【高速バスウィラー口コミ】格安夜行バスで東京~新潟まで行ってみた

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回は高速バス、夜行バスで有名なバス会社「ウィラーエクスプレス」を利用した口コミを紹介しますね!

東京から新潟まで行くならバスが断然お得という情報を得たので早速調べてみたところ、なんと新幹線の四分の一の料金で行けることが判明!!

チケットを取って実際に乗ってみると、思ったより快適で時間もかからずコスパが良かったのでこれは皆さんにもシェアしなければと◎

この記事では、実際に長距離バスを利用した感想はもちろん、発着場所である新宿バスタやバスの設備、乗り心地などについて紹介レポしています。

高速バスのウィラーって実際どんな感じ?

夜行バス使いたいけど便や時間、価格はどうやって調べたらいいの?

夜行バスのトイレや休憩事情が気になる!

なんて方は是非参考がてら読んでみて下さいね♪

高速バス会社WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス)とは?

ウィラーエクスプレスは、格安で長距離を移動できる高速バス会社♪

街中やサービスエリアなどで、かわいいポップなピンクの車体を見かける事ってありませんか?

そうです、あの会社です。

車体のデザインから分かるように女性をターゲットとしたウィラーは、「移動そのものを楽しむ」をコンセプトにしているだけあって、様々な趣向を凝らしたバスを運行しているんですよ~!!

夜行バスで有名なウィラーのグレードや種類について

ウィラーのバスはなんと19種類もの豊富な中からシートを選ぶことができちゃいます♪

・スタンダードなタイプの「リラックス」は人気の4列シートでリクライニング最大140度
・3列独立のシートタイプの「ラクシア」は最大傾斜146度の電動ゆりかごのリクライニング、収納式テーブル、レッグレスト付き
・シェル型の上質な眠りを追求した「ReBorn(リボーン)」は最大156度で車内全18席という贅沢なタイプ

などなど…。

女性専用車やシートの素材がまるで上質ソファのようなタイプまで、実に幅広い種類の取り扱いがあります。

高速バスは狭い、疲れる、ボロい、なんていう時代はもう終わったんですね!!

旅の移動がとことんこだわり抜いたシートで快適に過ごすことができちゃいます♪

夜行バス、高速バスのウィラーの路線について

「東京、横浜、名古屋、金沢、大阪、京都、福岡、仙台」などの主要都市に始まり、日本全国120路線、毎日880便が運行しています。

これだけ運行しているのだから「行きたい場所まで出ていない!」なんて事は滅多にないはず。

大手のバス会社だけあって年間240万人以上の方が利用しているんだとか。

また、成田空港へのシャトルバス、55歳以上のシニア割や、富士急ハイランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの旅のツアーなど、プラン展開も豊富。

「東京―名古屋(1,500円~)」、「東京―大阪・京都(1,900円~)」などの大人気の区間も破格です!!

夜行バスウィラーのネット予約方法について

高速バスの予約をするにあたり、私はバス比較ナビトラベルコなどの価格比較サイトを利用しました。

比較サイトなら最安価格のチケットはもちろん、女性専用や朝便夜便などの条件を絞って検索することができるのでとっても便利!!

最終的には、総合的に一番安くて口コミが良かったウィラーを使うことに決定◎

ウィラーのサイトで簡単な会員登録をして予約をすると、とても丁寧な確認メールが届きます。

出発直前にも再度確認メールが届くので安心ですよん♪

夜行バスウィラーのチケット予約キャンセル方法について

ウィラーのチケット購入後キャンセル・変更したい場合は、登録したマイページから簡単に行うことが可能です。

キャンセル料は規定によるのでマイページでチェック!!

もちろん、予約センターに直接電話をしてのキャンセルもOK!!

予約センター
電話番号:0570-200-770(ガイダンスに従って操作)
営業時間:10:00~19:00

夜行バスウィラーの発着するバスタ新宿へ行ってみた

今回私達が利用した便は、東京新宿に新しくできたバス発着所「バスタ新宿」から「新潟駅」行きでした。

バスタ新宿は新宿駅の新南改札から直結の為、雨や雪などの天候を気にしないで済むので本当に便利!!

夜23時に行ったにも関わらずバスターミナルは、激混みで人が溢れかえっていました。

バスタ新宿のターミナル内には、化粧室はもちろん当日チケット売り場、インフォメーション、ATM、自販機など設備が充実しています。

小さいながらもコンビニや、関東近辺の土産物が買えるギフトショップもあったりして。

ベンチは激戦区なのでターミナルから一度出て、時間ギリギリまで駅の改札を出たところにあるイスを使った方がいいかも…。

係りのお姉さんに聞いたところ、自分が乗るバスの乗り場の番号を掲示板で確認したら10分前にバス停にいればOKとのこと。

夜行バスウィラーに乗る際の手荷物について

さぁ、いよいよバスが到着したら各自荷物を預けて乗り込みましょう!!

トランクで預かりできる荷物の大きさは以下の通りとなります。

・荷物1個の場合:縦の長さ+横の長さ+高さの長さ=155cm以内の手荷物
・荷物2個の場合:縦の長さ+横の長さ+高さの長さ=合計240cm以内の手荷物

また、車内に持ち込む手荷物にの大きさはバス網棚に入るもの、自分の座席で管理できる程度のものになるのでご注意を!!

車内の網棚は意外と幅が広いので、私達は車掌さんに確認した上で全て網棚に乗せちゃいました。

ウィラー夜行バスの設備やサービスは?

夜行バスを選ぶ上で気になるのがその設備やサービスですよね!!

今回私達はウィラーのリラックスタイプを利用した訳ですが、その体験談を元に色々と紹介したいと思います◎

夜行バスウィラーのトイレ休憩、トイレ事情

トイレ魔の姉がとにかく気にしていたのが夜行バスのトイレ事情。

同じくトイレ大好きな皆さんも安心してください、夜行バスでもトイレ休憩(サービスエリア)は2時間ごとにありました。

ただ深夜走行の場合は寝ている人を起こさない為、最初の一回を除いた休憩時にアナウンスはありません。

バス乗車時に大体のサービスエリア停車時間の案内があるので、自分でチェックしておきましょう!!

もちろん、バスのタイプによってはトイレがついている便もあります◎

夜行バスウィラーのwi-fi事情

ウィラーでは一部のバスを除き、「ソフトバンクwi-fiスポット」が無料で使えます。

ただ、トンネルなどの通信環境によって不安定になることもあるようなので使えたらラッキーくらいの心構えでいましょう!!

夜行バスウィラーの座席周りの設備について

私達が乗ったリラックスタイプの座席はこんな感じでした。

背もたれ・座面・腰の3つのパーツでそれぞれ厚みや柔らかさの違うクッションを使ったこだわりのシートは乗り心地良し!!

座席幅は44cmと男性にとってはちょっと狭いと感じる幅かもしれません。

首元には可動式の首あてがついていました。

上下に動かすことによって自分の座高に合わせた高さに調節することができます♪

カノピーと呼ばれる顔部分をすっぽり覆ってくれるフードが座席についています。(ちょっと不審者笑)

寝顔を人に見られるって結構大きな悩みだったりしますもんね…、こりゃありがたいや♪

こちらのカノピーはお客さんからの声を反映してわざわざウィラーが開発したんだとか!!

これなら口開けても白目むいてもヨダレ垂らしても大丈夫っ笑

手元には深めのペットボトルドリンクホルダーがあります。

前方座席についた網にいれるしかないタイプの場合、ペットボトルが入らなかったり潰れることってありませんか?

ウィラーのホルダーなら出し入れしやすくて、いつ喉が渇いても気軽に飲むことができて◎

フットレストがあるので、靴を脱いで快適に過ごすことができます。

ブーツやヒールを履きっぱなしだと、むくんだり疲れが取れなかったりするから助かる~!!

窓側の席のコンセントは足元の壁についているので充電が可能!!

USBケーブルのみでの充電はできず、プラグが必要になるのでご注意を!!

すみません、通路側のコンセントの有無は確認し忘れました汗

ちょっと写真では見えづらいのですが、空調とライトは窓側の座席の上にあります。

寒い時は自分で調整したり、各座席の上部に常備されているブランケットで暖を取りましょう。

ウィラー夜行バス評判♪実際に乗ってみた感想

今回の新潟旅行では、行きが深夜発、帰りが夕方発の便を利用しました。

行きは10分程遅延があったものの到着時間は予定通り、とっても安全運転での運行でしたよん♪

夜行バスや長距離バスは男性が沢山いるイメージだったのですが、客層はバラバラで意外と若い女性が多かったような気がします。

座席は見た感じちょっと狭いかな~と思っていたのですが、実際乗ってみるとそんなことはなく快適でした!!

でもなぜか行きの方は体がバキバキになってしまい、ちょっと疲れが残る残念な結果に…。

復路は慣れたのか時間帯のおかげか、辛い態勢になることもなくいつの間にか東京に着いておりました。

夜行バスってなんとなく苦手意識があったのですが、思ったより乗り心地はよく雰囲気も明るくてかなりイメージが変わりましたね!!

何よりとにかくめちゃくちゃ安いのが高ポイント!!

時間がない人たちにとっては、深夜に出発して朝到着するスケジュールは時間の節約にもなって更にお得なのではないでしょうか。

ウィラーはスタッフの方始め、車掌さんも親切で感じが良く、予約サイトも確認メールもわかりやすいのでそういった面でもおススメです♪

夜行バス、長距離バスのウィラーに乗ってみた口コミまとめ

さて、そんなわけで夜行バス、長距離バスのウィラーに乗ってみた体験レポをお届けしました!!

最近の夜行バスは、各会社が競合しあっているせいか昔に比べてかなり快適になっていて驚きました。

今回の新潟旅行も始めは新幹線を使う予定だったのですが、結果バスにして大正解!!

想像以上に乗り心地が良くてとにかく安かったおかげで、往復で15,000円くらい得をする結果に♪

ウィラーは予約サイトも使いやすくて、シートの種類や女性専用車など自分の好みのタイプを選ぶことができるのが良いですね。

充電できるコンセントがあったり、ブランケットの貸し出し、寝顔を人に見られないですむカノピーも本当にありがたい!!

これから日本国内を旅する時は、長距離バスも視野に入れていこうと思ったタビビなのでした。

皆さんも旅行をする際はバスを使う方法も是非考えてみてくださいね♪

それでは、よい旅を!

新潟駅近くの観光情報についてはこちらの記事も参考にしてみて下さいね↓

>>新潟駅近くの美味しいおむすび屋にぎり米口コミレポ♪
>>新潟駅ぽんしゅ酒で利き酒を楽しんだ口コミ♪
>>新潟駅ぽんしゅ館のおすすめ土産情報♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA