チェンナイのおすすめ中級ホテル口コミ!シーズン4レジデンシズ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回は私たちがチェンナイで宿泊した中級ホテル「シーズン4レジデンシズヌンガムバッハムホテル」の感想や口コミをご紹介したいと思います!

チェンナイ観光を考えている方は是非参考にしてみて下さいまし!

チェンナイの宿シーズン4レジデンシズヌンガムバッハムホテルのアクセスは?

シーズン4レジデンスヌンガムバッハムは、チェンナイの中心部アンナーサライ(Anna Salai)という大通り沿いの横道に逸れた所にあるホテルです。

チェンナイ最古のモールで有名なスペンサープラザから1.8kmで、徒歩30分リキシャで5分。

衣料品を始めとする日用品が揃うTナガルマーケットも同じく2㎞、徒歩30分リキシャで5分の立地でなかなか便利!!

チェンナイは結構大きな街なので、自分の目的に合わせた立地のホテルを選ぶことをおススメします。

我々はTナガルマーケットでクルタを仕立てたかったので、この立地は助かりました♪

メインロードから外れるので夜は静か、周りに病院やその他のホテルもあるので治安も悪くなく安心です。

ちなみにチェンナイ空港から市内までのアクセスは、空港の出口付近にあったプリペイドタクシーを使いました。

ホテルまで450rsで20分かからないで到着したので深夜到着でも安心ですね!!

【アクセス】
住所:38/16 Cathedral Garden Road, 600034 チェンナイ, インド
TEL:+917299011199

チェンナイシーズン4レジデンシズヌンガムバッハムホテル宿泊感想・口コミ・料金

私達が予約した部屋はツインルームで価格3泊4700rs(1泊1567rs/税込)です。

値段が結構する為(貧乏旅行にしては汗)部屋は日本のビジネスホテルと張るくらいの清潔さで非常に快適!!

ベッドの上には、綺麗に畳まれたバスタオルとリモコンが用意されていて旅の気分を盛り上げてくれました。

連泊の場合はもちろん新しいタオルがもらえます。

ちなみにベッドのマットはフカフカしていて柔らかめ◎

Wi-Fiもサクサク使える上、電源類も一つにまとまっていてとても使いやすかったです。

プラグが変な位置にあって使いづらいなんていうインドあるあるは心配ご無用!!

ちなみに写真の左側のモノは虫よけです。(アースノーマット的な)

連泊者にはありがたい棚もばっちり完備!!

いや~、かゆい所に手が届きますね。

そしてその棚の上にはなんとささやかなアメニティであるクシが登場!!

そうそう、ルームサービスでご飯も頼むことができるので、ちょっと小腹が空いたなんて時も安心です。

ちょっとチープ感漂ってますけど、椅子と机もあります。

何かと作業が必要なビジネスマンやブロガーにはこのセットはありがた~いっ!!

薄型テレビもありました。

ちょうどベッドからよく見える位置にあるので、ゴロゴロしながらインドの番組を見るなんてのもオツ。

特に女性陣には非常にありがたい全身鏡もばっちし!!

二人で旅をしてると、朝や夜のお手入れ時に鏡の前が混みあうんですよね~。

朝になると、朝刊が部屋のドアの下から投げ入れられていました。

ヒンドゥー語ではなく、英字新聞なのでちょっとした暇つぶしになります◎

さぁ、お次は大事な水回り。

普段しょぼい宿に泊まっているバックパッカーからすると笑、インドの宿の中ではかなり綺麗なトイレ&シャワールームでした♪

しっかりと掃除がされていて水はけもイイ感じ。

シャワーとトイレの位置が絶妙なので、シャワー後トイレの便座がびしょ濡れという珍事も避けることが可能。

なんとトイレに「掃除済」の張り紙がっっ!!

もうこの時点で大感動。

更にトイレットペーパーまで備え付けられています。(インドの配管は小さいので、トイレットペーパーはごみ箱に捨てましょう)

水を流すところも、大と小でボタンが異なっています。

う~んっ、このトイレ、満点!!

シャワーはもちろんホットシャワーで、湯量も申し分なし。

二人続けて浴びましたが、途中でお湯が出なくなる事はありませんでした!!

