アフタヌーンティー・紅茶 東京

ロイヤルパークホテル(水天宮)アフタヌーンティー口コミ感想レポ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回は、水天宮にあるロイヤルパークホテルの1階ラウンジ「fontaine(フォンテーヌ)」でアフタヌーンティーをした体験談についてご紹介したいと思います!

ロイヤルパークホテルのアフタヌーンティーといえば、ショコラティエが腕によりをかけて作った繊細なチョコ細工が有名ですよね。

期待して行ってみたところ・・・これが確かにすごかった!

可愛い見た目にずっきゅん一目惚れ♪

この記事では、実際にロイパのアフターンティーに突撃した私達の体験談を元に、アフタヌーンティーの感想やメニュー内容、お店の雰囲気等についてを豊富な画像付きで紹介しています。

ロイヤルパークホテルのアフタヌーンティーってどんな感じ?と気になっている方や日本橋周辺でアフタヌーンティーが出来る場所を探している方は是非参考がてら読んでみて下さいね。

ロイヤルパークホテルのアフタヌーンティーはチョコ細工に定評あり♪

というわけで、やってきましたロイヤルパークホテルin水天宮前!

ここは水天宮前駅直結なので、地下鉄の改札出たらそのまますぐホテルに入れるところが便利♪

移動しなくていいから雨の日でも助かりますね。

アフタヌーンティーは1階のロビーラウンジ「fontaine(フォンテーヌ)」でいただけます。

柔らかな光が差し込むラウンジ内はクラシックな雰囲気で、非常に落ち着いた空気が漂っていました。

所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1ロイヤルパークホテル1階 水天宮駅直結
電話番号:03-5641-3600(受付9時~18時)
アフタヌーンティーの営業時間:11時~17時

とりあえず、まずは紅茶を注文。

ちなみにドリンクに関しては、

・通常⇒ほうじ茶・コーヒー・紅茶のみ(おかわりは自由)
・プラス605円⇒16種類のお茶飲み放題プラン

という風にお好みで切り替えられます。

写真はバニラフレーバーティー。

非常にコクがあって、ミルクを入れると余計にまろやかになってクセになる美味しさでした。

席に着いて10分後・・・。

はいは~い!お待ちかねのアフタヌーンティーセットが運ばれてきましたよ!

ロイヤルパークホテルのアフタヌーンティーは1,2カ月ごとにテーマが変わるらしく、今回は日本橋人形町の老舗ほうじ茶専門店「森乃園」とロイヤルパークホテルのコラボとのこと。

ほうじ茶アフタヌーンティーがテーマなので、全体的に色味も茶系でまとめられています。

ありがたいことに、最初にほうじ茶も出してくれました。

ここのアフタヌーンティーは丸型のスタンドで出てくるのですが、陶器の皿を使っているためか見た目よりもかなりの重量感があるんです。

写真撮る時に移動させようとしたら、めちゃくちゃズッシリしていてビクともしないのでちょっとびっくりしました(笑)

それでは、早速下の段のセイボリーからいただいちゃいましょう!

左から順に

・ミニタルトサラダ(キャベツとイカのオイル蒸しサラダ)
・ポークタンテリーヌ
・アスパラガスとベーコンのキッシュ

ちなみに、こちらのアフタヌーンティーは

・1段目がショコラティエ
・2段目がパティシエ
・3段目はシェフ

が手掛けているそうな。

ミニタルトサラダは外側のタルト生地がカリカリしていて、中のサラダにはナッツが入っています。

味付けも甘じょっぱい味噌系の味で不思議と和を感じました。

アスパラガスとベーコンのキッシュ。

上に乗っているクリームが非常にアスパラの風味強めで、一口食べると香りがふわーんと鼻に抜ける感じ。

豚のテリーヌは緑とピンクの2層式で色味も美しく、タンを使っているからか結構歯ごたえがあってこれはこれで新鮮でしたね。

続いて、真ん中の段にいってみましょう。

・ほうじ茶とチョコレートのテリーヌ
・ほうじ茶とチーズのタルト
・ほうじ茶のスノーボール
・ほうじ茶のモンブラン
・ほうじ茶のロールケーキ
・スコーン 2 種(プレーン・シナモン)ほうじ茶クリーム付

ほうじ茶がテーマなので、まさにほうじ茶づくしのラインナップ!

