東京

もはやフードファイト!リッツカールトン東京クラブラウンジ口コミ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスター(@tabibisister)でーす!

今回は、リッツカールトン東京のクラブラウンジでフードプレゼンテーションを満喫した感想を紹介しますね。

ザ・リッツ・カールトン東京のミッドタウン・タワー最上階53階にあるクラブラウンジ。

ここはクラブフロアの宿泊客しか入れないようになっていて、専用キーでのみアクセスできる特別なエリアとなっています。

ラウンジでは1日5回のフードプレゼンテーションが実施されていて、ななななんと!

様々なフードやドリンクが食べ放題・飲み放題なんですよ~!

ううぬぬぬ・・・こ、これは、食いしん坊の私にはたまらん神サービスではないかぁぁっ!

実際に利用してみてその充実した内容にすっかり感動してしまった私。

朝から晩まで食べまくり飲みまくりで、もはやフードファイト並みに食べまくってきましたよ~!

さらに、最上階からの素晴らしい夜景も堪能しまくり。

もうめちゃくちゃ楽しかったし美味しかったし、幸せな時間を思う存分満喫できちゃいました。

この記事では、リッツカールトン東京のクラブラウンジでフードプレゼンテーションを体験した体験談を元に、

・各時間帯に提供されるメニュー
・ラウンジの雰囲気
・実際のタイムテーブル
・フードプレゼンテーションを楽しむコツ

等についてを豊富な画像と共に解説しています。

これからリッツカールトン東京に宿泊しようとしている方はもちろん、

フードプレゼンテーションってどんな料理が出てくるの?
時間配分ってどんな感じ?
利用した人のリアルな口コミが知りたい!

と気になっている方は是非参考がてら読んでみて下さいね。

▼お得な宿泊プラン盛り沢山!▼

クラブラウンジのフードプレゼンテーションとは

クラブラウンジで行われる1日5回のフードプレゼンテーション。

朝昼夜と時間帯ごとに区切って様々な飲食物がビュッフェスタイルで用意されるこちらのサービス、基本的に置いてあるものは全て自由に取り放題。

お酒も時間関係なく飲めるうえ、自分の好きなテイストのものをオーダーして持ってきてもらうことも可能。

グラスが空いていたらすぐにスタッフが

「何かお飲みになりますか?」

と声をかけてくれるから、色々リクエストも気兼ねなく出来るところがありがたいですね。

ビュッフェコーナーには

・ネスプレッソ
・豊富な種類の紅茶
・ジュース各種

といったドリンクも置かれているので、お酒飲めない人でも安心して楽しめます。

さらに、ノンアルカクテルやワイン等も言えば作って持って来てくれるという至れり尽くせりっぷり。

もうこのラウンジから出たくない!

なんて思ってしまうほどに、居心地のいいサービスを提供してくれますよん。

▼お得な宿泊プラン盛り沢山!▼

フードプレゼンテーションタイムスケジュールについて

ちなみに、フートプレゼンテーションは1日5回行われていて、各時間帯のスケジュールはこんな感じになってます↓

【フードプレゼンテーションタイムスケジュール】
・朝食(AM7時~AM10:30)
・軽食(AM11:30~PM15:30)
・アフタヌーンティー(PM14:30~PM16:30)
・ディナー前のオードブル(PM17:30~PM19:30)
・スイーツ&コーディアル(PM20:00~PM22:00)(ラストオーダー21:30)

こうして見てみると、ほぼ毎時間なにかしらお食事サービスが提供されている印象ですね。

もしクラブラウンジをガッツリ使い倒したいのなら、予め滞在中のタイムスケジュールをしっかり組んでおかないと残念な結果になってしまう可能性大

現に、私は以前一度だけクラブフロアに泊ったことあるんですが、

クラブラウンジを使用したのが翌日の朝食のみ

だったという悲しい思い出があります(泣)

15時にチェックインしてすぐにエステの予約を入れていたので、残念ながら午後のアフタヌーンティーは食べられず・・・。

エステが終わったらもう夕方で、45階のレストランでディナーの予約を入れていたためにオードブルタイムも間に合わず・・・。

さらに、フレンチのコースだったから合計3時間くらいかかり、食べ終わった時にはスイーツ&コーディアルタイムも終わっていました。

翌朝の朝食はクラブラウンジで食べたけど、その後は早々にチェックアウトしてしまったゆえ軽食も食べられず・・・。

結局、クラブラウンジではほぼ何も出来なかったんです。

これじゃあクラブフロアに泊まった意味全くないやんけ!と後で大後悔しました。

その時は、クラブラウンジでどういうことが出来るかとかほとんど調べずに泊まってしまったんですね。

なので、

クラブフロアに泊まる予定でスパやプール、ディナー等他のサービスも利用したい!

という人は、最初にきっちりタイムスケジュールを組んでおくことをおすすめします。

時期によってはエステやディナーは自分の希望の時間帯で予約とれるかどうかも分からないので、結構早めに押さえておかないといけないですし。

私の場合は

・15:00チェックイン
・15:30アフタヌーンティー
・16:40部屋に入室して休憩
・17:30~18:30オードブルタイム
・19:15ディナー
・21:15スイーツ&コーディアル
・22:15バーでお酒を楽しむ
・23:20部屋に戻って入浴して就寝
・6:00起床
・7:00朝食
・9:00スパ~チェックアウト
・12:30~軽食

という鬼のようなギチギチのプランを組みましたが、お陰様で何とかやりたいことは全てこなせました。

特にオードブルタイム以降からはもう怒涛でしたね(笑)

ホテルステイでゆっくりまったり・・・なんて言うのも憚られるレベルのハードスケジュールでした。

クラブラウンジフードプレゼンテーション体験を時系列で紹介

さてさて、ここからは実際にクラブラウンジで提供されるフードプレゼンテーションの内容について、私が体験した順番のまま時系列ごとにレポしていきたいと思います。

フードやドリンクメニューがどんな感じか気になる方は是非参考にしていただければ。

▼お得な宿泊プラン盛り沢山!▼

アフタヌーンティー14:30~16:30

記念すべき1回目のフードプレゼンテーション。

まず最初はチェックイン時に提供してもらえるアフタヌーンティーからスタート。

53階のクラブラウンジまでスタッフにアテンドしてもらったら、そのままガーデンテラス窓際の席へと案内してもらいます。

45階のロビーラウンジでのアフタヌーンティー同様、ちゃんとテーブルセッティングもしてもらえるのは嬉しいですね。

窓側の席だったので、夕方の日が沈む前の美しい景色も堪能出来ました。

お皿の上には本日のメニュー。

飲み物はテーブルの上に置いてあるQRコードをスマホで読み込み、そちらに記載されたものから好きなものをチョイスすればOK。

もちろん、紅茶だけではなく昼間からシャンパンだって飲めちゃいますよ。

最初に運ばれてきたのは冷たいウェルカムドリンク

確か緑茶と柑橘系のブレンドだったような気が(うろ覚え)。

さっぱりした口当たりで飲みやすく、丁度喉が渇いていたのもあって一気に飲み干してしまいました。

リッツカールトンのオリジナルブレンドティー

カカオの風味が強めの甘いフレーバーティーで、これは後で1階のグルメショップでもお土産として購入しちゃいました。

紅茶はポットサーブで、カップ2.5杯分くらいは入ってたかな?

こちらが今回いただくホリデーアフタヌーンティー

クラブラウンジのアフタヌーンティーは、ザ・ロビーラウンジで提供されるものに準じた品質でスコーンも共通。

通常よりも量は少なめですが、ディナー前にいただくのには十分なボリュームでした。

ロビーラウンジだと正規料金6,125円(アフタヌーンティー+1ドリンク)なので、これが最初から含まれているのはお得ですね。

それでは、まずはスコーンから手を付けていきましょう!

