海外旅行テクニック

高齢親との海外旅行はプランニングが大変!母娘旅行で喧嘩を防ぐコツ

へろー!いつもゴキゲンなタビビシスターでーす!

今回は「親との海外旅行で喧嘩になってしまわないためのちょっとしたコツや秘訣」について紹介したいと思います。

還暦祝いや家族旅行、母娘の二人旅・・・

母親父親問わず自分の親と旅行する機会ってちょこちょこあるかとは思いますが、これが意外と曲者なんです!

特にアラサー以降になると親もある程度年をとっているため、加齢の影響で

「アレ??こんな性格だったっけ??」

と戸惑うことや嫌な部分が目につくことが増えていきます。

価値観の相違、環境の相違、親子だからゆえの気遣いのなさ・・・

こうしたことが原因になって旅先で想定外の問題が勃発することも。

特に母娘のコンビは喧嘩になりがち。

女同士だし親子だし友達と行くよりも楽だし楽しそう♪

そんな軽い気持ちで行ってしまうと悲惨な結果になりかねません。

私達も母親とは何回か海外旅行に行ってはいるものの、やはりその度に色々と思うことがあります。

反省したり失敗したなと感じたりすることも多く、険悪な雰囲気になったことも一度や二度じゃありません(笑)

今回はそんな個人的な体験談もとい失敗談を元に、親との旅行で喧嘩にならないためのポイントやシニアのうまい扱い方、楽しい旅行をプランニングするためのコツについて詳しく解説しちゃいます。

母親との旅行でいつも喧嘩になってしまう人や親に旅行をプレゼントしたいけどうまくいくか不安!という人は是非参考がてら読んでみて下さいね!

母娘海外旅行が喧嘩になりやすいのはお互いの意識にギャップがあるから

親に旅行をプレゼントしたい!親孝行したい!

日頃の感謝の気持ちを込めて楽しい旅行に出掛けたはずが、現地で思わぬ喧嘩になってしまい最低の思い出になってしまった・・・

そんな経験はありませんか?

せっかく楽しもうと思ったのにもう二度と親となんて来たくない!

親孝行のつもりがこれではあまりにも残念すぎますよね。

何故こういうことが起きてしまうのかというと、一言で言えばお互いのイメージにギャップがあるからなんです。

自分の中で母親のイメージが若い頃のイメージで止まっていると、これくらいはできるだろう、もっと動けるだろうと勝手な判断やイメージを持ってしまいがち。

でも、実は親も年をとっているのです。

見た目はそんなに変わらなかったとしても、加齢による変化は既に現れているのです。

普段近距離や自分の知っているところしか歩いていなければその変化はあまり感じないかもしれません。

でも、旅先では

・昔ほど体力がない
・気力知力の面でも衰えが見える
・我慢が効かなくなった

といった様々な衰えを実感するハズ。

自分が子供だった頃の元気できびきびした親像を想像していると、旅先ではその思わぬギャップに戸惑ってしまうんですね。

親孝行で高齢の親と海外旅行に行くのなら思いやりを忘れずに

もし60過ぎた親と海外旅行に行くことを決めたのなら、何があっても自分がしっかりアテンドするんだ!という強い意志を持って下さい。

旅先では思い通りにいかないこともあるでしょうし、自分が良かれと思ってやったことが裏目に出たり誤解されたりして心無い一言を言われてカチンとくることだってあると思います。

でも、そこでキレてはいけません(爆)

どんなにムカついて理不尽なことを言われたとしても、全て飲み込んで我慢して下さい。

「なんでそんな言い方するの?私だって一生懸命考えてるのに!」

「文句ばかり言うなら一人で観光してよ!」

「あーあ、こんなことなら一人で来ればよかった!」

こういうセリフを言ってしまった時点で旅の雰囲気は最悪になります(経験済み)。

親に対して何かイラつくことがあったとしても、まぁこんなもんかなとおおらかな目で見ることが大事。

年取った母親に期待しすぎてはいけないし、自分の理想を求めてはいけません。

親だからと甘えず、自分が大人になりましょう。

ふてくされたり冷たい態度で接したり、もう勝手にすれば?と英語を話せない親を置いて一人で観光したり・・・

こういう大人げないことは絶対しちゃダメですよ!