私たちは使わなかったけど、シャンプーとボディーソープのアメニティも完備。

ボディソープはこれからの旅で使えるのでちゃっかりお持ち帰りしましたよん笑

シーズン4レジデンシズヌンガムバッハムホテルの朝食ビュッフェはどんな感じ?

なんとこちらのホテルは、朝食ビュッフェが食べられます。

朝ゆっくりしたい人にとっては大変ありがたいや~♪

し、か、も、バッチリ南インド式の朝ご飯ときたもんだ!!

じゃじゃ~ん!

意外と種類が多くてびっくり。

食べ放題なので、自分で好きなものを好きなだけよそいましょう。

まずは、ココナツチャツネ。

ココナツベースのちょっと酸味があるチャツネでした~。

一日目と二日目で味が若干変わったのはご愛敬笑

ちょっと辛めのチリチャツネなんてのも発見。

先ほどのココナツチャツネがクリーミーでまろやかなのでちょうどいいバランスです。

そして南インドの味噌汁的な存在のサンバル。

なぜかチリチャツネとあまり味が変わらず・・・。

ヴァダという、がんもどきのようなもの。

揚げたてだったのでサクサクとしていて口触りがよく美味しかったです。

なんだか懐かしいお味かも。

こちらはポンゲルという南インドの朝ごはんの定番、米と豆を煮込んだおかゆ的なものです。

スパイスは入っているけど、ほんのり優しいお味で疲れた胃袋を癒してくれました♪

こっちも南インドの定番、イドリ。

米粉とウラット豆を水に浸し、ペーストにして発酵の上で蒸したもの。

ちょっと酸味があって何個でもパクパクいけちゃいます。

頼めば厨房で卵も調理してくれました!

シンプルに塩と胡椒でただきます。

これらをお皿に乗せたら、立派な南インドのターリーが出来上がり!!

よく食べる我々にとっては朝ご飯食べ放題は嬉しい限り。

3~4回は各自おかわりしちゃいました、へへへ。

ちなみにイドリとアッパムが日替わりのようです。

インド料理が疲れた人は、こちらのトーストも用意あり。

バター、はちみつ、ジャムを付けていただきましょう~う!!

インドのトーストは薄くて小さいのでちょっと腹持ちが悪いのが難点ですな。

飲み物は、セルフでチャイを作るか、ポットに入れられた温かいコーヒーから選べます♪

チャイは、お湯ではなくホットミルクで作るようです。

最初ポットから牛乳が出てきてかなり焦りましたけど・・・。

こんな感じで、初っ端から南インドの朝ご飯を堪能することができたので大満足の朝食バイキングとなりました。

チェンナイの中級ホテル・シーズン4レジデンシズヌンガムバッハム口コミまとめ

今回、チェンナイのシーズン4レジデンシズヌンガムバッハムホテルには3泊しました。

マーケットまで歩いて行ける距離で、道も単純なのでとてもわかりやすく便利でした~!!

サービス面については、宿のスタッフは、北インドのようにやたら馴れ馴れしい訳ではなく、サクッとした対応。

朝食の時にいたチベタン系のシャイな若い兄ちゃんが、二名体制でお水を持ってきてくれたりメニューを教えてくれたりと、あれこれ世話をしてくれたのが印象に残っています。

部屋は本当に綺麗で、Wi-Fiも動画が見られるくらいの順調さ、ホットシャワーも安心して浴びることができたので申し分なし。

今回はスペンサープラザとTナガールマーケットに行きたかったので、ちょうど間にあるこちらのホテルを予約しました。

が、何かとTナガルに行く機会が多かったのでマーケットの方で宿を取っても良かったかな~なんて思ったり。

リキシャを使うのであれば交通の便に関しては全く問題ないかと。

ちなみに商店が近くにないので、お水などは歩いて5分ほどの路上の店買いましょう◎

チェンナイは観光の場所が点在しているので、自分が行く予定のある地区で宿を取ることをおすすめします。

ブッキングドットコムだと格安セールなどでお得に宿泊予約ができますよん♪⇒Booking.com

以上、タビビシスターによるチェンナイのアンナーサライ地区にあるヌンガムバッハムホテルの口コミ情報でした!!

それでは、よい旅を♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA