アフタヌーンティー・紅茶

プリンスギャラリー紀尾井町オアシスガーデンアフタヌーンティー感想

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回はザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町にあるオアシスガーデン(oasis garden)にてアフタヌーンティーをした体験談についてご紹介したいと思います!

期間限定のヴィーガンアフタヌーンティーが提供されるとのことで行ってみたわけですが、ここ、めちゃくちゃよいです!!

ヴィーガン対応というだけあって

・100%植物性(動物性食材は不使用)
・シュガーレス

なうえ、さらに

・一部グルテンフリー
・カフェインレスのドリンク類が豊富

と、自然派かつ身体に優しいオーガニックなアフタヌーンティーなので

「美味しいものは食べたいけど太りそうだし・・・」

と心配している女性にはまさに打ってつけ!

この記事では、実際にオアシスガーデンのビーガンアフターンティーに突撃した私達の体験談を元に、アフタヌーンティーの感想やメニュー内容、お店の雰囲気等についてを豊富な画像付きで紹介しています。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町のアフタヌーンティーってどんな感じ?と気になっている方や赤坂周辺でアフタヌーンティーが出来る場所を探している方は是非参考がてら読んでみて下さいね。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町ヴィーガンアフタヌーンティー体験記

というわけで、やって来ました赤坂見附!

まずは駅から徒歩1分の立地にあるザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町へ。

今回アフタヌーンティーをするオアシスガーデンはザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町の36階に入っています。

地上180mに位置する空中庭園をイメージしたというダイニングは、広々としていて明るく清潔感がありつつも、なかなかに洗練された雰囲気でした。

高層階にあるだけに見晴らしは抜群!

大きな窓からは都会のビル群が見下ろせて、とっても開放的な気分になれますよ♪


今回案内されたのは窓側の席。

コロナ対応ということで衝立はありますが、テーブルが広いのでそんなに狭く感じませんでした。

お皿の脇に置かれたメニュー。

デザインもナチュラルで可愛らしいです。

席に着いてメニューを広げた私達は、とりあえず最初のドリンクをオーダーすることに。

紅茶の種類も沢山あるので、何を飲もうか迷ってしまいますね。

手始めに選んだのはロンネフェルトのダージリンサマーゴールド。

渋みは少なくスッキリ爽やかな味わいでした。

紅茶を楽しみながら5分程経ったところで、お待ちかねのアフタヌーンティーがご登場~!

3段のティースタンドではなく、1枚1枚お皿に載せられて運ばれてくるのですが、これがまた美しいのなんの・・・!

黒いお皿に盛られた色とりどりのスイーツの数々が非常に写真映えしますね。

これが全部ヴィーガン仕様だなんて信じられない!

早くもテンションは爆上がり最高潮!

しばし、この美麗なるアフタヌーンティーをうっとりと見つめる我々。

その後でまずはセイボリーに手を伸ばします。

温もり感溢れる木のお皿の上に円形に並べられたカラフルなお料理達。

赤に緑に黄色にと、ビタミンカラーでまとめられたセイボリーは見ているだけで元気が出てきます。

セイボリーは上から時計周りに

・リトルジェムレタスとアイスプラントwithアボガドディップ
・豆腐のブラマンジェ
・マンゴーとココナツミルクのスムージー
・トマトの米粉パンソイミートバーガー
・カラフルトマトと八代トマトのコンソメジュレ

というラインナップ。

まずは、鮮やかなイエローが目を惹くマンゴーとココナツミルクのスムージーからいただきましょう。

見た目的に、てっきりカボチャスープかな?と勘違いしていた私。

一口食べてみたら、温州ミカンの甘酸っぱさが口の中一杯に広がって、その予想外のお味にびっくり仰天!

マンゴーのねっとりした舌触りとココナツミルクのマイルドな甘さも相まって、トロピカル感たっぷりのスムージーではありませんかっ!

続いて、リトルジェムレタスとアイスプラントwithアボガドディップとソイミートバーガーにトライ。

ちなみに、たまたまアイスプラントが切れていたようで急遽ブロッコリーに変更されていました(笑)

野菜の下にはアボガドディップがたっぷりと敷かれていて、シャキシャキしたレタスと一緒に食べるとレモンの酸味も相まってフレッシュな気分に。

トマトが練り込まれたソイミートバーガーの方も、とっても優しい味わいでほのかにトマト風味がするのが特徴的。

米粉で作られているので普通のバンズと比べると生地がふんわりしていて、間に挟まれたソイミートと一緒に食べると本当のハンバーガーを食べているような気分に。

トマトのコンソメジュレは、見た目からしてもうカラフルで爽やかで夏らしさ満載!