親を海外旅行に連れて行くのなら全て面倒をみる気持ちで臨み、この旅行を絶対に成功させるんだ!という強い覚悟が必要です。

そしてとにかく思いやりを忘れないようにしましょう。

1にも2にもこれが大切!

「両親を喜ばせる」

これこそが旅行を誘った子供の重大なミッションであり最大の務めでもあるのです。

シニアはこだわりが強い!海外旅行中に親子喧嘩になってしまう5つの原因

何故親子で旅行すると喧嘩になったり意見の相違が起きてしまうのでしょうか?

これはシニア世代の方々が非常にこだわりが強いことも原因の一つなんですね~。

これについて詳しく解説していきたいと思います。

快適さにこだわる

親世代は旅先での快適さにやたらこだわります。

ホテル一つとっても汚い、うるさい、狭い、不便・・・こういったことがとにかく許せません。

サービスにもうるさく、海外なのに日本並みのホスピタリティや対応を求めることもザラ。

若い頃は体力もあるので多少不便だろうが汚かろうが

「まぁよくない?」

とスルーできますが、年をとるとどうしても許容範囲が狭くなっていくので、その辺で娘世代と意見が食い違ってしまうことも多いんです。

食事にうるさい

相当な海外好きでない限り、親世代は外国の料理を普段からあまり食べ慣れていません。

そのため、レストランで口に合わない料理が出ると、テンションが下がったり文句を言ったりすることもしばしば。

パンばかりで飽きた、この値段でコレ?、このレストランイマイチね・・・

百貨店のメインユーザー層であるがゆえに、美味しいモノばかり食べていて口が肥えているマダム率も高く、マズイものに対する耐性もやや低め。

海外だから仕方ない、この程度で妥協するというのが通用しないので、レストラン選びで娘VS母で口論になることも。

我慢が効かない

海外旅行では思い通りにいかないことも多いです。

バスや電車が遅れたり、行った店が閉まっていたり、ご飯の注文を間違えられたリ、観光地で無駄に並ばされたり・・・

このようなことを我慢できなくなるのもシニア世代の特徴。

待つのが嫌、ミスを許せない、予期せぬトラブルで一気にイライラ・・・

何事もおおらかな気持ちになれず、ついつい同行者に文句をぶつけがち。

これによって険悪な雰囲気になってしまうのはよくあるパターンです。

子供だから遠慮がない

他人同士の旅行とは違い、親子旅行は身内なだけに色々と遠慮がないです。

良くも悪くも気を遣わないで済むため

・あれしてこれしてと何かと命令される
・あんたは〇〇だからといい年なのに子ども扱いされる
・親だからやってもらうのが当たり前という態度をされる

といった不快な言動をされて親子間に亀裂が入ることも。

また、他人だったら目を瞑れることでも自分の子供だと容赦ないのが親という生き物。

友達の選んだレストランなら気を遣って文句を言わないけれど、これが自分の娘なら話は別です。

「あんたの決めたレストラン、ほんとマズかったわ」

「これだからダメなのよ。大体昔からアンタはねぇ・・・」

距離が近すぎてついつい言わなくてもいいことまで言ってしまい、それによって旅先での関係性が悪くなるケースは多いです。

任せるくせに文句は言う

ぶっちゃけ、親との旅行で一番ウザいのがコレ。

基本的に旅先では何でもかんでも子供に任せるくせに、何かトラブルがあればここぞとばかりに文句を言われる。

後からアレはあーすればよかったと愚痴られたり、本当にこれでいいの?また〇〇なんじゃないの?とこちらの判断に対してあれこれ口を出してきたり。

・面倒なことはやりたがらない
・英語が話せないから交渉は丸投げ
・任せるくせにこっちのミスにはうるさい

これが続くことで子供側にイライラが募り、最後には爆発して親子喧嘩になってしまう・・・。

私達もこのパターンで見事に失敗したことがありますΣ( ̄ロ ̄lll)

