アフタヌーンティー・紅茶

写真映え抜群!ペニンシュラ東京フェスティブアフタヌーンティー口コミ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回はザ・ペニンシュラ東京のザ・ロビーラウンジで提供されている「フェスティブアフタヌーンティー」を食べた感想をレポします!

ペニンシュラといえば、アフタヌーンティー好きの女性にも大人気。

ただでさえ予約が取りにくいのに、12月はクリスマス仕様のフェスティブアフタヌーンティーということで余計に激戦でした。

ここはティースタンドがシルバーのバードケージスタイルなのが特徴。

デザインがとっても華やかでフォトジェニックだから、インスタやってる女性には特に人気なんですよ。

この記事では、ペニンシュラ東京のザ・ロビーでアフタヌーンティーをした体験談を元に、実際のメニュー内容や味の感想、ラウンジの雰囲気やサービスについてを豊富な画像と共に紹介しています。

これからペニンシュラのアフタヌーンティーしようかなと考えている方は是非参考にしてみて下さいね。

>>ペニンシュラのアフタヌーンティーをチェックする

クリスマス気分満喫♪ザ・ペニンシュラ東京アフタヌーンティー体験記

さーて、というわけでやってきました、ザ・ペニンシュラ東京!

メインエントランスの脇には、バルーンで出来たツリーがにょっきり生えています。

ここは、帰りの時間には写真撮影をしようとする人々によって黒山の人だかりが出来ていました。

回転扉をくぐると・・・そこはもうザ・ロビー。

エントランス入ってすぐ近くにある両脇の柱には、何とも可愛らしい巨大なくるみ割人形とミニツリーが設置されており、早くもクリスマス感満載。

そして、ロビー奥にはキラキラの電飾で輝く大きなクリスマスツリーの姿も。

うーん、なんて煌びやかなんだ。

時間になり、早速席に案内される私達。

座席は通路に面した4人掛けのテーブル席でした。

テーブルセッティングはこんな感じ。

メニューが置かれていたのでチェックチェック~♪

テーブルには丸いキャンドルが置かれ、蝋燭の優しい光がテーブル表面に淡い影を落とします。

飾り用の松ぼっくりのブーケ(?)の中にもくるみ割人形がひょっこりと顔を出しています。

かわいい・・・。

まずは最初の紅茶をオーダー。

1種類目はペニンシュラ東京アフタヌーンティー。

これはペニンシュラオリジナルのものらしいです。

非常にあっさりとした味わいで、ほのかに渋みもあり、まさにアフタヌーンティーのお供にはぴったりの紅茶でした。

しばし、ティーを楽しんでいると今回のお目当てがやってきましたよん!

おおおお~!

すごーい!

これが女子に大人気の鳥かご型のアフタヌーンティースタンド。

圧倒的な存在感で、これは確かに写真映えするわ。

今回はフェスティブアフタヌーンティーということで、スイーツやセイボリーの一つ一つは「クリスマスツリーからのおくりもの」という物語をテーマにしたデコレーションで統一されています。

赤いプレゼントボックスに・・・

黄緑色のお星さまに・・・

トナカイさんをかたどったチョコレート菓子に・・・

透明感のあるルビーレッドのグラス入りゼリー。

一つ一つのメニューがとっても華やか&クリスマスをイメージしたものになっているんですね。

これは可愛いすぎる!

ひとしきり感嘆の声をあげた後で、まずは冷めないうちに温かいスコーンからいただいてしまいましょう。

【自家製スコーン】
・シナモンアップルスコーン
・プレーンスコーン

スコーンはほかほかで、ちゃんと温めて提供されます。

付け合わせは

・クロテッドクリーム
・イチゴジャム

クロテッドクリームは粘度が高く、味も濃くてねっとりしとした口当たりでした。

実際にスコーンに塗ってみました。

外はサクサクで中はふんわりしているソフトな食感のスコーンです。

イチゴジャムは瑞々しくてフレッシュさ満点。

いちごならではの甘酸っぱさがあり、乳脂肪分たっぷりのコクがあるクロテッドクリームとは相性ぴったり。

クリーム自体も優しい口どけで、ついつい沢山つけたくなってしまう~。。

続いてセイボリーへいってみましょう。

・パテドカンパーニュ
・キノコとゴボウのキッシュ

キッシュはごぼうのシャキシャキ感が食べていて楽しく、きのことごぼうで食物繊維もたっぷり。

パテドカンパーニュはパンはかなり硬くてハード系、パテは上品でしっとりとした舌触り。

しっかり脂もあってパンと一緒に食べると余計にパテの旨みが引き立ちます。

お次は

・フルーツトマトカプレーゼ
・スモークサーモンクレープとキャビア

フルーティな甘みのあるトマトを使用したジューシーなカプレーゼは一口でぺろり。

サーモンのクレープは、サーモンの塩気と柔らかいクレープ生地の相性がなかなか○。

個人的には卵焼きみたいな食感だなと感じました(笑)