スコーンはホカホカの温かい状態で出してもらえます。

お味は

・パンデビススコーン
・プレーンスコーン

の2種類。

付け合わせの濃厚でねっとりとしたクロテッドクリームをつけて・・・パクリ

どちらもサックリふんわりな生地でシンプルなお味です。

何だかほっこりした気分になりました。

2段目のセイボリーにいってみます。

【セイボリー】
・バジル風味のトマトムースクリスマスリース
・ミニ蕪のファルシパプリカとビーツのサルサ
・スモークサーモンクリームチーズとレッドオニオンのピクルスノエル仕立てのトルティーヤ
【フィンガーサンドイッチ】
ジャンボハムとグリュイエールチーズのサンドイッチクリスマスカラーのライスクリスピージンジャーマーマレード

見た目からしてなかなか華やかで、さすがクリスマスシーズンって感じ。

トルティーヤがブッシュドノエル風になっているのも可愛らしい♪

最後は1番上のスイーツをば。

【スイーツ】
・シャトーレンボヤージュ
・チョコレートタルト
・ピスタチオツリー

サラッと出てくる割に、内容は豪華で早くも私のテンションは急上昇。

チェックイン時にアフタヌーンティーがいただけるって最高じゃ~ん!

しかも、アフタヌーンティーとは別にビュッフェ台にあるスイーツ類も食べ放題だってんだから驚き。

・クッキー
・ナッツ
・チョコ
・せんべいおかき
・ドライフルーツ
・パウンドケーキ

紅茶のティーパックも色々なフレーバーが8種類程用意されていて、カップにお湯を注いで好きものを飲めちゃいますよ。

飲み物はコーラやジンジャエールといったものから、普通の牛乳の他にもスキムミルクや豆乳、アーモンドミルクといった変わり種が冷蔵庫(?)に陳列されていました。

ヨーグルトも

・マンゴー
・ストロベリー
・プレーン

の3種が揃っています。

この辺は朝食や軽食時にも共通でしたね。

ビュッフェ台近くには、お菓子の他にも多種多様なパンやバナナ・オレンジ・リンゴなどのフルーツ類が。

冷たいドリンクは

・グレープルーツジュース
・パイナップルジュース
・オレンジジュース
・りんごジュース
・トマトジュース
・アイスコーヒー
・アイスティ

と一通り揃っていて、他の時間帯にも同じような並びで置いてありました。

丁度アフタヌーンティーを食べている時にハープの生演奏が行われていて、しっとりした優雅な時間を堪能。

初っ端から素敵なティータイムを過ごせました。

リッツカールトン東京のロビーラウンジで提供される通常のアフタヌーンティーについてはこちらの記事で詳しくレポしているので参考にしてみて下さい↓

関連ローズで姫気分♪リッツカールトン東京アフタヌーンティー口コミ感想

ローズで姫気分♪リッツカールトン東京アフタヌーンティー口コミ感想

続きを見る

▼お得な宿泊プラン盛り沢山!▼

17:30~19:30ディナー前のオードブル(夕食代わり)

アフタヌーンティーの後、17時半~19時半はクラブラウンジのメインイベントとなるオードブル(イブニングカクテル)タイム

今回はライブラリーラウンジのバーカウンターがすぐ近くにある窓際席へとご案内。

窓側だとやはり夜景も綺麗ですね~。

こちら、クランベリーとグレープルーツのノンアルカクテル。

さっぱり系のテイストが好きだと伝えたら、私の好みに合うお酒を作ってくれました。

これなら飲めない人でも楽しめちゃいますね。

ついでにビュッフェ台の方からペリエも持ってきたぞい!

オードブルタイムはフードプレゼンテーションの中でもメインイベント(?)のようで、内容も5回の中で一番充実してました。

和食・洋食どちらも取り揃えたラインナップで、デザートもつまみも選び放題。

他のホテルのクラブラウンジだと軽食が申し訳程度につく場合も多いけど、普通に夕飯として賄えるレベルでしたよ。

特に女性はこれだけでお腹一杯になっちゃうかも。

野菜やコールドミート系が並んだゾーン。

・冷製ハム
・スモークハム
・パテ
・リーフ野菜
・チェリートマト
・スライスパプリカ
・細く切った人参

ドレッシングは

・青じそ
・レモン
・シーザー

の3種が用意されています。

グラスに入ったおつまみ感覚で食べられるお料理は

・クスクス風サラダ
・ジュレがかかったイカ入りサラダ
・ローストビーフコンソメゼリー添え

といった見た目にも派手なものがいくつかと、さらにはまさかのうどんまで!

