく解説。

これから海外旅行をしようと考えているけれど、どんなバッグに荷物を入れて行こうか悩んでいるという女性は是非参考がてら読んでみて下さいね。

女性個人旅行なら持ち運びしやすくて小回りが利くバッグパックが便利

女性一人旅は色々な意味でハードです。

体力面はもちろん、強盗やレイプといった防犯上のリスクだって「女性である」というだけで男性より高くなってしまうのは事実。

だからこそ、安全に旅するためにもバッグ選びは慎重に行う必要がありますよ。

「でも、バックパックは背中に担がなければいけないし、男性よりも体力がない女性ならゴロゴロ引けるスーツケースの方が楽なのでは?」

そう思う人もいるかも知れません。

ですが、女性一人旅で防犯にも人一倍気をつけなければいけないからこそ、スーツケースではなくバックパックを選ぶべき!

その理由についてまずは説明していきますね。

移動が多い旅だとスーツケースは邪魔になるから

個人手配で自分の好きな場所を巡る女性一人旅では

・空港から市内まで
・市内から宿泊予定のホテルまで
・ホテルから観光スポットまで
・観光スポットから鉄道駅まで

・・・と、とにかく移動が多くなります。

これが添乗員さん付のパッケージツアーなら、目的地までは全て観光バスで移動出来るからラクチン♪

常にガイドさんがいるので観光中に道に迷うこともありませんしね。

しかし、一人旅だとそうはいきません。

町から町への移動でバスや列車を使うことはあるにせよ、街中では徒歩移動がメインとなります。

鉄道駅まで2~3㎞くらいは余裕で歩くことになりますし、ホテル探しで手間取って5km以上歩くことだってザラ。

泊まる宿によってはエレベーターやエスカレーターがなく、階段しか使えない不便なところもあります。

そんな時、スーツケースだったら・・・??

う~ん、考えただけでも大変そうですね(;^ω^)

階段の昇り降りはもちろん、徒歩で何㎞も歩くとなると、キャスターをゴロゴロ引いて行かねばならないスーツケースは便利どころか正直邪魔!!(笑)

歩くことが多い一人旅だからこそ、片手で持ち上げたり背中に背負って歩けるバックパックの方が色々な意味で携帯しやすい!と私は思うわけです。

石畳や砂利道だと引いて歩くのが大変だから

一人旅で訪問する国が、必ずしも日本のように綺麗に整備されている国ばかりとは限りません。

道がぬかるんでいたり、砂利道だったり、突然のスコールによって道路が一気に水たまりだらけになったり・・・

と、途上国の旅では数々の試練が襲い掛かるこどでしょう。

こうした悪路の中、重いスーツケースを引きずって歩くのは少々厳しいものがありますね。

インドなんかだとその辺に牛の糞が落ちていたりするのでもう最悪。

せっかく買ったおしゃれなキャリーケースもすぐに泥だらけ・・・いや、糞だらけになってしまうこと間違いナシ!

まさに「クソッ!!」と毒づきたくなるような惨めな気持ちになるでしょう。

また、お綺麗なイメージのヨーロッパでも石畳が多いので、運が悪いとスーツケースのキャスター部分が壊れてしまうことも。

私がエストニアに行った時、日本人観光客の方がやはり石畳が原因でスーツケースを壊してしまったらしく、悪戦苦闘していて見ていて可哀想でした。

その点、バッグパックならどんな道でも問題なく歩けます。

汚れるのだって自分の靴だけで済みますし。

道が悪い場所でもスムーズに荷物を持ち運びできるのは、やはり背負って歩けるバックパックならではのよさだといえるでしょう。

かさばらず小回りが利くから

インドやタイといったアジアの国々では、街中の移動に

・トゥクトゥクやリキシャのような三輪タクシー
・2ケツするバイタクシー(バイク)