細長いグラスの中に色とりどりのミニトマトがゴロンゴロンに入っていて、コンソメジュレと一緒に食べるとコンソメの塩気がよりトマトの甘みを引き立ててくれます!

ゴロリ・・・

スプーンで一つずつトマトをすくい上げます。

これだけでトマトが沢山とれるのでリコピン補給はバッチリ!

トマトは美白効果もあるので夏にはぴったりですね♪

デザート風の見た目なのにヘルシーなところも〇。

下に敷かれたキヌアのプチプチ感も食べていて楽しかったです。

最後、グラスの底にトマトがスルッとハマってしまい、スプーンで掻き出すのに苦労したのも今となってはいい思い出・・・(笑)

豆腐ブラマンジェ。

鉢のような器の中に土に見立てたミューズリーを敷き詰め、土の中からラディッシュの芽が生えている光景をイメージさせるデザインとなっております。

これ、もう見た目がすでに優勝!って感じしません?(笑)

うーん、発想がすごい!

見て下さい!

スプーンもシャベルの形をしているんですよ!

可愛すぎるぅぅ~!

肝心のブラマンジェのお味も豆腐感はあるけど豆臭さはゼロで、ミューズリーの素朴な甘みと粒々した食感との相性がこれまた抜群。

続いて、スコーンを食べてみます。

スコーンは

・プレーン
・レモン&タイム

の2種。

付け合わせのジャムは

・ルヴァーブ
・いちごとラズベリー
・酒粕&レーズンクリーム
・甜菜糖

というなかなかに個性的なラインナップ。

ルヴァーブやイチゴジャムはわりと酸味が強めなので、甜菜糖を多少振りかけて食べると甘みがプラスされます。

白砂糖じゃなくて甜菜糖ってところもまた身体に優しくて最高ですね~♪

こちらのスコーンは、さっきのハンバーガーと同様に小麦粉ではなく米粉で出来ています。

そのためか、普通のスコーンよりも色合いが白っぽいんですよね。

米粉なだけにわりとざっくりしたハード系の食感で、小さいけれどなかなか食べ応えがありました。

レモンのフレッシュな酸味とタイムのシャキっとしたほろ苦い香りがほのかに感じられるレモンスコーンは、ジャムをつけなくてもそのままで十分美味しいです。

同じく、酸味強めのルヴァーブジャムをつけて食べるとよりさっぱり感が出てよく合う♪

ちなみに、私の一番のお気に入りは酒粕ジャム。

これ、やばいです!

スコーンと一緒に食べると、口の中にじわじわと酒粕の何とも言えないコクがジワ~ンと広がってクセになる美味しさ。

食べた後に紅茶を飲むと余計に酒粕感が強烈に感じられ、レーズンの甘味もより一層際立つような・・・。

ねっとりとしたコクといい時間差でやってくる後味といい、今までにない大人な味わいのジャムでした。

どちらかというと、レモンスコーンよりプレーンスコーンに塗った方が美味しくいただけますね。

そして、ティータイムもいよいよ終盤戦。

待ちに待ったスイーツゾーンへと突入です!

こちらは上から時計回りに

・リーフ&モスクッキー
・バナナマフィン
・紅茶とイチジクのパウンドケーキ
・パンプキンタルト
・ブルーベリーケーキ
・クランベリープリスボール

というラインナップになっていますが、もうデザインが素晴らしいざんす!

このお皿だけでもはやアートって感じ。

とりあえず、色々お皿によそってみました。

赤と緑で何となくクリスマスカラーになりましたが、葉っぱの形をしたクッキーや薔薇の細工が施されたマフィンやパウンドケーキ等、本当に細部まで凝っていて感動します。

この葉っぱはサクサクした食感なのですが、中に練り込まれたモリンガの風味が半端ない!