温かいおかずは

・ベジタブルソテー(さつまいもとまいたけ)
・白身魚のソテー
・トマト煮混み
・豚汁

等が置いてありました。

カナッペ風のジャガイモとオニオンのサラダ鶏の半熟卵添えにポテトサラダ、さらには3種類のチーズ等、お酒のお供にぴったりなフードも色々。

チーズ3種
・マンステールジュメロ
・ブルードヴェルニュ
・ブリードモー
・クラッカー

このチーズ、どれもとろけるような口当たりで癖の強さといい、ねっとりとしたコクといい、チーズ好きの私にはたまらんかったですわ。

チーズの隣には数種のブレッドが置いてあるパンコーナーもあったり。

冷蔵コーナーには

・ピンクグレープフルーツ
・パパイヤ
・パイナップル

といったフレッシュフルーツや

・ベリーウェリーヌ(クランブルみたいなやつ)
・生クリームがかかったチョコレートケーキ
・クッキー

といったプチサイズの軽くつまめるスイーツ類が。

・チョコ
・ナッツ
・ドライフルーツ
・おかきやせんべい
・リンゴ
・バナナ
・オレンジ

これらは全て1つの卓にひとまとめにしてあります。

色々物色しながらチョイスしたオードブル数種。

私達はこの後ディナーを控えているのでおつまみ程度にいただくことに。

個人的にはクスクスサラダとローストビーフが好みでしたね。

お肉は柔らかいし、あとはチーズもめちゃうまでした。

もっと食べたかったな~。

チビチビとやりながら、しばしのオードブルタイムを満喫。

窓から見える夜景も綺麗だったし、ディナー前のひとときをしっとりきらびやかな雰囲気で楽しめのはよかったですね。

帰る時にはバンドの生演奏もやっていましたよ~。

▼お得な宿泊プラン盛り沢山!▼

スイーツ&コーディアル20:00~22:00

20時~22時まではお酒やスイーツを楽しめるスイーツ&コーディアルというバータイムが開催。

私達はディナー後のラストオーダー間際にギリギリセーフで駆け込み参加。

今回案内されたのはライブラリーラウンジの半個室的なソファ席。

本棚にはアート関連の蔵書が沢山飾られていて、本当に書斎のような雰囲気となっています。

バータイムとはいえ、すでに私はディナーを食べてお腹一杯だったのでティーだけ注文。

こちらはレモンジンジャーティー

レモンの酸味とスッキリした後味が食べ過ぎた今の自分にはぴったりのお茶でした。

ビュッフェ台を覗いてみると

・お汁粉
・オレンジタルト
・リッツオリジナルチョコレート
・フルーツ

といったスイーツが登場しているではありませんか。

大好物のお汁粉は食べたかったけど、もう胃袋がパンパンでさすがに諦めざるを得ず・・・く、悔しい~。

こちらはシャンパン。

どんな時間帯でもお酒飲み放題って嬉しいですね~。

お酒片手にゆったりと夜の時間を楽しむ我々。

な、なんだこのセレブな時間は・・・。

ライブラリーラウンジは夜になるとさらにラグジュアリー感がアップするので、この時間帯に来るのはおすすめです。

いやー、なんかめっちゃ満足しました(笑)

▼お得な宿泊プラン盛り沢山!▼

朝食7:00~10:30 朝食

一夜明けて朝食の時間がやってきました。

今回は朝食付きプランだったので、もちろんクラブラウンジにて朝ごはんをいただきます。

案内されたのはダイニングルームの窓側席。

う~ん、朝の眺望も素晴らしいですね。

なんて爽やかなモーニングタイムなんだろうか。

クラブラウンジの朝食は洋食と和食の2種類があり、好きな方を選べます。

メニューは以下の通り↓

【洋食】
(メインの卵料理どれか一つ選ぶ)
・ホワイトオムレツ/オムレツ
・スクランブルエッグ/目玉焼き
・ズワイガニのトマト餡掛けオムレツ
(トッピング)
・パプリカ・オニオン・チェダーチーズ・ハム・トマト・マッシュルーム
・食後のデザート
・パンケーキ

【和食】
・塩鮭、卵焼き
・冷奴、ひじき煮、明太子
・本日の香の物2種類
・ご飯、お味噌汁

私は洋食にして、メインはズワイガニのトマト餡掛けオムレツをチョイスしてみました。

ビュッフェ台にはサラダでいただけそうなお野菜類がズラーッと勢揃い。

・ミックスリーフ
・薄切りのラディッシュ
・オニオン
・ブロッコリー
・スライスオニオン
・スティック人参
・チコリ
・チェリートマト
・フルーツの盛り合わせ

凝った作りの野菜のテリーヌやスモークサーモン、トッピング類は

・フェタチーズ
・パルメザンチーズ
・クルトン
・ケッパー
・オリーブ
・オニオン

と種類もなかなか豊富。

3種のチーズは昨夜のオードブルタイムとは異なり

・レッドチェダー
・サン・ネクテール
・コンテ

になってました。

朝食には外せないブレッド類も

・チョコデニッシュ
・マフィン
・クロワッサン
・バタール
・フランスパン
・パウンドケーキ

と色々取り揃えてあります。

ヨーグルトやシリアルにかけるトッピングも

・松の実
・クランベリー
・レーズン
・アプリコット
・ピーカンナッツ

と面白いラインナップ。

松の実があるって珍しいですよね。

朝のお茶はマスカットの爽やかな香りが香るブーケロワイヤル

お茶もお好みのものを持って来てくれるので色々悩んじゃいますね。

本日の朝食は野菜と

・生ハム
・チキンハム
・ボローニャソーセージ

といったハム類をメインにしてみました。

さらに、アーモンドミルクとグレープルーツジュースも試しに飲んでみることに。

すでにお腹は大分タポタポです。

メインの卵料理はズワイガニのトマト餡掛けオムレツ

付け合わせはカリカリにやけたこんがりベーコンとベイクドポテト。

サクッ・・・

餡掛けがかかったオムレツにナイフを入れると・・・半熟のフワフワフルフルした中身がお目見え。

トロトロの餡掛けと一緒に口に入れると、ふっくらした食感と優しい卵の風味がふわ~っと広がって朝から幸せな気分に。

オムレツを食べ終わった後はデザートのパンケーキが運ばれてきます。

4分の1サイズに切ってあるので丁度いい大きさ。

苺ジャムとホイップクリームをつけていただきまーす!

空気たっぷりのふんわりクリームがパンケーキの素朴な甘味と合わさって美味しさも余計に倍増。

最後はグラスに入ったグラノーラとマンゴーヨーグルトで〆。

いや~、朝からめっちゃ食べました。

昨日の夜がフレンチだったので朝は和食にしようか悩んだけど、結果的に洋食にして正解でしたよ~ん。

▼お得な宿泊プラン盛り沢山!▼

軽食11:30~13:30軽食

1日5回のフードプレゼンテーション、ラストは軽食

軽食もまたまたダイニングルームでいただきました。

12時チェックアウトだったし、ギリギリまでスパの予約が入っていたので食べるのは無理かな・・・と思っていましたが、スタッフの計らいで結局13過ぎまでいられました。

軽食も提供してもらえたのでよかった・・・。

ちなみに、チェックアウト後も30分間はクラブラウンジに居てもOKらしいですね。

飲み物はクランベリージュースをチョイス。

どどーん!

なんと、4つの仕切りがついたお重風のお食事が運ばれてきました。

左から時計回りに

・うなぎのかば焼き
・豚肉の煮物
・いなりずしとふと巻き
・抹茶ババロアケーキ

というメニュー構成。

ワオ!

軽食っていうから軽いかと思いきや、普通にランチやんけ!

