海外旅行行くなら英語できないと損?事前留学で旅を3倍楽しもう

英語が話せなくても海外一人旅って出来ますよね。

仮に中学レベルの文法力しかなくても、基本的なフレーズさえ覚えれば観光だけなら出来ちゃいます。

でも・・・英語を話せないと損をすることも多いんですよ。

その代表的なものの一つが外国人との交流です。

一人旅の醍醐味といえば、やはり出会い。

他国の様々な人々と積極的に関わることで自分自身も刺激を受けますし、人間的にも大いに成長できます。

でも、英語がある程度話せないとそこまで深い交流は望めないのが現実。

この記事では私が海外旅行をした実体験を元に、旅先で感じた英語の重要性や英語ができなくて悔しかったこと等について個人的な想いを綴っています。

また、海外一人旅をするのなら事前に留学しておくといい理由についても解説しています。

これから世界を見てみたい!海外で異文化体験をしたいと考えている方は是非読んでみて下さいね。

海外旅行で英語が話せなくて悔しかったこと

海外旅行でただ観光地を巡るだけではあまりにももったいない!

せっかく海外に来ているのだから、人と関わるチャンスがあるのなら積極的に飛び込むべき!

そうは思っているものの、英語をほとんど話せない私達はそのせいで悔しい思いも沢山経験してきました。

・欧米人だけのパーティーに参加して一人ぼっち状態に
・外国人旅行者と食事したけど会話が盛り上がらなかった
・現地の人の家に招待されたものの表面的な交流しかできなかった

このように、英語が出来ないことがネックになって、せっかくの交流のチャンスを自ら潰してしまったことは数知れず。

また、交流以外にも英語が話せないと

・トラブルが起こった時に対処できない
・相手に非があってもクレームを英語で言えない
・値段交渉がうまくいかない
・体調不良で病院に行く時にちゃんと説明できない

というような困ったことにもなりがちです。

英語が出来なくても旅は出来ますが、英語が出来なくて損する場面って実は沢山あるんですよね。

逆に言えば、英語を話せるだけで海外旅行をする際の楽しみ方は何十倍にもアップします。

・世界中に友達を作れる
・帰国後も交流を続けられる
・旅行中のトラブル対応も怖くない
・英語を駆使してガイドブックに載っていない場所へ行ける
・色々な国の人の話を聞けるので価値観が変わる

やはり英語を話せるに越したことはありません。

特に、せっかく出会った外国人達と深く交流できなかったことは個人的にすごく悔しくて残念な出来事でした。

日本人で英語が流暢な人はほぼ留学経験者!?

英語が話せない日本人の旅人は、宿でも観光地でもついつい日本人同士で固まってしまいがち。

それとは逆に、旅先で出会う日本人旅行者の中にはネイティブの人達と楽しそうに会話する人達もちらほらいたりして。

英語が流暢な彼らは、物怖じせずに出会ったばかりの欧米人グループにもすぐに溶けんでいました。

互いにジョークを言って盛り上がったり、一緒に観光地に出掛けたりとみるからに楽しそう。

語学が出来ることで普通の旅行者よりも旅をより一層楽しんでいるように見え、正直羨ましいなーと感じました。

そこで、彼らにどうやって英語を勉強したのか?と聞いてみたところ、なんと皆同じ答えが返ってきたんです。

「あ、実は昔留学してたんですよ~」

旅先で出会った日本人旅行者で英語がペラペラな人達は、そのほとんどが留学経験者でした。

高校、大学、もしくは社会人になってからのいづれかの段階で留学をしたことがあり、そこである程度の語学力を身に付けていたんですね。

若い時の留学経験の有無、やはりその差はすごく大きいんだろうと感じました。

強制的に英語を話さねばならない環境に身を置くことで、語学を集中的に身に付けられる。

これは留学ならではの強みですし、正直日本では難しいことですよね。

貴重な海外旅行のチャンスを生かすためにも事前留学はおすすめ

もし、今後の人生の中で

世界一周したい!
バックパッカーで色々な国を巡りたい!

と考えているのなら、せっかくの出会いを無駄にしないためにも英語は身に付けておいて損はないと思います。

これは個人的な体験から痛感しますね。

やはりある程度英語力をつけてから旅に出るのと、日本語しか話せない丸腰の状態で行くのとでは外国での交流の仕方も変わってきますから。

特にこれから

・長期休暇を使って1カ月以上の海外旅行に行こうとしている学生さん
・仕事を辞めて半年~数年かけて世界を見て周ろうと考えている社会人
の方は本格的な旅行に出かける前に、短期間でも留学をしておくことをおすすめします。

一度留学で足慣らしをすることでその後の旅を3倍は楽しめると思いますよ。

実際にそれを実践している旅人も結構いましたし、やはり事前に英語を身に付けた人ほど外国人との交流を楽しめていました。

最近では1~2週間から始められる短期間のプチ留学なども流行っていますし、まずはそういうところから始めてみるのもアリなのではないかと。

留学で得られるものは沢山あるのでやっておいて損はない

さて、そんなわけで海外旅行で英語を話せないデメリットや留学経験者について感じたことなどを色々と書かせていただきました。

英語を話せてメリットはあれどデメリットはありません。

また、外国で得られる学びというのは単に語学だけではありませんよね。

留学を通して得た友人達と一緒に過ごした時間も一生の宝物になるでしょうし、日々様々な刺激を受けることで自分自身の新しい価値観や目標が見つかったりすることもあるでしょう。

社会勉強という意味ではこれ以上のものはないのではないかと。

実際に彼らに留学してみた感想を聞いてみると、誰もが口を揃えて

・辛いこともあったけど楽しかった
・もし留学できる時間やお金があるのなら絶対してみた方がいい

というようなことを言っていました。

そんな話を聞いて、自分も学生時代に留学してみればよかったなーなんてちょっと思ったのも事実です。

留学で英語を身に付ければ

・職業選択の幅が増える
・海外で仕事をすることも可能
・恋人が外国人でも問題ない
・住む場所も選べる

といったメリットも得られますし、人生の選択肢がかなり増えます。

そういう意味でも、もし時間とお金があるのなら留学はしてみて損はないんじゃないかな~と思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA