南インド

ポンディチェリーホテル宿泊レポMOTHERS HOUSE口コミ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回は私たちがポンディチェリー(プドゥチェリー)で宿泊したホテル「MOTHERS HOUSE」の感想や口コミをご紹介したいと思います!

ポンディチェリー(プドゥチェリー)観光を考えている方は是非参考にしてみて下さいまし!

行き方アクセス場所

MOTHERS HOUSEは、ポンディチェリー(プドゥチェリー)のホワイトタウンという街の中心部H.M.Kassim Salaiストリートに面した便利な位置にあります◎

J.B.S CAFE(ジュースバー)の向かいに看板が出ているので道沿いに行くとわかりやすいかもしれません。

Adyar Ananda Bhavanというインド料理のお店のすぐ近くなのでこちらを目指すと良いかも。

スーパーNilgiris(ニルギリ)までは270m徒歩3分で行けてしまう大変好立地な安宿。

美味しいインド料理屋「SUTGURU」の系列店「SURGURU SPOT」までは、徒歩2分です。

駅までも30分弱歩けば到着するのでアクセスには大変便利なのでおススメ。

看板の奥いある階段を登っていくとレセプションがあるのでずんずん進んでいきましょう。

ちなみに安宿なのでクレジットカード払いは不可。

住所:H.M.Kassim Salai, MG Road Area, Puducherry, 605001
TEL:0413 234 2777

客室口コミ

価格は、二泊して一泊ダブルルーム600Rs.でした。

最初は他の宿をいくつかあたってあちこち値段を確認したのですが、どこもかしこも1000~1200Rsが相場だったので、この立地でこの値段は格安かと思います。

部屋はダブルベッドがどーんと置かれ、物置き場、棚、テレビ(ボロめ)、大きめの鏡というシンプルな内容。

バックパックを二つ置いても特に狭いとは感じずパッキングもしやすかったです。

ベッドの寝心地は、まぁ、安宿にはありがちな少し固めのマットレスなので床に寝ている感じでした。

2月頭のポンディチェリー(プドゥチェリー)は湿度が高めだったものの、シーツは湿っていなかったのが幸い。

ファンがあるので暑さはしのげるけれど、部屋の位置によっては窓があったりなかったりなので、風通しが良い部屋が良ければ希望を告げてみましょう。

余計なものは何もない部屋ですが、この宿のレベルにしては居心地はそれなりだったかも。

水回りに関しては、便座が修復されていたものの、水漏れはなし。

若干下水の臭いがするので、滞在中はトイレのドアを閉めておくと◎。

閉めれば特に臭いは気になりません。

安宿なので、ホットシャワーはなく蛇口からの水でしたが、真水ではなくぬるま水なので我慢できるかと思います。

私たちはインド式にバケツに溜めて体を洗いました…。(徐々にインド人化するTABIBIの二人笑。)

ただ、湯量は結構あるので洗濯はしやすく、部屋にも洗濯ロープを吊るすスポットがあったので干す場所には困らず。

湿度がかなり高いので前日に干した洗濯物が生乾きで出発時焦るハプニングも…。

お出かけの時はファンを回してから出ることをおすすめします。

清潔さに関しては、汚くはないけど決して清潔とは言えず…そこは安宿なのでご愛敬ということで笑

ちなみにWi-Fiはありませんでした。

泊まった感想まとめ

非常に貧乏くさい外観と内装でしたが、宿のおっちゃんはとってもフレンドリーでした。

こちらがタミル語を話すとニコニコと愛想が良く、テンション爆上がり。

南インドの素朴さと素直さを持ち合わせたフロントの彼にはいつも癒されました。

ポンディチェリー(プドゥチェリー)という街自体が静か(フランス人地区側)なので騒音もなく、治安も◎。

周りは商店やジュースバーがあり結構遅くまでオープンしているので、安心して出歩くことができますよん。

インド人街に行けば他にも宿はあるかもしれませんが、リキシャや車の渋滞に加えインド人の往来が激しく、魚の生臭い臭いが漂っていたのであまりおすすめはできません。

おそらく宿泊客は私達しかいなかった程のマイナーな宿ですが、メインロードのすぐ近くにあるので立地は非常におすすめです。

長期滞在にはちょっと不向きですが二日程度であれば、問題ないかと…。

フロントから部屋に入るまでがちょっと監獄のようで薄暗い感じがあるので、女性は少々ビビるかもしれませんが慣れてしまえば大丈夫。

きっと地元用の宿なんでしょうねぇ。

私達は、安いと踏んだ駅付近の宿が想像以上に高く、全滅だったので、中心部に移動して直接チェックインしました。

このMOTHERS HOUSEの隣にも500Rs.で泊まれる同クラスの宿があったので、そちらと比べてみるのもありかもしれませんね。

ブッキングドットコムなどのホテル予約サイトで色々見てみるといいですよ⇒Booking.com

そんなわけで以上、タビビシスターによるポンディチェリー(プドゥチェリー)の宿MOTHERS HOUSE口コミでした!

それでは、よい旅を!

南インド旅行情報はコチラ♪

インド好きの管理人がインド旅行した際の記録を豊富な画像付きでまとめています。

グルメや買い物スポット、ホテルレビューや治安情報等実体験を元に紹介しているので、こちらも参考にしてみて下さいね♪

関連安宿(ゲストハウス)からホテルまで!南インド旅行で宿泊施設まとめ

安宿(ゲストハウス)からホテルまで!南インド旅行で宿泊施設まとめ

続きを見る

関連南インドの食事満喫!現地のおすすめカフェレストラングルメまとめ

南インドの食事満喫!現地のおすすめカフェレストラングルメまとめ

続きを見る

-南インド
-, ,

© 2021 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5