まずは一口サイズの四角いスコーンから。

こちらのスコーンは非常にカリカリした食感が特徴で、どちらかというとスコーンというよりクッキーに近い感じでしょうか。

付け合わせのクリームをつけて食べるとより楽しめますよ。

左から

・イチゴジャム
・アプリコットジャム
・ほうじ茶クリーム

となっており、ほうじ茶のクリームは軽くて甘さは控えめ、アプリコットジャムも酸味があってプレーンスコーンとよく合いました。

ほうじ茶とチョコレートのテリーヌは、ホワイトチョコのマイルドなコクとねっちょりとした舌触りが個人的にかなり好みでした。

なんだろう、すんご~く濃厚!!って感じです(笑)

ほうじ茶とチーズのタルトは、チーズ風味の生地と柑橘系のクリームとの酸味が絶妙なコンビネーションを発揮して、とても爽やかで初夏っぽい味わいでしたね~。

一見するとウグイス色の大福のようにも見えるほうじ茶スノーボール。

外側はシュガーコーティングされていて、中を割ってみるとほうじ茶が練り込まれた茶色い生地がお目見え。

ちょこちょこ入ったクルミの歯応えと、ほうじ茶の渋い甘さが魅力的な和風のスノーボールです。

そしてそして、こちらもやはりほうじちゃのクリームがたっぷり入ったロールケーキ。

生地がふわッふわでスポンジのような食感がたまりません。

モンブランは、中に入っているクリームが卵感強めのカスタードクリームで非常にこっくりと濃厚な舌触り。

マロンクリームもカスタードもねっとりしていて食べ応え抜群です。

そして、最後は一番上の段!

・チョコレート細工菓子
・ほうじ茶プリン(ほうじ茶と抹茶の寒天入り)

ほうじ茶プリンは、下の層が黒ゴマペーストになっていて、モチモチの白玉といい、抹茶とほうじ茶の寒天ゼリーといい、まるであんみつのような和風感が食べていて贅沢な気分になれますよん♪

甘さ控えめで最後の口直しにも丁度よく、プルプル感がいい感じ。

今回のアフタヌーンティーセットの中でも、一際目立ったのがこちら。

ふふふ、急須のチョコレート細工でござぁぁ~い!

口に入れるのがもったいないほどの可愛らしいビジュアルで、思わずうっとしちゃいます・・・。

チョコレート細工は、毎回テーマが変わる度にショコラティエが型からこだわって作っているそうなので、まさに必見の価値ありでやんす!

とても精巧で凝っているため、毎回どんな形のものが出てくるのだろうか?とワクワクしてきちゃいますね。

まずは全体をじっくり愛でてから、上の蓋部分を取ってみました。

あえて蓋が取り外しできるようになっているのも、造りが凝ってますよね~。

急須の持ち手をちょこちょこと食べつつ、そろりそろりと上から中を覗いてみます。

ん?何やら小石のような丸い物体が見えるような・・・。

ちなみに、急須の下に敷いてあるシート型のチョコはほうじ茶のチョコになっていて、一口食べるとほうじ茶の香ばしい茶葉の風味がふわーんと広がります。

これは・・・よい!

急須本体をパカッと半分に割ってみました。

中には砂糖コーティングされたポリポリした食感の豆が二つ程入っていました。

やや梅やみその味がしたような気がしたような・・・。

急須は苺チョコで作られているのですが、苺の粒々感とチョコのまろみがマッチして、甘さもそれなりにあるためか、これ一つ食べるだけでかなりお腹が膨れます。

はい、そんなわけで、完食~!

最後のチョコ細工がやや重かったですが(笑)、全般的に多すぎず少なすぎず丁度よい分量でボリュームもそこそこだったように思います。

ご馳走様でした!

ロイヤルパークホテルラウンジアフタヌーンティーの紅茶について

続いて、ロイヤルパークホテルのアフタヌーンティーの紅茶に関しても、サクッと私の感想を述べておきたいと思います。

ここは通常だとドリンクの選択肢が

・ほうじ茶
・コーヒー
・紅茶

のみなのですが(おかわり自由)、プラス605円すればフレーバーティー、ストレートティー、ハーブティーといった13種類の紅茶飲み放題に出来ます。

紅茶はプリミアスティージャパンのものを使っているようで、ポットでの提供となり分量はカップ2杯分程。

私は今回

・アプリコットティー
・バニラフレーバーティー
・ジンジャーレモン
・ダージリン

を注文しましたが、個人的MVPはジンジャーレモン。

まさかのすりおろししょうが付きで、お好みで好きな量を紅茶の中に入れて飲めるのですがこれは体がポカポカになりますね~。

アプリコットティーは香りがとてもよく、ストレートティーはダージリンだけ試しましたが、味はわりと普通でした(笑)

ロイヤルパークホテルラウンジフォンテーヌの雰囲気やサービスについて

ロビーラウンジ「fontaine(フォンテーヌ)」の雰囲気やサービス面に関しても、備忘録がてら綴っておきます。

ラウンジ内は非常に落ち着いていて、どちらかというとクラシカルでシンプルな雰囲気ですね。

テーブルとテーブルの間も程良く離れているため、隣の会話もさほど気にならないところも〇。

いわゆる外資系ホテルの高層階ラウンジのような派手さやラグジュアリー感はあまりないので、それを期待してる人は他のホテルを選んだ方がいいかも??

私は平日の15時に訪問したのですが、それほど混んでおらず、客層は20代のカップルと30代くらいの女性グループが多かったような気がします。

サービスに関しては、スタッフさんがとても丁寧で親切で非常に心地よく過ごせました!

基本的に呼ぶとすぐ来てくれるし、アイコンタクトも通じるし、よくフロアを見ているなという印象です。

特に男性スタッフの物腰が優雅で愛想もよく、ダンディー系の接客がなかなかよかったですね(笑)

以前、ロイヤルパークホテル横浜の方のレストランも利用したことがあるのですが、その時も接客が丁寧だったのでロイパ自体がサービス面に関してしっかりしてるホテルなのかも知れません。

やっぱり帝国ホテルにしろニューオータニにしろ、日系のホテルって接客が心地いいなぁ改めて感じた次第です。

外資系のホテルだと当たり外れが激しく、ひどい思いもしたことあるので余計にそう思いますね(爆)

ロイヤルパークホテルアフタヌーンティー口コミ感想まとめ

さーて、というわけで、ロイヤルパークホテル水天宮のアフタヌーンティー感想レポをお届けしました!

こちらのアフタヌーンティーは味も美味しいですし、見た目もテーマにもこだわりが見え、全体的に手堅い感じのホテルアフタヌーンティーだなと感じました。

ウリの一つであるチョコレート細工は、噂通り見た目もすごく凝っていて、食べるのが惜しくなるくらいでしたし。

紅茶がプラス605円で飲み放題になる点に関しては、最初はちょっと微妙かな?とも感じたのですが・・・。

これも考えてみれば、デートのついでで来た男性客にとっては選べる紅茶の種類が少なくても値段が安い方がいいだろうし、その場でどちらかのプランを選べるというのは逆に親切なのかも知れないなとも思ったりして。

最近のホテルアフタヌーンティーにしては珍しく、時間制限がないところも高評価です(土日は2時間制)。

外資系ホテルのようなお姫様感やキラキラした派手さは正直あまりないですが、落ち着いたクラシカルな空間の中で大人のゆったりとしたティータイムをを楽しみたいのならロイヤルパークホテルのアフタヌーンティーはおすすめだと思いますよ。

立地的に浅草やスカイツリー、両国など観光にも便利な場所にあるので、下町エリアに観光に来たついでに利用するのもいいのではないかと。

気になる方は是非行ってみて下さいね。

ロイヤルパークホテルのアフタヌーンティーはネット予約がおすすめ

ロイヤルパークホテルのアフタヌーンティーは1名¥4,840(¥4,000)円で平日なら時間制限はなし。

プラス¥605(¥500)でほうじ茶やコーヒー含めた16種類のドリンクが飲み放題に変更可能♪

営業時間はアフタヌーンティー利用の場合だと11時~17時までとなっています。

ちなみに私達は事前に一休を使ってネット予約しました。

>>ロイヤルパークホテルのアフタヌーンティーを予約する

-アフタヌーンティー・紅茶, 東京

© 2021 TABIBISISTER Powered by AFFINGER5