まさか真っ昼間からうなぎのかば焼きが食べられるとは・・・。

卵豆腐と塩もみしたきゅうりがこれまた意外とうまし。

豚肉の煮物も久々の和食でなんだか新鮮。

昨日からずっと洋食ばかり食べてたから余計にそう感じますな。

いなりずし。

甘じょっぱい油揚げと酢飯のコンビネーションがたまらぁぁ~んっ!

太巻きもすごいボリュームで、さすがにこれは全部平らげるのは無理でした。

さらに細い海苔と麩の入ったお吸い物まで・・・。

んああああ~~~、出汁がめっちゃ胃袋に沁みるわ~。

抹茶ババロア。

一口サイズでペロリでした。

も、もう何も入らぬ・・・。

いやはや、ご馳走様でした。

ラウンジを出る時にミニサイズの紅茶缶をお土産にいただけました。

リッツのオリジナルブレンドの茶葉が入っています。

やった~♪

そんなこんなで大満足&満腹状態のままホテルを出ます。

最後の最後までしっかり食べられてもう思い残すことはありません。

お疲れ様~!

▼お得な宿泊プラン盛り沢山!▼

リッツカールトン東京クラブフロアでクラブラウンジを楽しんだ感想まとめ

さーて、そんなわけで、リッツカールトン東京クラブラウンジで1日5回のフードプレゼンテーションを体験した感想をシェアさせていただきました!

いやー、まさに食い倒れと呼ぶにふさわしい1泊2日間。

こりゃ、胃袋がいくらあっても足りませんわ

正直、クラブラウンジのお食事を舐めてましたね。

フードプレゼンテーションっていったって申し訳程度のビュッフェでしょぉぉ~?

なーんて高を括っていた自分を殴りたい。

想像の斜め上をいってました。

朝昼晩時間問わず、こんなに多種多様なフードが提供されていたとは・・・。

その充実っぷりには度肝を抜かれた次第です。

もはや1日中ここで過ごせば何もいらないのでは・・・?

なんて思ってしまいましたよ。

アフタヌーンティーに始まり、夕食前のローストビーフやらチーズやらうどんやら、バータイムにはお汁粉まで出るし、朝は朝でオムレツにパンケーキに、最後はトドメでいなり寿司だってさ!

どうよ?

なに?これは、大食い選手権なの?

それとも胃袋千本ノック?

正直、女性としてはかなり食べれる方だと自負している私でも、さすがに最後らへんはお腹もはちきれんばかりで、全部食べるのは不可能でした。

いや、むしろ、フードファイトかよっ!て自分でツッコミたくなるくらい、朝も夜も昼もひたすらに食べまくった滞在でしたね~。

まさかリッツカールトンでフードファイトすることになるとは思わなんだ(いや、無理して食べなくてもいいんだけどね笑)

この食事の充実っぷりは神ですね。

しかもね、味も美味しいんだよね。

そこが一番ポイント高いです。

ホテルのビュッフェってほんとピンキリじゃないですか。

ウッハー、期待して来てみたらコレかよ・・・オワタ・・・

っていうレベルのもあったりするので、ビュッフェって個人的にはあんまり好きじゃないんですけど、リッツのは量だけじゃなくて味もちゃんとしてるからガッカリしなくて済みました(笑)

1日5回のフードプレゼンテーション全て体験できたので、目的は全て果たせたしもう大満足。

食いしん坊万歳って感じ。

これからクラブフロア宿泊を考えている方は、胃袋も時間の配分もうまく考えて素敵な滞在をお過ごしくださいまし!

てなわけで、以上、タビビシスター(@tabibisister)によるクラブラウンジでフードプレゼンテーションを体験した感想レポでした!

少しでも参考になれば嬉しいです。

▼お得な宿泊プラン盛り沢山!▼

予約は一休がおすすめ

もしリッツカールトン東京に宿泊するのなら、一休で予約するのがおすすめです。

時期やタイミングによっては破格のキャンペーンやタイムセールがやっているので、通常よりもかなりリーズナブルな価格で泊ることが出来ちゃいますよ♪

是非うまく活用してホテルステイを是非楽しんでくださいね♪

リッツカールトン東京に関する記事はこちら♪

-東京
-, , ,

© 2023 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5