海外旅行テクニック

無料Wi-Fiだけだと不便?海外旅行でおすすめのネット接続法は?

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回は「海外旅行先で無料Wi-Fiだけ使って旅するデメリットと旅行スタイル別のおすすめネット接続方法」について紹介しますね!

タビビ
海外旅行先でスマホやパソコンをネットに繋ぎたい!
海外では無料Wi-Fiを使えるって聞いたけど実際どうなの??
日本のスマホを海外で使うと超高額請求になりそうで怖い・・・

そんな疑問や不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?

旅先でスマホやPCをネットにつなぐ方法は大きく分けて4つあります。

①ホテルやカフェ、空港等のフリーWi-Fi(無料)でつなぐ
②日本でWi-Fiルーターをレンタルする
③キャリアスマホの国際ローミングサービスを使う
④現地のsimカードを使う

ちなみに、私達は毎回ゲストハウスやホステルといった宿の無料Wi-Fiだけを使って乗り切ることが多いです。

何故かと言うと・・・、

旅の資金を少しでも節約したいから!(笑)

ただ、そうはいっても実際は無料Wi-Fiだけで旅をするのは少々不便だな~と感じることも多々ありまして・・・。

この記事では、フリーWi-Fiオンリーで海外旅行をするメリットとデメリット・リスクについて実体験を元に説明しています。

それと併せて、各々の旅のスタイルごとにおすすめなWi-Fi接続方法を詳しく解説。

これから海外旅行に行くけど、渡航先でのネット接続方法がいまいちよくわからない、おすすめの方法があるなら知りたい!という人は是非参考がてら読んでみて下さいね。

宿の無料Wi-Fiのみで旅して感じた5つのデメリットを大暴露

最初に言っておくと、無料Wi-Fiだけでも十分旅は出来ます。

実際私達もそれで何とかなっていますしね。

フリーWi-Fiのみで旅する最大のメリットは、余計なお金がかからないこと!

やはりこれに尽きます。

でも、これまで旅していて

「無料Wi-Fiだけだと正直不便!」

と感じたことは何度もあるんですよ。

ここからは私達の実体験を交えて、フリーWi-Fi頼みの旅をするデメリットについて解説していきたいと思います。

使いたい時にネットが使えない

フリーWi-Fiは基本的に

・ゲストハウスやホテル
・カフェやレストラン
・空港や駅などの公共施設
・ショッピングモール等の商業施設

といった特定の場所でしか使えません。

Wi-Fiアリと記載されているゲストハウスでも、実際は部屋の中だと電波が弱くてロビーでしか使えなかったりするケースも多かったりします。

観光や街歩き中に

タビビ
今この瞬間にSNSで写真をあげたい!
誰かにlineしたい!

といった気持ちになる瞬間ってありますよね。

そういう時も、宿に帰るまでネットはお預け状態になってしまうのが辛いところ。

使える場所が限定されてるから好きな時に接続出来ない。

分かってはいるものの、実際にそうなってみると想像以上に不便だなと感じます。

宿によっては使いづらいことがある

宿の無料Wi-Fiは、大抵の場合専用のパスワードを入力しないと使えないようになっています。

しかし、ホテルによっては一日ごとにパスワードが変更されるところもあったりして、これがなかなか厄介なのです!!

連泊する場合、日付が変わる度にいちいちパスワードを教えてもらわないといけないのでかーなーり面倒臭い!

しかも、1デバイスにつき1パスワードだったりするとさらに最悪です。

スマホ、ノートパソコン、タブレットと3つ分登録しないといけない(それも毎日)ので、もううんざり・・・(笑)

国によっては、中級レベルのホテルだと何故かWi-Fiが有料だったりするパターンも多いですしね。

通信速度が遅い時がある

宿やカフェのWi-Fiは、人が多い時間帯だとすごく重くなってしまい全然繋がらないこともよくあります。

特に朝や夜はアクセスが集中するのかやたらモッサリしがち。

宿泊した部屋によっては電波が弱くて、1クリックにつき30秒くらい待たされたりすることもザラ。

これだと次の日の調べ物をしたくても全然用が足りませんね。

Wi-Fiありの宿だからといって確実に使えるとは限らない。

無料Wi-Fiのみで旅する旅人はしかと心に刻んでおきましょう。

現地の人と交流する際に困る

Wi-Fiに常時接続出来なくて困ることの一つが「現地の人との交流がしにくい」こと

たまたま入ったローカル食堂や市場等で、仲良くなった人とSNSを交換したくてもその場で出来ない!というのは地味に困ります。

相手のIDを教えてもらっても、Facebookの場合なんかは同姓同名が多かったりすると後で探せなかったりしますし(自分のIDを相手に教えた場合も同様)。

こういう時、あー、Wi-Fiがあれば・・・といつも思います。

旅先でも実際に何度もこういうことがあり、結局そのまま繋がれなかった人もいて機会の損失だなと感じました。

また、現地の人と遊ぶ約束をした時も、待ち合わせや迎えに来てもらう際に連絡が取れないのは非常に不便。

集合時間になっても相手が現れない、自分が遅れそうな時に一報入れられないとなると焦るし不安になりますよね。

かといって、連絡取るためにいちいちカフェに入ったりするのもお金がもったいないし・・・。

ちなみに、誰かと一緒の旅行という意味ではカップルや友達、家族旅行で来ている場合も同様です。

現地で別行動をする場合はやはり互いに連絡を取れた方がいいですよね。

自分だけはぐれて迷子になった時に連絡取れないのは不安だし、丁度いい場所にWi-Fiが通じるショッピングモールがあるとも限りません。

連絡をすぐにとれないというのは無料Wi-Fiだけに頼るリスクの一つといえるでしょう。

想定外の状況が起こった時の対応に困る

旅先でトラブルに巻き込まれたりイレギュラーな事態が発生した場合も、ネットが使えなくて困ることが多々あります。

・ストライキで交通機関がマヒしてしまった
・バスがエンストを起こして知らない町で降ろされた
・街中でテロや暴動が発生した
・ちょっとした事故・事件に巻き込まれた

こういう時、無料Wi-Fiに頼っているとすぐに連絡がとれないし、とっさに現地の情報を調べることも出来ません。

時間帯や自分がいる場所によっては治安上のリスクを抱えてしまうことにもなり得ます。

また、観光中はオフラインマップ(ネット接続しなくても使える地図)を利用する人も多いと思いますが、このオフラインマップも万能ではありません。

たまにバグることもあり、正確な地図が表示されなかったり位置情報が全然反映されないこともあるので100%あてには出来ません。

私達もインド旅行中はしょっちゅうオフラインマップがバグり、結局人に聞きまくって目的地にたどり着いた経験が何度もあります(笑)

いつでもどこでもオフラインマップが使えるとは限らないので、そういう意味でもフリーWi-Fi頼みは少々不安だといえますね。

無料Wi-Fiだけで乗り切るなら下調べは必須!併せて他の方法も考えよう

というわけで、実際に無料Wi-Fiだけで旅していて私が不便だなと感じた5つの点についてお話させていただきました。

人によっては旅のスタイル次第で

・旅先でSNSはしない
・日本にいる家族に生存報告のlineやメールが出来れば十分
・宿でちょっとした調べものが出来れば満足

という場合もありますし、無料Wi-Fiだけで旅行しても全く問題はありません。

ただし、Wi-Fiを持たない場合のリスクはちゃんと考えておきましょう。

無料Wi-Fiオンリーで旅するつもりの人は、Wi-Fiが通じる環境下にいるうちに

・次の日の行動予定やプランをしっかり練る
・目的地の下調べをしておく

のは最低限やっておくべきです。

また、観光中もオフラインマップがあるからといって油断は禁物。

地図がバグる可能性も考えて、ある程度の位置関係は事前に把握しておくことが大切ですよ。

また、無料Wi-Fiのある宿を確保するのは当然として、その国についた初日の宿は予め予約しておくこともトラブルを防ぐうえでは重要です。

悪質な詐欺やぼったくり、レイプなどを回避するためにも、空港から市内までの交通手段の確保やどの交通機関を使うかも事前に情報収集しておきましょう。

無料Wi-Fi以外のネット接続方法も考えよう

タビビ
無料Wi-Fiだけだと何かあった時に不安・・・
いつでも調べものしたいからネットを常に使いたい!
SNS大好きだから宿でしか使えないなんてありえない!

そういう人は無理せず他の方法もうまく活用して「安心・安全・快適」な旅を試みるべきです。

無料Wi-Fi以外で海外でネット接続する方法は主に次の3つがあります。

・海外パケット定額プランを利用
・レンタルWi-Fiを利用
・現地のSIMカードを使う

これらについてそれぞれのメリット・デメリットについて私なりの意見も交えて解説していきますね。

国際ローミングサービス(海外パケット定額)は割高なのでおすすめしない

まず、携帯電話会社(NTTdocomoやソフトバンク等のキャリア)が提供する海外専用のパケット定額プラン(国際ローミングサービス)を利用する方法についてみていきましょう。

海外パケット定額プランとは

自分がいつも使っているスマホをそのまま海外でも使えるようにできるキャリア別のサービスのこと。

自分の使っているスマホがdocomoならdocomo、ソフトバンクならソフトバンクの海外パケット定額プランを申し込めば利用出来ます。

海外パケット定額の特徴

・1日(24時間)単位の課金制
・携帯電話回線使用のためSMSの利用が可能
・どれだけ使っても1日当たりの上限は3,000円程度
・面倒な手続き不要で海外でも自分のスマホを使用可能

事前に申し込んでおけば、電話もSMSもlineも国内同様に利用できちゃう点は確かに便利!

定額制で1日あたりの上限金額が決まっているため、高額請求の心配がない点も安心です。

また、1週間の旅行のうち3日間しかネットに接続しなければ請求されるのも3日分になるという「1日ごとの課金制」だから、自分なりに調整をかけられるところは〇。

ただ、この後紹介するレンタルWi-Fiや現地SIMカードを使う方法と比べると料金的に割高感があるのも事実。

3日くらいの超短期旅行ならいいのですが、1週間以上の海外旅行であえて海外パケット定額プランを選ぶ必要性はないんじゃないかなとーと個人的には思いますね。

なので私としてはこの方法はあまりおすすめしません。

レンタルWi-Fiは近場のエリアや短期の海外旅行ならかなり使える!

もしあなたが

・1週間くらいの短期旅行
・訪問予定国は1カ国のみ
・渡航先は東南アジア等の近場のエリア

ならレンタルWi-Fiを使うのがおすすめ。

レンタルWi-Fiとは?

海外ですぐにネット接続できるよう予め設定された小型のWi-Fiルーターを借りられるサービスのこと。

レンタルWi-Fiを利用すれば、いつでもどこでもネットに接続できるので、無料Wi-Fiをゲットするためにわざわざカフェを探したり、ショッピングモールに入ったりする必要もありません。

海外旅行でレンタルWi-Fiを使うメリット

レンタルWi-Fiのメリットは次の3つ。

レンタルWi-Fiのメリット

・海外パケット定額よりお得
・複数のスマホに接続できる
・設定が簡単なので機械音痴でも安心

これらについて軽く説明しますね。

海外パケット定額よりお得

レンタルWi-Fiは渡航先やサービス提供会社によって料金は異なるものの、大体1台あたり1000円程度からレンタルが可能です。

業界大手の海外専用グローバルWiFi なんかは行く国・プランにもよりますが、1日あたりまさかの300円台から利用OKという衝撃の安さです!