こちらは左から

・ジンジャーとクランベリーのゼリー
・コーヒー風味のフォアグラ最中

ジンジャーとクランベリーのゼリーは、最初に食べた瞬間ジンジャーのスパイシーで刺激的な辛味が舌にズコーンと響いて結構衝撃でした。

ゼリーはかなりゆるめのジュレという感じでほぼほぼ液状に近く、クランベリーの爽やかな酸味と生姜の辛味が絶妙。

透明感のあるルビーレッドの色も綺麗です。

星形の最中は、上の蓋を外してみると中にはフォアグラがご登場~。

さらにその下にはコーヒー風味のペーストも隠れています。

これがね、非常に独特の味わいで・・・。

フォアグラのねっとり感にコーヒーペーストの香ばしさが加わることで、まるで魔法のような化学反応を起こしてくれるんです。

何故かチーズのような味噌のような不思議な味わいが生まれ、一口噛むごとに舌の上に未知の世界が広がる神秘的な一品となっておりました。

どんどんいっちゃいますよ!

次はピンク色のパン生地が可愛らしいパストラミとザワークラウトのサンドイッチ

厚めのハムのようなずっしりとした食べ応えのパストラミの存在感がすごいです。

続いてスイーツへ。

・“プティサパン” ピスタチオマカロンストロベリームースストロベリーコンポート
・“サプライズ” ストロベリームースパッションフルーツと柚子のクリーム

赤いプレゼントボックスをイメージしたストロベリームースは、外側はムチムチモチモチ、中はふんわりエアリーなムースで出来ています。

酸味のあるパッションフルーツと柚子クリームが挟まれ、柑橘のさっぱり感とパッションルーツの甘酸っぱさが絶妙なバランス。

もみの木を模したマカロンも、ピスタチオクリームがたっぷりと入っていて味はもろピスタチオ。

これらもいかにもクリスマスって感じのデコレーションですね。

・“ルドルフ” バナナブラウニーチョコレートクリーム
・“くるみ割り人形”ジャンダルブルーガナッシュのタルト
・クリスマスパウンドケーキ

バナナブラウニーチョコレートクリームは、しっとりしていてバナナの甘みが優しい味わい。

お酒に浸したドライフルーツが練り込まれているのも大人でリッチな味わいを演出してくれます。

ジャンダルブルーガナッシュのタルト。

くるみ割り人形のイラスト付きのチョコで、味はかなり濃厚でビター。

最後はトナカイ型の可愛らしいクリスマスパウンドケーキ。

食べるのがもったいないですが、一口でペロッといっちゃいました。

クリームたっぷりで角部分のチョコまでしっかり味わいましたよん!

はーい、そんなこんなで見事完食!

いやー、満足&満腹でーす!

>>ペニンシュラのアフタヌーンティーを予約する

ペニンシュラ東京アフタヌーンティーの紅茶とドリンクについて

続いて、ペニンシュラ東京のアフタヌーンティーの紅茶についても感想を綴っておきます。

こちらではお茶はポットサーブで提供してくれるのが嬉しいところ。

ポット2.5杯分くらいあるのでたっぷり飲めるし、出てくるのも早い!

メニューはこんな感じ↓

【ザ・ペニンシュラオリジナルティー】
・ザ・ペニンシュラ東京ブレンドティー
・ザ・ペニンシュラ東京アフタヌーンティー
・ザ・ペニンシュラ東京ブレックファーストティー
・アッサム
・マスカット
・ジャスミン
・ハーブリカバリー

【アートオブティー】
・オーガニック1896
・オーガニックダージリン
・オーガニックアールグレイ
・オーガニックモロッカンミント
・オーガニックココナッツカカオプーアル
・オーガニックフレンチレモンジンジャー
・オーガニックハイビスカスクーラー
・オーガニック桜
・オーガニックラズベリーネクター
・オーガニックエジプシャンカモミール

【コーヒー】
・カフェラテ
・カプチーノ

【冷たい飲み物】
・アイスティー
・アイスコーヒー
・アイスカフェラテ

ペニンシュラオリジナルもの以外の茶葉はArt of teaのものを使用しているそう。

ティーポットも茶こしも重厚で高級感のあるデザインとなっていて、こういった点にもこだわりが感じられます。

このポットはホテルオリジナルの物を使っているのでしょうか?