といった小型の乗り物を使うケースが多々あります。

こういう時、バックパックならわざわざ車の中に降ろさなくても背中に背負ったまま乗ることが出来ますし、バイクで2ケツするのも簡単。

しかし、スーツケースだと重い・大きい・背負えないの3重苦ゆえ、一気に乗るハードルが高くなります。

バックパックよりもフォルム的にかさばりやすい分、どうしても小回りが利きにくいんですよね。

スーツケースの場合、「国によっては移動の際にタクシー以外の乗り物に乗りづらくなる」というデメリットがあることも覚えておいてくださいね。

ピンチの時も背負って走れるから

バックパックの最大のメリットは、何といっても両手が空いていつでもどこでもすぐに走り出せる機動力の高さにあります。

・バスや電車に乗り遅れそうになった時
・怪しげな男に追いかけられた時

こんなシチュエーションでもバックパックなら全力ダッシュが可能です。

また、

・ぼったくりタクシーに乗ってしまった
・運転手と料金で揉めた

時もおかしいなと感じたらその場ですぐに降りられます。

スーツケースだと車に乗る際にトランクに入れられてロックされてしまうので、何かトラブルが発生した時に荷物を人質に取られて逃げるに逃げられなくなってしまうんですね。

でも、バックパックならトランクに入れずにそのまま抱えるなりして車内に持ち込めます。

むしろ、この運転手はあまり信用出来なさそうだと感じたならバックパックを背負ったまま座席に乗り込んだってOK。

いざという時に走って逃げられる機動力の高さに関しては、圧倒的にスーツケースよりバックパックの方が優れています。

いつでもどこでも持ち込める手軽さがあるから

一人旅で困るのがトイレタイム。

目を離した隙に持って行かれる危険性もあるので、荷物をその場に置いておくわけにもいきません。

かといって、その辺の人に見ててもらうのも難しい。

で、仕方なくトイレまで重~い荷物を持ち込むわけですが・・・。

トイレの個室にスーツケースを持って行くとなるとスペース的にもかなり手狭になりますよね。

場合によっては床が汚物で汚れている可能性もありますし、色々な意味で悲惨なことになりかねません。

でも、そこそこの大きさのバックパックなら、和式スタイルで用を足す時だって荷物を背負ったまま出来ちゃうんです!

ちなみに、トイレでのスクワット態勢は地味にハードなので、旅行前にお尻と太ももの筋肉を鍛えておくといいですよん(何のアドバイスだよ)。

いつでもどこでも持ち運べる手軽さはバックパックの利点。

これは機内持ち込みも然りです。

ほとんどの航空会社では縦横幅の三辺の和が115cm以内(かつ55cm×40cm×25cm以内)、重量制限のあるLCCでも10キロ以内なら機内持ち込みが認められています。

ロストバゲージ対策はもちろん、空港到着後の荷物のピックアップ時間を節約したいなら機内持ち込みしやすいバックパックの方がおすすめですよ。

バックパックのサイズや大きさはどれくらいがベスト?

というわけで、一人旅ならバックパックの方が

・手軽に持ち運べる
・かさばらず邪魔にならない
・いざという時は背負って逃げれる機動力がある

という点でスーツケースよりもおすすめ!という理由が分かっていただけましたでしょうか?

ここで気になるのが、どれくらいの大きさ・サイズのバックパックを持って行けばいいのかということ。

今までの私の経験を踏まえるに、女性なら30リットルくらいのものが丁度いいのではないかと思います。

それ以上だとせいぜい40リットルまでが限界かなーと。

というのも、女性は基本的に男性よりも体力がありません。

欲張ってあまりにも大きいサイズのものを選んでしまうと、

・重い
・かさばる
・疲れる

の3K状態となり、体力の消耗を招くのはもちろん、バックパックの大きさのせいで移動が面倒になったり旅をしんどく感じたりといったデメリットが発生してしまうんです。

私は身長166㎝で女性としてはやや大柄な方なのですが、40リットルのバックパックを背負って旅した時は結構しんどかったですね~。

40リットルで荷物をパンパンに入れた状態だと

・かなりの重量感を感じる
・肩や腰に負担がかかる
・片手で持つことはできない
・バスや列車で荷物を棚に載せる時に苦労する
・走る時のスピードが落ちる

といったマイナス面ばかり感じました。

疲れやすくなって走るスピードも遅くなる、ということは防犯上のリスクを自ら作ってしまっているわけなので、これはあまりいただけないですね。

なので、女性がバックパックを使うのなら30リットル、せいぜい40リットルまでが限界なのではないかと思います。

ちなみに私はKarrimor(カリマー)というアウトドアブランドのバックパックを愛用していて、25・30・40Lの3種類のサイズを持っています。

行く国やシーズン、目的、その時の荷物の量によって使い分けているのですが、今までの経験上30Lが一番小さすぎず重すぎず一番使い勝手がいいかなと感じています。

スーツケースやキャリーケースは邪魔?旅のスタイル次第では便利かも

さて、ここまでバックパックの魅力についてあれこれ語ってきたわけですが、女性の個人旅行にスーツケースはダメなのか?というと必ずしもそういうわけではありません。

逆にスーツケースならではのメリットだってもちろんありますよ。

スーツケースのメリット

・キャスター付だから重くても引くだけなので楽
・リュックのように背負わないから肩が凝らない
・スペースが広いので物が沢山入る
・バックパックより荷造りが簡単

やはりキャスター付きゆえ、引くだけで重いものを持ち運べる点は非常に便利!