母親との海外旅行で喧嘩をしないためには事前のプランニングが大切

出来ることなら喧嘩せずに楽しい旅行にしたい。

それは誰もが思うこと。

ここでは親子での海外旅行を楽しむために意識しておきたい、ちょっとしたポイントについてみていきたいと思います。

治安がいい国を選ぶ

親連れの旅行ではなるべく治安のいい安全な国を選びましょう。

ひったくりやスリが多い国だと安全管理にまで気を配らねばならなくなり、トラブル対応も大変です。

何か問題が起こることで場の雰囲気も悪くなりますし、ただでさえ慣れない海外で親をエスコートしなきゃいけない子供側は気を張ってピリピリしがち。

出来るだけ安全で観光のしやすい国をチョイスすることで無駄な喧嘩を防ぐことができますよ。

ホテルの快適さは重視すべし

宿泊するホテルの快適さは絶対に重視しましょう。

客室の綺麗さや使い勝手のいい・悪いはもちろんのこと

・観光しやすい立地にある
・ホテル周辺の治安状況
・朝食の有無
・近場に美味しいレストランがある

といった点もしっかりチェックしたうえで泊まるホテルを選びましょう。

シニアは自分でいちいち動かなきゃいけない環境が嫌いですし、できれば何でもお任せがいいし楽な方を好みます。

ホテル選びを失敗すると旅自体が台無しになる可能性もあるので、ここは絶対に妥協しないようにしましょう。

滞在型やリゾート型の旅行にする

体力のある人や旅慣れている人は別として、親世代は基本的に若者よりも体力がありません。

周遊型の移動ばかりのツアーだと疲れてしまい、それによって喧嘩が勃発してしまう可能性も無きにしも非ず。

そのため、親の体力次第ではなるべく移動しないで済む国・場所を選ぶことも大切になってきます。

・1都市滞在型の観光スタイルにする
・まったりのんびり過ごせるリゾート地を選ぶ
・余裕のあるスケジュールを組む

など、あまりせかせかせずに楽しめる旅プランを考えましょう。

そうすれば、お互いにイライラせず旅を楽しむことが出来ますよ。

食事の美味しい国を選ぶ

シニア世代は

・毎日パンばかりは嫌
・香辛料を使った辛い食べ物が苦手
・バターやクリームばかりのしつこい味が苦手
・日本食をたまには食べたい

といった風に食事のこだわりが強い人が多いです。

もし海外初めての親を連れて行くのなら、まずは味に定評のある中国や台湾・香港といった東アジア圏を選べば間違いないでしょう。

食事がまずいとそれだけで観光する意欲が失われることもありますから、美味しい食事を楽しめる国をチョイスすることは旅を成功させるうえではとても重要なんですよ。

親の趣味に合わせる

海外旅行をする際は、自分の趣味ではなくなるべく親に合わせた観光地・国を選ぶべきです。

・アートが好きなら美術館の多いフランスやイタリア
・オペラやバレエが好きならロシア
・グルメが好きならアジア圏や南欧やフランス
・エステやマッサージが好きならリゾート
・歴史散歩をしたいのなら中国やヨーロッパ

旅先でやりたいことや要望を聞いて、それに合わせた目的・テーマに合致する国を選ぶことで親を満足させられる旅行を作ることができますよ。

高齢の両親にとって海外の団体ツアーは疲れる原因になる

親と楽しく旅行するうえで大切なこと・・・

それは、どんな旅行スタイルを選ぶか?です。

添乗員付きの団体パッケージツアーは至れり尽くせりで便利ではありますが、

・自由に見て周れないので窮屈
・移動ばかりで忙しくて疲れる
・他の人達と一緒なので気疲れする

といったデメリットもあるため、親の体力や性格によっては合う・合わないがハッキリ分かれます。

人と積極的に絡むのが嫌、時間に追われるのが嫌、誰かを待ったりする時間が無駄でイライラしてしまう・・・

そういうタイプの親だとツアーは面倒で疲れるだけですし、一緒に行っても楽しめないケースが多いです。

かといって個人旅行だと

・トラブル対策・治安の下調べ
・宿泊施設や航空券の手配
・レストラン・アクティビティ予約
・皆で楽しめる観光スポットのチョイス
・疲れない&効率的なルート調べ
・全体のプランニング