なんだろう、本当に葉っぱを食べているような気分になれます(笑)

半分に割ってみました。

左から

・モスクッキー
・紅茶とイチジクのパウンドケーキ
・ブルーベリータルト

となっているわけですが、どれも甘さ控えめでナチュラルなお味です。

パウンドケーキは紅茶の味がしっかり効いていて、モスクッキーは抹茶味でモチャモチャした食感とナッツの歯ごたえがいいアクセントになっていました。

ブルーベリータルトも生地はねっとり系で、ベリーの味がなかなか濃厚。

お花の細工が何とも美しいスイーツ達。

上から時計回り順に

・クランベリーボール
・パンプキンタルト
・ラズベリー
・バナナマフィン

ううむ、可愛すぎて食べるのがもったいないような・・・。

こちらも断面図を撮影してみました。

左のバナナマフインはお花部分が固めのジュレになっていてオレンジの味がします。

生地に練り込まれたバナナと合わせて、何とも南国風のマフィンでしたよん。

右のパンプキンタルトも、カボチャの味がしっかり感じられ、とっても優しいほっくりとした甘みがたまりません。

ほのかにチョコっぽい味もするんですが、これはキャロブパウダーか何かを混ぜているのでしょうかね?

クランベリーボールは、プチプチ食感とベリーの酸っぱさがいい具合にミックスされて独特の食感を演出。

そしてそして、最後の〆は

・豆乳パンナコッタとフルーツのグラススイーツ
・フラワーフルーツジュレ

でいっちゃいましょ~う!

豆乳パンナコッタは、豆乳のミルキーでまろやかな風味とでチュルンっとした滑らかな舌触りが魅力。

上に乗ったフルーツもジューシーで甘みが強く、とってもフレッシュ!

素朴で癖のない素朴な味わいが、ラストにふさわしい1品でした。

というわけで、興奮したりはしゃいだりウットリしながらテンションの高いアフタヌーンティーが終了~!

いやー、本当に美味しかった!

全体的に優しい味わいで甘みもきつくなく、グルテンも控えめなのでこれだけ食べた後でも全然胃が重たくならないんです。

消化もよさそうだし・・・(笑)

フルーツや野菜もふんだんで豆腐や米粉を使っていたり、お砂糖は甜菜糖だったりと身体に優しいメニューだから、大好きなスイーツを食べても罪悪感はゼロってのが最高。

これならヨガをやっている人やベジタリアンの人はもちろん、ダイエッターの女性でも安心食べられますよね。

このメニューを考えた人はすごいなと思いました。

ヴィーガンアフタヌーンティー、一言で言うと神です!

oasis gardenヴィーガンアフタヌーンティーの紅茶やドリンクについて

さて、ここからはオアシスガーデンのアフタヌーンティーのドリンクの感想なども備忘録がてらまとめておきます。

ヴィーガンアフタヌーンティーのドリンクのラインナップは以下の通り。

【紅茶】
・オーガニックアールグレイ
・オーガニックダージリンエステート

【緑茶】
・オーガニックエメラルド抹茶

【ハーブティー】
・オーガニックアフリカンネクター
・オーガニックデトックスインフュージョン

【コーヒー】
・ブレンドコーヒー
・カフェインレスコーヒー
・シングルエスプレッソ
・ソイラテ

【ロンネフェルトティー】
・ダージリンサマーゴールド
・スイートベリーズ
・アールグレイ
・ルイボスクリームオレンジ
・ウインタードリーム
・アーユルヴェーダハーブジンジャー
・マサラチャイ
・イングリッシュブレクファスト
・モルゲンタウ
・ジャスミンゴールド
・ルイボスバニラ
・グリーンドラゴンロンジン
・リフレッシングミント
・フルーティーカモミール