容量もあるから荷物も沢山入りますし、バックパックのように入れる順番や物の形をいちいち考えずに済むのも助かります。

ちなみに、私自身は女性一人旅ならバックパック推奨派ではありますが、旅のスタイル次第ではスーツケースでもいいんじゃないかなと思ったりもしています。

特に

・完全パッケージツアー
・都市部だけ巡る旅や1都市滞在型
・リゾートステイ
・買い物がメインの旅行
・おしゃれしてインスタ映えの旅をしたい

といった旅行スタイルなら、スーツケースの方がむしろ適している場合もあります。

これについて軽く説明しますね。

パッケージツアー

添乗員さん付の完全パッケージツアーの場合、移動は基本的に専用バスでの移動になるかと思います。

観光中もホテルorバスの中にスーツケースを置いていけるので、これならスーツケースを持って行っても特別不便を感じることなく旅行出来るのではないかと。

都市部だけ巡る旅や1都市滞在型

ニューヨークやロサンゼルス、ローマやミラノといった大都市だけを巡る場合はスーツケースでも問題ありません。

私の旅好きの友人も年に2回くらいヨーロッパ旅行に出かけるのですが、いつもスーツケースで旅しています。

1つの町にだけ滞在して観光する1都市滞在型の旅行なら移動もそんなにありませんし、あえてバックパックである必要性はないかも知れませんね。

リゾートステイ

ハワイやニューカレドニア、モルディブにタヒチetc・・・

テーマを持った女子旅や自分へのご褒美旅行でリゾート滞在するのならスーツケースがおすすめ!

むしろ、ラグジュアリーな気分を味わうのに庶民派なバックパックは不似合いです(笑)

高級ホテルに泊まる予定ならチェックイン時に見た目で判断されることもありますし、いい扱いを受けるためにも小汚いバックパックよりスーツケースの方が舐められずに済むのではないかと。

買い物がメインの旅行

渡航先でお土産を大量に買いたい人はスーツケースの方がおすすめです。

女性ならやはり旅先での買い物は楽しみたいですもんね。

バックパックだとお土産を入れるのにも限界がありますし、そもそも次の移動が控えていて荷物になるので旅行中はあまり買い物出来ませんし・・・(泣)

その都度国際郵便で送るというのも高くついてしまいますから、買い物メインの旅行なら絶対スーツケース一択です。

おしゃれしてインスタ映えの旅をしたい

写真にこだわりがあって、インスタ映えする写真が沢山撮りたーい!

というイマドキ女子は、当然のことながら服や靴、帽子にバッグとファッション系のアイテムを大量に持っていきたいハズ。

この観光地ではこのワンピースを着て、このレストランではこのパンプスを履いて・・・

と自分の中で具体的な妄想を膨らませているのなら、やはりおしゃれ用の服を沢山入れられるスーツケースを使用した方がいいですね。

女性一人旅用スーツケース(キャリーケース)を選ぶ時のポイントは?

女性一人旅用のスーツケースを選ぶ際は

・キャスターが丈夫
・本体が軽い&小さい

ものを選ぶのが基本。

機内持ち込みしたい場合は、特に大きさには注意したいところです。

また、外側にポケットがついているタイプだと、荷物検査の際に液体物だけ出して終わったらまたすぐにしまえるので機内持ち込み派には便利です。

ちなみに、安物のスーツケースだとキャスターやハンドルが壊れやすかったりするので気を付けて下さいね。

私も以前、成田空港到着直後にキャスターが壊れてしまい急遽カウンターで新しいのに取り換えてもらったことがあります(汗)

スーツケースには主にソフトタイプとハードタイプの2種類がありますが

・防御力重視ならハードタイプ
・持ち運びしやすさ重視ならソフトタイプ

をチョイスするといいですよ。

ソフトキャリー

布張りのソフトキャリーは軽くて扱いやすいため女性旅行者には人気ですよね。

ただし、素材が柔らかいゆえ雨に弱かったり、外側をナイフで切りつけられて盗難に遭う可能性もあるのでそこは注意が必要ですね。

イーグルクリークのソフトキャリーは、砂利道や石畳でも壊れない頑丈な造りと軽量さを両立していて使い勝手がいいです。

耐久性のある4輪ホイールでワイヤーロックなどを固定して施錠できるセントラルロックポイントありで防犯面も〇。

ハードキャリー

ハードキャリーはソフトキャリーに比べて重いのが難点ですが、雨に濡れても平気&ナイフで切りつけられる心配もありません。

飛行機で預け荷物にするのなら、ぶつけられたり投げられたり乱雑な扱いをされても平気なハードタイプのスーツケースの方が安心です。

リモワのポリカーボネートは柔らかいのに丈夫で軽いという優れもの。

スーツケースでおすすめのブランドは?

