引き寄せ

【FPの力を体感!】こうして思考は現実になる実験2を試した感想

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターで~す!

今回も引き続き、引き寄せの法則を扱った「こうして思考は現実になる」という本に書いてある実験2を試した結果について語っていきたいと思います。

今回は2つ目の実験である「フォルクスワーゲン・ジェッタの法則」にトライしてみました!

一体どんな結果になったのかを自分の感想と共に振り返りつつ、気づきや反省なども書いていこうと思っているので気になる方は読んでみて下さいね。

こうして思考は現実になる・フォルクスワーゲン・ジェッタの法則とは?

今回の実験の目的。

・・・それは

自分が見たいと思っているものなら何でも見つけられる!

のを体感すること。

著者のパムグラウトによれば、人は見たいものしかみない生き物なんだそうな。

この見たいものというのはポジティブなことネガティブなこと両方を意味しています。

人間は世界をありのままに見ていると思いがちですが、実はそうではなく、実際は自分が見たいものを予め決めているんだとか。

これはどういうことかというと、既にあるはずのものでも自分がちゃんと意識を向けていないと目に入らないということです。

例えば目の前に鉛筆が転がっていたとしても、もし別のことで頭が一杯だったらその鉛筆にすら気づかないかも知れませんよね。

・あるのに気づかない
・あっても目に入らない

それはつまり「この世には存在しない」のと同じなんですね。

人は自分の思い込みや期待に沿ったものをFP(可能性のフィールドと呼ばれるエネルギー)から引き寄せるという法則を持っています。

つまり、自分が生きていくうえで何に意識を向けるかでその人自身の人生は大きく変わってくるということです。

ところが残念なことに、大抵の人は間違った世界の姿を見ることを自分から選んでしまっているそうで・・・。

・お金がない
・恋愛がうまくいかない
・仕事が辛い
・人間関係が苦しい

辛い時、こういったマイナス面にばかりついつい目を向けがちになってしまいますがこれは実はNG。

自分が嫌なことにフォーカスすればするほど、さらにマイナスのことばかりが自分に寄ってきてしまうんです!

逆に言えば、物事のいい面に意識を向ければいいことばかり寄ってくるし人生も上向きになるともいえますね。

自分が何を見たいか、何を探すか?

これを意識することが今回の実験におけるちょっとしたポイントといえるでしょう。

こうして思考は現実になる実験2をやってみた!

というわけで、自分が見たいものを引き寄せるというFPの力を体感するための実験2を早速やってみましたよーん!

今回の制限時間は48時間。

実験のやり方は超簡単です!

開始時間を決めたら

・最初の24時間は黄色い車を探す
・後半の24時間は黄色い蝶々を探す

たったこれだけ。

「自分が探すものを変えれば自分の世界に現れるモノも変えられる」

という法則は果たして自分にも当てはまるのか?

自分が見たいと思っただけで本当に黄色い車や蝶々が見つかるのか?

これをしっかり実証していきたいと思います!

てなわけでまずは1日目。

朝の外出時、自宅から駅までの道すがら目を皿のようにして黄色い車を必死で探してみました。

しかし、そうそう都合よく黄色い車を見つけられるわけもなく・・・。

結局、何の収穫もないまま気づけば夕方になってしまいました。

何とか1台でもいいから見つけたい!

黄色い車は絶対現れる!絶対通る!

帰り道、黄色い車、黄色い車・・・と念仏のように唱えながら歩き続ける私(怪しい)。

家までもうあと5分・・・というところで、ついに!

奇跡が起きましたぁぁ~~!

大通りからちょっと外れた脇道にある駐車場。

そこからひょっこり顔を出すようにして黄色い乗用車が止まっているのが見えたんです!

おおお!

やりました!見つけましたよぉぉ~~!

これでようやく本日のミッションは果たせた!

・・・と思ったのもつかの間。

なんと、いきなり後ろから黄色いバスがにゅっと飛び出てきたんです。

な、なぬぅ!?これは偶然か!?

さらにまだまだラッキーパンチが立て続けに発生!

バスに続いて今度は黄色いタンクローリーまでが登場し、私の真横を颯爽とすり抜けていきました。

まさかの3台目ゲットです!