などなどやるべきことが盛り沢山で、これはこれで準備にものすごく時間がかかります。

一つ一つ調べて口コミを見て各種予約サイトを比較して、どのルートが一番安全で効率的かを検討して・・・

私もやったことありますが、気分はまるでツアーコンダクター。

まさかこんなに手間暇がかかるものだとは思わず、正直言って旅の手配&プランニングだけでもバイト代が欲しいくらいでした。

しかも、自分一人だけなら失敗しても自己責任で済みますが、親連れだとそうはいかないところが個人旅行の辛いところ。

一生懸命調べて考えたプランでもそのチョイスにミスや難があった場合は悲惨です。

さんざん時間もお金も使って考えた挙句、やれここは美味しくなかった、やれあそこのホテルはいまいちだった、とあーだこーだと文句を言われることもあり、挙句親子喧嘩に発展する・・・

それってあまりにも悲しすぎませんか?

こだわりの強いシニア世代と海外旅行するならオーダーメイド型がおすすめ

海外旅行は自分一人で行くのと親を連れて行くのとではまるで勝手が違う!

何度か失敗してようやく気付いた私は、今後親連れで旅のプランニングをするのならプロに頼むのもアリかなと思うようになりました。

最近は提案型のオーダーメイド旅行等が流行っているので、次に両親と海外に行く場合はそういった旅行の仕方も一つの選択肢として考えています。

オーダーメイド型の旅行のメリット
・自分の目的ややりたいことに合わせた旅行が出来る
・高齢者連れでも安心なゆったりした旅程が組める
・細かいアレンジやわがままな手配もOK
・現地事情に精通したスタッフが最適なアドバイスをくれる
・面倒な手配も一括でやってもらえる
・個人旅行とは違ってトラブルサポートも万全

自分の好きに動けて旅程も自由にカスタマイズできるのに手配が楽!というオーダーメイド旅行は、まるで個人旅行とツアーのいいとこどりという感じ。

何より、プランニングが楽なのがありがたいです!

・絶対に外さない美味しいグルメスポット
・間違いなくおすすめできるホテル
・実際のルートやアクセス

といった現地事情はやはりその道のプロに聞いた方が断然早いです。

ネットや本だけでは調べるのに限界がありますし、他人の口コミ情報も玉石混交で当てにならないことも多いですから(;'∀')

ゼロから自分で調べてスケジュールを組んでアテンドするのって結構大変だし、何気にプレッシャーなんですよね。

自分も親も楽しめる旅行をしたいのなら、最初からプロの手を借りた方が早いなと実感しました。

「自分だけの判断でプランニングするのは不安・・・」
「一度しか行かないからこそ失敗したくない・・・」
「どうせ行くなら親にも楽しんでほしい」

もし、親と旅行するにあたってこういう悩みを持っているのならオーダーメイド型の旅行をうまく利用してみるのもいいですよ。

予算や日数次第でいくらでもこだわれますし、自分の目的に沿ったプランを提案してもらえるのでとても便利です。

最近だと無料で自分好みの海外旅行プランをプロに提案してもらえるサービスもあるので使ってみるといいですね。

タウンライフ旅探しというサイトなら、お問い合わせフォームに


・自分の行きたい国
・やりたいこと
・同行者の人数
・希望の日程
・予算

といった必要事項を記入して好きな旅行会社を5個まで選択&送信するだけで、プロが自分に合った最適なプランを考えてくれます。

ちなみにこれがタウンライフ旅探しのトップページです。

最初に世界地図の中から行きたいエリアや国を選ぶと専用のフォームへと移動します。

依頼フォームの質問項目に沿って情報を入力して・・・

最後に自分が気になる旅行会社を選ぶだけ(5社までOK)なのでとっても簡単!

複数の旅行会社に一括でプラン請求して比較・検討することが可能なのでこれはかなり便利だと思いました!

しかも無料というところがありがたい~!

見積もりやプランニングって旅行会社に一つ一つ問い合わせたりするのが面倒なので、こういう風にタダでお願い出来るサービスがあるのは助かります(*´ω`)

実際に手配しなくても情報収集としても十分使えるので、親との海外旅行を考えているけどどういう風にプランニングしようか悩んでいるという方は是非活用してみて下さいね。

簡単!手軽!まずは一回お試しあれ♪
▼▼▼

-海外旅行テクニック
-, , , , , , ,

Copyright© TABIBISISTER , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.