紅茶やコーヒーだけではなく、カフェインレスのルイボスティーやハーブティーが揃っているので妊婦さん等にはありがたいですよね。

ちなみに

・オーガニックアールグレイ
・オーガニックダージリンエステート

とハーブティーはサンフランシスコのオーガニック紅茶ブランド「マイティーリーフ」を使用し、それ以外の紅茶はロンネフェルトのものを使用しているとのこと。

ロンネフェルトはドイツの紅茶ブランドで、ドイツ国内の5つ星級のホテルやあの世界で唯一の7つ星ホテルバージアルアラブホテル(ドバイ)でも使われているんですよ。

写真のティーパックは、わざわざスタッフの方が見本を持って来てくれました。

紅茶はポットで提供でされ、大体カップ1.5杯分くらいは飲めます。

2人でそれぞれ違う種類を頼んでシェアすれば色々な紅茶を試せるのでおすすめですよ~。

写真はダージリンエステート。

同じダージリンでもこちらは結構渋くて苦く重ための味で、最初に飲んだサマーゴールドの方が飲みやすかったですね。

ウインタードリームという紅茶も、オレンジの柑橘系の風味がさっぱりしていて美味しかったです。

こちらはアーユルヴェーダハーブジンジャー。

レモンの味が印象的で、ほのかにスパイス感もあり、全体的にインド風味な味わいが特徴的。

インドと言えば、マサラチャイもシナモンの味が強めでなかなかスパイシー。

リフレッシングミントはミント感が強くてかなり清涼感があり、口直しに最適。

コーヒーは豆乳を使ったソイラテもあったりして。

ほわほわっとした泡はもちろん、口当たりも優しく苦みも少なめで飲みやすい♪

今回、個人的にイチオシだったのはルイボスオレンジクリーム。

オレンジの酸味と爽やかさ、クリームのまろやかさがルイボスとよく合うんですよ~。

私はロンネフェルトのアイリッシュモルトが好きなのですが、今回はなくてそこはちょっと残念でした(´・ω・`)

THE PRINCE GALLERY TOKYO KIOICHOオアシスガーデンの雰囲気やサービスについて

続いて、オアシスガーデンの雰囲気やサービスについても参考がてらシェアしておきますね。

ここはテーブルも広くてスペースをゆったり使えるところが〇。

隣の席と距離がかなり離れているので、おしゃべりしていても周りを全く気にせずに済むのがいいところ。

空中庭園をイメージしているだけあって、高層階で見晴らしは最高。

窓が大きく天井も高く開放感抜群で、何とも贅沢な景色を眺めながら優雅なティータイムを過ごすことが出来ますよん。

特に平日だと客層がリッチなアラフィフマダム中心で学生が少なめ、かつ混雑もしていないので非常に静かです。

かなり落ち着いた雰囲気なので、正直穴場だなと思いました(笑)

接客もとても丁寧で、ニコニコと上品な笑みを浮かべた女性スタッフがきめ細かいサーブをしてくれます。

ドリンクのオーダーにもすぐに気付いてくれますし、終了時間になったからとせかすような雰囲気を出したり、追い出すような態度を取らないところも素晴らしい!

客の空気を読みつつ、タイミングのいいところで会計を持って来てくれるのでそういうところも含めて心地よく過ごせました。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町のoasis gardenアフタヌーンティー感想まとめ

さーて、というわけで長々とザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町のoasis gardenでのアフタヌーンティー体験をご紹介させていただきました!

今回のヴィーガンアフタヌーンティーは、今まで行ったアフタヌーンティーの中でも上位に食い込むレベルの高さでした。

黒いお皿に緑や赤といったビタミンカラーのスイーツが映えるのはもちろんのこと、スイーツを花の形や葉っぱの形に細工したり、器も含めて芽に見立てたり・・・

とデザイン性にも非常に優れていて、1品1品の見た目がすごく凝っているんですよね。

色とりどりのカラフルな食材を使ったメニューは、お皿もお食事も全て含めて美しくて、見ているだけでテンションが上がってワクワクした気分になれること間違いナシ。

素材もどれもフレッシュでナチュラルで、そのうえジューシーなフルーツも盛りだくさん。

ビタミンも沢山とれるから美肌にもいいですよ。

本当に多種多様な食材を使っていて、色どりも味も全体のバランスも含めてしっかり考えられているからすごいなーと食べながらしきりに感心してしまいましたよ。

酒粕クリームの味が美味しすぎて未だに忘れられません・・・(笑)

バーニーズカフェに行った時も思ったんですけど、やっぱり自然派のアフタヌーンティーっていいですよね。

お腹一杯食べているのに不思議と胃は重くならないし、全部オーガニック素材だから身体にも優しいし。

甘いものを食べているのに健康的になれるという、全女性の夢のようなアフタヌーンティーは一度試してみる価値あり!

今回はたまたまヴィーガンがテーマでしたが、ここはまた是非別のアフタヌーンティーの時にも再訪してみたいですね。

斬新かつ美しいデザインとヘルシーで美味しいスイーツが合わさったアフタヌーンティー、是非お試しあれ~♪

ヴィーガンアフタヌーンティーはネット予約がおすすめ

今回私達が食べたヴィーガンアフタヌーンティーは、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町36階にあるオアシスガーデン(oasis garden)でいただけます。

アフタヌーンティーの提供は10時~17時半で、2時間制となっています。

予約は事前に公式サイトを使ってネット予約すると便利ですよ♪

>>oasis garden予約はこちらからどうぞ

-アフタヌーンティー・紅茶
-,

© 2021 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5