ここにきて続々と黄色い車が現れ、しかも何故かどんどん大型化しているのが笑えますね(笑)

しかし、話はここで終わりませんでした。

自分でも予想外のさらに驚くべきことが起こったのです・・・。

あと2分くらいで家に着きそうだなという時に、な、なんと!!

突如、向かい側から真っ黄色のド派手なウェアを来たランニングマンが走ってくるではあーりませんか!

いきなり出現した黄色いランニングマンにビビる私。

黄色い車、黄色い車と必死で念じていたせいで、ついに自分で黄色い男を出現させてしまったのでしょうか(笑)

結果的に3台の黄色い車+黄色いランニングマンを発見することに成功し、実験初日は無事終了!

斬新すぎる展開に思わずびっくりです。

そして、続いて2日目。

今回は黄色い蝶々を発見・・・といきたいところでしたが、残念ながらこちらは失敗してしまいました。

というのも、前日の結果に気をよくした私はすっかり黄色い蝶々を探すという目的を忘れてしまったのです(汗)

外に出ていたのにも関わらず、実験のことなどすっぽ抜けていて気が付けば夜になってしまっていました。

今からわざわざ探しに出掛けるのもなぁということで諦め、2日目はあえなく実験できず・・・。

ただ、もし1日目と同じように2日目も黄色い蝶々を探すことに意識をフォーカスしていたら、絶対に見つけられたハズだと確信できます!(謎の自信)

2日目は自分の不注意で実験は失敗したものの、初日に関しては満足のいく結果を得られたので実験2は一応成功したと言えるのではないかと。

実験2で得た気づきと反省・成功させるためのコツ

実験2を成功させるためには、実験1の時と同じように「絶対に見つかるという気持ちでやる」ことが大事だと思います。

見つけられるかな?という疑いの気持ちを持たずに、必ず見つかる!と心から信じるのがコツですね!

今回の実験を通して「人は見たいものしか見ない」という理屈(?)がよく理解出来ました。

何かを実現したいのなら「今目に見えるもの」ではなく「これから見たいものに意識を集中させる」ことがとても重要です。

この本にも書いてありますが、人間の思考や意識はチャンネルが沢山あるテレビのようなもので

・お金持ちになるチャンネル
・素敵な恋人と付き合っているチャンネル
・南の島で優雅に暮らしているチャンネル

膨大なチャンネルの中からどれを見るかは自由で、そのどれもが現実には実現可能なんだとか。

自分が見たいチャンネルしか見ないようにすれば自然と自分の望み通りのものが手に入るし、逆に言うと自分にとって嫌なチャンネルばかり見ていたら現実もそうなってしまう。

いい未来、悪い未来どちらを選ぶかは自分次第!

人生は自分が「これを体験する」と決めたものだけが現実になるというある意味恐ろしい(?)事実がそこにはあります。

だからこそ、理想通りの人生を手に入れるためには

・自分の思考パターンを変えること
・欲しいモノに全神経を集中させること

を意識することが大切というわけなんですね。

こうして思考は現実になる実験2を試した感想まとめ

さーて、というわけで、こうして思考は現実になる実験2を試した結果についてご紹介させていただきました!

いやー、まさに今回もFPの力を体感しましたね。

実際に黄色い車を見つけた時は本当に驚きましたが、それ以上に何だか感動しました。

自分が見つけようと意識を集中させるだけで欲しいものが現れるなんて・・・

これってすごいことです!

今回の実験で、自分がいかに普段余計な思考に頭を巡らせて、見たいものに意識を集中させていなかったかに気づかされました。

よりよい人生を生きたいのなら、本当に自分が実現させたいことにのみ意識を向けなければいけませんね。

見たいものだけを見るようにする訓練をもっとしていかねばと改めて思った次第。

FPの力をプラスの方向に生かせば、自分次第で可能性を無限大に広げることができるかも!?

もしこれを読んで気になった方は是非この実験を試してみて下さい!

きっと何かしら気付きを得られるんじゃないでしょうか?

以上、タビビシスターによる引き寄せ実験レポでした!

引き寄せ実験についてはこちらの記事も併せてご覧下さい

管理人が「こうして思考は現実になる」を読んで実験を行った結果と考察、個人的な感想についてレポしています。


【これは驚き!】こうして思考は現実になる実験3を試した感想と結果

続きを見る

-引き寄せ
-,

Copyright© TABIBISISTER , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.