携帯電話会社(キャリア)の「海外パケット定額」が1日あたりMAX3,000円くらいだと考えるとこれはかなり割安感がありますね。

通信速度も速く、無料Wi-Fiと違ってサクサクなので利用時のストレスがないのも嬉しいところ。

複数のスマホに接続できる

レンタルWi-Fiはルーター1台あれば複数の端末につなげられるため、もし同行者がいるのなら仲間とシェアして使うことも可能

家族やグループ、カップルで旅行する際に、1台を皆で共有すればレンタル料金も人数分で割って安く上がりますよ♪

申込や初期設定が簡単

レンタルWi-Fiはネットから簡単に事前申込みが出来ます。

ルーターの受け取りも空港の専用カウンターで当日すればOKですし、場合によっては旅行前に郵送してもらうことも可能。

最初にスマホとモバイルWi-Fiルーターの接続をすれば、その後は旅行中に細かく設定を変更したり再接続する必要もありません。

提供会社によっては空港に専用の返却boxがあったり、コンビニからの返却も出来るので後始末も楽チン。

これなら初心者でも安心して利用できますね。

レンタルWi-Fiのデメリット

そんな便利なレンタルWi-Fiですが、当然デメリットもありますよ。

レンタルWi-Fiのデメリット

・1つの国につき1つのルーターしか契約不可
・ルーターを持ち歩く必要がある
・ルーターを毎日充電する必要がある
・別行動だと全員利用できない

これについても詳しく解説していきますね。

1つの国につき1つのルーターしか契約できない

会社によっては一つの国につき一つのルーター契約しかできないこともあります。

もしあなたが1回の旅行でイタリア、フランス、ポーランドetc・・・と複数国行く場合は行く国の分だけ契約が必要になってきます。

そうなるとレンタル代も高くなってしまいますし、訪問予定国分の数のルーターも常に持って行かなきゃならないしで荷物も相当かさばります。

つまり、数カ国周遊する場合にはレンタルWi-Fiを利用するのは現実的ではない、ということがいえますね。

ルーターを持ち歩く必要がある

旅先ではスマホと一緒に常にモバイルWi-Fiルーターを持ち歩かなければなりません。

モバイル用なので、手のひらサイズでサブバッグに入る大きさとはいえ、旅の荷物を少しでも軽くしたい人にとってはちょっと気になるところですよね。

ルーターを毎日充電する必要がある

レンタルWi-Fiを利用する場合、旅行中は毎日Wi-Fiルーターの充電をしなければなりません。

ルーターの充電を忘れると当然外でWi-Fiは使えないので、ここは気を付ける必要がありますね。

スマホやタブレット、デジカメの充電とは別にルーターも充電するとなると、準備の手間が多少増えてしまうのが難点かも(?)。

別行動だと全員利用できない

グループで1台だけルーターをレンタルした場合、それぞれが別行動をするとルーターを持っている人しか使えなくなってしまいます。

別行動が1日だけならその日だけ海外パケット定額を利用するという手もありますが、現地での別行動が多いのなら1人1台レンタルするしかありません。

レンタルWi-Fiを借りるのに適した旅のスタイルはコレ!

というわけで、レンタルWi-Fiのメリットとデメリットについて説明させていただきました。

受け取り・返却を空港で出来る手軽さといい、別行動は例外としても1台のルーターを皆で共有できるのはレンタルWi-Fiならではの利点だと思います。

これらを総合して考えてみると、レンタルWi-Fiは次のような旅をする人にはおすすめといえるのではないかと。

こんな方におすすめ

  • 旅慣れてない人
  • 無料Wi-Fiだけだと不安な人
  • グループや家族で旅行する人
  • 1週間以内の短期旅行の人
  • 1カ国だけ訪問予定の人
  • 東南アジア等近場の国に行く人
  • 機械音痴でWi-Fi設定できるか不安な人

レンタルWi-Fiはサービス会社や契約プランにもよりますが、例えば大手の海外専用グローバルWiFi の4G高速プランだと、

・カンボジアは1日300円
・ベトナムは1日700円

から申し込めます。

や、安っっ!!

仮にカンボジアに一週間旅行するならWi-Fiレンタル代がたったの2,100円で済んでしまうということですね。

こ、これは驚きですね~(゚д゚)!

ヨーロッパだと国にもよりますが大体1,270円~なので、あなたが韓国や中国、タイやベトナムといったアジア圏に行くのならWi-Fiレンタルはかなり狙い目といえるでしょう。

ちなみにレンタルWi-Fiサービスは有名どころだと

がツートップ(CMでもよく流れてますよね)。

利用したい方は各社の公式HPで、自分の渡航予定国や日数だと大体いくらかかるのかをチェックしてから申し込むといいですね。

旅慣れている人はSIMフリースマホに現地SIMカードを入れて使うのが〇

続いて、数カ国をまたぐ周遊旅行や1カ月以上の長期旅行の場合のネット接続の方法についてみていきましょう。

さすがに1カ月以上の旅行となると、Wi-Fiルーターを借りていたらエライ金額になってしまうので他の方法を考えねばなりません。

そんな時の奥の手が、現地キャリアに対応した現地simカードをsimフリースマホに差し替えて使うという方法。

現地SIMカードを使うメリット

・渡航先の国内通話料金が適用されるから割安
・長期旅行なら海外パケット定額よりも割安
・プリペイド式だから高額請求の心配不要
・現地キャリアの通信環境を利用するのでサクサク動く

1カ月以上の長期旅行や海外に何度も渡航するような人にとっては、現地SIMを使うことでレンタルWi-Fiや海外パケット定額よりもコスパよくWi-Fiを使えるようになります。

ただし、デメリットもあるのでそれも含めたうえで利用するかどうかを検討しましょう。

現地SIMカードを使うデメリットは次の3点。

・電話番号が変わる
・国ごとにSIMを差し替える必要がある
・設定がやや難しい

これらについて説明しますね。

電話番号が変わる

現地SIMカード(音声通話付きのもの)を差し替えると、今まで使っていた自分の電話番号が変わってしまいます。

・普段使っている日本のキャリアの音声通話を使いたい
・SMS(ショートメッセージ)を使いたい
・人からよく電話がかかってくる

こういう場合は相手に新しい電話番号を教える必要があります。

ただし、lineなら日本国内と同じように使うことが出来るので、家族や友人との音声通話だけならline電話を活用すれば問題ありません。

国ごとにSIMを差し替える必要がある

現地のSIMカードを使う場合、基本的に一つの国につき一つのsimを使うことになります。

インドならインドのSIM、イタリアならイタリアのSIMカードをその都度購入して、スマホに入れ替えなければいけないというわけです。

何カ国も旅する場合、現地SIMをいちいち購入して設定するのがちょっと面倒ですね。

設定がやや難しい

渡航先で現地SIMを購入して自分のスマホに差し替える際、接続先設定(APN設定)を行う必要があります

この設定は自分で行うこともできますが、現地語での設定になるので不安な人は現地の携帯会社や空港のカウンターでやってもらった方が無難。

ただ、手続きの為に空港の専用カウンターや街中の店舗に行く手間が少々煩わしく感じられるかも知れません。

現地SIMを使う場合はSIMフリースマホとSIMカードを日本で購入すべし

現地SIMを使いたい人は、元々自分が使っているスマホがSIMフリータイプであるかどうかをまず確認しましょう。

手持ちのスマホがSIMフリータイプなら、そのまま海外に持って行ってSIMカードだけ差し替えればネット接続出来ますよ。

ただ、

いつも使っているスマホを持って行くと盗難に遭った時が怖い!

という場合は、型落ちのSIMフリースマホや中古品を旅行用に新しくネットで購入するのもアリですね。

ココに注意

新しいスマホを購入した場合、普段使っているスマホで利用しているlineアカウントは使うことが出来なくなる。

初回登録時にFacebookアカウントで行っていれば2台目も同じアカウントで使用できるので、そこだけは注意すること。

AmazonではSIMフリーのスマホが手頃な値段で売っているので、旅行用に新しく購入したい方は色々見てみるといいですよ。

ちなみに私はGoogle Pixel 3aというSIMフリースマホを使ってます。

この機種は写真機能がとても優れていて、画像翻訳機能もついているので海外旅行用にはもってこい!

レビューも書いているのでよければ参考にしてみて下さい。

写真が綺麗なスマホならコレ!グーグルピクセル3aで撮った写真大公開

続きを見る

また、現地simカードについては渡航先でももちろん購入できますが、事前にネット購入することも可能。

私のおすすめは海外ローミング用プリペイドsimのSim2Fly SimというSIMカード。

こちら、40カ国以上の国に対応していて

・ヨーロッパ
・アジア
・オセアニア
・アメリカ

といった各エリアの主要国を大体カバーしているうえ、アフリカや中東の一部の国でも使用可能という優れもの。

・15日間で4GB使用可能
・いつものスマホに差し替えるだけでそのまま使える
・日本国内でもアクティブできる
・lineもそのまま使用OK

SIMフリースマホに差し込むだけで、自動的にアクティベートされるので面倒な設定も不要です。

複数の国をまたいで旅行する場合でも、期間内なら自動的にその国のキャリアに勝手に切り替わって使えるので大変便利!

4GBなら旅行中の調べ物やちょっとした連絡で使うなら全然事足りますし、2週間以内の旅行予定ならSim2Fly Simは非常におすすめだと思います。

ただ、スマホにSIMカードを挿した時点で利用開始日がカウントされてしまうので、日本で差し換えて行く場合は出発直前に挿入した方がいいですね。

また、1年に何度も旅行に行くのならSIMフリーのルーター機器もあるので、こういうものを利用してみるのも一つの手。

初期費用がかかってしまいますが、頻繁に海外に行くのなら使い方次第では元を取れますし便利なのではないかと。

海外旅行でインターネット接続するのら自分の旅のスタイルから選ぼう

というわけで、長くなりましたが

無料Wi-Fiだけでも海外旅行はできるけど、不便な点やリスクもあるので場合によっては他の方法も考えてみてね!

というお話をさせていただきました。

ここまでの内容をサクッとまとめてみますね。

レンタルWi-Fiがおすすめな人

・1週間くらいの短期旅行
・滞在予定国は一カ国
・グループやカップル旅行
・行き先が東南アジア等の近場

現地のSIMカードがおすすめな人

・手持ちのスマホがSIMフリータイプ
・旅行期間は1カ月以上の長期
・複数の国をまたぐ周遊旅行

無料Wi-FiだけでもOKな人

・普段lineもメールも最低限しか使わない人
・SNSを全くしない人
・旅先で積極的に連絡先は交換したくない人
・ある程度旅慣れている人
・語学が堪能で不測の事態に対処できる人

レンタルWi-Fiを利用する場合、おすすめサービス提供会社は有名どころで業界大手である

・海外専用グローバルWiFi
・イモトのWi-Fi

の2択。

どちらかを選んでおけば間違いナシです!

>>グローバルWi-Fiの料金をチェックする

>>イモトのWi-Fiの料金をチェックする

また、現地のSIMカードをスマホに差し替えて使うつもりならまずは自分のスマホがSIMフリーかどうかを確認しましょう♪

ちなみにプリペイド式のSIMカードは日本でも購入可能♪

旅行期間が2週間くらいなら、15日間有効のSIMカードを日本で買ってスマホに差し替えて使う方法がおすすめです。

元々ネットをあまり使わず、色々な意味で最低限でよい!お金も節約したい!という人は宿のWi-Fiをメインに使うのもよいと思います。

ただ、Wi-Fi環境あると何かと便利だとは思いますけどね。

というわけで、自分の旅のスタイルに合わせて渡航先での快適なWi-Fi環境を整えていきましょう!

ネットが使えると便利なのはもちろん、旅の幅やチャンスも広がるのでうまく活用してみて下さいね!

補足★海外旅行でスマホを盗難をされた時の為に海外旅行保険加入はマスト!

スマホやタブレットを海外に持って行く際は、盗難を防ぐためにもしっかりと管理することが大切です。

特にiPhoneやiPadといったapple製品は外国ではまだまだ高級品。

街歩き中にこれ見よがしに出していると、ひったくりや強盗に狙われることもあるのでご注意を。

カフェのテーブルに置きっ放しにしてトイレに行ったり、道端で堂々と歩きスマホしたりするのもNG。

万が一盗難に遭ってしまった時の為に、旅行前に海外旅行保険にはちゃんと入っておきましょう。

私のおすすめはクレジットカードの自動付帯の海外旅行保険。

無料で作れるエポスカードなら

・傷害治療費用200万円
・疾病治療費用270万円

が最高レベルの補償金額で、携行品損害も20万円と1枚持っているだけで強い味方になってくれますよ♪

海外保険代って結構バカにならないので、クレカについている保険で賄えるのは結構デカイですよね。

まだ持っていない人は旅行前にサクッと作っておくことをおすすめします。

関連エポスカードの海外旅行保険がおすすめな理由

旅好き必見♪海外旅行保険代節約にエポスカードがおすすめな理由とは

続きを見る

-海外旅行テクニック

Copyright© TABIBISISTER , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.