スーツケースを買うなら

・サムソナイト
・アメリカンツーリスター
・エース
・リモワ

といったブランドのものは丈夫で定評があります。

自分がどんな旅をするのか、防犯面・重さ・サイズ・耐久性等何を重視するのかによって選ぶアイテムも変わってきます。

1年に何度も海外旅行に行くのなら買った方がいいと思いますが、初めての旅行や短期の場合なんかはスーツケースレンタルなどを利用するのもいいですね。

使い心地を確認してから後で実際にネット購入するのも一つの手だと思いますよ。

女性一人の海外旅行に3way・2wayバッグを使うのはアリ?

実は、バックパックとスーツケース以外にも、いわゆる3wayバッグというアイテムもあったりします。

これは

・背負えるザック型
・かけられるショルダー型
・提げられるカバン型

とシチュエーションによっての3つのスタイルに変形できるタイプのバッグのことをいいます。

まさにバックパックとスーツケースのいいとこどりのような代物ですね。

砂利道や石畳などの道が悪いところや階段では背負って、舗装された道ではコロコロと転がして・・・と応用が利くのは確かに便利。

ただし、

・キャスターの分だけ重さは感じてしまう
・ずっと背負うのはきつい

というデメリットもあるので、発展途上国をメインに旅するハードな旅行には正直向かないかなと感じます。

ちなみに、2wayタイプだと

・通常時はスーツケース型
・変形すると背負えるザック型

になります。

ただ、2wayにしろ3wayにしろ、移動距離が多くなる女性一人旅だとずっと背負えないというのはネックになりますので、総合して考えるとやはりバックパックの方がおすすめだといえますね。

まとめ・海外女性一人旅ならスーツケースよりバックパックがおすすめ!

というわけで、女性一人旅をするにあたってバックパックとスーツケースどっちがおすすめなのかということを自分なりの意見も交えつつ、解説させていただきました。

内容をサクッとまとめてみます。

バックパックに向いてる人

・長期旅行
・複数国を周遊予定
・複数都市を訪問予定
・バスや列車移動が多い
・治安が悪い国に行く
・発展途上国に行く

スーツケースが向いてる人

・短期旅行
・ツアー参加する人
・一都市滞在型
・リゾートで女子旅
・お土産を沢山買いたい
・おしゃれをしたい
・ポーターを雇える人(笑)

結論としては、防犯面・持ち運びのしやすさ・機動力を考えると女性一人旅するのならバックパック一択ですね。

あくまでこれは旅のメインバッグの話なので、観光で街歩きする際に持って行くのはまた別でそちらはサブバッグという扱いになります。

サブバッグについてはまた別記事で詳しく紹介したいと思います。

バッグパックやスーツケースの防犯対策について

旅行用のバッグを海外に持って行く場合、防犯面が気になる方もいるかと思います。

街歩き中にスリに遭ったり、ナイフで切りつけられて中身を奪われたり・・・といったことがないとも限りませんからね。

スーツケースやバックパックの防犯対策としては

・ワイヤー錠をつける
・南京錠をつける
・パックセーフでザック本体を覆う
・レインカバーでザック本体を覆う

といった方法があります。

私のおすすめはダイヤルロック式の南京錠を使うこと。

ぶっちゃけ南京錠をつけたとしても、プロの手にかかれば開けられてしまうのですが、つけるだけでも抑止力になりますしスリや泥棒のカモにはなりにくくなります。

こちらは通常のワイヤー錠とは違い3桁のダイヤル式でしっかりロックできる優れもの♪

列車やバス移動の際も南京錠やワイヤー式のロックをつけて固定しておくことで置き引きを防げますよ。

補足★海外旅行でスマホを盗難をされた時の為に海外旅行保険加入はマスト!

旅行中にバックパックを盗まれてしまった、荷物の中身を盗られてしまった・・・

旅先で万が一盗難に遭ってしまった時の為にも、予め渡航前に海外旅行保険にはちゃんと入っておきましょう。

私のおすすめはクレジットカードの自動付帯の海外旅行保険。

無料で作れるエポスカードなら

・傷害治療費用200万円
・疾病治療費用270万円

が最高レベルの補償金額で、携行品損害も20万円と1枚持っているだけで強い味方になってくれますよ♪

海外保険代って結構バカにならないので、クレカについている保険で賄えるのは結構デカイですよね。

まだ持っていない人は旅行前にサクッと作っておくことをおすすめします。

-海外旅行テクニック

Copyright© TABIBISISTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.