紅茶は色々な種類があるので1時間半という時間の中でどれを選ぶべきか悩みましたが、個人的今回のMVPはオーガニックココナッツカカオプーアル

これが滅茶苦茶美味しかったんです!

ポットからティーカップに注いだ瞬間から、すでにカカオのチョコレートっぽい甘い匂いがプワーンと広がって、香りがとんでもなくよいのです・・・!

口に含むとヘーゼルナッツのような風味も感じられ、カカオとココナッツの甘くて官能的な心地よい香りに思わずうっとりしてしまう~。

カカオとココナツとプーアル茶というなかなかに面白い組み合わせですが、これはかーなーりいいですね。

今回の一番のお気に入りに決定♪

透明感のある薄いピンク色の水色がとても綺麗なオーガニック桜というハーブティー。

優しい飲み心地で、まさに桜の花びらのような繊細で上品な甘酸っぱい香りがします。

ミントベースのハーブリカバリー

こちらもハーブティーで、ラベンダーやレモングラス等が入っているホテルオリジナルのブレンドティーとのこと。

ミントの清涼感で後味もスッキリしていますが、変な苦みはなくスッと飲めます。

スイーツを食べる合間に飲んで、口をさっぱりさせるのに丁度いいですね。

ザ・ペニンシュラ東京オリジナルブレンド

すごく軽やかな飲み心地でさっぱりしていて、どんなスイーツにも合う味わいで美味しかった~。

同じく、ホテルオリジナルのザ・ペニンシュラ東京アフタヌーンティーも癖がなく飽きのこない味で、こちらはダージリンのような芳醇で爽やか、かつ上品な風味が感じられます。

ダージリンだけではなく、アッサムもブレンドされているみたいですね。

やはりホテルオリジナルで、果実の瑞々しいフルーティーなかぐわしい香りのするマスカット

甘いけど奥の深い味わいで、爽やかで滑らかな飲み心地。

いやー、ここはお茶が本当に美味しいですね・・・!

ホテルでも紅茶が手抜きなところって意外と多いので、お茶の美味しさに感動しちゃいました。

今まで行ったホテルの中で紅茶が美味しいなぁと感じたホテルはこことパークハイアット、帝国ホテルくらいでしょうか。

今回は全部飲めなかったのでまた別のを試してみたいな~。

>>ペニンシュラのアフタヌーンティーを予約する

>>ペニンシュラのアフタヌーンティーを予約する

ザ・ペニンシュラ東京ザ・ロビーの雰囲気とサービスについて

続いて、ザ・ペニンシュラ東京のラウンジ「ザ・ロビー」の雰囲気やサービスについても感想をシェアしますね。

ラウンジの雰囲気自体は華やかです。

テーブルや椅子、カーペット等、全体的に色味が暖色系でまとめられていて、どことなく温もりを感じさせるところもあり・・・。

今回は通路に面した席だったのもあって、やたらと人の出入りが激しく少々落ち着かなかったのが難点でしたね。

ラウンジが正面玄関入ってすぐにあるという構造なので仕方がないかも知れませんが、似たような造りなら帝国ホテルのランデブーラウンジの方がゆっくりできるかなとは感じました。

テーブル自体は広くてゆったり使えるし、隣の席ともある程度距離感はあるのでそこはよかったです。

もう少し奥まった席ならザワザワ感も気にならないかも??

この辺は席次第って感じですね~。

ちなみに、上には1日1組のみの限定「バルコニー席」もあるそうなので、いつか座ってみたいなーと思ったりして。

このラウンジではピアノの生演奏が行われています。

音楽を楽しみながらお茶できるところはいいですよね。

ただ、クリスマスというわりには選曲がいまいち謎でした。

米津玄師とかBTSとか椎名林檎とか演奏者の好みかな?という曲目が多かったですが、まぁそれはそれで面白かったです。

丸の内サディスティックを聞きながらのアフタヌーンティーってシュールですよね(笑)

天井には、空に広がる花火や蛍をイメージしたというシャンデリアがぶら下がり、色々な意味でキラキラ感は高め。

エントランス両脇にはミニツリーとくるみ割り人形、ロビー近くにも巨大なツリーが飾られているし、テーブルにセッティングされたキャンドルやフラワー&くるみ割り人形も素敵な演出でした。

超ラグジュアリー!というほどではないですが、煌びやかでクリスマスっぽい感じは存分に味わえたように思います。

多少せわしなかった以外はよかったかな!?

接客に関しては、基本的に親切で丁寧なサービスで特にストレスはありませんでした。

おかわりしたい時も呼べばすぐに来てくれましたし、メニューの説明も詳しかったし、紅茶について質問した時も親身に答えてくれましたし・・・。

全体的にかしこまった感じの品のある接客という感じで、そこはさすがに高級ホテルだなと。

メインエントランスから出て左側に歩いていくと、イチョウ並木に面したエリアがあるのですが、そちらの方ではホテル主催のクリスマスイベント的なものも催されていました。

簡易的なクリスマスマーケットが出ていて、ここではテイクアウトのお土産はもちろん、ホットワインやホットチョコレート等もいただけます。

また、その隣ではヘンゼルとグレーテルのお話に出てきそうなお菓子の家をパティシエらしき人が作っている姿を見れたりと、なかなか面白い光景が目白押しでした。

ペニンシュラのイチョウ並木の通りから東京駅の丸の内口あたりまではずっとイルミネーションが続くので、ここをそぞろ歩きながらクリスマス気分を楽しむのもいいと思います。

通り沿いにはクリスマス屋台やユーチューバーらしきピアノマンが路上に置かれたグランドピアノで情熱的な生演奏をしていたりと、クリスマス時期ならではの景色を拝めますよ。

カップルさんはデートがてら歩いてみるのもいいかも知れませんね。

>>ペニンシュラのアフタヌーンティーを予約する

ペニンシュラ東京クリスマスアフタヌーンティー感想口コミまとめ

さーて、そんなわけでザ・ペニンシュラ東京のフェスティブアフタヌーンティーの感想をレポさせていただきました!

いやー、ここはとにかく紅茶が美味しかったですね~。

ポットも器も凝ってて紅茶を楽しむには最高な空間でしたよ♪

噂の鳥かご型のスタンドもペニンシュラ以外では見かけたことがないので珍しいですし、色味やデコレーションも含めてデザインもかなり華やかで・・・。

写真映えするアフタヌーンティーを求めている女性には特におすすめしたいですね。

しかも、バードケージ型のやつは写真も非常に撮りやすいところもありがたい!

お食事自体のボリュームもそこまで多くなく、セイボリーとスイーツの分量やバランスが丁度よかったから最後まで苦しくならずに食べられましたし。

丁度時期的にもクリスマス感満載で、雰囲気も含めて一足早いクリスマスを味わえてよかったです。

しっかし、ペニンシュラのアフタヌーンティー8年ぶりくらいに訪れたのですが、以前行った時とは全然違いますやんっ!(笑)

前、こんなおしゃれなアフタヌーンティーじゃなかったですよね・・・??

値段も倍以上に上がってるし(これはどこもそうですが)、今、ホテルってアフタヌーンティーにかなり力を入れてるんだなーと改めて実感しました。

ラウンジは始終混雑していてピークタイムは満席だし、その人気っぷりにびっくりした次第です。

冷静に8,000円って都心のこじゃれたレストランでディナー食べられる値段ですからね。

この価格なのに学生さんからOL、マダムまで女性客がバンバン押し寄せてくるんだからすごいですわ。

いざとなると女性って金に糸目はつけないんだなと、今回のアフタヌーンティーでそんなどうでもいいことを思ったりして・・・(笑)

そんなわけでペニンシュラのアフタヌーンティー、お値段はなかなかですがインスタ映え抜群&お茶も美味しいので気になる方は是非一度行ってみてはいかがでしょうか?

きっとお姫様願望をここぞとばかりに満足させられる素敵なティータイムを過ごせると思いますよ♪

>>ペニンシュラのアフタヌーンティーを予約する

ペニンシュラのアフタヌーンティーはネット予約がお得

ペニンシュラのアフタヌーンティーは1階のラウンジ「ザ・ロビー」でいただけます。

12月はクリスマス仕様のフェスティブアフタヌーンティーが提供されており、お値段は一人あたり8,000円。

時間:11:30 - 20:00
期間:2021年11月1日(金)ー12月25日(土)

土日は特に混雑しているので、なるべく早めの予約をおすすめします。

ネット予約するとお得になるのでうまく活用しましょう♪

ちなみに私達はOZから予約しました♪

>>ペニンシュラのアフタヌーンティーを予約する

アフタヌーンティー関連の記事はコチラ♪

-アフタヌーンティー・紅茶
-, ,

© 2022 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5